ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

ジェリージェリーカフェ横浜 2020.11.19

久し振りに横浜のみんなに会いました。「ビアヘックス」以外は5作ともすべてトリックテイクです。本当にトリックテイクが流行っていますね。



ビアヘックス BeerHex
(説明 5分 プレイ時間 10分)
Beerhex20201119.JPG5x5のヘックスですが、隠匿情報があります。各自13個ずつのコマ(王冠)を持ちます。表側は自分の色ですが、裏側は自分の色(7個)か相手の色(6個)になっています。これを並べて裏側の自分の色で対辺をつなげたら勝利なのです。

自分のコマを配置する前に、アタックといって隣接する3つの王冠を公開して裏向きにすることができます。それが全て同じならば持ち主に戻され、そうでなければ裏側が自分のものだけ戻されて相手のものはこれ以降除去はできなくなります。この隣接する3つという意味が曖昧で、三角形上になっていなくてはいけないのか、あるいは1列やへの字に並ぶ3つでも良いのかという疑問が残りますが、今回は1列やへの字に並ぶ形でもアタックができることにしました(そうでないとアタックの機会が少なすぎるので)。

つながったと思ったら、手番の初めに勝利宣言をします。すべてのコマを裏向きにして自分の対辺がつながっていたら勝利、そうでなければ敗北です。半分くらいが相手のコマなので、あまり無駄打ちするとつなげません。今回は面白さまではわかりませんでしたのでまた次回。

結果:自分 勝利、一味 敗北



セブン セグメント トリックス Seven Segment Trix
(説明 5分 プレイ時間 40分)
SevenSegmentTrix20201119.JPG先週、なかよし村で遊んだ倦怠期の新作です。カードの数値の強さを変えられるのは、「彼女のカレラRS トリックテイキングゲーム」を思わせます。ノートリックを達成すれば10点ですが、それよりも大きな点数も場合によっては可能です。今回はシミーズさんが15点を叩き出しました。しかし勝ったのは一味さん。

結果:一味 44、シミーズ 39、自分 34、名人 14



キャット イン ザ ボックス Cat in the Box
(プレイ時間 60分)
CatInTheBox20201119-1.JPG1−8が5枚ずつあり、そこから4人に9枚ずつ配って8トリックのマストフォロー、切り札(緑)あり4スートのトリックテイクを行います。面白いことにカードにはスートが決められていません。出すときにどのスートなのかを決めて宣言するのです。目的はパラドックスが起こらないように最初に宣言したトリック数(1−3)を達成すること、そしてそのときにより大きなボーナスを獲得することです。

マストフォローなので、他のプレイヤーは同じスートを宣言するか、そのスートはもうないと言って異なるスートを宣言します。各プレイヤーにはどのスートがもうないのかという一覧表があります。

CatInTheBox20201119-2.JPG同一のカードがあってはならないので、どの数字をどの色として誰が出したかという一覧表があり、ここに毎回マーカーを置いていきます。面白いのは、このマーカーをうまく繋げて大きなグループを作るとトリック数を達成したときのボーナスになるということです。また、スートは4つですがカードは5枚あるので、ほとんどの場合に矛盾が起こって置けなくなってしまいます。これをパラドックスといい、マイナス点になってしまいます。

一覧表の一番上の列が切り札である赤色なので、切り札として扱ってどんどん取りたいならば切り札に近い列の青、そうでなくて取りたいトリック数が少ないなら切り札から離れた緑の列から攻めるのが良いのだと思います。

今回で一番面白かったゲームです。使わない8枚がちょうど数字の1−8でない限りはパラドックスが起こるので、ほぼパラドックスが起こるのが確実なのですが、もうちょっとパラドックスが起こらないこともあるようなバランスだとより良いと思います。

結果:一味 14、自分 10、シミーズ 7、名人 6



デプス ドゥーム Depths Doom
(説明 10分 プレイ時間 20分)
DepthsDoom20201119.JPG今回の一番の問題作!? 1−72の数字のうち2つが書かれたカードが36枚あります。つまり同じ番号はないのですが、1枚のカードに書かれた2つの数字に規則性らしいものはありません。さらにカードは歯車の数によって3つのスーとに分かれます。手札のカードを出しきるのが目的です。直前のプレイヤーが出した数字よりも上で、さらに自分が前の手番に出したカードで使わなかった方の数字よりも下の数字を出さなければなりません。またスートも同じでなければならないのです。数字は上下の制限があり、スートの制限もあるので、毎手番、出せるカードを探すだけで大変です。他にも右隣りのプレイヤーのリードを奪うなどのルールがありますが、とにかく自由度が低くてゲームというよりはアクティビティーに近いかもしれません。数字を上下から制限する
のは面白いと思うのですが、スートはさすがに余計な要素に思えます。数字の種類を絞ってすっきりさせたら、ゲーム性が高まるのではないでしょうか。

結果:名人 0(勝利)、シミーズ −1、一味 −3、自分 −5



ボースト オア ナッシング Boast or Nothing
(プレイ時間 20分)
BoastOrNothing20201119.JPG3スート9ランク+パスカード3枚(4人プレイ時)のマストフォロー、切り札ありのトリックテイクです。3スートの順位が3色のディスクを重ねることによってあわらされており、メジャートランプとマイナートランプとプレーンスートの3種があるというような感じです。毎トリック終了時にトリックに勝ったスートのディスクは一番下に(つまり最弱に)なります。つまりトリックごとにスートの強さがどんどん変わるのです。手札7枚で、ちょうど2トリックとれば1点、ノートリックだと2点というシステムです。これを繰り返して5点先取を目指します。

こういうゲームは戦略性のあるゲームとしては成立しづらいと思うのですが、ちゃんと機能しているのが素晴らしいです。

結果:一味 5、シミーズ 3、自分 2、名人 0



ニャー Meow
(説明 5分 プレイ時間 15分)
Meow20201119.JPGクニツィアの新作「ニャー」です。3スート18ランクのオーソドックスなトリックテイクで、緑が常に切り札です。これで手札9枚のトリックテイクを3ラウンド行います。毎ラウンドランダムに9枚のチップを場に並べます。これらのチップは得点だったり失点だったりするのですが、どのトリックに勝てばどのチップがもらえるというのが初めから分かっているのです。面白いのは3ラウンドを通してチップを集めるというところで、ペアにしなければ失点にならないチップを取らされたり、マイナスチップを捨てらえるチップを狙ったり、とそれぞれのプレイヤーによって狙い所が変わってきます。もちろんどうしょうもない展開も多々あると思いますが、なかなか楽しめるのではないでしょうか。クニツィアにしてはちょっと大雑把なゲームかもしれません。次回はカードを絞って(人数に合わせて数値の高いカードを省く)遊びたいです。金魚鉢を割ってしまい、最下位。

結果:シミーズ 15、一味 −1、名人 −5、自分 −31


草場宅ゲーム会 2020.11.16

MtFuji20201116.JPGShunさんが主催する「平日休みに草場さんと遊ぼう」という会に参加しました。今回で第5回目だそうです。ゲームマーケットの翌日だったので、新作をやるのかと思っていたらそうでもなかったです。夕方には、草場宅から富士山が望めてとても綺麗でした。




ココナッツ島 Isle of Coconuts
(プレイ時間 15分)
IsleOfCoconuts20201116.JPG自分が持参したゲームの中から、「ココナッツ島」を遊びました。この得点システムは、やはり唸らされます。自分だけであまり多くのコマを置くと誰も来てくれず、もし終盤自分が置く羽目になると自分だけが存するので得策ではありません。そのあたりの加減が面白いですね。

結果:自分 10、Shun 9、草場 8、rkusaba 4



ラマ パーティー エディション L.A.M.A. Party Edition
(プレイ時間 20分)
LamaPartyEdition20201116.JPGkazunaさんが来て5人になったので、ピンクラマこと「ラマ・パーティーエディション」を遊びました。ピンクラマが突然出てきて翻弄されたりするなかで、うまく手持ちを20点ちょうどにしたところで上がって0点。しかしその次の最終ディールで16失点もしてしまい、2位どまりでした。

結果:Shun. 7、自分 16、rkusaba 18、Kazuna 23、草場 54



スマートフォン株式会社 Smartphone Inc.
(説明 50分 プレイ時間 115分)
SmartPhoneInc20201116.JPG世界にスマートフォンの販売網を広げていくゲームです。2年前に一度だけ遊んだときは3人(うちスマートフォン所持者1人)だったので、ダミープレイヤーのジョブスがいましたが、今回は5人(うちスマートフォン所持者3人)なのでジョブスはいません。そしてスマートフォンの所持率も上がりました。

SmartPhoneInc20201116-2.JPG自分はインドを担当し、ほとんど技術開発をせずにひたすら販売網を広げて安いスマートフォンを売りつけて、中盤までは順調だったのですが、終盤は技術がないのに高値で売ろうとしたのが失敗して3位に沈みました。なんか絵に描いたような凋落です。やはり、最初の値付けがすべての行動の優先順位に関わるので、そこで失敗すると致命傷になります。スマートフォンのない草場さんの勝利!

結果:草場(オーストラリア) 219、rkusaba(南米) 200、自分(インド) 185、Shun.(北アフリカ) 166、Kazuna(CIS) 166



イマジナリウム Imaginarium
(説明 35分 プレイ時間 135分)
Imaginarium20201116.JPG世界観がよくわからないゲームなのですが、やることは数種類の資源をもとにカードをドラフトして自分のボードに並べ、共通の目的による得点を達成することです。誰かが20点になると最終ラウンドになります。共通の目的は最初に達成すると1点多いので、そこに一応競争があります。とにかくなかなか点数にならず、途中で本当にゲームが終わるのだろうかと何度か不安になりました。

自分の前にはカードは4列まで。同じ種類のカードを重ねると効果が高くなるのでそうしたいのですが、直接最初から重ねることはできず、いちど空いている列に置いてから次の手番に移動させるという手続きが必要です。このカードの扱いがゲームのテンポを遅くしていて、せっかくある種類のカードの2枚目の買っても、まず空き列を作るために破棄、そして買ったカードを配置、そして移動、と3手番も要するのです。

さらにカードの種類が多すぎて、なかなか同じカードが現れずに絶対数も少なく、同じカードを重ねるのは大変で、特に3枚も重ねるというのは至難の技です。

水晶がたくさん手に入る組み合わせだったので、それをお金に変えて有利だったのですが、結果としては僅差でkazunaさんの勝利!

結果:Kazuna 30、草場 29、自分 29、rkusaba 15、Shun 13



トランプ クルー Trump Crew
TrumpCrew20201116.JPG「トランプクルー」は「ディ・クルー」をトランプでできるようにアレンジしたものです。マストフォロー、切り札ありのトリックテイクで、各自が宣言したトリック数が取れれば成功となります。ディーラーが自分の手札を「強い、普通、弱い」の3段階で評価したあと、ディーラーの左隣りから何トリックとルカを宣言します(トリック数だけのチップを取ります)。ディーラーには選択肢がありません。

最初は1トリックから始めて、4人だと13トリックまで成功させるのが目的ですが、6トリックのところで何度も失敗して終了。「ザ・トリテ」ヤ「カムレッド」に通じるところがありますね。久し振りにこれらのトランプを使った強力トリックゲームを遊びたくなりました。

参考:http://kusabazyun.banjoyugi.net/Home/reproductioned/trump/toranpukurunoruru

結果:5トリックまで成功



トゥーペン Toepen
(プレイ時間 45分)
「トゥーペン」が遊びたかったのでリクエストしておいたら遊べました! 始めはすっかりコツを忘れていましたが、降りるところは降りて、勝負するところは勝負するというメリハリをきかせたら勝率が上がってきて、最後には元本を取り返して勝利! やはり面白い。傑作。そして写真撮り忘れ。

結果:自分 53、Kazuna 35、Shun 33、草場 0


TGM-Catalogue20201114-15.JPG11月14−15日の2日間、ゲームマーケット2020秋に参加しました。場所は東京テレポート駅近くの青海展示場です。自分にとっては2019年3月の大阪以来の久し振りのゲームマーケットです。2019年春と秋は旅行により不参加。そして3ヶ月前の8月16日にゲームマーケット出張版2020浅草が突発的に行われましたが、さすがにまだCovid-19の感染が怖くて行きませんでした。このあたりの感覚は個人で異なるのがこの問題の難しいところです。

Covid-19の第3波だと噂されるなかで、チケットはオンライン購入の事前販売が主流です。余っていれば当日券もその場で発売するとのことですが、人数が限られているのでオンライン購入をしたかったのですが、スマートフォンやアプリケーションが必須ということ。パソコンではダメなのか、など事務局に問い合わせるとオンライン購入して当日に身分証明書があれば入れるということで、そうすることにしました。そろそろ「スマホがなければ人間にあらず」の時代が少しずつやってきています。

Banner2020TGM.JPG両日とも午前と午後に分かれており、それぞれ入場できる時刻が2−3回あって第1部から第5部という名称がついています。午前は10時、11時、11時半入場がそれぞれ第1部、2部、3部と呼ばれ、13時には退場しなければなりません。午後は14時、15時の入場がそれぞれ第4部、5部と呼ばれ17時まで有効です。長時間のチケットほど値段が高く、また午前の方が値段は高いです。両日とも第1部のチケットが欲しかったのですが、14日第1部は既に売り切れており、第2部を購入しました。さらに2日目は当日券を午後に購入したので、チケットは以下の通り。

14日第2部11:00-13:00(オンライン事前購入)
15日第1部10:00-13:00(オンライン事前購入)
15日第5部15:00-17:00(当日購入)

滞在できる時間が短いので、かなりじっくりとカタログを見て付箋をつけておきました。こんなにじっくりと事前調査をするのは久しぶりな気がします。

====================

11月14日 土曜日 (1日目)

Wristbands20201114-15.JPG入場手続きはスマートフォンのアプリケーションがないと身分証明書で確認を取らなければならず、リストバンドを着けさせられました。エッセンシュピールみたいですね。待機列に並んで待っていたら、すぐうしろに、土嚢の会に来てくれるとけいさんがいました。11時になるとゆっくりと入場です。ホールBが同人のブースになっており、とりあえずはそちらから回ることにしました。ブースでのテーブルの間隔は開いていましたが、人が少な目なところを除けば普段のゲームマーケットとあまり変わるところはありません。大きく違うのは通常のサークルのブースには試遊卓がないことです。数人の友人から有益な情報を得ていて、1日目だけのブースを中心に廻り、それを元にゲームや書籍をかなり買ってしまいました。途中から、名人と合流して、主に2人で周りました。

Table Game in the World のおのさんと遭遇し、彼が翻訳した書籍「ゲームメカニクス大全」はどこで手に入るのかと聞いてみると、会場では売ってないけどカバンのなかに持っているから、ということで譲ってくれました。これはありがたい。でも重い。「ちょっと手に持ってくれますか? マスクも取って」と言われて、おのさんが写真を撮ってくれました。「あとで、けがわ氏も推薦というキャプションで使いますね」と冗談で言っていましたが、この日の帰りに電車の中で数十ページ読んでみると、確かに面白かったです。悔しいけど推薦します!

同人中心のホールBから企業ブース中心のホールAを少し回って、時間切れ。2時間は短いですね。終了後は名人と一緒に大井町で昼食を取ってから、のんびりと夕方遅くに高田馬場に向かい、第1969回なかよし村とゲームの木に参加して早速購入したゲームを2つ遊びました。




サンティバの預言者 Die Seher von Santiiba
(プレイ時間 50分)
SeherVonSantiiba20201114.JPGまずはメビウス便だというコロヴィーニがデザインした「サンティバの預言者」です。5色のダイスを振って親以外のプレイヤーはどれか好きな色を極秘裏に選んで専用のディスクにプロットします。親は色を宣言し、もし子がその色を選んでいると親とプレイヤーの双方に、親だけが選んでいれば親だけが恩恵を受けられます。恩恵はダイスの目だけ進むか(1−3)対応する色のカードを1枚得るか(4−6)のどちらかです。親だけが選んだときに限り、親は好きな方の恩恵をもらえます。つまりダイスの目が4以上でも進むことを選べばダイス目に等しいだけそれだけ進めるのです。

親は続けて色をどんどん選んで構いませんが、子が選んだ色を全て当ててしまったら終了です。このときは悲惨なことに親は恩恵を一切受けられません。

カードは色によって数値が決まっており、その数値分だけ得点します。ただし得点の前に各色で一番少ない枚数だと、その右隣りの色は全て無得点になってしまいます。また最も多い枚数だと得点が得られます。なのでカードは単に点数ではなく、マジョリティ争いや最下位を避ける争いなどにも関与しているので、点数が低くても見過ごせません。

なかなか面白い心理戦のゲームで、後半わかってきてからは十分に楽しめました。

結果:自分 66、やぬき 44、河上 41、後藤 37



セブン セグメント トリックス Seven Segment Trix
(プレイ時間 35分)
SevenSegmentTrix20201114.JPGデジタル数字の表示を利用したトリックテイクです。カードは4スート9ランクで1スートは常に切り札、そして数値は0−8までですが、6を逆さに出せば点対称である9として使えます。また各プレイヤーは6本のセグメントを持っており、これをカードに必要な数乗せて、異なった数字として出すことができるのです。ただし対称性による変更は点対称(180度回転)のみで線対称は不可能です(2を5として出すことはできない)。

最後に自分が残したセグメント数と取ったトリック数が同じならば得点し、そうでなければ無得点です。得点はトリック数x2+獲得セグメント数です。例外として0トリックを0セグメントを残して達成したら10点になります。

達成しなければ0点なので、とにかく達成を目指します。ディールでの最高点は河上さんの15点。自分は一度も無得点にならずに済んで勝利。

結果:自分 38、河上 31、やぬき 14、後藤 10



タワー オブ パンケークス!! Tower of Pancakes!!
(説プレイ時間 25分)
TowerOfPancakes20201114.JPG4スート8ランク(1−8)のノートランプ、マストフォローのトリックテイクです。目的は手持ちの裏面のチップ(パンケーキの生地)を表面(焼けたパンケーキ)にし、表面のチップをボードに置いて(パンケーキの客への提供)得点化することです。つまりチップ裏面→チップ表面→ボード上と2段階になっています。この2段階がトリックに勝つことと負けることに関連しています。最初は表面のチップは5枚しかないので、ゲーム中にうまくやりくりしなければなりません。

各トリックで上位2名のプレイヤーは、9からランクの数字を引いた数だけの表面のチップを場に提供して得点化できます。そして下位2名のプレイヤーはランクの数字だけの手持ちの裏面のチップを表面にできます。つまり、多くのチップを得点化するには、勝つ時には低い数字で、そして負ける時には高い数字で、ということが求められるわけです。なお、カードにはランクと、9からランクを引いた数字が両方書かれています。そして順位を決める時はプレーンスートの同数字は先出し勝ちです。

チップの得点化も3枠が8枚までという制限があったり、8枚目が高得点になったりと、よくできていると思います。2段階システムなのは、ちょっと「エルグランデ」みたいな感じで、またバランスよく勝ったり負けたりで調整してくところは「綱渡り」のようです。かなり楽しめました。また近いうちに遊びたいです。

結果:後藤 38、河上 21、自分 14、やぬき −6

====================

11月15日 日曜日 (2日目)

Mendako20201116.JPG先日よりも1時間早い10時入場の第1部です。昨日、行けなかったところや2日目だけ出展のブースを中心に廻りました。11時過ぎからミロさんや河上さんや琢磨さんと合流し、久し振りに楽しくお喋りできました。ときどきイベントを手伝っていたレプスルプスのみんなも、会うのは半年振りでしたが、元気でした。写真はメンダコゲームズの方々です(許可を得て掲載しています)。

Lamask20201115.JPG会場の人数がいつもより少ないので、割と簡単に色々な人を見つけられるのは良いところかもしれません。結局、午後も第5部の当日券で参加して、最後までたっぷりと楽しみました。最後にはEngamesでラマスクを発見! 初めてデザインの入ったマスクを購入してしまいました。




ミクロマクロ クライム シティ MicroMacro: Crime City
MicroMacroCrimeCity20201115.JPG途中で、ちむさんたちとひとつだけ会場で遊べるお試しのゲームを遊びました。ポスターには緻密に描かれた街のなかで多数の人々がいます。よく見ると、同じ人々が少しずつ場所を変えて、別のところに描かれており、動きを表していくのです。これを元にして、与えられたミッションをこなしていくというもので、みんなで色々と話しながら楽しめました。

結果:テュートリアル・ミッション達成



いつもよりも多くのゲームや書籍を購入しました。感染がまた広がりつつありますが、2021年春には、ぜひ「土嚢の会」として参加したいものです。

====================


購入したゲーム

GamePurchase20201114-15.JPG




購入した書籍

BookPurchase20201114-15.JPG