ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

Abstract Strategy Game Society 2014.04.19

毎月第3土曜に行われる Abstract Strategy Game Society に行ってきました。今回も創作アブストラクトゲームを中心に色々と遊びました。

NoRoomForSquare20140419.JPG第1部の Abstract Strategy Game Society では7つのゲームが発表、紹介されました。順に「カメレオン」「ナンバーフラッグ」「ノールームフォースクエア」「カトル」「モザイク」「ヤバランカー」「マナラス」で、そのうち「ノールームフォースクエア」と「モザイク」を遊びました。「ノールームフォースクエア」は「クレーム」と「フレッシュフィッシュ」や「カイロコリドー」を合わせたようなゲームで、非常に魅力的でした。のちに第3部の時間で何度かルールを変えてテストプレイをしてみました。ブラッシュアップを期待しています。もうひとつ遊んだ「モザイク」はまだまだこれからといったコネクションゲームで、こちらも改良が楽しみです。

自分は「ヤバランカー」と「マナラス」を紹介しました。「マナラス」の「自分の手番終了時に、相手のコマで5のグループを作れば勝ちだが、4のグループを作れば負け」という条件はややこしいです。手番にはどちらのコマも置けるので自分と相手のコマを入れ替えて「自分の手番終了時に、自分のコマで5のグループを作れば勝ちだが、自分のコマで4のグループを作れば負け」としても理論的には変わらないのです。ギークで作者のディルターシュテインも同意してくれたので今度からはこの方法で遊ぼうと思います。




第2部の The Game Party では「グレイシャー」「チェイン」「ヤバラス」「ヤバレード」そして「3人ヤバラス」と5ゲームを遊びました。このゲームパーティーでは上位入賞者に毎回商品が出ます。今まで一度も入賞したことがなく、今回も3位どまりでした。



ヤバラス Yavalath
(プレイ時間 各10分)
Yavalath20140419.JPGせっかくヤバラスのデラックスボードがあるので、初参加の森辺さんとヤバラスを遊びました。途中ヤバレードを挟んで2人戦と3人戦を一度ずつです。森辺さんは最初から慎重に打っていったので、通常初めての方と遊ぶよりはずっと込み入った展開になりました。3人戦も最近はよく遊びますが、なかなか面白いです。白、黒、赤の順に手番が進みます。写真は白番ですが、白の勝利です。白は赤を止める必要はないので、黒に3を打たせられるのです。

結果
1戦目:自分 勝利、森辺* 敗北
2戦目:自分 勝利、森辺、中島



ヤバレード Yavalade
Yavalade20140419.JPGヤバレードは3人専用のコネクションゲームです。3色中2色が自分のコマなので、非常に5連をつくりやすいです。前回書いた通り、端に置いていかないと次のプレイヤーを利することになります。しかし、同じ端でも隅に置くよりも変に置いた方が良いかもしれないなあと後になって思いました。なお2、3戦目は第3部で遊びました。

結果
1戦目:森辺、中島、自分(勝者不明)
2戦目:土井 勝利、自分*、所
3戦目:所 勝利、土井*、自分



第3部の Yet Another Game Party は夕食を食べつつ色々なゲームを楽しみました。今回はすべてアブストラクトゲームです。



ふえ〜る Extension
(プレイ時間 各10−15分)
Extension20140419.JPG先月のASGSで発表したという山本さんの新作で、既に製品化されているそうです。インパーシャルゲーム impartial game という局面のないゲームと通常のゲームの融合を目指したそうで、自分と相手のコマを合わせて5目を作るか、自分のコマだけで4目を作れば勝利です。特徴的なのは、ボードが広がっていくことで、手番の最初にはまずボードを1ヘックス広げます。そして新しく加えたヘックスが既にあるボードに接する辺の数マイナス1だけコマを置けるのです。コマを置くときは隣接してはならず、また今追加したヘックスは置けません。また接するヘックスが1だけとのきは配置ではなくコマを移動します。

悪くはありませんが、かなりプレイが窮屈だという印象です。ボードがあるのですが、ボードはない方が良いかもしれません。また、配置の隣接の制限をなくして、6連くらいと長くした方が面白いかもしれません。インパーシャルの要素(どちらが置いても勝ちになるので、その前の手をどちらも打たない)によって閉塞感がありますので、そこが好みが分かれるところでしょう。

結果
1戦目:山本 勝利、自分 敗北
2戦目:自分 勝利、山本 敗北



ペンタラス Pentalath
Pentalath20140419.JPG5目並べと囲碁の融合です。特徴的な台形のボードなのでヘックスボードでの囲みづらさが局所的に軽減されています。また写真のように二眼なので五目を作ろうとすると眼を潰さなければならずに取られてしまうなど、このゲームならではの不思議なことが起こります。普通の碁盤でも同様のゲームがあったかと思いますが、そちらも遊んでみたいです。名前を忘れてしまいましたが。

結果
1戦目:山本 勝利、自分* 敗北
2戦目:自分* 勝利、森辺 敗北
3戦目:自分 勝利、中島* 敗北
4戦目:自分 勝利、中島* 敗北



アッパーハンド Upper Hand
持参したセットで7x7のアッパーハンドを遊びました。先手有利なので公平にするために先手と後手を入れ替えての勝負です。ところが2戦とも後手が勝つという不思議なことが起こりました。先手だと気が緩み、後手だと気が張るという心理的なことがあるのかもしれません。総計では4対16で中島さんの勝利です。

結果
1戦目:中島 0、自分* 16
2戦目:自分 0、中島* 4
(総計:中島 4、自分 16)



トラックス Trax
(プレイ時間 各10−15分)
Trax20140419.JPG数年振りに遊ぶ美しいボードのないコネクションゲームです。ループを作るか8マスを縦か横に結べば勝利です。タイルがすべて同じというのが良いところで、基本的なパターンとしては桂馬、または大桂馬上に自分の円弧があると勝ちに持ち込めます。また3本が平行するとやりずらいので相手をその形に持っていってしまうというのもありです。所さんと2回遊びましたが、経験の差が大きく出たようです。また遊んでください。

結果
1戦目:自分* 勝利、所 敗北
2戦目:自分 勝利、所* 敗北



カイロコリドー Cairo Corridor
(プレイ時間 各10分)
CairoCorridor20140419.JPG最後は東西南北を繋ぐようにマスを残し、その空白マスの回廊に面したコマ数を競う「カイロコリドー」です。取っ掛かりが難しいゲームで以前はタイにしかならなかったのですが、今回は2回とも決着がつきました。以前遊んだときよりは面白いと思いました。今度、土嚢の会で遊んでみたいです。

結果
1戦目:所* 11、自分 10
2:自分* 12、所 9


キノ宅ゲーム会 2014.04.17

キノさんの新居で平日ゲーム会です。3人で楽しめる手軽なゲームを中心にのんびりと遊びました。



綱渡り Drahtseilakt
(プレイ時間 40分)
Drahtseilakt20140417.JPGまずは、おそらく3人がベストと思える「綱渡り」です。3人で3ディールを遊びました。2ディール目以降でパーフェクトの0となると、以前の失点から最も悪いものをひとつ帳消しにできます。幸運なことに0を達成して、逆転勝ちとなりました。写真は、2を出したのに赤が取れなかった(さらに9を出したのに青を取らされてしまったいつきさん)の図です。

結果:自分 1、キノ 8、いつき 16



ケルト スパイラル Keltis: Das Orakel
(説明 15分 プレイ時間 70分)
KeltisDasOrakel20140417.JPGキノさんが遊んだことがないというので持ってきました。ルールが少々あやふやで、後で見直したら巫女はコマのあるマスで止まる必要はないようです(その方が自然ですよね)。またクローバータイルの効果は、基本ルールでは動かしたコマに適用し、上級ルールではどのコマにも適用できるとのことです。ただしスパイラルの効果は動かしたコマのみです。

コボルトのマスがスタートから1マス目とゴールエリアの2マスという非常に使いづらい位置にあり、さらにスパイラルカードもスタート近辺に2枚あるという不幸なタイル配置でした。巫女の力をたくさん使い、願いの石を集めたことが勝利に繋がったと思います。いつきさんは、今回が初のケルトシリーズとのことですが、最初に「スパイラル」というのは少々難しかったかもしれません。

結果:自分 75、キノ 71、いつき 55



ボーナンザ 15周年版 Bohniläum
(プレイ時間 60分)
Bohnilaum20140417.JPG「ボーナンザ」の15周年版で、数年前のエッセンで飾られていた絵がそのままカードになっていました。ファンエディションとちがって、同じ豆は同じ絵なのは分かりやすいです。また絵柄も非常に個性的で綺麗です。換金レートの異なる同じ数字の豆が2種類入っていたりと面白いカード構成なので、今度はこれらを入れて遊んでみたいです。

結果:自分 23、いつき 22、キノ 22



ノアの方舟 Arche Noah
(説明 10分 プレイ時間 30分)
ArcheNoah20140417.JPG競りと記憶のゲームです。それぞれ4枚ずつある動物を競り落としていきますが、ペアにならないと失点になってしまいます。逆に4枚すべてをそろえればボーナス点です。ただし、自分がそれまでに競り落としたカードは伏せておき、見ることができません。よってペアになっていない動物を覚えておき、それを目標に競り落とすのです。

競りは1巡競りでスタートプレイヤーは毎回、左隣りに移ります。場に人数分あるカードを競り、最も高いビッドをしたプレイヤー(同額の場合は競りのスタートプレイヤーに近い方)から1枚ずつ選んでいきます。またゲーム中に3回だけ使えるチップがあり、これによって一度に2枚獲得できたり、パスできたりします。

これを2ラウンド行うのですが、2ラウンド目はなんと1枚ずつカードが配られ、それを見ることはできません! よってそれが何なのかを推測するのですが、まあ取っ掛かりがないのであきらめた方が良いでしょう。

極めてオーソドックスな競りで、チップが少ないためにビッドも低いです。もうすこし独自の工夫が欲しかったです。

結果:キノ 69、自分 56、いつき 52



テイク イット ハイヤー! Take It Higher!
(プレイ時間 35分)
TakeItHigher20140417.JPG「テイクイットイージー」のクニツィア版です。得点方法がいろいろあるのが面白いゲームで、最適解というのがわかりずらくなっています。自分は元になった「テイクイットイージー」よりもこちらの方が好きです。

今回はみんなロケットをたくさん飛ばしました。自分は8の列は2マスのものしか作らなかったのですが、平均的に色々と取ったおかげで勝つことができました。

結果:自分 459、キノ 426、いつき 408



スパイ Spy
(プレイ時間 25分)
Spy20140417.JPG最後に軽いゲームのスパイです。それまでに出した枚数を超えなければならないというのは「クレイジーチキン」と似た感覚です。ただ、一度に複数のメルドができるために一気にあがれるので、どきどきする部分はあります。今回もいつきさんが最後は一気にスパイを置いて勝ちました。

結果:いつき 0、自分 2、キノ 3


シネマアミーゴ ゲーム&ランチ 2014.04.14

Lunch20140414.JPG主催の琢磨さんのリクエストもあって、ついに「カタンの開拓」がアミーゴで遊ばれました。その他にはクニツィアの余り知られていないカードゲームとして「スパイ」をやってみました。この日のランチは「ハーブチキンとポーチドエッグのガレット」で、おいしく頂きました。




スパイ Spy
(プレイ時間 20分)
Spy20140414.JPGまずは久し振りに「スパイ」を遊びました。どのタイミングでスパイを置くか、またそれぞれのカードをスパイ用具と大陸のどちらとして使うかがポイントです。相手の持っているカードは手に隠している3枚以外はわかっているのですが、その3枚をうまく使って出し抜けるのが面白いです。

結果:自分 0、アスミ 6



カタンの開拓 Die Siedler von Catan
(説明 20分 プレイ時間 90分)
Catan20140414.JPG主催の琢磨さんのリクエストで「カタンの開拓」です。自分以外は今回初めてなのですが、ルールが少し多めの割には分かりやすいゲームですね。そんなところがこのゲームの魅力なのでしょう。初版のパステルカラーのタイルと木製の建物がアミーゴのテーブルには似合います。

最初はゆっくりとしたペースでしたが、徐々に慣れてきて、カタン島での開拓を楽しむことができました。何ど遊んでも思いますが、ダウンタイムが少ないことがやはりこのゲームの最大の魅力でしょう。そしてそれは近年のゲームのトレンドとは正反対なのもまた興味深いところです。

結果:自分 10、琢磨 7、アスミ 6、イヅ 4



カタンをすっかり気に入ってしまった琢磨さんやイヅさんの情熱もあり、久し振りに2次会となりました。イヅさんが加わるまでは3人でスパイを2回、そしてそのあとメインとなるカタンの開拓の第2戦を遊びました。最後は軽く「ショッピングリスト」という子供ゲームをべにちゃんも交えて遊んで終了です。

スパイ Spy
1戦目:自分 0、琢磨 1、アスミ 2
2戦目:琢磨 0、アスミ 4、自分 6

カタンの開拓 Die Siedler von Catan
自分:10、琢磨 9、アスミ 7、イヅ 6

ショッピングリスト Shopping List
1戦目:自分
2戦目:アスミ
3戦目:アスミ