ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

Trick Taking Party 2019.09.08

第14回となるトリックテイキングパーティーに参加しました。色々なテストプレイをしつつ、未プレイのトリックテイクを3種も遊べました。



ジンバブエ トリック Zimbabweee Trick
(プレイ時間 20分)
ZimbabweeTrick20190908.JPG1から10までのカードがそれぞれ数値に等しい枚数があります。それらでマストフォローのトリックテイクを行います。とはいってもスート=数値なので、マスト・フォロー・ザ・ナンバーという感じです。出したカードは自分の前に置き、どんどん左側に並べていきます。2トリック目が10の位、3トリック目が100の位になり、それ以前のトリックがタイブレークになるというわけです。ただし10のカードは出したときは2桁ですが、その次のトリックでは十の位が重ねられて0だけになってしまいます。手札から取れるトリック数を予想してビッドするのです。

マストナンバーフォローなので、最初はタイばかり。そしてタイブレークは後出しがちなので、リードが右に移るだけというのが最初の数数トリックです。もちろん最初から低数値を出せば話は違いますが、高数値の枚数が多いのでタイが多くなりがちです。また、最後のトリックを取ると負けてしまう(出したカードを値段に見立てて多すぎて破産するということみたいです)というルールがあるので、最後まで高数値は残せません。

結果:自分 9、かつまた 6、ゆうり 3、あおば 2



命中 Volltreffer
(説明 15分 プレイ時間 25分)
Volltreffer20190908.JPG手札が無い状態から、カードを得点を使って購入していき、8枚になったら切り札ありのマストフォローのトリックテイクをします。トリックに勝つごとに5点入ります。こうして数ディール行い、61-70点にすれば勝利です。複数いる場合はより66点に近い方が命中となります。

カードの購入は4枚が表になっており、常に切り札の高い数値がより高価になります。購入価格は4、2、1、0でトリックに勝つと5点なので、4点で購入してもトリックで勝てば差分でプラス1点になります。すべてのカードを使うわけでは無いので、どのカードが市場に出るかというのが大きな運要素になります。カードをドラフトしていくゲームだと他にヴァスシュティッヒが思い浮かびますが、こちらの方が分かりやすいかもしれません。

結果:かつまた 67、しだま 47、shadowflame 46、自分 35



トワイライト Twilight
(プレイ時間 45分)
Twilight20190908.JPGパートナーシップ制(ペア戦)のトリックテイク。向かい合わせが同じチームとなり、月の陣営と太陽の陣営に分かれます。カードは28枚で月と太陽でそれぞれ同じ構成で14枚ずつあり、得点は弱いカードの方が高いです。また3枚の倍率カード(x1、x2、x3)があり、それらを全く取らなければx0となるので無得点です。これら28のカードはマストフォロー練習用カードのように裏からどちらのスートかわかるようになっています。

面白いのは、自分の陣営のカードしか出せ無いというところです。カードはすべて混ぜて配られるので、相手陣営のカードがあったり、相手に自分の陣営のカードがあったりします。なので、自分の手番に誰か(敵陣営の2人のどちらかか自分のパートナーか)に対して自分の代わりにカードを出してくれと要求できるのです。これはかなり斬新なプレイ感覚です。これがペア戦のシステムとうまくマッチしています。

4ディール戦を行い、3ディール目まで、我が太陽チームが勝っていましたが、最期に逆転負け。

結果:しだま&shadowflame(月) 109、かつまた&自分(太陽) 107



台風15号が近づいていたので、早めに終了となりました。2次会がないのはちょっと寂しいですね。


土嚢の会 2019.09.07

Donounokai20190907.JPG今回の土嚢の会は、韓国から日本にちょうど滞在していたしょうさんが参加してくれました。「ソガクボ Jogakbo」というしょうさんがデザインしたゲームを持参してくれました。テトロミノをドラフトして配置していくという、パズル的なゲームです(2枚目の写真)。面白そうだったのですが、残念ながら、しょうさんのフライトの関係でしょうさんは午後の早い時間に出なければならず、自分はプレイできませんでした。

Jogakbo20190907.JPGまた、今回はミュルスガリカス大会を行いました。形式は以前と同じで、何度でも対戦できます(同じ相手とは1度まで)。結果は後述しますが、12人のプレイヤーが参加してくれました。また、自分はプレイできませんでしたが、「ローマ」の「大競技場」が人気でした。また持ち込んで、今度は参加したいものです。




二十 Ni-Ju
(プレイ時間 各5-15分)
Ni-Ju20190907.JPG大塚さんと二十を3回遊びました。最初の2回は通常ルール、そして最後の1回は斜め置きバリアントを採用しました。斜め置きがある方がやっぱりゲームがシャープな感じがして好きです。写真は白が勝ったところです。

結果
1戦目:自分 勝利、大塚* 敗北
2戦目:自分* 勝利、大塚 敗北
3戦目(斜め置きバリアント):自分* 勝利、大塚 敗北



ミュルス ガリカス
(プレイ時間 各5−20分くらい)
MurusGallicusTournament20190907.JPG今回はミュルスガリカス大会です。以前、なかよし村とゲームの木でのアブストラクトゲーム会でつかったミュルスガリカスのボードを再利用し、コマはヘックスのデラックス版のものを流用しました。これまでのヘックス大会、ヤバラス大会と同様に、空いた時間に他のプレイヤーと対戦して、その勝率で順位を決めます。先手後手の有利不利をなくすために同じプレイヤーと先手後手で2戦遊ぶということにしました。最低3人と対戦すれば(つまり6戦すれば)、優勝の対象になります。結果から見ると、先手後手の有利不利はあまりないようなので、もし次回やるとしたら、同じ相手とは1回だけでも良いと思います。

MurusGallicus20190907.JPG自分は合計5人と計10戦を遊び、6勝4敗とギリギリ勝ち越しました。3−6戦目は「シーソ」のあと、7−8戦は「フリポップ」のあと、そして9−10戦は「アッパーハンド」のあとに遊びました。規定数の3人(6戦)を戦ったのは参加者12人中6人で、少々敷居が高かったかもしれませんね。土井さんが75%の勝率で1位でした。おめでとうございます。蛇足ですが、規定回数を考慮しなければ、しょうさんが2勝0敗の100%です。さすがしょうさん。

個人結果
1戦目:自分* 勝利、セイジャ 敗北
2戦目:自分 勝利、セイジャ* 敗北
3戦目:土井 勝利、自分* 敗北
4戦目:土井* 勝利、自分 敗北
5戦目:自分* 勝利、菊子 敗北
6戦目:菊子* 勝利、自分 敗北
7戦目:自分 勝利、みね* 敗北
8戦目:みね 勝利、自分* 敗北
9戦目:自分 勝利、冬子* 敗北
10戦目:自分* 勝利、冬子 敗北

大会結果(上位5名、参加者12名)
1位 土井 6勝2敗 75%
2位 しのだけ 5勝3敗 63%
3位 自分 6勝4敗 60%
4位 みね 4勝4敗 50%
5位 セイジャ 2勝4敗 33%



シーソー Auf der Kippe
AufDerKippe20190907.JPG久し振りに登場した道化師さんの持ち込み。結構よくできているシーソーアブストラクトゲームです。6面ダイスを振って、出目と等しい数だけコマを進めます。コースは端からジグザグの蛇腹状になっており、どのコマを動かしても良いのですが、ちょうど進まなければならず、既にコマがあるマスには進めません。目的はシーソーのうち5つを完全に自分の側に傾けることです。各シーソーは3マス分あり、中心に近い方から1、2、3というウエイトだと思えば間違いないでしょう。

結果:たにかわ 勝利、自分 敗北



ウルビーノ Urbino
(プレイ時間 各20-25分)
Urbino20190907.JPGちょっと久し振りのウルビーノを土井さんと遊びました。先手と後手で2回遊びましたが、どちらも自分はボードの中央を取りに行きました。この中央で大きな区画を作って得点を稼ごうという目論見です。自分が先手だった1戦目ではそれが成功しましたが、2戦目ではそれよりも周囲の土井さんの区画を合わせた方が広くなってしまい、周囲を軽視した作戦が裏目に出ました。広がる相手を阻止するには縦横方向に一つおきに配置するとかして、壁を作ると良いですね。やっぱり傑作です。

結果
1戦目:自分* 20、土井 12
2戦目:土井* 24、自分 15



フリポップ Flipop
(プレイ時間 15分)
Flipop2019097.JPG5x5のボードで自分のボールすべてを相手の側に移動するという「チャイニーズチェッカー/ダイアモンドゲーム」あるいは「オリオン」の「ボーテス」と同じコンセプトのゲームです。大きな工夫はゲートというアイディアで、移動では必ずこの金属製のゲートをくぐらなければならないのです。くぐった先に自分や相手のボールがあってもそれがさらに移動できれば構いません。そしてその移動の方向はゲートの開き方(左か右か)によって自動的に方向が決まるのです。連鎖の最後のボールだけはゲートを通る必要はありません。唯一の禁じ手は、たとえ部分的でもこれを戻すような動き方です。

ゲートのギミックがよくできていて、遊んでいて楽しいです。これはまた持ち込もうと思います。こういうのがあるので、中古アブストラクトゲームを探すのはやめられませんね。

結果:土井 勝利、自分 敗北



アクロン Akron
(プレイ時間 各10−20分)
Akron20190907.JPG冬子さんが遊んでみたいというので、ボールを使ったコネクションゲーム「アクロン」を遊びました。1戦目こそ2段目が積まれずに終わりましたが、2戦目以降からは少しずつコツをつかんでくれて、最後は結構危ういところで勝てました。いやー、やはり面白い!

結果
1戦目:自分 勝利、冬子 敗北
2戦目:自分 勝利、冬子 敗北
3戦目:自分 勝利、冬子 敗北
4戦目:自分 勝利、冬子 敗北



アッパーハンド Upper Hand
(プレイ時間 各10分)
UpperHand20190907.JPG続けて、ボールをどんどん積んでいくゲームがやりたいということなので、それは「アッパーハンド」のことだと思い、さすがに7x7の分のボールは持ってきていませんでしたが、5x5を遊びました。お互いにちょっと中央から離れたところに置いてみたりと、なかなか面白い展開でした。1勝1敗。次回は7x7ができるようにボールを持ってこようかと思います。

結果
1戦目:自分 勝利、冬子 敗北
2戦目:冬子 勝利、自分 敗北



シュティッヒルン Sticheln
Sticheln20190907.JPG最後はメイフォローのトリックテイクでは有名な「シュティッヒルン」です。自分の失点スートと同じスートの低数値をある程度持っていないと、他人にリードされた時に取らされる羽目になります。取った方が良いトリックというのが少なく、ほとんどが失点なのでなかなかきついです。

結果:冬子 10、しのだけ 4、自分 −4、大塚 −8、菊子 −40、道化師 −48



終了後は5人でハンバーグを食べつつ雑談をして終了。来月も楽しみです。


月の会 2019.09.05

ブルームーン Blue Moon
(プレイ時間 各10-25分)
BlueMoon20190905.JPGこの日は初参加のプレイヤーも何人か来てくれて、さらに騎士カタン会もあったので、序盤は結構多くの人で盛り上がりました。自分は結局、通算で5戦遊びました。まずは、たにかわさんと1戦。そのあちは初参加のぎやまさん、はあびいさんと計3戦。最後に、とけいさんにブカを教えつつ1戦です。先日の選手権の余韻なのか、かなり調子が良く、5戦5勝0敗という結果で満足。

結果
1戦目:自分(アクア) 4x、たにかわ(キンド) 0
2戦目:自分(ミミックス) 4x、ぎやま(アクア) 0
3戦目:自分(ミミックス) 4x、ぎやま(アクア) 0
4戦目:自分(フリット) 3、はあびい(アクア) 0
5戦目:自分(ヴァルカ) 3、とけい(ブカ) 0



次回は10月4日です。ツイプラはここ。
https://twipla.jp/events/406052