ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

キノ宅ゲーム会 2014.09.22

頭脳絶好調 ジュニア Einfach Genial: Junior
(説明 10分 プレイ時間 各10−15分)
EinfachGenialJunior-Box.JPG頭脳絶好調の派生ゲームのひとつで2007年に出版された子供用のゲームです。ボードはヘックスグリッドからスクエアグリッドになり、また得点の入り方や手札などが大きく異なります。

ボードは10x10の正方形で2人のときは内側の8x8のみを使います。タイルはドミノタイル(1x2)で4色の組み合わせになっており、同色2つのダブルが4種各3枚、異色2つのシングルが6種各8枚で、計60枚です。ペンギンは2人では8匹、3−4人では14匹を使います。その他にプレイエイドとなるペンギンコマのアイスタイン教授が付いてきます。

あらかじめモノミノタイル(1x1)4枚を指定位置に置き、手札として1枚ずつを袋から引いてゲームスタートです。手番には手札の1枚のタイルを好きな場所に置くだけ、置いたタイルの周囲が置いたタイルの色に合致していたらその数だけタイルと同じ色の餌チップがもらえます。論理的には最大6チップもらえることになりますが、現実的には3チップが最大でしょう。アイスタイン教授のコマは置いたタイルの上に置き、どの色が得点になるかを確認するのに使います。餌チップが4色揃ったらペンギンをもらい、そこに餌チップを1つずつはめていきます。手番の終わりに袋からタイルを1枚補充します。これを繰り返し、ペンギンがすべて尽きたら、あるいはボードで置ける場所が無くなったら終了です。

EinfachGenialJunior-Components.JPGバリアントとして手札のタイルを2枚にすることができます。手番では1枚プレイしてから1枚補充するのですが、補充する前に今持っているタイルが不必要ならばそれも袋に戻してからあらためて2枚補充することができます。得点となるペンギンは2人では10匹、3−4人では16匹使います。

頭脳絶好調の元のゲームとの大きな違いはタイルが直線上に繋がっていても隣接するタイルだけしか得点にならないということ、そして絶好調宣言がないことです。毎手番1−3個の餌が手に入るだけなので、劇的な逆転が無く、かなり地味な展開になります。ボードがスクエアグリッドなのは悪くないかもしれません。手札2枚のバリアントの方が戦略的になるのは「インディゴ」と同じです。

コンポーネントではタイルが裏から透けてしまうという問題点がありますが、手札は1枚か2枚なのであまり問題にはならないのでしょう。

EinfachGenialJunior20140922.JPG2人が良いのではと思い、キノさんと2人で遊んでみました。バリアントの手札2枚です。途中以降は相手の必要な色をある程度ならブロックできますが、やはり5匹ずつになってしまい、タイブレークで勝利しました。ちょうどフォルテさんが来たので3人でもう一度遊び、今度は16匹を3人で取り合うので6匹取って勝利しました。悪くはないのですがスパイスの抜けた「頭脳絶好調」という印象が否めないゲームです。相手の色をブロックしていくなどもう少しやり込めば戦略があるのかもしれません。現時点ではスクエアグリッドのドミノタイルでの得点ゲームならば「トパーズ」の方が戦略的だと思います。

結果(括弧内はタイブレークの餌の数)
1戦目:自分 5(4)、キノ 5(2)
2戦目:自分 6(1)、キノ 5(4)、フォルテ 5(0)



シンコ Cinco
(説明 5分 プレイ時間 各10−35分)
Cinco20140922.JPGカードで指示された場所に自分のチップを置いて5連を作るゲームです。カードは1から90まであり、カードの数字より大きい数字のマス目に置くことができます。よって1のカードを使えばどこにでも置けるし90のカードでは90にしか置けません。また採用したバリアントで面白いのが置ける場所が無くなったカードはワイルドになるというものです。手番には1枚出すか1枚補充するかのシンプルなゲームです。

以前遊んだときにはパートナーシップ(ペア戦)でしたが、フォルテさんによれば個人戦の方が面白いとのこと。確かにぺアを組む意味はあまり無いのはシークエンスなどと同じです。ただ3人だと3種類のチップがボード上にあり、どちらかがとめられることも多いのでなかなか終わりません。1戦目は自分が欲を出してしまい、キノさんが勝ちましたが、2戦目は結局誰も5連を作れずにタイのまま終了となりました。ちょっと残念です。

結果
1戦目:キノ 勝利
2戦目:決着せず



空中庭園 Die Hängenden Gärten
(説明 20分 プレイ時間 35分)
HangendenGarten20140922.JPG2x3に区切られたカードを重ねて自分の空中庭園を広げていきます。カードは地面のマスと庭園が描かれたマスが組み合わさっており、庭園はその真下に地面か庭園(つまりカード)がないと置けないという縛りがあります。同種の庭園を広げて大きさが3以上になるとタイルがドラフトできます。ゲームの目的はこのタイルで種類によって集めたときの点数が異なります。

手番はカードをドラフトし、その結果新たに大きさが3以上の庭園ができたらタイルをドラフトする、というシンプルな流れです。庭園にはマーカーを置き、そこを拡張してもあらたにカードはドラフトできません。マーカーの数が少ないので新たにマーカーが必要なときは最も小さい庭園にアルマーカーを動かします。これを利用してマーカーをうまく動かして労せずに大きな庭園に変えたりできるのです。

庭園の大きさが6以上だとボーナスでタイルがもらえますが、今回はそれは一度もできませんでした。ソロプレイ感がかなり高いゲームですが、絡みがまったくないわけではありません。

結果:自分 67、キノ 65、フォルテ 64



タラット 三つのちから Talat
(プレイ時間 40分)
Talat20140922.JPGフォルテさん持参の3人用アブストラクトゲームです。2人用のボードを3枚それぞれの相手プレイヤーとの間に置くというかなり変わったシステムです。A、B、Cの3人だと、A対B、B対C、そしてC対Aという3枚のボードになるわけです。それぞれのボードに関わりはありません。

各自9個のコマを持っています。コマは高、中、低の3段階の高さで、それぞれ六角形、正方形、三角形の3種類があります。移動して相手のコマを取るときには自分の方が強くなければなりません。基本的には高い方が強く、同じ高さならば辺の数が多い方が強いのですが、高は低を取れず、また最弱の低三角形は最強の高六角形を取れるという例外ルールがあります。

これら9個のコマを1つずつ自分の側に配置して開始。動かすのは前方3マスのみですが、相手のコマを取るときだけは真横にも動けます。取ったコマと相手の側まで到達したコマについて得点がもらえます。

3人のアブストラクトは根本的な問題をはらんでいますが、このゲームは2人が結託すれば簡単に1人を潰せます。その辺りは目をつぶるとしても、ちょっとアブストラクトとしては今ひとつという感じがします。「ヌバ」と移動のルールが似ていますが、「ヌバ」は同数値でも取れること、そして「タラット」では真横にも取れることなど異なる部分も多いです。特に「タラット」ではお互いに取れないコマ同士になってしまうなどちょっと冗長感もあります。

本来はもうコマが取れなくなった時点で終了だったのですが、今回はすべて相手の側にすすめるまで続けたのでかなり結果は異なると思いますが、プレイ感覚はそれほど変わらないのでは、というのが3人の一致した意見でした。コマは格好が良いので、ちょっともったいないですね。

結果:フォルテ 38、キノ 38、自分 22



フィニート Finito
(説明 5分 プレイ時間 20分)
Finito20140922.JPGカードをドラフトし、各スートでもっとも多くの(同枚数でも良い)ハートを取ったプレイヤーがそのスートの数値を得点できるというゲームです。ややこしいのはドラフトのためだけのシンボルがあり、各カードに2つずつシンボルが描かれているというところです。

手番ではまず1枚補充し、そのあと手札から1枚場に出してそのカードのどちらかのシンボルを選びます。選んだシンボルが描かれているカードを場からすべて取れるのです。

シンボルは種類が多く、規則性がほとんどないので作戦が非常に立てづらいです。どうしてシンボルとスートを何らかの形で結びつけなかったのでしょうか。手軽なドラフトのゲームですが、ちょっといまひとつという気がしました。

結果:フォルテ 36、キノ 26、自分 25



ジェネシス Genesis
(プレイ時間 50分)
Genesis20140922.JPG久し振りに遊ぶ「チグリスユーフラテス・ダイスゲーム」とでも呼ぶべきジェネシスです。ダイスで置けるタイルが決まるのですが、それほど運要素は高く感じません。得点体系に慣れるまではプレイの指針が建てづらいのですが、各色での最大を狙わない限りは1枚2点が最も効率が良いということを覚えておくと良いと思います。

結果:キノ 49、自分 43、フォルテ 40



チャイナ China(日本マップ)
(プレイ時間 35分)
China20140922.JPGキノさんがギークからプリントアウトして作ったというチャイナの日本マップです。各エリアには戦国大名の名前がついており、フランスに当たる中部地方は織田でした。この織田ではフォルテさんが教会にあたる建物を街道沿いに置いていき、それに乗るように自分は枢機卿を置いていきました。最終的には枢機卿を8つ置ききってすべて得点したのが効いたのか勝利しました。久し振りに遊びましたが、「王と枢機卿/チャイナ」はやはり面白いですね。

結果:自分 51、キノ 45、フォルテ 43



ナインティーナイン Ninety-Nine
(プレイ時間 6ディール45分)
何かトリックテイクを遊ぼうということになり、トランプを使ったナインティーナインです。本来は9ディール戦なのですが、今回はその3分の2の6ディールとしました。ビッドに必要なカードは捨てなければカードだったりとビッドが難しくも悩ましいゲームです。今回は派手にデクレアを2回、そしてリヴィールを1回行いましたがすべて失敗し、案の定最下位に終わりました。まあ目標点(?)だった99点をとれたので満足です。

結果:フォルテ 200、キノ 175、自分 99



ゴールデン ホーン Golden Horn: Von Venedig nach Konstantinopel
(プレイ時間 30分)
GoldenHorn20140922.JPG最後はコロヴィーニの佳作と呼ばれている「ゴールデンホーン」です。ピックアップアンドデリバーですが、載せられる荷物や移動のルールがなかなかよくできています。終わりのタイミングを計るのも難しく、また5種6種と異なるキューブを集めるのもなかなか技術が要ります。3日続けてのゲーム会で疲れが頂点に達しており、ゲームに集中できなかったのが悔やまれます。次回は頑張るぞ。

結果:フォルテ 24、キノ 20、自分 11


高尾ボードゲーム会 2014.09.21

イズナさんの主催する高尾ボードゲーム会に参加しました。2回目です。高尾は神奈川南部からは遠く、なんと甲府のusalapbitさんの方が近いようです。終日目いっぱい様々なゲームを遊びました。



DTC DTC
(説明 5分 プレイ時間 各20−25分)
DTC20140921.JPGまずは6人でも遊べるDTCです。こういうゲームはプレイヤーにもよると思いますが、今回は非常に重たい展開になりました。ここぞというところで勝負に出られずに大量に失点をしてしまいました。6人も悪くないですが、戦略性を考えるなら4人くらいがベストかなあと思います。

結果
1戦目:ミニフォルテ 3、イズナ 4、フォルテ 10、自分 11、コイデ 13、ステュアート 24
2戦目:イズナ 2、ミニフォルテ 3、ステュアート 4、コイデ 4、フォルテ 15、自分 38



五本のきゅうり Fünf Gurken
(説明 5分 プレイ時間 10分)
FunfGurken20140921.JPG時間調整もかねて五本のきゅうりを遊びました。今回は4ディールで終了です。すでに4個のきゅうりを持っていたのですが、最後に3人が6を出して手番順できゅうりを喰らってしまい敗北です(写真)。

結果:フォルテ 0、ミニフォルテ 0、イズナ 3、ステュアート 3、自分 6(敗北)



マイ ワード My Word!(缶箱版)
(プレイ時間 4ディール25分)
MyWord20140921.JPG久し振りに遊ぶ「マイワード」です。アルファベット1−2文字が書かれたカードを並べていき、3枚以上でできる単語を見つけたら取るというシンプルなゲームです。持ち運びやすい缶箱ですが、なかなか遊ぶ機会がありませんでした。英語を学んでいるミニフォルテ君やネイティブのステュアートさんを交えて4ディール遊びました(ディーラーはカードを次々にめくっていくだけで得点は得られません)。なおこの版ではスペイン語もできるらしく、英語で遊ぶ場合には"ñ"のカードを抜いて下さいと書いてありました。

2文字のBRやLLなどがなかなか使いどころが難しくて面白いです。慣れてきたら3枚ではなく4枚縛りにすると良いかも知れません。

結果:自分 88、ミニフォルテ 62、ステュアート 50、イズナ 32



指輪物語 ボードゲーム Der Herr der Ringe(カプコン版)
(説明 20分 プレイ時間 各40−75分)
LOTR20140921.JPGイズナさんと遊んでみたかった「指輪物語」協力ゲームを持ち込みました。指輪とホビットのフィギュアは限定版からの流用です。

1戦目はゲーム慣れしているだろうということで最初から上級のサウロン10で始めたのですが、かなり厳しい展開が続きました。指輪を持っていたメリー(青)をサウロンの矢面に立たせるというミスをしてしまいヘルム峡谷で敗北。

気を取り直して2戦目はサウロン12の中級で遊びました。自分はボルジャー担当だったのですが、シェロブの巣でサウロンに飲み込まれてしまいます。その後も旅の仲間は旅を続けて、モルドールに到着。しかし滅びの山までは逃げ切れずに負けてしまいました。

結果
1戦目(サウロン10):34 敗北(旅の仲間:自分(フロド)、イズナ(サム)、usalapbit(ピピン)、フォルテ(メリー)、ミニフォルテ(ボルジャー))
2戦目(サウロン12):53 敗北(旅の仲間:イズナ(フロド)、フォルテ(サム)、usalapbit(ピピン)、ミニフォルテ(メリー)、自分(ボルジャー))



夢見るドラゴン Dreaming Dragon
(プレイ時間 各5−15分)
DreamingDragon-Box.JPGシンプリーファンから2011年に出版されたゲームです。ドラゴンの上に乗っているトカゲと黄金の卵の山から、ハサミを使ってうまくトカゲだけを取るのが目的です。

コンポーネントはベースになる大きなドラゴンに29匹のカラフルなトカゲ、そして15個の黄金の卵とハサミが4つです。トカゲはゴムのようなビニールのような素材で、柔軟性があります。卵はプラスチック製です。すべてのトカゲをドラゴンの上に積み重ねて、その上に黄金の卵をばらまいたらゲーム開始です。

DreamingDragon-Components.JPG手番プレイヤーはハサミを使ってトカゲを1匹だけつかめます。このとき、トカゲや卵がドラゴンから落ちたら直ちに手番終了ですが、もしトカゲを既につかんでいたら、そのトカゲはもらえます。落ちたトカゲは誰のものにもならずにゲームから除外されますが、落ちた卵はペナルティーとして引き取らなければなりません。なお直接つかめるトカゲは1匹ですが、トカゲ同士をうまく絡めれば複数のトカゲが手に入ることもあります。こうしてすべてのトカゲがドラゴンの上から取られたらゲーム終了です。

トカゲは1点、黄金の卵はマイナス1点です。黄金の卵なのにマイナス点というのはなんだか理不尽な気もしますがドラゴンが守っている卵と言うストーリーなのです。またトカゲに色がついていますが、ゲームにはまったく関係ありません。全色を集めるとボーナスなどバリアントでルールを追加しても良いでしょう。またドラゴンは5色(赤黄緑青紫)で紫以外は5匹ずつあり、またハサミは紫以外の4色に対応しているので自分のハサミの色のトカゲは2点になる、触ってはいけない、などといったバリアントも考えられます。

DreamingDragon20140921.JPGドラゴンは凹凸があり、トカゲの上に乗っている卵をうまくドラゴンの上に落として転がらないようにするかというのがなかなかスリルがあります。何と言ってもトカゲの材質が素晴らしいです。

今回はまず1回、そしてゲーム会の終わりに2回遊びました。箱が大きめなのでかさばるのが難点ですが、指先のデクスタリティーゲームとしてはなかなか良くできています。

結果
1戦目:イズナ 6、ミニフォルテ 5、フォルテ 5、自分 3、usalapbit 0
2戦目:フォルテ 11、自分 9、たっくん 0
3戦目:たっくん 9、自分 6、フォルテ 4



ピックポケット Pickpocket
(プレイ時間 40分)
Pickpocket20140921.JPG「ダブルオアナッシング」のルールを少し変更したゲームです。前回は基本ゲームで遊びましたが、今回は特殊能力を入れてみました。毎回負けているプレイヤーから特殊能力をドラフトしていきます。このゲームは英語ルールがしばらくなかったのでusalapbitさんに教えて頂きましたが、ようやく英語ルールがアップロードされました。ところが肝心の特殊能力に関するルールが抜けていて、またしてもusalapbitさんの力を借りることになりました。

特殊能力は少々分かりづらいものが多いのですが、パスができる、一度失敗しても良い、降りるとボーナスがもらえる、などとあり、なかなか面白いです。

結果:usalapbit 84、自分 62、コクジ 55、フォルテ 32



誰だったでしょう? Wer war's?
(プレイ時間 各35−40分)
WerWars20140921.JPG音声ゲームシリーズということで、たっくんを誘って「誰だったでしょう?」を遊びました。動物に欲しがっている食べ物を届けてヒントをもらい、指輪を盗んだ犯人を絞っていくというゲームなのですが、手に入る食べ物と動物が欲しがる食べ物がまったくといってよいほど噛み合ず、漸く5時が過ぎてから少しだけ動物からヒントがもらえるようになったというだけで塔にもダンジョンにも入れずに6時の鐘が鳴ってしまいました。最後に1度だけチャンスがあるのですが、6択の中から選んだ1人がなんと正解という気が抜ける終わり方でした。

こんな展開になったことは無い! もっとちゃんとゲームを味わって欲しい! と思い、続けてもう1ゲーム遊びます。今度は前回と裏腹に、次々に動物と話すことができて、塔にもダンジョンにも入れました。自分がダンジョンに閉じ込められるというハプニングもありましたが、最後は2択まで絞り鍵も2つあったので宝箱を空けにいきます。最初に空けた宝箱が正解で、今度はちゃんと満足する終わり方でした。5時の鐘が鳴る前の4時50分で終了です。

結果(プレイヤー:イズナ、たっくん、自分、スズキ)
1戦目(上級):勝利
2戦目(上級):勝利



バズ イット! Buzz It!
BuzzIt20140921.JPG与えられたトピックに5秒以内で答えていくゲームです。毎回審判がいて、専用のブザーを持ち、回答者の答えに問題がなければボタンを押します。回答に手間取り5秒を越えてしまうとブザーが鳴って終了。ペナルティーとしてトピックカードを受け取ります。トピックカードを人数の3倍用意して、最も多くのカードを取ってしまったプレイヤーが負けです。

言語依存が心配でしたが、その場でなんとかなりました。みんなあせって突拍子もない答えが出てきて面白かったです。




デッド マンズ トレジャー Dead Man's Treasure
(説明 10分 プレイ時間 各15−20分)
DeadMansTreasure20140921.JPGフォルテさんのリクエストで「フリント船長の財宝」のリメイクである「デッドマンズトレジャー」を遊びました。各島で最後のカードだけはクローズな所、そして時計回りと反時計回りに回るフリント船長の亡霊とベンガンなどよくできています。終わらせるタイミングが難しいゲームですが、隠れた要素もあるので読み切れない部分もあります。

久し振りに遊んで楽しめました。シンプルですがやはり良いゲームですね。元の「フリント船長」とはカードなどが少し違うみたいです。

結果
1戦目:たっくん 24、自分 19、フォルテ 11
2戦目:自分 19、たっくん 15、フォルテ 11



最後に「夢見るドラゴン」を2回遊んで終了です(結果は前述の通り)。主催のイズナさん、遊んでくれた皆さん、ありがとうございました。


Abstract Strategy Game Society 2014.09.20

Command20140920.JPG久し振りに五反田のASGSに参加しました。第1部では「コマンド」「Cat's-Eye Contact」「フィボナッチ」「マナ」「ギュゲース」の5ゲームが紹介されました。自分はそのうち「Cat's-Eye Contact」「マナ」「ギュゲース」を1度ずつ遊ばせて頂きました。ここでは製品化されている「マナ」と「ギュゲース」を紹介します。なお左の写真は「コマンド」です。



マナ Mana
Mana20140920.JPGボードゲームギークによれば1987年製という古いゲームのようです。相手の大名を取ることが目的である将棋・チェス系統のゲームです。まずは自分の側に自分の大名1つと浪人5つを並べる所から始めます。ボードのマス目にはシンボルで1−3と記してあり、これがそのコマが動かせるマス目の数となり、その数だけちょうど動かさなくてはなりません。動かすのは縦横で何度でも曲がれるので3でも隣りに移動ができます。

動かしたコマにマナと呼ばれる印をつけて、今度はそのマナが付いているコマのマス数と同じだけ動かせます。つまり自分の移動先が次に相手が動かせるコマを制限するというわけです。もし相手に該当するコマが無ければ(例えば自分の移動終了時に2のマスに乗って、相手のコマで2のマスにいるものがないときなど)当ては自由にコマを選べます。

ゲームとしては「オールザキングスメン」や「カミサド」とちょっと似ています。ジャクタリア(現ブルーオレンジヨーロッパ)が出版しており、エッセンで何度か遊んだことがあります。ボードの配置に規則性が無いのでどうにも中途半端にランダムな感じがします。ゲームとしては機能していますので興味がある方は遊んでみると良いと思います。

結果:



ギュゲース Gyges
Gyges20140920.JPG名前は何度も聞いたことがありますが、遊ぶのは始めてです。「ジャイジャス」と勝手に発音していましたが「ギュゲース」というのが本来の発音に近いようですね。1−3の高さのコマを2つずつ自分の側に並べて開始しますが、コマは共通です。ただし最も自分の側のコマしか進むことはできません。目的は相手側の最前線に1つコマを送り込むことです。

コマはその高さだけちょうど進めます(縦横のみですが何度も曲がれます)。そして進んだ先に別のコマがあれば、そのコマの高さだけ更に進めるのです。これが幾つも連鎖するので、うまく利用して相手の側にゴールさせるというわけですね。

ちょっと「ストリートサッカー」っぽいと思います。まあ悪くないのではないでしょうか。




第2部のゲームパーティーでは「フィボナッチ」と「フィッシャリー」の2作しか遊べませんでしたが、4勝1敗で通算2度目の総合優勝を獲得しました。



フィボナッチ Fibonacci
Fibonacci20140920.JPGかなり大きなボードで、センター(キングに当たるコマ)を1個、ストライクとサポートを6個ずつ並べて始めます。手番には6アクション行い、各アクションでは自分のストライクかサポートを隣接するマスに動かすか、または自分の同種のコマのグループに隣接するマスに動かせます。つまりなるべく同種のコマ同士を固めておいた方が、大きく動けるのです。さらに移動先に自分や相手の他のコマがあっても構いません。そのコマは移動したコマがいた場所へ移されます。つまりコマの位置を交換するわけです。センターだけは自発的に移動できず、この交換のみによってのみ移動するというのが非常に面白い部分です。

ゲーム開始時には先手プレイヤーから1、2、3、4、5、6とアクション数を増やしていきます。それ以降は基本的には6アクションずつなので、先手も後手も相手より3アクション少ない状態から始めて3アクション多い状態で終わるというのも公平です。ただしセンターに隣接するマスに相手のストライクがいるとその数だけアクション数が減ります。このゲームの目的は相手のセンターの6方向を完全に包囲して相手のアクション数を0にしてしまうことです。

すでに何度か遊んでいますが、かなりユニークで面白いプレイ感覚のゲームだと思います。6アクションもあるというのが大胆です。

結果
1戦目:自分 勝利、中島 敗北
2戦目:自分 勝利、中島 敗北
3戦目:自分 勝利、Stew Eucen 敗北



この日は第3部はなく、そのまま夜から蒲田の「ミスボド」に行きました。「オールザウエイホーム」と「フィボナッチ」2回を遊びました。