ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

川崎テーブルゲーム会シャッフル 2018.04.21

シャッフル第51回例会に参加しました。珍しく、開始してすぐから最後まで参加して、様々なゲームを楽しみました。新たに遊んだのは「ノームの村」「ザ・マインド」の2作ですが、「ザ・マインド」は衝撃的でした。



ノームの村 Schüttel's
(説明 10分 プレイ時間 20分)
Schuttels20180421.JPGカップに入ったポーンの形をした15個のノームコマをよく振って、それをダイスのように振り出します。出た個数が出目になり、出目に対応したアクションを行います。殆どの場合は、出目の数字のエリアにコマを置きます。エリアにはコマを置く場所5カ所にそれぞれの収入が書かれており、まずは最も低い収入のところに置きます。既にコマが置かれていたらそのコマを次に高い収入のマスにずらします。よって、他のプレイヤーが何人も同じエリアにコマを置いてくれれば自分のコマの収入が高いマスに上がっていくのです。既にコマが置いてあるエリアを振ったらコマを置く代わりに収入を獲得することができます。すると、コマはボードの端のエリアに置かれてしまい、もう戻ってきません。他にも一攫千金を狙えるエリアがあったり、2個以上のコマが置かれると収入をもたらすエリアがあったり、などいくつか特殊なエリアがあります。最初の持ち金400を増やすのが目的です。

ある程度コントロールができるダイスというのが、このノームコマを使う役割なのですが、少々ルールが曖昧で、どこまでが許されるのかわかりません。まあ、どちらにせよそれほどコントロールはできません。軽いゲームにしてはルールが結構多くて面倒に思えました。

結果:自分 1470、すー 660、かわのまろ 660、大賀 580、大麦 540、山崎 220



ドラゴンの宝石 Drachenhort
(説明 10分 プレイ時間 40分)
Drachenhort20180421.JPGかなり久し振りに遊ぶゲームです。7人で遊べる数少ないゲームであり、今回も7人で遊ぶために持ってきました。ルールをすっかり忘れていたので説明書を読みながらの説明をしたのですが、隣りのナカタさんがかなり細かいところまで覚えていてくれて助かりました。さすが! ゲーム自体は「ターフホースレーシング/ロイヤルターフ/ウィナーズサークル」、「アバンドンシップ」、「リトルイタリー」を基にしており、プレイヤーは極秘裏に複数のコマをサポートします。そして各ラウンドに原則的には各コマは1回ずつしか動けないので、自分のコマを助けるか、他人のコマを陥れるかという楽しくも悩める選択肢があるわけです。表と裏の両面を遊んで総合点を競いますが、表の面を遊んだまでではまだ誰がどのコマをサポートしているのかが明かされません。結局2つのコマを除いてすべてて同じ点数になるという結果で、この2つのコマと獲得した宝石の数が決め手になりました。覚えていたプレイ感覚よりもずっと面白かったです。これはまた近いうちに遊びたい。良いゲームを再発見しました。

結果:大麦 34、ミスミン 31、山崎 30、かわのまろ 29、ナカタ 25、すー 24、自分 24



十二星座ゲーム Sternenhimmel
(プレイ時間 50分)
Sternenhimmel20180421.JPG久し振りに遊ぶ十二星座ゲーム。実はかなり地味なゲームなのですが、テーマとコンポーネントで救われている気がします。裏向きに置く1等星の読み合いが面白いのですが、自分がコマを置き始めたボードに誰も置いてくれないとそれらのコマは回収できません。なので最初はあまり大きな数字や重要なブラックホールなどは置きたくないのですが、でも1等星だとその辺りの判断も変わってきます。やはり1位と2位を多く獲得しないと勝てず、今回は今ひとつな結果でした。次回はへびつかい座を入れて遊びたいです。

結果:あず 36、かわのまろ 35、なのめ 34、自分 27、ミスミン 20



ザ マインド The Mind
(プレイ時間 各5−15分)
TheMind20180421.JPG「ザ・マインド」は「ザ・ゲーム」の続編という位置付けに見えますが、作者も異なり、ゲームとしてもかなり異なります。「ザ・ゲーム」はルールが曖昧なところがあってあまり好きになれないのですが、「ザ・マインド」は手番がなくリアルタイムの探り合いで、喋ってはいけないというルールがある程度しっかりしているのが良いです。

レベル1では手札は1枚、レベル2では2枚、というようにだんだんと手札枚数が増えていきます。目的は喋ったりすることなしに全員の手札を順番に昇順に出すことです。間の取り方によって、相手のカードと数値を察して、現在すべての手札で一番小さな数字だと思ったら出せば良いのです。失敗するとライフを失いますが、出たカードより低い手札にあるカードをすべて捨てて続行します。流れ星(手裏剣)カードは全員の同意によって使うことができ、使うと各プレイヤーは手札の最も低い数字を表向きに捨てます。こうしてレベルをクリアすると次のレベルに進むことができ、レベルによってはクリアボーナスとしてライフや手裏剣が増えることがあります。

4人だとレベル8が最終目標なのですが、今回はレベル4までクリアしました。難しい! 日本語版が出たら「ザ・ソンタク」というタイトルになるのでしょうか?

結果(コー、あず、大橋、自分)
1戦目:レベル3
2戦目:レベル3
3戦目:レベル4



ネコのマーチ The Marching Cats
(プレイ時間 各5分)
賽苑の大阪ゲームマーケットでの新作です。手軽なめくりとバーストのゲームで、6種類の猫+音符の7種類のカードのうち、同じものをめくってしまうとバーストになります。違うものをめくっている限りは何枚めくっても構いません。適当なところでやめると、めくったカードを獲得できます。猫は恋猫以外は同じ色同士でないと得点にならず、各ペアは1点です。音符は1枚1点なのですが、通常の方法では獲得できず、「音符めくり」を宣言して8点に到達するまでめくり続けるということをやらなければなりません。最後が一気に終わるのが良いですね。まず2回遊び、「エルドラド」のあとで、さらに2回遊びました。写真撮り忘れ。

結果
1戦目:ペタナカ 8、大橋 5、自分 3
2戦目:ペタナカ 8、自分 4、大橋 3
3戦目:ナカタ 8、usalapbit 4、自分 3、こねこ 0
4戦目:ナカタ 8、自分 5、こねこ 2、usalapbit 0



ウルビーノ Urbino
(プレイ時間 40分)
Urbino20180421.JPG普段はアブストラクトゲームの土嚢の会にしか持っていかないゲームなのですが、ミスミンさんと遊ぶために持ってきました。展開として面白かったのは、2つの別のグループの間に廊下のような通路ができるという展開になったこと、そして、この通路を利用して、自分が連続手番を3回行うことができたことです。プレイ経験の差が出てしまい、圧倒的な結果になってしまいました。

結果:自分 33、ミスミン 3



エルドラド Wettlauf nach El Dorado
ElDorado20180421.JPGusalapbitさんのリクエストで持ち込んだゲームです。上級マップの「大きな釜 Der Hexenkassel/The Cauldron」を遊びました。最初の2手番は動かずにカードを買ってからのスタート。途中にいくつか難所がありますが、洞窟タイルもかなり獲得してカードも普段はあまり買わない使い捨てのコイン4や、圧縮できるカード、それに船3などを買いました。大きかったのは2枚補充できるカードを2枚買えたことで、これでカードの回転率が良くなり、手札も増えることが多くてやりやすくなりました。カードを買う枚数やタイミングとレースのバランスが難しいゲームなのですが、良いタイミングでダッシュができて、勝利しました。usalapbitさんは何度か遊んだことがあるけれどやっぱり難しいと言っていました。

結果:自分 勝利、こねこ、ナカタ、usalapbit



ハイパーロボット Rasende Roboter
RasendeRoboter20180421.JPGusalapbitさんのリクエストで持ち込みました。ハンディキャップとして10秒数えてから盤面を見ることにします。この10秒というのは意外ときつく、特に今回はターゲット1個だったので即答できるものなどでは圧倒的に不利です。写真は、なかなか思い浮かばなかった6手。まだまだ修行が足りませんね。

結果:自分 11、usalapbit 3、ナカタ 2、こねこ 1



ゴールド アルマダ Gold Aramada
(プレイ時間 15分)
GoldArmada20180421.JPG最後にクニツィアのフィンランドのゲーム「ゴールドアラマダ」を遊びました。シンプルなダイスゲームで、前回は5人と多過ぎたので、今回はナカタさんと2人プレイ。ダイスには明らかに優劣の目があるのですが、この得点システムにはうまくマッチしています。途中でファイブオブアカインドが出たのですが、ナカタさんをブロックするためにフォーオブアカインドの同点数のチップを取るべきで、ここで嬉しくてファイブオブアカインドのチップを取ってしまったのが結果的に敗因だったと思います。

結果:ナカタ 20、自分 18


ふじの会 2018.04.15

フジマキさんが主催するふじの会が神田近辺で行われました。予定していた「タージマハール」はできませんでしたが、「フェイスカード」や「マカバナ」が遊べたのは収穫です。みんなで和気藹々と遊べて、とても楽しい時間を過ごせました。



フェイスカード Facecards
Facecards20180415.JPGまずは、以前ハマグリで遊んで以来、遊びたかった「フェイスカード」です。人の顔、動物の顔、顔に見える様々なもの(目玉焼きとかカメラとか)がカードになっており、似ていると思われる2枚を手札から選び、1枚を自分の前に、そして1枚を中央の場にそれぞれ裏向きに出します。場のカードをよく混ぜてから表向きにし、順番に他人のカードのにている2枚を当てるのです。上質のアクティビティーで、当ててもらっても当てても嬉しいです。今回は同着1位を達成! これは素直に嬉しい。

結果:冬子 15、自分 15、スナギモ 12、こん 10、菊子 8、きたじま 6



スパイフォール Spyfall
Spyfall20180415.JPG最近好きなスパイゲーム「スパイフォール」です。短時間で終わるので、他の卓が終わるまでのつなぎとしても、適しています。今回は2回遊びました。スパイになった2人はそれぞれ結構うまく言いのがれていましたが、やはり途中でバレて告発されてしまいました。スパイが少々不利かもしれません。いつか、スパイを2人入れても面白い気もします。色々試したくなるゲームです。

結果
1戦目:菊子(スパイ) 敗北 動物園
2戦目:スナギモ(スパイ) 敗北 軍の基地



アラカルト A la carte
ALaCarte20180415.JPG菊子さんが言うには「ぜひいろいろな人に遊んで欲しいゲーム」ということで、今回も遊びました。かなり本気で頑張って、コーヒーブレイクもフル活用したのですが、2位どまりでした。やはりサラダを塩漬けにされたのが痛かったです(写真)。初プレイのイヅミさんの勝利!

結果:イヅミ 6、自分 5、菊子 3、スナギモ 0



クイズいいセン行きまSHOW! Quiz: Iisen Ikima Show!
IisenIkimaShow20180415.JPG中間値を当てるゲーム。8人くらいで遊びました。ドイツ人のダニエラさんも一緒で、日本のとんちんかんな質問がどう彼女の目に映ったのか気になります。「フジマキさんが人生で人を待たせた時間の合計」でダニエラさんが2年と書いていたのがすごかった! 自分は全く中間値が当てられずにたった50点でした。

結果:しお 500(勝利)、(参考:自分 50)



エルドラド Wettlauf nach El Dorado
(プレイ時間 60分)
ElDorado20180415.JPG最近気に入っている、中級「蛇の小道 Schlangenpfad/The Snake Trail」を遊びました。ダニエラさんとパーティーゲーム以外を遊ぶのは初めてです。間違えやすいのは、個人デッキのリシャッフルのタイミングで、山札がちょうどなくなってもカードを引くときまでリシャッフルをしません。これは些細な違いのようですが、買ったカードがすぐ山札に戻って手札になるかどうかという違いがあります。

途中までは自分とみつなりさんが最下位争いをしていましたが、自分は3位から一気に最後に駆け抜けてゴール。もうすぐ拡張セットが出るという噂もあり、楽しみです。

結果:自分 勝利、(みつなり、ダニエラ、イヅミ)



マカバナ Maka Bana
(説明 20分 プレイ時間 50分)
Macabana20180415-1.JPG以前から遊んでみたかった「マカバナ」です。同時プロット、手番順処理によって自分のコテージを沢山立てるのが目的です。隣り合っているコテージはグループとなり、三角数的に得点が増します。さらにボードは4つの海岸に分かれていて、そこでのマジョリティー争いや、海上にコテージを立てるとその海岸のコテージの得点が1点ずつ高くなるなど、考えるところが結構あります。

ゲーム進行が特徴的で、海岸(A-Dの4種)、地形(うずまき4種)、シンボル(3種)の3枚のカードの組み合わせでコテージを建てたい特定の場所をプロットします。その後同時にそのうち1枚を表向きにしなければなりません。これにより相手が建てたい場所を予測し、次に手番順に妨害する場所を選んで妨害コマを置いていくのです。つまりプレイヤー人数だけ建てられずに妨害されてしまう場所があることになります。最後にいよいよ手番順に残りのカードを公開して、指定したプロットが妨害されていなければ(あるいは手番順で先のプレイヤーが建ててしまっていなければ)自分のコテージが建てられます。

Macabana20180415-2.JPG面白いのは特殊行動の塗り替え(2枚)とダイバー(1枚)という要素で、これらを使いたいときは4枚プロットするので他のプレイヤーには特殊行動をすることがバレてしまいます。塗り替えは相手のコテージを選び、自分のコテージに置き換えてしまいます(つまり、自分のプレイヤー色にコテージを塗り替えてしまうということらしいです)。ダイバーは海上にコテージを建てることで大量得点を狙えますが、各海岸で1名だけなのでかなり妨害の応酬になります。

序盤からことごとくみつなりさんに妨害されてしまい、序盤はまったくと言っていいほどコテージが建てられずに出遅れました。相手に分からないようなプロットをするために準備していろいろな場所を取っておくゲームだと思いますが、なんとも難しいですね。

結果:みつなり 17、菊子 17、とうふ 13、えあんぬ 7、自分 6



どきどきワクワク相性チェックゲーム Compatibility
Compatibility20180415.JPG最後は手軽に「どきどきワクワク相性チェックゲーム」です。にょんさんとペアになったのですが、トピックが「工学」「崇拝」「豊富」となかなか抽象的なものが続いて序盤はうまく合いませんでした。写真は「崇拝」だったと思いますが、まったく合わずに0点! でも後半はだんだんとお互いの考え方がわかってきて、菊子&タモリペアを抜いて勝利。面白かったのは冬子さんで、他の5人とまったく異なるセンスがすごかった!

結果:にょん&自分 勝利、菊子&タモリ 2位、冬子&しお 3位



終了後は中華料理を食べながらの懇親会。また次回を楽しみにしています。


土嚢の会 2018.04.14

今回の土嚢の会は、3階のツヴァイではなく4階のテーブルを幾つか借りて行いました。午前中から昼過ぎまでに、草場さんの紹介でアブストラクトを製作している方が2人来ました。そして午後はキャメロンブラウンが数時間だけ来てくれて、「リンク Lyngk」などを遊んでいました。夜からは3階のツヴァイが使えるようになり、そこでの別のイベントに参加していた方も引き込んで遊びました。総勢15人で楽しい会になりました。



アッパーハンド Upper Hand
(プレイ時間 25分)
UpperHand20180414.JPG大沼さんは、草場さんの紹介で来てくれてアッパーハンドをボールを使わないコンポーネントで遊ぶという「ラプラス」を作っています。せっかくなので、ネスターゲームズのコンポーネントを使ったアッパーハンドを一緒に遊んでもらいました。7x7です。先手と後手を1度ずつ遊びましたが、どちらも大沼さんの勝利でした。さすがに強かったです(自分が弱いだけかもしれませんが)。

そのあと隣のテーブルで「ラプラス」の試遊もありましたが、自分は時間の都合上遊べませんでした。ラプラスの詳細はここです。綺麗なので、ぜひ遊んでみたいものです。

結果(*は先手)
1戦目:大沼* 20、自分 0
2戦目:大沼 2、自分* 0



陣目取 Jimmetori
Jimmetori20180414.JPGみずすましさんは草場さんの紹介で来てくれたもう1人のゲストです。以前、えあんぬさんと遊んだ「ゴドマチ」の作者で、図形を使ったゲームをいくつか作っているようです。最新作の「陣目取」を遊びました。縦横に繋がった自分の石のグループが必ず線対称になっていなければならないという、なかなかユニークな縛りのルールがあります。グループ同士をつなげても構いませんが、もちろん線対称になっていなければなりません。目的は多くの石を使った線対称を作ることです。難しいのは、線対称を作れば作るほど置けない場所が増えていき、相手に有利に使われてしまうというところです。自分は正方グリッドで遊びましたが、あとで遊んでいたプレイヤーによればヘックスグリッドの方が面白いとのことです。対称の軸数が多いので対称が作りやすいようです。

結果:みずすまし 勝利、自分* 敗北



ヤバラックス Yavalax
Yavalax20180414.JPGみずすましさんに、自分の「ヤバラックス」を紹介しました。自分の置いたコマによって置けない場所が出来るという点では「陣目取」に似ていると思います。「ヤバラックス」は、あとでティクのあとにも2回遊びました。計3回。第3戦目では、珍しく同時に3箇所で4連2つが完成するというパターンでも勝利。

結果
1戦目:自分 勝利、みずすまし 敗北
2戦目:自分 勝利、あいこ* 敗北
3戦目:自分* 勝利、あいこ 敗北



ガイスター ギャモン
(プレイ時間 20分)
GeisterGammon20180414.JPGひろきさんがデザインした「ガイスターギャモン」をとけいさんと遊びました。半アブストラクトといった感じで、「ガイスター」同様に良いお化けと悪いお化けがいます。タイトル通り「ガイスター」と「バックギャモン」を組み合わせたようなゲームですが、「冷たい料理の熱い戦い」のようにスタックの要素もあります。良いお化けを4個すべてゴールさせなければなりません。相手をヒットすると良いお化けなら戻せますが、悪いお化けを4個中3個取ってしまうと負けになります。ちょっと独特のプレイ感覚で面白かったです。

結果:とけい 勝利、自分 敗北



アクロン Akron
(プレイ時間 35分)
Akron20180414.JPG久し振りの「アクロン」です。kobaさんは初プレイでしたが、途中から感覚をつかんできたらしく、結構苦戦しました。3層目までボールが積み上がる戦いとなり、アクロンの楽しさがわかる良い戦いだったと思います。またぜひ遊びましょう。でも次はもう自分は勝てないかもね。

結果:自分 勝利、koba* 敗北



ハイパーロボット Rasende Roboter
RasendeRoboter20180414.JPGこの日は息抜きに2回「ハイパーロボット」を遊びました。アブストラクトっぽい思考が求められますが、スピードも大切ですので、アブストラクトゲームではありません。不思議なのは、ウボンゴ3Dで超人のような強さを見せつける佐藤さんが、このハイパーロボットは一番弱いというところです。1戦目ではターゲット1個の通常ルールです。このときはなぜか自分は簡単な4手くらいのものしかとれず、本当にスピードだけで2-3個のチップを獲得した結果に終わりました。2戦目は「グレーシャー」を遊んだあとに、今度はターゲット2個で遊びました。こちらの方が2台のロボットの絡み合いがあってやはり面白いです。




ティク Tiku
(プレイ時間 各10分)
Tiku20180414.JPG結構久しぶりに遊ぶ「ティク」です。自分のコマが動いた軌跡にディスクを残していき、すべてのディスクを置いたら勝ちなのですが、相手のディスクが置かれると自分のディスクが戻されてしまうので綱引きのような争いになります。数で有利な時にうまく良い位置に自分のコマを移動させて、最後にうまく押し切れるように持っていくのがコツです。1戦目は初プレイのあいこさんの勝利、2戦目は自分が勝ちました。

結果
1戦目:あいこ* 2、自分 0
2戦目:自分 7、あいこ* 0



グレーシャー Glaisher
(プレイ時間 各10-15分)
Glaisher20180414.JPGkobaさんにグレーシャーを紹介しがてら3回遊びました。1-2戦目は基本ゲームとして規定位置からのスタートです。うっかりミスもあって先手後手交代したのですが2連敗。3戦目は自由配置スタートです。真ん中に配置しても動いてしまえば意味がないと思ってちょっと端の方に配置しました。これは自分が9の塔を作りつつ、実はそれを使わずに繋げるという陽動作戦で勝利。

結果
1戦目:Koba 勝利、自分* 敗北
2戦目:Koba* 勝利、自分 敗北
3戦目:自分* 勝利、Koba 敗北



ヴォルケーノ Volcano
(プレイ時間 15-20分)
Volcano20180414.JPGルーニーラボの「ヴォルケーノ」です。一応3人以上でも遊べるようですが、ゲームの性質上ベストは2人だと思います。パズルっぽいゲームで噴火を抑えている黒いキャップを移動させると、キャップがしてあった場所が噴火してそこにあったコマは次々とキャップが移動した方向にマンカラのように分散して置かれていきます。このとき同じ大きさ同士のコマが被されば、今自分が動かした方のコマ(上側のコマ)を獲得できます。より多くのコマを獲得し、できれば異なるサイズを同じ色で揃えるのが目的です。

もしキャップを移動しても噴火が起こらなければ、続けてキャップを動かします。これは噴火が起こるまでずっと動かし続けられるので、思いのほか噴火の場所をコントロールすることが可能です。ただチェッカーっぽいところもあり思考に慣れるまでは少々難しいです。

結果
1戦目:自分* 20、Koba 15
2戦目:Koba* 9、自分 8



火星チェス Martian Chess
(プレイ時間 各15分)
MartianChess20180414.JPG最後は「火星チェス」です。チェスバリアントとしてはかなり変わった部類で、4x4のボードが2つ火星の運河を挟んで並んでいます。運河のこちら側が自分の領地で、ここにあるコマはすべて自分のコマになります。つまりコマの色が所有者を決めるのではなく、コマの場所が所有者を決めるのです。目的は相手のコマをより多く獲得することですが、自分のコマ同士を連携させると相手に取り返えされてしまいます。よって自分のコマ同士はなるべく無関係な位置に置く方がよく、この感覚がかなり独特です。コマは3種類ありクイーン、2歩まで動けるルーク、そして1歩だけ動けるビショップで、この順に3、2、1点の価値が与えられています。

結果
1戦目:Koba 12、自分 10
2戦目:たいしん* 16、自分 14



これで4月の土嚢の会は終わりです。終了後はいつものイタリアンで楽しくいろいろな話をしました。