ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

メープルゲーム会 2021.09.19

2日目は、スコットさんの友人のジムも加わり、夜からは前日参加したデイブも加わって3−4人のゲームを中心に遊びました。



ハーバリウム Herbarium
(プレイ時間 25分)
Herbarium20210919.JPG今年の春、ゲームマーケットで購入したゲームでようやく初プレイ。シンプルなセットコレクションゲームで、8つの色タイル3枚の組み合わせで点数が決まります。3枚の組み合わせはアナロガス、トライアッド、コンプリメンタリー、モノクロマティックと4種類あるのですが、このうち2つをつくることは不可能なので、そこまで組み合わせの面白さというのはありません。むしろプレイヤーのひとりが選んだ流行色を推理していくところが主眼なのかもしれません。2人プレイだと、組み合わせができるまでずっと引きまくることになります。余ったチップのマイナス5点を考えても、引いたほうが良いからです。おそらく2人向きではないのだと思います。

結果:スコット 2、自分 1



ブルームーン シティー Blue Moon City (コスモス版)
(説明 30分 プレイ時間 55分)
BlueMoonCity20210919.JPGジムが加わって3人でブルームーンシティーです。このゲームの面白いところは1人で完成させてしまう方が良いとき、そして誰かと協力して決算した方が良いときと、色々な状況があることです。ドラゴンの鱗のルールはちょっとややこしいのですが、うまく少ない枚数で最多を目指したり、ちょうど3枚を狙ったりと、考えさせられます。

今回は1のドラゴンを登場させるカードが序盤に出ず、ドラゴン無しでキューブを置いていく地味な展開でしたが、中盤以降はドラゴンを絡めた決算が中心になっていきました。ジムと自分がオベリスクの7クリスタルのマスを2つずつ獲得し、そのあとはスピードダウンしましたが、最後はピラーの追加貢献のカードを温存して5回の貢献まで一気に終わらせて勝利。

結果:自分 5、ジム 4、スコット 2



Aコードで行こう Take the A Chord
(説明 5分 プレイ時間 35分)
TakeTheAChord20210919.JPG難解だという噂は聞いていたトリックテイク。5スート7ランク35枚というカード構成で、A-Gの7ランクが巡回する構成になっています。例えばDが最強(キーコード)という状態だと、D>C>B>A>G>F>Eという順です。マストフォロースート・オア・ランクで、リードスートかリードランクのどちらかをフォローしなければなりません。最後のプレイヤーがリードのランクをフォローすると即興(インプロビゼーション)が起こり複数回のトリックを連続して行います。また途中で2人のプレイヤーが同じランクをプレイすると転調が起こりキーコードが変わります。

得点体系は獲得トリック数によって早見表で得点が決まるのですが、トリックが多くても少なくてもダメです。ただ、これもユニモーダル(単調増加単調減少)ではなくて、2トリックが異常に低かったりと、どういう意図なのか今ひとつよくわからない得点体系です。

マストフォローでスートもランクもというのはカウンティングがやりづらく、一度即興が始まると4-5トリックくらいが即興になってしまうのが大味です。色々なルールを盛り込んであり意欲的だと思いますが、マストフォローランクはなくても良かったのではと感じます。つまり、ボイドになって初めて即興や転調が起こるくらいの方が、戦略が立てやすいのではないでしょうか。

結果:自分 90、スコット 50、ジム 45



グリーン フィンガー Green Finger
(説明 10分 プレイ時間 20分)
GreenFinger20210919.JPG5x5に並んでいるカードを1枚ずつめくって再配置し、最終的に自分の家の周囲或いは縦横にある得点を競います。基本的に相手の邪魔をするので、序盤に自分の家をおくことはありません。マイナスが割と多いので、どうしてもそうなりがちです。家が一人当たり幾つかあった方が良いと思いますが、それだと「市場のお店/キングダム」になってしまいますね。

結果:スコット 16、自分 14、ジム 8



ナインティーナイン Ninety-Nine
(プレイ時間 6ディール55分)
Ninety-Nine20210919.JPGスコットさんが興味を持ったので、トランプを使って37枚でのナインティーナインを遊びました。最近はジョーカー抜き36枚というルールがオフィシャルみたいです。第2ディールでリビールに失敗し(写真の手札)、さらに第5ディールではデクレアに失敗するというダメっぷりでしたが、なんとか2位になれました。時間の関係で6ディールで終了。でも楽しんでもらえたようで良かったです。

結果:ジム 159、自分 145、スコット 126



ベガスの帝王 Lords of Vegas
(説明 30分 プレイ時間 130分)
LordsOfVegas20210919.JPGラスベカスのカシノ経営で儲けるというゲームです。6種類のカシノチェーンがあり、それらが9枚ずつカードになっています。手番ごとに1枚ずつ公開し、対応するチェーンがでると収益及び得点になります。また手番プレイヤーは示された区画の権利を得ます。

同じブロックでできるだけ区画が繋がるように伸ばしていくと得点が高くなります。収入は建物に見立てたダイスの目で、得点は自分の区画数です。この得点トラックが曲者で、最初は1ずつ増えていきますが、そのうち2ずつ3ずつ4ずつというように、加速度的に増えていき、例えば差が3の得点マスを進むには3マス以上の区画のカシノを持たなければならないのです。今回は拡張のバリアントで2層や3層にするオプションもあり、これによって区画が広がったのと同じ効果があります。欲しい区画を巡って、他のプレイヤーと交渉して区画の交換や売買で得点トラックの波に乗り、最終的にベガスの帝王になっていくのです。

また、手番中にギャンブルと言ってダイスを2個振り、2、3、4、9、10、11、12を出せば勝利、そうでなければ敗北という賭けが他のプレイヤーとできます。これは出目で言えば4/9という割の悪いギャンブルですが、2と12の出目だと倍になるのでそれを加味すればちょうどフィフティーフィフティーになります。クラップスを模した簡易ギャンブルなのですが、ルールとしてはあとから付け加えた感じです。

序盤はまずまずだったのですが、差分2の得点トラックで行き詰まってしまい、大きく遅れをとってしまいました。これが最後まで響いて敗北。なんとかタイブレークの所持金のわずかな差で3位です。

コンポーネントは割とシンプルなのですが、写真映えするゲームだと思います。ラスベガスに実在する一区画の通り名が書かれており、「ラスベガスはゲームだけじゃなくて映画の題材にもよくなるよね、Leaving Las Vegasとか?」「ああ、あの映画いいよね」、なんて話をしながらゲームは進んでいきました。結構みんなラスベガスには行ったことがあるみたい。自分は一度だけ行ったことがありますが、I-15でアリゾナからドライブしてきて、突如として砂漠に現れた光の海と、周りの車の運転が恐ろしく荒かったことしか覚えていません。

結果:デイブ 49(29)、ジム 44(42)、自分 32(59)、スコット 32(57)
(カッコ内はタイブレークの所持金)



ツタンカーメン Tutankhamun (25世紀ゲームズ版)ファラオの贈り物 A Pharaoh's GIft
(説明 15分 プレイ時間 45分)
Tutankhamun20210919.JPG最近よく遊ぶ豪華版「ツタンカーメン」です。中盤まではかなり勝利を確信していたのですが、8の石碑のタイルの決算が起こる前に他の決算が次々と続いてゲームが終わってしまいました。もう少しラータイル(タイルを1枚アンダーワールドに破棄できる)などを使えば自分が関与する決算を早められたかもしれません。

結果:デイブ 0(勝利)、スコット 0、ジム 3、自分 7



エルファーラウス ボードゲーム Elfer raus!: Das Brettspiel
(プレイ時間 3ディール85分)
ElferrausDasBrettspiel20210919.JPGスコットさんのリクエストで持ってきた「エルファーラウスボードゲーム」です。3人で3ラウンドを行いました。今回はついていて、2ラウンド終わって自分は無失点だったのですが、3ラウンド目はデイブがあがって、自分は33失点。結局1勝もしなかったスコットさんがマイナスを低く抑えて勝利という、面白い展開でした。

結果:スコット 29、自分 33、デイブ 111



3日目に続く。


メープルゲーム会 2021.09.18

スコットさんの自宅で2泊3日の第3回メープルゲーム会です。スコットさんの友人のデイブ、ジム、ショーン(敬称略)も参加。3日間で未プレイゲーム、旧作の名作、新作、話題作など色々遊びました。



このみしぐれ Sprinkle
(説明 40分 プレイ時間 105分)
Sprinkle20210918.JPGゲームマーケット2020秋で購入したゲームですが、漸く初プレイ。もともとスコットさんに勧められたということもあり、2人で遊ぶことにしました。森林の形成というテーマで、以前何度か遊んだ「光合成」と似た雰囲気がありますが、ゲームの内容はかなり異なります。

説明書が結構分かりづらいのですが、なんとか解読しつつのプレイ。種から樹木に育てていく過程が良いですね。むささびが種を運んでくれるルールがこのゲームの核心なのですが、むささびの移動で空白マスを数えていたために、前半はモッタリした展開になってしまいました。途中、これだと手詰まりになってしまうということに気がつき、ルールの例などを見直してみると、どうも木があるところだけしか数えなくて良いみたいで、後半はこの正しいと思われるルールで遊んだのでゲームの雰囲気が随分変わりました。この辺り、もっと明瞭にルールに書いて欲しかったです。ボードが少々狭くてプレイアビリティーが悪いのが難点ですが、これは同人なので仕方がないところなのかもしれません。

雨が降らないと木が育たないのですが、決算の時には晴れないと光合成ができません。この辺りのジレンマが良いです。特殊能力も色々面白いし、ゲームとしては良いので、次回は是非3人以上で遊んでみたいものです。

結果:自分 94、スコット 89



シャーク トレード(スティンジー) Stingy
(説明 10分 プレイ時間 35分)
Stingy20210918.JPGメープルゲーム会では2人で遊ぶことも結構多いのでいくつか2人用や2人で楽しいゲームを持っていくのですが、このスティンジーもそのひとつ。個人的には2−3人くらいがベストだと思います。2人だとダミープレイヤーがおり、ダミープレイヤーとの交換もできるのがなかなか面白いです。色ボーナスも加えて遊びました。ジョリーロジャーズも獲得し、7色ボーナスも得て勝利!

結果:自分 130、スコット 76



チグリス ユーフラテス Euphrat & Tigris (ハンスイムグリュック版)
(説明 35分 プレイ時間 135分)
Euphrat&Tigris20210918.JPG1日目のメインディッシュは、リクエストで持ってきた「チグリスユーフラテス」です。序盤はスコットさんが川の合流点にモニュメントを建ててリード。自分は圧倒的に赤の点数がなくて、中盤以降は赤のモニュメントを奪ったり建てたりということを狙うのですが、その機会はなかなか回ってきません。さらに破壊タイル2枚を少々無駄に使ってしまったのも失敗でした。最後にショーンさんの赤のモニュメントを奪う戦争に挑みましたが失敗。そうこうしている間に、強力な帝国を築いていたデイブさんの勝利!

結果:デイブ 10−11−13−13、ショーン 9−10−11−16、自分 9−9−12−19、スコット 7−7−8−14



アベ カエサル Ave Caesar (ラベンスバーガー版)
(説明 5分 プレイ時間 30分)
AveCaesar20210918.JPGかなり久し振りに遊ぶアベカエサルです。バリアントなしのルール通りで遊びました。4枚ある6のカードをどこで消費するかが難しいところです。今回は4人とも1周目でコインを置き、そのあとは妨害の応酬です。最後にはなんとか手番順の位置に恵まれて、勝利。

結果:自分 1位、スコット 2位、ショーン 脱落、デイブ 脱落



ラマ ダイス L.A.M.A. Dice
(説明 15分 プレイ時間 各45分)
LAMADice20210918.JPG1日目の最後は初プレイとなるラマダイスです。あの傑作「ラマ」をどのようにダイスゲームにしたのかには、非常に興味がありました。同じ数字かそのひとつ上という要素はなくなっていますが、ダイスを振るか降りるかというギャンブル要素は残っています。

配られたカード6枚は表に公開しておき、手番ではダイスを3個振ります。自分のカードと同じ目を振ればカードを捨てられるというシステムです。同じ数字のカードは1枚までしか捨てられません。降りると残ったカードがラマ方式で失点になります。振った目のカードがなければ、中央の中立のカードから出た目を1枚取らなければなりません。それもなければバーストとなり強制的に降りることになります。また1人を除いて全員が降りると条件が厳しくなり、中央のカードは考慮しません。この辺りもカード版のラマと似ていますね。

ラマは各ダイス2面あるので、3分の1で出ます。3個が全てラマだとチップが戻せるというルールがあり、確率的には27分の1のはずですが、今回はそれよりずっと頻度が高かったと思います。ミユキさんが、コンスタントにダイスでチップを戻し、良いタイミングで降りて2戦2勝。これはなかなか面白いダイスゲームです。

結果
1戦目:ミユキ 5、自分 23、スコット 33、デイブ 50
2戦目:ミユキ 22、スコット 27、デイブ 30、自分 50



2日目に続く。


ミスボド 2021.09.11

第106回目のミスボドです。ミスボドは次の9月25日の107回目を最後に休会となるようです。そんな事情もあり、久し振りに参加しました。大規模なゲーム会に参加するのは久し振りです。ちょうど911のテロ事件から20周年なので、マンハッタンがあったら遊ぼうと思っていましたが、残念ながら見当たらず。



ツタンカーメン Tutankhamun (25世紀ゲームズ版ファラオエディション)ファラオの贈り物 A Pharaoh's Gift
(説明 15分 プレイ時間 50分)
Tutankhamun20210911.JPG新しくなった「ツタンカーメン」。拡張タイルを入れて遊ぶのは2回目です。大分タイルの能力に慣れてきて、能力を使って有利に進めることができました。3人プレイは初めてですが、ツタンカーメンはアブストラクトストラテジーゲームなので2−4人くらいの少人数の方がゲームとしては面白いと思います。

結果:自分 0、なかもり 4、もも 12



ファミリーインク Family Inc.
(プレイ時間 10分)
FamilyInc20210911.JPG次に遊ぶ予定の「ブレーキングアウェイ」までの合間を使って、久し振りに会う双六小僧さんも混じって、4人で「ファミリーインク」を遊びました。バースト系のゲームで、傍観していた笹親父さんは「チーキーモンキーをもっと酷くしたようなゲーム」と言っており、なるほどと思いました。今回はまったく良いところがなく、圧倒的に最下位。

結果:もも 100、双六小僧 89、なかもり 60、自分 32



ブレーキング アウェイ Breaking Away
(説明 30分 プレイ時間 60分)
BreakingAway20210911.JPG風太郎さんが持参した「ブレーキングアウェイ」の初版を5人でプレイ。風太郎さんが前のゲームが終わるまでに「ファミリーインク」を遊んでいたのですが、風太郎さんが言うように、ルール説明を終わらせていればよかったですね。そんなにルール説明はいらないゲームだと思っていたのですが、あとで見返したらたっぷり30分もかかっていました。

今回は、1ラウンド目の混雑ルール(5台以上が同じ場所にいると、そこでつながりが途切れる)を使いましたが、そういう状態になることはありませんでした。それにしても、このゲームはやはりレースゲームの傑作です。ファーストスプリントで1位と7位、セカンドスプリントで2位と7位、そしてファイナルスプリントで2位と6位を獲得し、総合44点でギリギリ優勝! これは嬉しい。

結果:自分(黄) 44、なかもり(赤) 42、風太郎(青) 28、もも(緑) 27、笹親父(黒) 15



ブルー ラグーン Blue Lagoon
(説明 10分 プレイ時間 75分)
BlueLagoon20210911.JPGちょっと久し振りの「ブルーラグーン」です。今回は産物の点数が伸びず、またマジョリティー争いにもあまり絡めずに最下位でした。島をつなぐことだけ考えすぎたかもしれません。いやー難しいゲームだ。

結果:もも 156、ナカイ 147、なかもり 141、自分 133



チーキーモンキー Cheeky Monkey (グリフォン初版)
(プレイ時間 各10−15分)
CheekyMonkey20210911.JPGグリフォン初版はアークライト初版と同年の2012年に発売されたぬいぐるみのバージョンです。異なるのは箱に入っていないこと。そして、ぬいぐるみは同じでも、中のタイルやチップのデザインがまったく異なることです。このグリフォン初版は、一番最初の2007年のフェイス2フェイス版と同じデザインのタイルになっています。1戦目は3人で、そして2戦目は4人で遊びました。最後はぶっちぎりの1位が取れて、この日の有終の美を飾れました。良かった。

結果:
1戦目:まさる 40、自分 19、道化師 18
2戦目:自分 51、道化師 16、クロマ 11、まさる 5