ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

フタリシュピール 2023.01.29

デュエル Duell
(説明 10分 プレイ時間 各25分)
Duell20230129-1.JPGラベンスバーガーから出版されていた「アンギャルド」の異端児的な存在の「デュエル」です。この版だけは前進攻撃のルールがなく、代わりにラウンド開始時にラウンドカードを1枚めくって、それに従ったルールで戦います。ラウンドカードは合計8枚あり、内容は以下の通りです。

3 :手札は3枚
10 :手札は10枚で補充なし(余った5枚は使用せず)
目 :手札は公開
矢印:後退禁止
? :スタートプレイヤーが上記の4つのうち任意のルールを選べる
X :通常ルール(特殊ルールなし)
X :通常ルール(特殊ルールなし)
X2:通常ルール(特殊ルールなし)で2勝利点

最長で9ラウンドなので同じカードを2回使うことはありません。「タイマンポーカー」のようなアレンジのやり方で、どれもなかなか面白いです。たっくんは手札3枚に強く、そして手札10枚ルールが気に入ったみたいです。面白かったので2戦遊びました。

Duell20230129-2.JPG1戦目はたっくんが、手札3枚、通常ルール、特殊ルール選択(手札3枚)で3連勝したあと、自分が、後退禁止、通常ルール2点、手札10枚、通常ルールで逆転勝利。

2戦目はたっくんが3枚で勝利。自分が通常ルール2回で勝利。たっくんが手札10枚で勝利、そして自分が手札公開と通常ルール2点分で逃げ切りました。熱い戦いでした。

結果
1戦目:自分 5、たっくん 3
2戦目:自分 5、たっくん 2



森のマイスター Waldmeister
(プレイ時間 45分)
Waldmeister20230129.JPGたっくん持ち込みの「森のマイスター」です。たっくんは色、自分は高さ担当です。途中から分断と連結の戦いとなり、短いグループが最終的に2つに分断されて5本という小さいサイズになり敗北。

結果:たっくん 30、自分 23



バトルライン 中世版 Battle Line: Medieval (GMT版)
(プレイ時間 30分)
BattleLineMedievalBoxes20230129.JPG「バトルライン」にはロランドリベンジ版という地形に特殊能力が付いたファンバージョンがありましたが、その一般製品版がGMT出版の「バトルライン中世版」です。箱は無駄に大きい以外は、グラフィックなどはロランドリベンジ版と同じです。今回は初めてGMT版を遊びました。もちろん地形の特殊能力を使います。遊んでいくうちに特殊能力の疑問点が2点ほど生じました。ギークなどで一通り調べてみましたが未解決です。

Castle と Fortress:一方のプレイヤーは1枚多くプレイしなければならず、その後最も高数値のカードを1枚捨てる、というものですが、最も高数値のカードが複数ある場合には誰が捨てるカードを選ぶかという問題があります。例えば、緑4、緑5、緑6、青6、となっていたら、どちらの6を捨てるかによって強さが異なります。これはギークで質問しているメンバーがいましたが回答はありませんでした。

Watchtower:ここで勝利した時に、相手の未解決の隣接する列から1枚捨てる、とありますが、未解決の隣接する列 unclaimed adjacent battlefield は両隣のうちまだ未解決の列を見るのか、未解決の列のうち両隣で一番近い列を見るのかというのが少々分かりづらいです。おそらく前者だと思います。

BattleLineMedieval20230129.JPGプレイアビリティーは非常に悪いです。6スートは2色になっていてどれなのか識別しづらいし、地形カードのフォントが読みづらく、もう少しなんとかならなかったのかと思います。バトルライン(あるいはショッテントッテン)の面白さはありますが、地形カードを使ったからといって別の面白さが生まれるかは疑問が残ります。もう何度かは遊んでみたいと思いますが。

アメリカの「バトルライン」から「バトルライン中世版」が生まれ、ドイツの「ショッテントッテン」から「ショッテントッテン2」が生まれたというのが興味深いところです。

結果:一馬 勝利、自分 敗北



イースト ウエスト East-West (ブレイジング エース! Blazing Aces! より)
East-West20230129.JPG一馬さんが「ブレイジングエース」から幾つか遊びたいということで、「イーストウエスト」を遊びました。2人専用で、3列のポーカーハンドを作っていきます。2列に勝てば1点、3列に勝てば2点です。

共通のカードが各列1枚めくられたらゲームスタート。手番では1枚めくってそれを自分の側の3列のどれかに配置するだけです。シンプルだが痺れます。ダイス版の「ダイスポーカー」とちょっと似ています。1度だけ3列すべて勝ち2点を得ました。

結果(4ディール戦):自分 4、一馬 1



ナゲット Nugget (ブレイジング エース! Blazing Aces! より)
(プレイ時間 各5−25分)
Nugget20230129.JPG「ナゲット」は手札がない状態から1枚ずつ増やして7枚のうちベストのポーカーハンドを作るゲームです。手札の増やし方が特徴的で、山札から1枚取り、それを手札にするか場に捨てるかを選べます。場に捨てた時には山札から2枚目を取りますが、それは捨てられません。また、山札から取る代わりに場札のどのカードでも1枚取って手札にすることもできます。

バリアントルールでは、手札があらかじめ5枚あり、手番では山札から1枚取るか、場から1枚取って手札を1枚場に捨てます。これで良いと思ったらノックしてパスします。全員で合計2回目のノックがあったら1巡して終了します。つまり手番数は固定されていません。

1戦目は2人で通常ルールを、そして2戦目は3人でバリアントルールを遊びました。バリアントルールはちょっと「ゼロ」みたいなプレイ感覚です。「ナインティナイン」を挟んで3戦目を通常ルールで4人で行いましたが、とにかくフルハウスが出やすく、4人ゲームでは通常の52枚デッキを使ったもののやはりフルハウスを作れば勝利という感じでした。結果を見ても、フルハウス5点、フラッシュ、ストレート、スリーオブアカインド3点、ツーペア2点、ワンペア1点という得点体系であり、勝ったプレイヤーはすべてのディールでフルハウスを完成させていることがわかります。

結果
1戦目(3ディール戦):一馬 15、自分 9
2戦目(3ディール戦、バリアントルール):自分 15、トミー 10、一馬 10
3戦目(4ディール戦):自分 20、一馬 18、上野 16、トミー 15



ナインティーナイン Ninety-Nine
Ninety-Nine20230129.JPG個人的にトランプの3人トリックテイクのベストだと思える「ナインティーナイン」です。トミーさんは初めてということで、3ディールだけ遊びました。自分は無理なリヴィールが失敗して最下位でしたが楽しめました。

結果(3ディール戦):一馬 114、トミー 95、自分 8



タントニー Tantony
(プレイ時間 60分)
Tantony20230129.JPG「ナゲット」の基本ゲームを4人で遊んだ後、続けて4人で「タントニー」です。個人的にトランプの4人トリックテイクのベストだと思います。シンプルで美しいルールです。個人的にはこちらの方が「トランプトリックゲーム」よりも優れていると思います。

結果:上野&自分 183、トミー&一馬 158



ペナルティー Penalty
(プレイ時間 25分)
Penalty20230129.JPG最後は一馬さんとシュピールボックスの付録のひとつ「ペナルティー」です。お店にあったポーカーチップを借りて遊びました。中盤くらいからどんどん熱い戦いになり、2人とも空ビッドだったり、ペナルティー判定が出たりと大いに楽しみました。最終的には1点差で一馬さんの勝利。

結果:一馬 6、自分 5



Lunch20230129.JPGDinner20230129.JPG

ランチとディナーはオムライスです。ランチは1月の月替わりメニュー「千切り豚生姜と白菜のあんかけオムライス」でディナーは「赤ワインと牛スジのオムライス」を食べました。2食連続オムライスも悪くないですね。


KGB 2023.01.28

友人が主催しているKGBというクローズド会にお邪魔しました。KGBというのは、カラオケ、ゲーム、ビールの略だそうで、1日で3つを楽しもうという企画です。自分は時々ゲームの部だけ参加していますが、今回は初めてビールの部にも参加しました。



バベルの塔 Der Turmbau zu Babel
TurmbauZuBabel20230128.JPG一緒の卓になった人たちが興味を示したので、「バベルの塔」です。4人はおそらく理想的な人数だと思います。自分は黒のカードが多かったので黒のディスクを集めていきましたが、最後には5個も集まってオーバーキル状態でした。「このゲームはつらい」 とぼやいていたCさんがエリアマジョリティーの各所で1位になり、かなり引き離されましたが、最後の集計でディスクの力で1点差でギリギリ勝利。熱い戦いでした。

結果:自分 67、C 66、H 59、I 58



リカーーーリング Recurrring
Recurrring20230128.JPG続けてカードゲームの「リカーーーリング」です。途中からみんなコツがわかり出して、終盤は4を4枚にやられてしまい自分は4点どまりでした。唯一Rカードを取らなかったIさんがカードを無くして終了。今回は1ディールのみのお試しプレイです。

結果:H 7、I 5、C 5、自分 4



カリバ Kariba (ヘルベチク第2版)
Kariba20230128.JPG軽めのカードゲーム「カリバ」です。みんな気に入ってくれたようで3ディール戦です。1ディール目は通常ルール、2−3ディール目は3枚公開してそこから補充するバリアントを採用しました。シンプルなルールながら、読み合いが面白いですね。

結果(3ディール戦):自分 45、R 32、K 29、N 25



ゼロ Zero (テンデイズゲームズ版)
エレガントなカードゲームの「ゼロ」です。5人なのでおそらくゼロ宣言がやりやすく、最初の2ディールはゼロで終わりました。3ディール目は自分が早めにノックをかけて勝負。自分は一度もゼロを達成できませんでしたが、失点を抑えて勝利。(写真撮り忘れ)

結果(3ディール戦):自分 13、R 14、K 23、N 33、H 50



終了後はビールの部に初めて参加。以前スコットさんと来たことがあるお店で、食事もビールも美味しかったです。そこでは、会場で遊べなかった「ペントアップ」、「ヤバラス」、「ヤバラックス」を遊びました。


土嚢の会 2023.01.22

Lunch20230121.JPG第69回土嚢の会です。今回は初参加のみねさん、吉田さんを含め10人参加です。個人的な初プレイは「ヨクシィ」、「マイクロチップ」、「クロコライダー」の3つで、どれも興味深いゲームでした。昼食はマーブル特製のオムライス。




ヨクシィ Yoxii
(説明 10分 プレイ時間 10−15分)
Yoxii20230121.JPGコスモルド出版の新作です。Y、O、X、IIの4種類のコマは3、1、4、2をそれぞれ表しています。中立のトーテムをより高い数値の自分のコマで囲むのが目的です。

スタート時にはトーテムが中央にあり他は空きマスです。手番にはトーテムの周囲8マスのいずれかの空きマスに自分のコマを置き、トーテムを8方向いずれかに1マス動かします。このとき、もしトーテムから1方向に自分のコマだけが直線上に並んでその先が空きマスだったら、トーテムは自分のコマを飛び越えて移動できます。こうしてどちらかが移動不可能になったら終了し、その時点でトーテムを囲むコマの数値合計を比べるのです。

飛び越える移動が面白いですが、お互いに牽制し合うのでゲーム中に3−4回ほどしか起こりません。最後に数値を比べる時に、やはり直線上に並ぶものも数えるようにしたら面白いかもと思いました。コスモルドっぽいゲームです。

結果
1戦目:自分 7、とけい 4
2戦目:とけい 8、自分 4
3戦目:吉田 18、自分 5



ヤバラックス Yavalax
(プレイ時間 各10分)
Yavalax20230121.JPG初参加の吉田さんと「ヤバラックス」を遊び、そのあと「ヤバラス」を遊びました。後から考えたら、逆の順番で遊んだほうがよかったかもしれません。

結果
1戦目:自分 勝利、吉田 敗北
2戦目:自分 勝利、吉田 敗北



ヤバラス Yavalath
Yavalath20230121.JPG続けて土嚢の会では誰もが遊んだことがあると思われる「ヤバラス」です。今回は4回遊び2勝2敗。吉田さんもだいぶ慣れてきて、後半の2戦は負けてしまいました。

結果
1戦目:自分 勝利、吉田 敗北
2戦目:自分 勝利、吉田 敗北
3戦目:吉田 勝利、自分 敗北
4戦目:吉田 勝利、自分 敗北



マイクロチップ Microchip
(説明 10分 プレイ時間 各10−20分)
Microchip20230121.JPG去年出版されたらしいネスターの新作。多人数のパズルゲームです。端の列から順番にタイルをドラフトしていき、すべて取った後に自分のボード上で閉回路をつくります。なるべくタイルを余らせずに、大きくて複雑な回路を作ることが目的です。

各自のボードは異なる色の配置で、これは獲得したタイルの色に合わせなければなりません。タイルは行き止まり(1点)、直線(2点)、L字(2点)、T字(3点)、十字(4点)とあり、カッコ内に記した通りタイルの辺に達している経路の数が得点となります。使わないタイルは1枚マイナス2点なので、場合によってはマイナスになってしまいます。

パズルゲームとしては面白いかもしれませんが、とても他のプレイヤーのボードを見てタイルを取る余裕はありません。とけいさんがかなりうまく、2戦を通してトップです。

結果
1戦目:とけい 20、ぴーかん 6、自分 4、吉田 −2、みね −18
2戦目:みね 24、とけい −2、吉田 −6、自分 −6、ぴーかん −12



クロコ ライダー Croco Rider
(プレイ時間 15分)
CrocoRider20230121.JPGコスモルドの茶色い箱シリーズです。持ち込んでくれたぴーかんさんと遊びました。結構複雑なエリアマジョリティーのゲームで、コマには正負の符号と数字が書かれています。ワニの背中を表したエリアは繋がったマス目で両端にプラスとマイナスの符号が書かれています。これが置くときの制限を表しており、プラス3のコマだったらプラスと示された側から3マス目にしか置けないのです。

すでにコマが置かれたエリアに置くと、どちらかが裏返ります。今置いた符号に従って絶対値が小さい方にいる側が裏返るのです。こうして最終的に残ったコマの数値と置かれたコマの数の積が得点です。かなりややこしいですね。

慣れてくるとなんとなくどうすれば良いのかがわかってきます。面白いのは自分が置いたコマが即座に裏返ると連続で手番ができます。これを利用してエリアの最後の1マスが自分になるように連続配置ができるとなかなか気持ち良いです。

結果:自分 45、ぴーかん 40



ペントアップ Pent-Up
ランチの後、ペントミノを利用した積み上げのゲーム「ペントアップ」を遊びました。12手番ずつしかない短時間のゲームですが、選んだペントミノが配置できる最上階層に置かなければならない、という縛りが素晴らしいです。(写真撮り忘れ)

結果
1戦目:自分 勝利、吉田 敗北
2戦目:自分 勝利、吉田 敗北



カリスト Callisto (ストゥポルムンディ版)
(プレイ時間 4ラウンド75分)
Callisto20230121.JPGクニツィアが手がけたブロックスのようなゲームです。今回使用したのは、ストゥポルムンディ(ラテン語で世界の驚異という意味らしい)というイタリアの出版社のバージョンで、ボックスカバーに木星の衛星カリストの写真が描かれています。ブロックスとの大きな違いは自分のタイル同士は辺で接しなければならないこと、スタート地点が自由に2箇所選べること、ゲーム中に3箇所目のスタート地点を手番使って選べることです。また、タイル構成なども大きく異なり、「フィット」と似たスピリットを感じます。

先手プレイヤーが有利なので、今回は各プレイヤーが順番にスタートプレイヤーを担当する4ラウンド制で遊びました。自分は3ラウンド目には無失点を達成したのですが、4ラウンド目で大きく失点を食らって3位に落ち込みました。みねさんが失点をうまく抑えて勝利。

結果:みね 17、とけい 19、自分 25、吉田 29



オクトゴ Octogo
(プレイ時間 35分)
Octogo20230121.JPG久し振りに遊ぶ「オクトゴ」です。80年代の古いゲームですが、2アクション制なのでスピーディーで思いの外面白かったという記憶があります。終盤には相手の背後に廻って一気にゲームが終わるという印象があったのですが、今回はそうはいかずに最後まで決着せず、結局は競技終了となりました。相手を絶滅させるという古いスタイルの目的が良くないのかもしれません。アブな世界での解析を待つことにします。

結果:中村、自分 引き分け(競技終了)



SiaSolaLevel0.JPG今回は Sia Sola という名前の、昨年ケルンの Spielbrett で見つけた中古ゲームを持ってきたのですが、ゲームではなくパズルだったようで、一部の参加者はかなり気に入っていたようです。黒と赤のコマを入れ替えるのが目的で、移動には灰色の石がまたぐ辺のどちらかの端だけにいなければならず、コマを移動すると灰色の石がその辺の反対側に移動します。自分は少しチャレンジしただけですが、第1問さえできませんでした。後日、第1問を解くことに成功し、一緒に解いていたnakiさんともっと初心者用の第0問を考えました(写真)。

2023年の最初の会だったので、早めに切り上げて8人で塚田農場で新年会をしました。同人デザーナーの世代分け(?)というマニアックなテーマで盛り上がっていました。参加者のうち(おそらくパズルのせいで)、佐藤さん、道化師さん、土井さん、タクヤさんとは遊べませんでしたが、またの機会に。