ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

高尾ゲーム会 2020.10.25

昼頃からイズナさん主催のクローズ会、高尾ゲーム会に参加しました。オープン会が少なくなってしまった現状では、クローズ会は貴重です。

ココナッツ島 Isle of Coconuts
(プレイ時間 40分)
IsleOfCoconuts20201025.JPG最近のオススメクニツィアです。マジョリティーのゲームですが、1位2点、コマがないと1点、そして2位のいない1位は0点というのがなんとも斬新です。3つのダイスが適度な自由度を与えており、最後はどうしょうもなくなってしまう展開はあるものの、ゲームの短さを考えたら、あまり問題にならないでしょう。この後に、別のテーブルで2回ほど遊ばれていました。

結果:ちゃべい 11、ミスミン 10、自分 4



ヤバいブツ Heisse Ware: Krimi-Kartenspiel
(説明 10分 プレイ時間 55分)
HeisseWare20201025.JPGグマイナーから2019年に出版された酒の密輸をテーマとしたブラフゲームです。翌2020年のリメイクであるSNE版「チョコっと密輸」は既に遊びましたが、こちらの元の版は初めて。しかしルールは全く同じです。テーマや絵柄はこちらの「ヤバいブツ」の方が自分は好みですが、この辺りは意見が分かれるところでしょう。

これまで「チョコっと密輸」では3人と7人で遊んだことがあり、今回は念願の最大人数8人で遊べました。検査官は1回ずつで十分だと思います。後半に検査官を行うプレイヤーの方がプレイヤーの癖を学ぶ時間があるので有利なのではないか、という説があり、今回はその通り最後に検査官を担当したイズナさんが、6本、6本、5本と3人も逮捕に成功して一気に逆転勝利。それまでトップだったのに2位になってしまい悔しい!

結果:イズナ 47、自分 32、まほ 29、武井 28、たっくん 27、こうの 27、ミスミン 25、とも 24



ラマ パーティー エディション L.A.M.A. Party Edition
(プレイ時間 各5−20分)
LamaPartyEdition20201025.JPGピンクラマにピンクチップが付いた「パーティーエディション」です。今回はうまく繋がって出せるプラスのカードが手元に来て、手札3枚から一気に上がれたのが良かったです。20点のピンクチップを戻せるのは、良くも悪くも大味ですが、パーティーエディションという名前なので納得です。得点チップを加えただけでプレイ感覚が変わるゲームも珍しいですね。

結果
1戦目:たっくん 3、イズナ 8、たけい 14、くわた 23、自分 46
2戦目:たけい 4、自分 27、イズナ 31、たっくん 34、くわた 42



シュミッツ21 Schmitz 21
(プレイ時間 各5−10分)
Schmitz21-20201025.JPGカウントアップ系のシンプルなゲーム。21ちょうどになれば、それまでのカードを獲得できるが、それを超えてしまうと直前のプレイヤーが獲得できます。やはり4の数値がないカード構成がミソで、17と踏み込むと次のプレイヤーは取れないので、その次のプレイヤーが取る確率が高くなります。3人プレイだと、次のプレイヤーに17を言わせるべく12や14くらいを言うのが良いでしょう。短時間なので2回遊びました。

結果
1戦目:ミスミン 20、自分 17、たっくん 14
2戦目:たっくん 23、自分 15、ミスミン 14



ラインレンダー Rheinländer (フェイス2フェイス版)

(説明 30分 プレイ時間 55分)
Rheinlander20201025.JPGたっくんのリクエストで久し振りに「ラインレンダー」を遊びました。パーカーブラザーズ版とフェイス2フェイス版があるので、両方持参したらフェイス2フェイス版の方が絵柄が好みだ(ゴルトジーバーが出版したみたいに思える)ということなので、そちらで遊びました。若干マップが異なりますが、それ以外のルールは同じです。ちょっと癖のあるルールで、得点も少々分かりづらいのでプレイ機会が少ないのですが、今回遊んでみてもう少し遊びたくなりました。たっくんと自分が争いを繰り広げている間に、ミスミンさんが8つも領地を獲得してしまって、それらを崩すにはすでに時遅しという展開でそのままミスミンさんの勝利。次回のクニツィア会に持っていこうと思います。

結果:ミスミン 60、自分 48、たっくん 37



エクストリーム将棋 Extreme Shogi
(プレイ時間 各10分)
ExtremeShogi20201025.JPG噂には聞いていた将棋のルールを使ったミニ衝立将棋です。ゲーム開始時に各プレイヤーは使用するボードと数個のコマをカードによってランダムに決めます。ボードは10マスが繋がった形になっており、コマは王を含む以外は色々な組み合わせがあります。相手プレイヤーも同様に選ぶので、2枚のボードをつないで20マスのボードを作り、間に衝立を置いて、相手に見えないように自由にコマを並べるのです。準備が終わったら衝立を外し、以降は普通の将棋と同じルールです。異なるのは10マスは自分の陣地で10マスは相手の陣地なので、中立地帯(通常の将棋盤でいう中央の横3列)がなく、すぐにコマが成れます。また先手がかなり有利なのではというのが、ミスミンさんとたっくんの意見です。自分は将棋系統のゲームが苦手なのですが、2人と1戦ずつ遊んで1勝1敗でした。最初から詰将棋みたいに始まるので、手軽なのは良いですね。

結果
1戦目:ミスミン 勝利、自分 敗北
2戦目:自分 勝利、たっくん 敗北



小さなバイキングビッケ 宝だ宝だ! Wickie: Schatz Ahoi!
(説明 5分 プレイ時間 10分)
WickieSchatzAhoi20201025.JPGアニメーション「小さなバイキング」を元にクニツィアがデザインしたゲームは2つあります。1つは数週間前に遊んだ「ダイアモンド泥棒」でもうひとつがこのラベンスバーガー出版の「宝だ宝だ!」です。子供ゲームでダイスを振って進んだ先の宝物を取るというだけなのですが、宝物には数値が書かれており、ダイス目がそれ以上でなければ宝物を取れません。さらに、宝物を取れるときにはもう一度振って2個目を狙うこともできますが、失敗すると1個目の宝物も失ってしまいます。つまり簡単なリスクマネージメントの要素があるのです。

毎回、成否の確率がはっきりわかるので、それによってダイスをもう1度振ったり止めたりを繰り返します。最後は自分が3分の1の確率に成功して勝利。

結果:自分 23、たけい 22、イズナ 14



スターウォーズ 反乱同盟軍 Star Wars: Allianz der Rebellen (小箱版)
(プレイ時間 10分)
StarWarsAllianzDerRebellen20201025.JPG続けて、同じくラベンスバーガー出版の原作のあるゲーム「スターウォーズ反乱同盟軍」です。以前はちょっと大きめの箱で遊んだことがあり、そちらには英語のルールが入っていたのですが、これは小さめの箱で英語のルールは入っていません。ゲームはまったく同じですが、厚紙のコンポーネントが一部薄くなっています。

ゲーム進行は「イッツマイン」の変形です。リアルタイムの競りで、4枚あるキャラクターのうち最多を単独で取ればそのキャラクターが手に入ります。面白いのは2ラウンド制で、2ラウンド目に単独最多のプレイヤーがいなければそのままキープできるというところです。3人だと単独最多がいないパターンは2−2−0しかないので、4人の方がこのゲームは向いているかもしれませんね。4人だと、2−2−0と1−1−1−1の2通りがあります。

結果:イズナ 14、たけい 5、自分 1



アトランティス Atlantis
(説明 15分 プレイ時間 50分)
Atlantis20201025.JPGコロヴィーニが2009年に出版したゲームで、「カルタヘナ」をちょっと発展させたようなゲームです。カードは5色あり、進むときには次のその色のマスまで進めるというのは同じですが、そのマスに他のコマがあるときにはスキップするのではなく、さらに続けてカードを出さなければなりません。一気に進める代わりに手札が減ってしまいます。手札の補充は手番終了時に1枚なのですが、必要ならば手番の最初にカードを1枚捨てて、その数値(1−7)の半分切り捨てだけカードを補充できます。

コマがマスから去るきにタイルを勝利点として獲得するので、その場所は海になってしまいます。海を超えるにはコストがかかります。コストは海の両側のタイルの数値のうち小さな方です。海はどんどんつながるので、コストが刻々と変わるのがなかなか面白いところです。コストの支払いは獲得した勝利点(タイル)の数値で支払うか、あるいはカード枚数で支払うかで、とにかく海を渡るのがかなり大変なゲームです。各プレイヤーは海に1度だけ橋をかけられますが、橋は共用なのでうまく自分だけ有利になるタイミング出かけなければなりません。

たっくんが持ち込んでくれました。途中までは3つのコマをうまくすすめて橋のコストを抑えていたのですが、途中からはどんどん橋を渡るために勝利点を使ってしまい、ゴールしたものの最下位になってしまいました。

結果:たけい 35、たっくん 30、自分 24



隣り Tonari
(説明 10分 プレイ時間 各5−15分)
Tonari20201025.JPGランドルフがデザインしたものをフェドゥッティがアレンジしたらしいです。タイトルが日本語ですが、TonARiというようにボックスのロゴではAとRが大文字になっているのはアレックス・ランドルフのイニシャルだからということらしいです。舞台も日本の口之島という鹿児島県に属する小さな島で、どうしてここが選ばれたのかはかなり謎です。もしかしてランドルフが日本に住んでいたときに行ったことがあるのかもしれませんね。

ボードにはタイルが無作為に並べられ、共通のコマを島の中央の空きマスのどちらかに置いて始めます。手番ではコマを隣りのマスに動かしてそこにあるタイルを取るだけです。タイルは三角数的に点数が伸びるもの、最多を取ったプレイヤーが8点をもらえるもの、ボード状のタイル2枚を交換するもの、など色々あります。

このゲームの肝というべきは得点システムです。自分と自分の左隣りのプレイヤー(手番が次のプレイヤー)の得点の合計が自分の最終得点になります。つまり自分と自分の左隣りの2人が1位2位を取れば勝てるわけです。つまり自分が1位を取る必要はなく、右隣りのプレイヤーが3位ならば勝利です。よって次のプレイヤーをアシストしつつも、そのアシストがその次のプレイヤーに利さらないようにしなければならないという、微妙なバランス感覚が求められます。

1戦目は最多8点のタイルを集めつつ、次のプレイヤーの選択肢を絞りながらも優位性を与えるようにして僅差で勝利。2戦目は序盤で終了すれば勝てる場面だったのですぐに切り上げて勝利しました。2戦目はプレイ時間が5分しかかかっていません。

1戦目:自分 50、たっくん 46、たけい 40
2戦目:自分 15、たっくん 12、たけい 5


横浜クニツィア会 2020.10.10

KniziaParty20201010.JPG第7回クニツィア会は台風14号の影響で参加者が少なく7名の参加でした。常時1−2テーブルでしたが、未プレイだった「シュピッツバブ」、「シュミッツ21」、「パワープレイ」や、久し振りの「トール」「ウィンナーワルツ」「ベオウルフ」が遊べて楽しい一日でした。




トール Thor
(説明 10分 プレイ時間 60分)
Thor20201010.JPG「トール」は「フリンケピンケ」「クアンダリー」「ロコ」「ボツワナ」「ワイルドライフサファリ」という一連のフリンケピンケファミリーの一員ですが、特殊カードが付いているというのが他の版とは決定的に異なります。また6スートで遊ぶこともでき、今回は 大ゲーム The Big Game (6スート使用)と バリアント:トールの意思 Thor's Will (特殊カード使用)の両方を入れて遊びました。なお、特殊カードは秋山さんの好意で日本語版のシートをもらったものから作成したものです。実は今回が、この日本語シートを使った初めてのプレイです。

「トール」はなかなか遊ぶ機会がないのですが、久し振りに遊ぶと面白いですね。神カード1枚の代わりに特殊カードを取るので不利なようにも思えますが、序盤に引いてうまいタイミングで使うと強力です。また相手に使われた時にキャンセルする防御の役割もあります。緻密さが犠牲になりますが、その代わりに特殊カードの面白さが上手く引き出されており、思ったよりもずっと楽しめました。4人で4ディール戦。途中第2ディールで39点という爆発的な得点を得ましたが、最終ディールでらくださんに逆転されて2位でした。

結果:らくだ 109、自分 102、キノ 91、とけい 90



シュピッツバブ Spitzbub
(プレイ時間 20分)
Spitzbub20201010.JPG「DTC」がようやくリメイクされました。シュピッツバブ Spitzbub というのはラスカル Rascal、つまりいたずら小僧というような意味です。カードのデザインは「DTC」よりもお洒落で視認性も良いです。6人で1ディール遊びました。うまくきたカードをやり過ごすことができ、結局1度も嘘をつかずに済んだのが良かったです。やはり6人だと戦略性は少々低いので、ゲームとしてちゃんと楽しむなら4人がベストでしょう。

結果:自分 2、ミズキ 5、ウサギ 5、らくだ 12、キノ 18、とけい 24



シュミッツ21 Schmitz 21
(説明 5分 プレイ時間 各5分)
Schmitz21-20201010.JPG手札4枚、カウントアップ系のゲームで21ちょうどになることを目指します。たいていのカウントアップ系は「ノイ」や「ポイズン」のようにある数字以上にならないことを目指すのですが、ちょうどになることを目指すというのはあまりないと思います。

カード構成が特徴的で、1、2、3、5、6が各10枚、10が5枚で4はありません。そのために17や13をめぐる駆け引きがおきます。21より4少ない17を言えれば、次のプレイヤーは1、2、3しか出せないのでその次のプレイヤーが21で取れる可能性が高いのです。これは2人プレイの時には自分自身になるので、とての有効です。17と言わせないためには、そこからさらに4少ない13を言えば相手には17と言われません。また10のカードが結構曲者ですね。

まずはウサギさんと2人戦を2回、のちに「ベオウルフ」の前に3人戦と4人戦を1回ずつ遊び、結果として2−4人のすべての可能なプレイヤー数を1日で試すことができました。2人だと結構シビアな読み合いとなり、人数が増えるに従って緩くなりコントロールが効きづらくなります。個人的には2人か3人が良いかな。シンプルで良いゲームだと思います。

結果
1戦目:自分 勝利、ウサギ 敗北
2戦目:ウサギ 勝利、自分 敗北
3戦目:自分 21、うサギ 15、キノ 13、
4戦目:あすまー 17、うサギ 15、自分 12、キノ 5



パワープレイ Powerplay
(プレイ時間 各10−15分)
Powerplay20201010-1.JPGシュピールボックス第5弾は1991年6号に掲載された「パワープレイ」という2人用アブストラクトゲームです。用具は4x4のボードと、16個のコマです。各プレイヤーは自分の色(黄/黒)の正方形と円形のコマをそれぞれ4個ずつ(数値1−4)、計8個ずつのコマを持ちます。ゲームの目的は、相手のコマを占領することです。

手番には自分の色のコマを任意のマスに1個置きます。これを続けて16個のコマがすべて置かれると(つまりボードのマスがすべて埋まると)ゲーム終了です。ここで、各コマが相手に占領されたかをチェックします。正方形のコマは直交(上下左右)、円形のコマは斜交(斜め4方向)の隣接マスに影響を及ぼします。またすべてのコマは自分自身にも影響を及ぼします。コマに対する双方の影響値の合計を比べて、相手の合計値が高いと占領されてしまいます。相手の合計値以下なら占領されません。占領されたコマはわかりやすいように裏返します。裏側も表側と同じ数値ですが、太枠になっており占領されたことがわかるようになっているのです。こうしてすべてのコマの占領をチェックした後、それぞれ占領したコマの数値の合計を出し、より高いプレイヤーが勝利します。

ルールを聞いただけで、かなりガチガチのゲームだということがわかります。3や4など高数値のコマは周囲に与える影響も大きく、占領もされづらいです。しかし、占領されると相手に高得点を与えてしまうので、中央に置くべきか周囲に置くべきかは悩みます。あとで思ったのですが、ゲーム中に占領が確定したコマは随時裏返していくと良いと思います。

メカニクスは「革命(アトランテオン)」、「サムライカードゲーム」、「ストーンヘンジ」などに受け継がれており、その元になった荒削りなゲームがこの「パワープレイ」というわけです。

PowerplaySpielbox.JPGところで、写真でわかる通り、コンポーネントが最初から不足していて(黒プレイヤーの数値4の正方形のコマ)自作しようと思っていました。ふと次の号(1992年1号)をみると、なんと前号でコンポーネントが不足していることへの謝罪と足りないコンポーネントがちゃんと描かれていました。

なお、クニツィアの「ダイスゲーム百科」に収録されているゲームにも同名の「パワープレイ Powerplay」がありますが、もちろん全く異なるゲームですので注意が必要です(プレイ記はここ)。

結果
1戦目:自分 8、ウサギ* 4
2戦目:自分* 7、うサギ 6



ウィンナーワルツ Wiener Walzer
(プレイ時間 55分)
WienerWalzer20201010.JPGキノさんのリクエストで久し振りに持ち込みました。テーマがよくできており、また食べ物を食べつつ自分よりも高貴な相手をダンスするために翻弄するというのが面白いです。結構パズルっぽい側面もあります。今回は、自分の12人の紳士淑女は1人も余ることなく、また食べ物も思ったよりうまく揃って勝利。

結果:自分 80、ウサギ 74、キノ 73、あすまー 72、ミズキ 71



ツインズ Twins (アミーゴ版)
(プレイ時間 50分)
Twins20201010.JPG「ツインズ」も久し振りです。4人なので、各ラウンドは下位2名が2支払い、上位1名が3獲得、下位1名が1支払って脱落、上位1名が総取り、という構成です。10のツインズ各プレイヤーがディーラーを3周した頃、ウサギさんとあすまーさんがどんどん負けて行ってしまい、最後はあすまーさんが破産して終了。

結果:キノ 29、自分 17、ウサギ 2、あすまー 0(破産)



ココナッツ島 Isle of Coconuts
(プレイ時間 20分)
IsleOfCoconuts20201010.JPG前回、遊んで面白かった「ココナッツ島」に再挑戦です。自分以外は初プレイ(といっても自分も2回目ですが)で、やはりマジョリティー争いの変わったルールには驚いていました。1位2点、2位以下0点。しかし2位がいない1位は無得点。そしてまったく絡んでいなければ1点というなんとも風変わりなルールです。このルールのために、なるべくコマを置かないように、あるいは置くにしても、1位に確実になるように置いていきます。ただし2位がいないとダメなので、1位になるにも技術が必要です。

結果:自分 11、あすまー 10、ウサギ 10、キノ 6



ベオウルフ Beowulf: Der sagenhafte Drachenkämpfer
(プレイ時間 60分)
Beowulf20201010.JPG久し振りに遊ぶ「ベオウルフ」です。めくり運(Risko)のあるタージマハルのような競りシステムのゲームで、傷を負わずに生き延びるのはなかなか大変なゲームです。途中の競りで早めにリスクを負って失敗してしまい、かすり傷が普通の傷になり、結局2つめの傷を負ってしまったのが大失敗です。終盤はこの傷を癒すために全力を尽くしていましたが、結局最下位でした。盛り上がるし良いゲームですね。最初はあまり乗り気でなかったあすまーさんも最後には楽しんでくれたようです。

結果:ウサギ 38、あすまー 25、キノ 18、自分 16



これで第7回横浜クニツィア会は終了です。他には「ミスかトニック大学」や「謎の地下世界」が遊ばれていました。次回は来月11月下旬の予定です。


ジェリージェリーカフェ横浜 2020.10.02

久し振りのクローズ会でしたが、ほとんど2人でのゲーム会でした。最後には3人で「ニダヴェリア」というゲームを半分だけ遊べました。



ハレオ Jaleo
(プレイ時間 各10-15分)
Jaleo20201002.JPG最近のネスターゲームズでは、かなり完成度の高い「ハレオ」です。変形四目並べなのですが、徐々にボードが広がるところ、そして強制スタックのルール、移動による思わぬ展開など、よく出来ているゲームです。特に、強制スタックを相手に強いると、相手のコマ数が相対的に少なくなる反面、相手はスタックの上にいることになるので有利になります。その辺りの取引がやはり肝なのだろうと思います。だいぶ慣れてきたのか、少しずつ勝てるようになってきました。写真は黒が勝利したところ。白は防げません。

結果
1戦目:自分* 勝利、シミーズ 敗北
2戦目:自分 勝利、シミーズ* 敗北



ルクニ Rukuni
(プレイ時間 各15-20分)
Rukuni20201002.JPG続けてゲルハルトの「ルクニ」というゲーム。アンカーの概念があり、6個あるアンカーを動かして、その周囲に自分のコマを1つ置くということを繰り返します。アンカーが動かせ無くなったらゲーム終了で、自分の色のグループはそれを構成するコマの数と接するアンカーの数の積が得点になります。アンカーを誘導するのがなかなか難しいものですね。特にアンカーが接するか接しないかで得点が大きく異なるので、そのあたりをどうやって詰めていくのかが難しいゲームです。最後の損得計算が面倒だとシミーズさんは言っていましたが、まあその通りかもしれません。

結果
1戦目:シミーズ 26、自分 21
2戦目:シミーズ 35、自分 32



ダイス ポーカー Würfel Poker
(プレイ時間 各10-20分)
WurfelPoker20201002.JPG南ドイツ新聞の小箱シリーズです。シンプルなルールで結構駆け引きが楽しめます。今回は1戦目は通常ルール、そして2戦目はバリアントの「選んだダイスを自分の側にも相手の側にも置ける」というルールで遊びました。バリアントだと相手の手をいとも簡単に崩せるので、ローハンド勝負になり、かなり違ったゲームになります。どちらもおすすめです。

結果
1戦目(通常ゲーム):シミーズ 5、自分 4
2戦目(バリアント):自分 5、シミーズ 4



フィリット Fillit
(プレイ時間 20分)
Fillit20201002.JPGちょっと久し振りに遊ぶ「フィリット」です。記録によれば今回で10回目のプレイです。序盤での石の動かし方など、布石をどうすれば良いかはまだまだ研究の余地がありそうですね。なんどもギリギリまで責められたのですが、最後になんとか勝ちきりました。

結果:自分 勝利、シミーズ 敗北



ニダヴェリア Nidavellir
Nidavellir20201002.JPG今日のメインとなるゲームです。プロットで、数字の高い順にカードを獲得していくというメカニクスなのですが、プロットする数字タイルをどんどん高くして成長させられるのが特徴です。最初は0、2、3、4、5という数字タイルなのですが、5と4を使わないと合計値の9という数字タイルをもらえます。そのとき高い方の数値は破棄されます。この流れは悪くないのですが、争っているものが5スートのカードによる得点で、さらにそれが各スート得点方法が全く異なるので、とても把握できません。作者のセルジュ・ラジェのゲームは、どうもごてごてと不必要に面倒で切れ味がないのですが、このゲームも切れ味は全くありません。時間の都合で前半で終わってしまったので少々消化不良です。機会があれば、通して遊んでみたいです。

結果:途中終了