ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

なかよし村とゲームの木 2020.04.04

Nakayoshimura20200404.JPG第1937回のなかよし村例会です。月の第1週なので赤桐さんのトランプ講座です。「カクタス」と「ディフェレンツラーヤス」という2つのゲームを遊びました。




カクタス Cactus
Cactus20200404.JPG「カクタス」は「ゴルフ」のバリエーションで、カナダのバンクーバーなどで遊ばれているそうです。裏向きに配られた4枚のうち、2枚をこっそり見ます。目的は、自分の前にあるカードの点数(A、2、・・・、10、J、Q、Kはそれぞれ1、2、・・・、10、10、10、0点)をできるだけ少なくすることです。手番には山札か捨て札の一番上を取って、自分の裏向きのカードのどれかと見ずに交換します。山札から取った時だけはそれをそのまま捨てても良いです。捨てたカードにより、自分のカードを1枚見る(6−8)、他のプレイヤーのカードを1枚見る(9−J)、自分と他のプレイヤーのカードを交換する(Q)という特殊能力があります。また捨てたカードの同位札があれば先着1枚だけ捨てられます。

こうして誰かが「カクタス」と宣言したらあと1周で終了。宣言したプレイヤーの点数が最小なら0点、そうでなければ宣言したプレイヤー以下のプレイヤーは全て0点で、宣言したプレイヤーがペナルティとして10点が加算されます。

問題点は「カクタス」宣言のあとにQの能力によってカードを変えられてしまうケースが非常に多いことです。なのでQが全て使われたのを見越してから「カクタス」を宣言するか、あるいはどんどんカードを減らして0枚にして宣言する以外にはあまり宣言するのが得策とは思えません。

特殊カードのルール、そして早い者勝ちで同位札を捨てられるルールなどは「オメルタ」を彷彿とさせます。さすがに「オメルタ」の方が洗練されていますが、「オメルタ」は特殊カードが少々多いので、この「カクタス」も悪くないです。5人で6ディール遊び、3ディールを0点に抑えて勝利。やはり「カクタス」を宣言した時が最大失点でした。また遊んでみたいと思わせます。

結果:自分 48、やっちゃん 65、草場 71、ぶうりん 87、O島 108



ディフェレンツラー ヤス Differenzler Jass
DifferenzlerJass20200404-1.JPGスイスで遊ばれている「ヤス」の一種だそうです。「ヤス」というとオランダのゲームという印象ですが、スイスの「ヤス」は10が弱いのが特徴です。ランクはA、K、Q、J、10、9・・・6で、点数は、それぞれ11、4、3、2、10、0・・・0点です。ただし切り札はJ、9がAより強く、点数も20、14点と高いです。またラストトリックは5点なので1ディールでの合計は157点です。プレイ自体は通常のマストフォローのオーソドックスなトリックテイクです。

おもしろいのは、ひとりずつ取れる点数を宣言していくことです。そして、ディールが終了したら、実際に獲得した点数との差分が失点になります。ちょうどぴったりだったら、失点の代わりに10点の得点というバリアントがあり、これを採用しました。

DifferenzlerJass20200404-2.JPGちょうどピッタシは至難の技ですが、ある程度考えて29点宣言で29点を取った時は嬉しかったです。写真のように、2トリック6枚を取って29点です。さすがにこんなに細かい点数のシステムで絶対値が失点というのは厳しい!

結果:大堀 −39、自分 −62、赤桐 −105


ゲームカフェぶんぶん 2020.03.26

ラマ L.A.M.A.
(プレイ時間 各10−15分)
Lama20200326.JPG例によって「ラマ」でどのゲームを遊ぶかを決める権利を競いました。1戦目は名人が勝利し、一味さん持参の「フォレヒュッテ」を選択。「フォレヒュッテ」の直後の2戦目では自分が勝利し「ラマ」の前にクニツィアが作った「ウノ」系統のゲーム「ミオ!」を選びました。

1戦目:名人 23、一味 28、自分 40 → フォレヒュッテ
2戦目:自分 4、名人 38、一味 49 → ミオ!



フォレ ヒュッテ Volle Hütte
(説明 20分 プレイ時間 55分)
VolleHutte20200326.JPG90年代初頭のような装いのゲームですが、出版は2002年です。山小屋のレストランをテーマにしたゲームで、自分のレストランに多くの客を出入りさせるのが目的です。カードを選択することにより、レストランに席数を増やしたりディスコをつけたりできますが、その後、客の移動の条件が難しくパズルっぽいところがあります。なんだかゲームの核心がよくわからないままにゲームが進んでしまいました。ルールをもっと整理すれば良くなりそうです。

結果:名人 1120、自分 1110、一味 1050



ミオ! Mio! (小箱版)
(説明 10分 プレイ時間 30分)
Mio20200326.JPG「ミオ!」はクニツィアが作った「ウノ」のようなゲームです。今回は未開封だった小箱版(アミーゴのカードゲームサイズ)を持参しました。カードが出せなかったら出せるまで引くという、クニツィアらしくないというか、ドイツゲームらしくないゲームで、場合によってはここで10枚以上ものカードを引くことになります。本当にルールがあっているのか? となんども疑いたくなるようなゲームなのですが、一応失点が100点を超えるまで行いました。5ディールかかりました。あとでルールを見たら、残り1枚になったら「ミオ!」と宣言して2回ノックしなければならないようです。

結果(計5ディール):名人 35、自分 65、一味 112



ゴールド Gold!
(プレイ時間 30分)
Gold20200326.JPG中央のカードとの交換を繰り返して同色3枚組を作って得点化していくゲームです。価値の一番低いものを取る、ゴールドをより低い価値のゴールドと交換する、ドンキーを任意のカードと交換する、の3択で、ゲームはじわりじわりと進んでいきます。久し振りに遊びましたが、とても面白い。シャハトももっとこういう渋いゲームを作って欲しいです。

結果:自分 53、名人 50、一味 47


ディアシュピール 2020.03.24

ファミリア Famiglia
(プレイ時間 各20−25分)
Famiglia20200324.JPG久し振りに「ファミリア」を遊びました。ミロさんはカードゲームが好きなので気にいるのではと思ったのです。かなりルールを忘れていましたが、確認しつつで何とか思い出しました。1戦目はかなり手探り状態だったのですが、2戦目はお互いに慣れてきて楽しめました。デッキが尽きてからルールが変わることを忘れなければ、遊びやすいと思います。

結果
1戦目:ミロ 45、自分 33
2戦目:ミロ 78、自分 69



トポロメモリー Topolo-Memory
Topolo-Memory20200324.JPGゆれひさんが到着し、少しだけトポロメモリーを遊びました。慣れてしまうと簡単すぎるのが欠点です。神経衰弱(メモリー)として遊ぶと面白いということなので、今度試してみたいと思います。




ブルームーン シティ Blue Moon City (コスモス版)
(説明 20分 プレイ時間 65分)
BlueMoonCity20200324.JPGこの日のメインとなるゲーム「ブルームーンシティ」です。ブルームーン8種族を操って、オベリスクに5回(3人プレイ時)捧げ物をすれば勝利という一種のレースゲームです。決算の順番を上手く操っていくゲームで、このあたりは「バベルの塔」に似た感じです。1位と2位以下の差があまりないときや、隣接タイルからの報酬が大きいときなど、場合によって考えなければなりません。さらにドラゴンの鱗は3枚は欲しいですが、それ以上は1位になれるときだけ必要なので、その辺りも悩ましいです。

結果:自分 5、ゆれひ 4、ミロ 3



ミスカトニック大学 禁断の蔵書 Miskatonic University: The Restricted Collection (カオシウム版)
(説明 10分 プレイ時間 40分)
MiskatonicUniversity20200324.JPGゆれひさんのリクエストで持ってきた「ミスカトニック大学」です。まあやさんも参加して4人で遊びました。運に恵まれず、バーストが続くという辛い展開で、さらに特殊カードを前半でかなり使ってしまうというミステイク。結局、まあやさんとともに同点最下位でした。でも、みんな楽しんでくれたみたいです。

なお、今回持ち込んだのは英語版(カオシウム版)で、蓋がしっかりとマグネットで閉まります。プレイアビリティーは日本語でも英語でも同じなので、ルールさえわかれば蓋が閉まる英語版がオススメです。

結果:ゆれひ 39、ミロ 36、まあや 24、自分 24



ゼロ Zero (テンデイズゲームズ版)
(プレイ時間 20分)
Zero20200324.JPG1、2ディール目ではゼロ上がりで終了。3ディール目はノックノックであっという間に終了し、ノックをしたゆれひさんは8失点でしたが、自分は28点もの失点となり、ここでダントツで最下位に。最終ディールでは最少の6失点に抑えたものの、差はあまり縮まらずに最下位のままでした。それにしても、ゆれひさんは「ゼロ」が強いですね。

結果:ゆれひ 34、まあや 37、ミロ 47、自分 54