ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

Route 51 ゲーム会 2022.05.08

2日目です。



チグリス ユーフラテス Euphrat & Tigris (ハンスイムグリュック版)
(説明 30分 プレイ時間 120分)
Euphrat&Tigris20220508.JPG2日目のスタートは「チグリスユーフラテス」です。kizuさんは初プレイ。やはり説明にはどうしても30分くらいはかかってしまいます。序盤は牽制しあってモニュメントがあまり立たなかったものの、最終的にはモニュメントが6つすべて建つという展開でした。終盤で手順を間違えて、起こそうと思っていた戦争が3国連結禁止のために起きなくなってしまったのは失敗でしたが、勝利しました。何度遊んでも毎回学ぶところがあるゲームです。

結果:自分 16−16−16−17、kizu 11−11−12−15、スコット 6−7−9−12



イスタンブール ダイスゲーム Istanbul: Das Würfelspiel
(説明 15分 プレイ時間 55分)
IstanbulDasWurfelspiel20220508.JPG「イスタンブル」は遊んだことがあるけど「ダイスゲーム」はやったことがないから遊んでみたい、とリクエストしたゲーム。ところが、遊び始めると強い既視感があります。あとで調べたら、このダイスゲームは遊んだことがあったみたいです。記憶力が弱くなっていますね。

ダイスを振って、カードを取ったり特殊能力を発動したりという、割りとありがちなダイスゲームな気がします。

結果:kizu 7、スコット 5、自分 5



ワールド フェア 1893 World's Fair 1893
(説明 10分 プレイ時間 55分)
WorldsFair1893-20220508.JPGスコットさんにリクエストして持ってきてもらったゲーム。前回はかなり面白く感じたのですが、今回は少々淡々とした展開でした。5色のセットコレクションが一番の得点源になるのですが、これがなかなか思ったように集まらずに、みんな似たり寄ったりの点数になってしまいました。最終的にはkizuさんが勝利、わずか2点差でスコットさんと自分、という結果でした。タイブレークでスコットさんが2位、自分が3位。

結果:kizu 68、スコット 66、自分 66



たのめナイン Order 9
Order9-20220508.JPG1から9のカード(正確には100−900円と書かれている)を出して、ちょうど20、30、40になることを目指すゲームです。ただし、これまでに出ているカードは出せないというのが面白いところで、場は最高でも1−9が1枚ずつの合計45にしかなりません。

ちょうど20、30、40を達成するとひとつ前のプレイヤーがカードを引き取り、これらが1枚1失点となります。引き取ったプレイヤーから次のラウンドを始めます。そして9種全てが場に出て45になると「たのめナイン!」と言って、他のプレイヤー全員でカードを分けます。3人の場合だと他の2人が4枚ずつ引き取り、最後に出た1枚がスタートカードになります。結構数字の読み合いがあって、面白いと思います。

結果:スコット 4、自分 18、kizu 31



アップダウン Auf & Ab
Auf&Ab20220508.JPG「スカウト」に似たカード構成の「アップダウン」です。こちらは数字のひとつがアップ、もうひとつがダウンと決まっており必ずダウンの数字がアップの数字以上となっているので、ピラミッドカードを二重にしたようなカード構成になっています。

リードプレイヤーが出したのと同じ枚数で同じ数字をアップかダウンかの指示に従って出します。ゲーム中に最大5回、アップからダウンに、ダウンからアップに切り替わり、その度に手札を全員丸ごと逆さにします。どのカードをどのタイミングで使うかが悩ましいです。自分は結構好きなゲームで、今回も3ディール戦で無失点で勝利しました。(オリジナルのルールと異なり、失点制にしています)

結果:自分 0、kizu −14、スコット −15



タイムライン Timeline
Timeline20220508.JPG夕食までの空き時間に、スコットさん特製の3種類のデッキを混ぜた「タイムライン」を遊びました。自分は毎回ちょっとの差で当たらずにカードが全く処理できませんでした。スコットさんの勝利。

結果:スコット 勝利



ゴールデン アニマル Golden Animal
(プレイ時間 20分)
GoldenAnimal20220508.JPG2回目となる「ゴールデンアニマル」です。「ニダヴェリア」と似ているという意見がありました。自分も「ニダヴェリア」は遊んでいるはずなのですが、印象が薄くて覚えていません。こちらは固定ラウンド制なので、すっきりとゲームが終わります。

序盤はビッド用の手札が増える岩が欲しいのですが、岩の0ビッドも後半にはあまり意味がなくなるので、アップグレードしたくなります。しかし岩は1点なので少しだけ悩みます。3種類のマジョリティー争いも面白いと思いますが、もうひとひねり欲しいような気もします。

結果:自分 13、kizu 12、スコット 8



モットー Motto
(プレイ時間 15分)
Motto20220508.JPG最後は、ポーランド製のクニツィアのカードゲーム「モットー」です。点数チップを得るときは2枚は欲しいものですが、そのタイミングがなかなか難しいです。カードの絵柄の可愛さとは裏腹に、かなりシビアなセットコレクションだと思います。

結果:自分 19、kizu 15、スコット 13



これで2日間にわたってのゲーム会は終了です。長時間ゲームも含めてじっくりと遊べました。スコットさん、kizuさん、どうもありがとうございました。


Route 51 ゲーム会 2022.05.07

スコットさんと彼の友人のkizuさんと3人で、黄金週間の最後の2日間にたっぷりゲームを遊びました。1日目は「ストロガノフ」他、中量級のクニツィアを幾つか遊びました。



ストロガノフ Stroganov
(説明 45分 プレイ時間 225分)
Stroganov20220507-1.JPG「ハンザテウトニカ」のシュテディングがデザインした新作です。プレイヤーは春夏秋の3ラウンドを4年、計12ラウンドで得点を競います。ボードの中央には大きな場所のタイルが1列に並んでおり、その上に毛皮チップが置かれています。自分のコマを左端から進めて、これらのチップを集めて得点カードに変換したり、その場所固有のアクションを行います。手番には銀色のアクションと金色のアクションをこの順番で1つずつ行えます。場合によってはアクション数を増やすことも可能です。他にも楽器シンボルのトラックでの争いや、Xコマを配置する争いなどがあります。

Stroganov20220507-2.JPG色々と要素が絡み合っており、何をしたら得点になるのかがわかりづらいゲームです。「黄昏の篝火」ほど複雑ではないですが、それでも作者は結局何がやりたかったのだろうと考えさせられました。プレイ時間はたっぷり3時間以上。自分は毛皮を全種類集めて莫大なボーナスを獲得し、勝利を収めました。

結果:自分 58、スコット 42、kizu 36



デカスロン Reiner Knizia's Decathlon
(説明 10分 プレイ時間 70分)
Decathlon20220507.JPG数日前に遊んだデカスロンを再び遊びました。高跳びや棒高跳びでは、いくつか数字をスキップしつつ進めて、前回よりも好記録を出しました。特に、kizuさんは棒高跳びで14、20、24、32、36、40、44と挑戦してここで失敗。なんと40点を獲得しました。自分は22点、スコットさんは12点しか取れず、それまで169、168、165点と僅差だったのに、ここで一気に差が開いてしまいます。最後の1500メートル走で、自分はダイスの振り直し回数が足らずに6の目(マイナス6点にカウントされる)を残してしまい21点(写真)。結局差は開く一方となりkizuさんの勝利。

結果:kizu 266、自分 234、スコット 206



バベルの塔 Der Turmbau zu Babel
(説明 25分 プレイ時間 85分)
TurmbauZuBabel20220507.JPGエリアマジョリティーですが、毎手番他のプレイヤーの協力を仰ぎ、それを受け入れたり拒否したりしてゲームが進むというユニークなゲームです。数日前に、やはりクニツィアの変わったゲームとして「自由都市」を出したらスコットさんがユニークで面白いと言っていたので、今回はそれ以上位ユニークかもしれないと思われ、また個人的にベストゲームのひとつである「バベルの塔」を出してみました。

終盤までは割と上手く立ち回り、トークンも集めていたものの、あと1手番はあると思っていた思惑が見事に外れて最下位に終わりました。

結果:kizu 80、スコット 76、自分 68



スカウト! Scout!
(プレイ時間 6ディール65分)
Scout20220507.JPG久し振りの「スカウト」です。3人だと2人が連続してスカウトアクションを行うとディールが終わってしまうという危うさがあり、それがどうもキルドクターラッキーシンドローム的な感じであまり好きではない部分です。また、1ディールに1回しか行えないダブルアクション(スカウトしてから出す)が大切なのはわかるのですが、かなり強力なので、もうすこしコストがかかった方が良いと思います(例えば減点されるとか)。

とはいうものの、ゲームは面白いので、今回は6ディール線として遊びました。

結果:kizu 49、スコット 30、自分 16



ケルト Keltis (第2版 基本ボード追加ボード Neue Wege, Neue Ziele)
(説明 10分 プレイ時間 35&60分)
Keltis20220507-1.JPG持ち込んだ「ケルト」の新版を両面1回づつ遊びました。スコットさんは「ケルトダイス」を割とよく遊ぶらしいのですが、「ケルト」は初めてだそうです。まずは基本の面です。5個目が6点以上のゾーンに入ったら終了というのが悩ましく、自分は10まで進めようと思っていたダブルのコマが、ゲーム終了の5個目になってしまい6点のマスで終了。その先の願いの石も取れずに、最下位でした。

Keltis20220507-2.JPG続けて裏面の追加ボードです。こちらは、うまくカードを残すことができ、手詰まりもせずに順調に2色の石を3個ずつ集めて勝利しました。

結果
1戦目(基本):スコット 40、kizu 33、自分 31
2戦目(追加):自分 81、kizu 66、スコット 52



2日目に続く。


袋小路 2022.05.04

袋小路での第7回クニツィア会です。ちょうど空いていたこともあり、久し振りに茗荷谷まで足を延ばしてきました。前回参加したのは2016年の第2回だったみたいです。袋小路からのレポートはここ



デカスロン Reiner Knizia's Decathlon
(プレイ時間 75分)
Decathlon20220504.JPG昔1、2度遊んだことがあるデカスロンです。10種競技をダイスで行い総合得点で競うというもので、100メートル走から始まって、砲丸投げや走り幅跳び、棒高跳びなどを経て1500メートル走まであります。スコットさんのリクエストがあって久し振りに遊びました。Dice Towerのクニツィアベスト100でも上位に上がっています。

高跳びと棒高跳びでは10から順に3回ずつチャレンジしますが、チャレンジせずにスキップすることもできます。スキップする意味はあるのか、とみんなで思っていたのですが、あとでギークで調べると、同じ疑問を抱いた人々がおり、熱い議論が交わされていました(ここ)。これについては、また次回。

結果:自分 222、もえ 212、スコット 196、おれこま 185



マシュマロテスト Marshmallow Test (ゲームライト版)
(説明 5分 プレイ時間 15分)
MarshmallowTest20220504.JPG「ブードゥープリンス」のリメイクですが、少しのルールの違いで結構プレイ感が異なります。カードの枚数、特殊カード、第1ディールの切り札、最後に残ったプレイヤーの得点、終了条件などです。一番の違いはディールの途中でも誰かが20点に達した時点で終わるというところです。どちらが、よりクニツィアのオリジナルのアイディアに近いのか興味があります。

今回はようやく4人で遊べました。5人だと最後に残るプレイヤーが複数のことが多く、そこで賛否両論ありましたが、自分は4人の方がすっきりしていて良いと思います。4人ならマシュマロ、5人ならブードゥーという使い分けが良いのではないでしょうか。

結果:自分 20、おれこま 13、もえ 11、スコット 10



ブルー ラグーン Blue Lagoon (アークライト版)
(説明 10分 プレイ時間 60分)
BlueLagoon20220504.JPGおれこまさんの持ち込みゲーム。砂漠を越えてと原始の生活を足して2で割ったようなゲームです。おれこまさんももえさんも慣れているらしく、かなり厳しい手を打ってきます。前半はもえさんが99点で1位。続いて自分が85点と2位でした。しかし、後半戦で北東部のもえさん(青)の侵入を阻みきれずに、自分のコマ(橙)の連結が不可能となったのが痛手で、後半は最下位。総合でも3位に沈みました。

結果:もえ 164(99+65)、おれこま 153(67+86)、自分 142(85+57)、スコット 139(53+86)



自由都市 Municipium
(説明 25分 プレイ時間 60分)
Municipium20220504.JPGクニツィアの中ではちょっと異色の作品。移動しながらエリアマジョリティー争いをして、良いタイミングで恩恵にあずかるというゲームです。スコアリングのタイミングが色々あるので、最初は少し混乱します。

今回は序盤のタイブレークが低かったこともあり、シャンプーハットで出遅れ、そして得点でも出遅れました。必死に頑張って4点まで追いついたものの2位どまりでした。

結果:おれこま 5、自分 4、もえ 3、スコット 3



ラミー17 Rummy 17 (ピアトニク版)
(プレイ時間 2ディール30分)
Rummy17-20220504.JPG4-5人がベストと思われる「ラミー17」です。ラミー系のゲームとしてはかなり好きなのですが、時間の関係で2ディールで終了。次回はきっちり人数分のディールを遊びたいものです。写真は目標カードを4つ達成した時。

結果:自分 30、もえ 0、おれこま -5、スコット -17



エクスケープ Excape
(プレイ時間 25分)
Excape20220504.JPGスコットさん持ち込みの「エクスケープ」を6人で遊びました。このゲーム6人だと選択肢が狭くて今ひとつだと思っていましたが、今回は起伏のある展開で楽しめました。1投目ダブルXのルール(最強でハシゴの上下のコマを全て除去できる)を採用しました。このルールによって、時々ハシゴがクリアになるので、6人の時は良いと思います。

結果:カルピス 21、キモト 16、自分 13、スコット 11、もえ 9、おれこま 8



ヘックメック カードゲーム Heckmeck am Karteneck
(プレイ時間 35分)
HeckmeckAmKarteneck20220504.JPG6人なので、最近気に入っている「ヘックメックカードゲーム」を遊びました。2ラウンド終了時まで、自分の手札には虫のカードがまったくなく、手札には3と4が溜まるばかり(写真)。そんなわけで、前半は白熱したタイルの奪い合いを見ているだけでしたが、後半になってからうまく参戦できました。やはり、虫のカードを出すタイミングが難しいですね。虫のカードを出すと、自分の得点タイルを防御できないというのがよくできたルールです。

結果:おれこま 28、カルピス 23、スコット 22、自分 22、キモト 21、もえ 18、



略奪 Loot (ゲームライト版)
(説明 10分 プレイ時間 30分)
Loot20220504.JPG最後は6人、3ペアで「略奪」のチーム戦です。同じチームのペアが隣同士に座って手札を見せながら話し合いをして進めていくという結構独自のスタイルのゲームです。価値が8の商船に全てのチームの海賊が群がったりと、このゲームらしく盛り上がりました。

山札がなくなり、最後に商船を出して終わらせたら、その商船はどうなるかという問題がありますが、今回は誰のものにもならないとしました。この辺りはバージョンによって多少の違いがあります。

結果:おれこま&もえ 44、キモト&カルピス 22、スコット&自分 14



久し振りの袋小路のクニツィア会を楽しみました。今月末29日は横浜クニツィア会です。