ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

ゲームカフェぶんぶん 2018.09.26

カルペ ディエム Carpe Diem
(説明 45分 プレイ時間 90分)
CarpeDiem20180926-1.JPGアレアの大箱最新作です。アレア大箱は10-15まで6連続フェルトだったのが、16はプエルトリコのリメイク、17はブルームサービスと続き、今回の18番目で再びフェルトに戻りました。タイトルの「カルペディエム」は日本語では「その日を摘め(この一瞬を大切に)」と訳されている古代ローマの詩人の言葉だそうです。(そういえば、初めてクニツィアにサインしてもらった「メンバーズオンリー」にクニツィアが書いてくれたメッセージも Carpe Diem!でした。ここでは関係ないですが)

ゲームは各自の箱庭ボードに建物などが描かれたタイルを置いていくのですが、建物は2枚以上で完成するものが多く、四方が完全に一致していないと置けないという厳しい条件があります。またボードの端には建物の種類が書いてある列があり、この列をまたいで指定の建物を建てると最後にボーナスになります。タイルはゲームを通して基本的には28枚獲得できます。各ラウンドに7枚ずつで4ラウンド制なのです(他に、追加タイルをもらえるという建物もあります)。

CarpeDiem20180926-2.JPGタイルは4枚ずつ7カ所に置かれておりそれが星型の線で結ばれています。7カ所のどこかにいる自分のミープルを線に沿って動かし、動かした先のタイルを1つ得ます。タイルが残っていなければさらに先に進みますが、残っているならば取らなければなりません。ここで最大の疑問点は、なぜ星型にしたのだろうかということです。円形にして隣のマスに移動するでも本質的には全く変わらないのです。ギークにはさすがにこの点に関する疑問が上がっており、フェルト自身も円形でも問題ないと認めています。星型だと、どこからどこに行くのが近いのかが分かりづらく計画も立てづらいです。

得点決算がちょっとユニークで、あらかじめボードに並んだカードとカードの間に自分のコマを置いて、その両側の2枚のカードを決算します。早い者勝ちであり、この決算カードの並び方をよく見て効率よく得点を取っていかなければなりません。自分はボードの端に書かれたボーナスを全部達成したのですが、この決算カードであまり点が伸びませんでした。

結果:一味 107、シミーズ 91、自分 85、ペガ 83


はまりばカフェ 2018.09.22

前から気になっていた、横浜・高島町にある「はまりば」に行ってきました。ここはゲームカフェなのですが、完全予約制なので、なかなか行きづらかったのです。ここの常連の方に頼んで予約してもらいました。会の正式名称は「横浜ボードゲーム会@はまりばカフェ」というらしいのですが、はまげーの正式名称と同じような名前なので、ここでは単に「はまりばカフェ」とします。400以上のゲームが常備してありますが、さすがに最近のゲームがほとんどのようです。部屋が2つあるのですが、どちらもいっぱいで大盛況でした。



カリバ Kariba (ヘルベチク版)
(プレイ時間 各10−20分)
Kariba20180922.JPG受付のそばのテーブルが空いたので、数人誘ってまずは「カリバ」を遊びました。ルールがシンプルなのに結構悩ましく、とくに上級ルールの補充するカードを表向き3枚か山札から選ぶという方法を使うとゲームが一層悩ましくなります。最近は上級ルールでしか遊んでいません。

結果
1戦目:でんらく 20、しろ 15、自分 11、いっき 8
2戦目:自分 19、いっき 11、しろ 10、でんらく 8



DTC DTC
(プレイ時間 20分)
DTC20180922.JPG続けて、ライアーズダイスのカード版ともいえるDTCです。4人くらいがやはり面白いと思います。途中でチャレンジが起こった4が9枚は、なんとジョーカーなしでの4が9枚でした。すべての4が揃ったことになります。これには驚きました。自分は序盤に引き取ったことが響いたのですが、そのあとはひき取らずに済んで2位。(写真撮り忘れ)

結果:しろ 12、自分 15、いっき 17、でんらく 22



コヨーテ Coyote (ニューゲームズオーダー版)
(プレイ時間 10分)
コヨーテは以前キダルトからバンダナにカードを挿すというコンポーネントで出ていたのですが、その当時を知る人が少なくなり、今はもっぱらニューゲームズオーダー版が幅を利かせています。このバージョンは裏にカード配分が書かれているのでプレイしやすいですね。特に序盤はまだすべてのカードが残っているためにどうしてもかなりあてずっぽうにならざるをえませんが、たまに遊ぶのならばこういうのも良いかもしれません。(写真撮り忘れ)

結果(残りライフ数):いっき 1、自分 1、でんらく 0、しろ 敗北



デクリプト Decrypto
(プレイ時間 115分)
Decrypto20180922-1.JPGこの日たっぷりあそんで印象が残っているゲームのひとつが「デクリプト」です。こちらのキーワードは「羽」「風呂」「トイレ」「言語」でしたが、「風呂」と「トイレ」のヒントが似てしまい、きちんと仲間に伝えるのさえ難しかったです。こちらはなんと2ラウンド目で相手の数字をぴたりと当てて白チップを獲得しリードしたかに思えたのですが、それはただの運であり、そのあとがさっぱりわからず。

Decrypto20180922-2.JPGそこからは警戒したのか、相手チームのヒントが難しく、こちらもうまくチームメイト間の意思疎通ができずに、どちらのチームも1度は味方のヒントを間違えて黒チップを1枚ずつもらうはめになりました。そうこうしている間に、相手チームが2回こちらの数字を当てて勝利。2時間近く、みんなで色々と考えとても楽しめました。

結果 リナ&いっき&ゆーた 勝利(白2黒1)、自分&でんらく&しろ 敗北(白1黒1)



セット Set
最近よく遊んでいる気がする「セット」です。8人くらいで遊びました。今回はあまり多くのセットは取れませんでした。初めて遊んだプレイヤーにはセットの定義をきちんと理解するのが少し難しいかもしれません。(写真撮り忘れ)




ワード スナイパー Word Sniper
山梨で遊んだ以来です。今回は最もベーシックな1枚めくってテーマと頭文字に当てはまる言葉を言うという方式です。ボーダーラインの言葉はみんなで協議するというこの手のゲームにありがちなゆるいルールです。「か」から始まる世界の首都で「カラカス」を誰も理解してくれませんでしたが、もっとメジャーな「カトマンズ」とか「カイロ」とかありましたね。(写真撮り忘れ)




ピココ Pikoko
(説明 15分 プレイ時間 45分)
Pikoko20180922.JPG自分のカードだけ見えないトリックテイク「ピココ」です。少し前に遊んだことがあり、今回が2回目だったので、説明に手間取りました。特に自分以外はトリックテイクが初めてだということですが、「ピココはカードが見えているからリボークもない(フォローできるスートなのにフォローしないことがない)ので初心者向きかもしれない」という会話を思い出し、やってみることにしたのです。でも、トリック数を予想するというゲームなので、やはり初めて遊ぶトリックテイクには向かないと思います。唯一トリックテイクの経験がある自分が、圧倒的に勝ってしまいました。

結果:自分 23、ふみえ 14、百目 12、リナ 5



ロストシティ ライバルズ Lost Cities: Unter Rivalen
(プレイ時間 各65−75分)
LostCitiesUnterRivalen20180922.JPGこの日のメインゲームのもうひとつが、手札がなくカードを競るロストシティシリーズの「ロストシティライバルズ」です。4ラウンドのどの辺りからどれくらい競り落とすべきなのかが難しく、もちろん運の要素も大きいのですが、場札がその運によって圧倒的に有利にならないように、全員で調整していく感じが面白いです。今回は、まず3人プレイ、続けて4人プレイと2回連続で遊びました。

めくるか競りを始めるかの選択が悩ましいです。3人だと、スートによっては4枚達成と握手カード2枚などとできるのですが、4人だとなかなかそうはいきません。またお金がなくなってでも競り落とすべきなのか、1枚でも残して競りを始められるようにするかも、難しいところです。とにかく、3人と4人では、1人あたりのカード枚数やお金などの感覚がかなり異なります。

結果
1戦目:ターサン 63、自分 62、リナ 60
2戦目:オズマ 57、自分 49、リナ 42、ワカ 24



スパイフォール Spyfall
8人で何かを遊ぼうということになり、スパイフォールを提案したら受け入れられました。会話が中心のかなり好きなゲームですが、うまい質問を考えなければならないので、難易度は高めです。全部で3回遊び、それぞれ場所は、ナイトクラブ、宇宙ステーション、そして自動車整備工場でした。そして2戦目は何と自分がスパイでした。このゲームはもう20回くらいはやっているのですが、スパイになったことがこれまで1度もなかったので念願の初スパイです。それにしてもスパイはうまく合わせていかなければならないので難しいことこの上ないですね。南極基地か、宇宙ステーションか、くらいまでは絞れたのですが、「天気は?」と聞かれた質問で自分がスパイだということがバレてしまいました。もう少し早くカミングアウトして場所を指定すればよかった。




ポイズン Poison (アミーゴ版)
最後は、ごいた組とポイズン組に分かれました。自分が持参したアミーゴ版のポイズンで、久し振りに4人で4ディール戦を遊びました。1ディール目でかなり失点を食らってしまい、最後までそれが響いてしまいました。ふみえさんがうまく、前半の2ディールは失点0でしたが、最後にまっつんさんが追い上げました。(写真撮り忘れ)

結果:まっつん 15、ふみえ 16、自分 29、ワカ 30



あまりオープン会などでは見ない人たちがほとんどで、なかなか新鮮な体験でした。また遊びに行こうと思います。写真を撮り忘れることが多く、今回は写真が少なめです。


土嚢の会 2018.09.16

Donounokai20180916.JPG9月の土嚢の会は14人参加でした。季節の変わり目なのか、どうも睡眠不足のプレイヤーが多く、結構途中で昼寝休憩をしているプレイヤーが何人かいました。そういうことがのんびりできるものこの会の良いところだと思います。眠れ、土嚢のように!




レッド Red
(プレイ時間 20分)
Red20180916.JPG最初に集まったのが3人だったので、まずは3人用シリーズを2つほど遊びました。1つ目は「レッド」です。配置ルールで重要なのは、大きいタイルの隣に大きいタイルを置けないというルール、それに小さいタイルに必ず接してなければならないというルールです。そして、自分の色で丸のつながりと、背景のつながりの最大個数の積が得点になります。タイルは全部で6種類あり、任意のタイルを配置できます。3人アブストラクトゲームの欠点は2対1の構造になりやすいことですが、そこがある程度軽減されているのは良いところです。デザインは「シブヤ」みたいで良いですね。

結果:とけい(赤) 80、自分(黒) 63、風来の道化師(白) 49



ブルー Blue
(プレイ時間 35分)
Blue20180916.JPG後述する「ホング」を元にして3人専用に仕立てたゲームです。タイルは3種類あり、それぞれ隣に色がマッチするように置かなければなりません。このあたりは「トラックス」に似ており、置けないところをうまく作って相手に列を作らせないようにしていきます。このゲームは得点システムが問題な気がします。列が10点、丸が1点という大雑把さなので、1の位はタイブレークの意味しかないのですが、差をつけたいならば列の長さによって多少得点を加味しても良かったのではないかと思います。その辺りが惜しいゲームなので、別の得点スキームを考えてみたいです。

結果:自分(灰) 92、風来の道化師(白) 83、とけい(青) 62



クレーム Claim
(プレイ時間 各35−40分)
Claim20180916.JPG久し振りに持ち込んだ「クレイム」です。たいてい4人で遊ぶことが多いのですが、今回は2人と3人で1回ずつ試してみました。何をしたら良いのかが難しいゲームで、下手なタイミングで領地を確保してしまうと自分の勢力が弱まってより大きな領地が得られなくなってしまいます。まだ展開がなかなか読めず、間違ったと思った時には手遅れなことが多いですが、なんとか2戦とも勝ち切りました。

結果
1戦目:自分 59、とけい 49
2戦目:自分 41、ましゅう 39、たいしん 24



デュプロライン Duploline
(プレイ時間 各5分)
Duploline20180916.JPG「デュプロライン」は「デュプロヘックス」を元にした4目並べです。「デュプロヘックス」のルールに加えて、常にすべてのコマが繋がってなくてはならないという「アバンデ」と同様のルールがあり、どのような過程でこのルールが加えられたのかは興味深いところです。もしかして「デュプロヘックス」もアバンデルールを取り入れても良いかもしれません。ヘックス系では「インフェクション」はルール上既にアバンデルールがあるとみなして良いでしょう。まだそこまでやり込んでいないので、なんとも言えないのですが、「デュプロライン」が好きならば試してみる価値はあると思います。

結果
1戦目:自分 勝利、風来の道化師* 敗北
2戦目:自分* 勝利、風来の道化師 敗北
3戦目:自分 勝利、風来の道化師* 敗北



ホング Hong
(プレイ時間 計55分)
Hong20180916.JPG「ブルー」の元になった2人用ゲームで、モアとレスに分かれます。ホングという二頭竜の数をモアは15匹以上、レスは14匹以下にするのが目的です。この15匹という数字はコンピューターで算出したとのことですが、今回は明らかにモアに対して易し過ぎて、佐藤さんは楽々15匹以上になってしまいました。攻守を変えて2回遊びました。佐藤さんがモアで18匹のホングを作ったのに対して、自分はぎりぎり15匹なので、敗北ですね。

結果
1戦目:佐藤(モア) 勝利(18)、自分(レス) 敗北
2戦目:自分(モア) 勝利(15)、佐藤(レス) 敗北



原始の生活 Jäger und Sammler
(プレイ時間 60分)
JagerUndSammler20180916.JPGほぼアブストラクトゲームだと思われる「原始の生活」を多人数用に持ち込みました。前半(夏)と後半(冬)の最初にランダムにタイルを配置するところ以外は運の要素がありません。ただ、後半の開始時にも冬のタイルがランダムに置かれるので、いわゆるランダム配置のアブストラクトゲームよりももう一段階ランダム性が高まっています。

ランダム配置のアブストラクトゲームでは、最初にボードをよく観察することが大切です。しかしゲームが進むにつれてどんどんタイルが減り、無慈悲にも倉庫への道を閉ざされて、気がついたら冬の倉庫には2カ所しか辿り着けなくなってしまいました。武器に固執しすぎたかもしれません。なので後半は自分のコマは2個だけというハンディキャップを負うことになりました。とけいさんはどんどん高得点のマンモスを倒し、冬子さんは装飾品を集めていきます。しかし最後に勝ったのはバランス良く進めていったと思われる一味さんでした。

結果:一味 117、とけい 96、自分 88、冬子 85



フェンドー Fendo
Fendo20180916.JPGゲルハルツシリーズのフェンドーです。何回遊んでもつかみどころがなく、でもあるときから勝敗が見えてくるというなんとも不思議なゲームです。コマをコマでブロックしていくうちに境界線が見えてきて敗北が濃厚になってしまいました。そのまま差を埋められずに7点差負け。

結果:たいしん 28、自分 21



ザイク Zaic
Zaic20180916.JPGこの手のタイル配置では最近気に入っているゲームです。テーブル面に置くときには自分のタイル同士を接することはできませんが、上のレベルでは接することができます。そして上に置くときには相手のタイルを少しでも覆わなければならず、さらにどのタイルも上から見えるようにしなければなりません。この制限が面白く、1x1のタイルは覆われることがないのでなかなか強いです。最後にうまく繋いで1点差で勝利。

結果:自分 12、あやかす 11



メカニクス Mecanix
この会では割と人気がある歯車を使ったゲームです。最初は見落とで勝敗がつきやすいのですが、勝利する形のようなものが今回は少しだけ見えてきました。あやかすさんはこの勝利を確定させる形を作るのがうまかったです。色々と研究する価値があるかもしれませんね。3戦3敗という成績でした。(写真撮り忘れ)

結果
1戦目:あやかす 勝利、自分 敗北
2戦目:あやかす 勝利、自分 敗北
3戦目:あやかす 勝利、自分 敗北



ピラミッド Pyramido
Pyramido20180916.JPG最後はクニツィアの隠れた名作「ピラミッド」です。コンポーネントが木製で運びづらいのが難ですが、ゲームはなかなかよくできています。手番の選択肢がそこまで多くはなく、慣れてくると手詰まりしやすいのが欠点かもしれませんが、相手を手詰まりにするところまで考慮して遊ぶのも面白いと思います。

結果
1戦目:あやかす 勝利、自分 敗北
2戦目:あやかす 勝利、自分 敗北
3戦目:自分 勝利、あやかす 敗北