ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

土嚢の会 2021.01.17

Donou20210117-1.JPG記念すべき第50回目の土嚢の会です。今回は土嚢スペシャルということで、ネスターゲームズ(いわゆる「土嚢」)をほとんどすべて持ち込みました。振り返れば、ネスターゲームズからどんどん新機軸のアブストラクトが出てきたので、それを遊びつくすために始めたのが土嚢の会だったのです。近年は新旧問わずアブストラクトっぽいものを何でも遊ぶ会へと成長し、また様々なテストプレイも盛んで独特の会になっていると思います。

Donou20210117-2.JPGネスターゲームズはこれまで成長を続けていろいろなゲームを出してきましたが、ゲーム制作の材料の供給が非常に困難になってきているということで、これまでのマウスパッドとペンケース(土嚢)でのスタイルはやめてしまうそうです。既に在庫限りという状況になっているので、興味がある方は早めに注文素したほうが賢明です。




モールヒル Mole Hill (ネスターゲームズ版)
(プレイ時間 各15-35分)
MoleHill20210117.JPG2009年に自分がネスターゲームズに出会うきっかけとなった思い出のゲームです(詳しくはエッセンシュピール2009を参照)。元はブラッツから出版されていたもののリメイクです。非対称アブストラクトとして直感的でわかりやすく、意外性もあります。モグラが思ったよりも逃げ回れてしまうのです。なおボードのイラストにもなっているケースのシンボルのモグラはスヌーピーみたいですが、ネスター自身が描いたもののようです。

MoleHillPackage20210117.JPG1戦目はとけいさんと遊びました。お互いにモグラのときは逃げ回って高得点での接戦になりました。2戦目はスコットさんと昼食後「オナガー」の前に遊びました。今度は一転し、お互いにブロックしあって低得点での接戦でした。

結果
1戦目:自分 18、とけい 16
2戦目:スコット 7、自分 6



コンストラクター Constructor
(プレイ時間 20分)
Constructor20210117.JPG準新作で未プレイだった「コンストラクター」を遊びました。各プレイヤー大中小の3種のコマを3個ずつ持ちます。ボードは可変ボード(モジュラーボード)で、先手が提示された3パターンから好きに決められることになっています。大きなコマは中央に穴が空いていて小さなコマがすっぽりとはまるようになっています。

ゲームと通じてこれらのコマを重ねていくのですが、目的は2層以上の高さの塔を多く所有する(一番上のコマのプレイヤーが所有)ことです。手番には空きヘッスクに任意の自分のコマを1つ置くか、既に置かれた自分のコマを隣接するヘックスにある自分か相手のコマの上に乗せるかどちらかです。このとき、小コマは中コマの上に、中コマは大コマの上に、大コマは小コマの上にしか乗れません。一種の3すくみになっています積み上げれば2層以上の塔になりますが、大コマが小コマに乗るときだけは穴のところにかぶせるので高さは増えません。また既に2個のコマが重なっているときは動かせず、単体のコマしか動かせません。

思ったよりも鋭くてなかなか面白かったです。ボードはある程度まとまっている形の方が、最初は遊びやすいと思います。

結果:とけい 4、自分 4(引き分け)



トリット Tritt
(プレイ時間 4ゲーム15分)
Tritt20210117.JPG2009年当時に最初に買った4つのネスターゲームズのうちのひとつ。ルールに欠陥があり、解かれてしまいました(必勝法が見つかってしまいました)。そこで、数年後の2015年に「トリットリローデッド」として新ルールが発表されましたが、まだそのルールで遊んでいませんでした。今回はその新ルールで初めて遊んでみました。

2009年版ルール
手番では配置をするか相手のトリットを1マス(バリアントでは何マスでも)置いた線に沿って動かすかのどちらか。相手の3連を作らずに自分の3連を作れば勝利。

2015年版ルール
手番では必ず配置する。そのあと任意で相手のトリットを何マスでも置いた線に沿って動かせる。置いたことによって3連を作ってはならず、必ず動かして3連を作らなければならない。

1ゲームがあっという間に終わる、鋭すぎるゲームです。とけいさんと4回遊びましたが、見落としをしやすいですね。まずは見落としをしなくなるまでがこのゲームを楽しむための準備だと思いますが、そこまで到達しませんでした。手軽に遊べるので、また試してみたいものです。

結果
1戦目:とけい 勝利、自分 敗北
2戦目:とけい 勝利、自分 敗北
3戦目:自分 勝利、とけい 敗北
4戦目:自分 勝利、とけい 敗北



Lunch20210117.JPG昼食はオムライスです。スープとサラダも付いていて美味しくいただきました。




オナガー Onager

(プレイ時間 15分)
Onager20210117.JPG投石機をモチーフにしたゲームで、のちの「ボールト」などの元になっています。相手の上に乗れば連続ジャンプができますが、これを利用するのは結構テクニカルで難しいですね。うっかりしているとあっという間に攻められて終わってしまいます。この等距離ジャンプのメカニクスはあまり使われていないと思うので(「ビラボング」くらいか?)、まだまだ今後の発展がありそうな気がする分野です。

結果:自分 勝利、スコット 敗北



羊と犬と狼 Sheep, Dogs and Wolves
(プレイ時間 40分)
SheepDogsAndWolves20210117.JPGかなり好きなタイル配置ゲームです。自分が持っているのは初版でイラストがかなり怪しいのですが、そこがまた良いですね。これも前後戦で羊と狼になって戦う非対称アブストラクトです。タイルの配置が意外とトリッキーです。

結果:自分 15、スコット 11



フナファテフル Hnefatafl
Hnefatafl20210117.JPGスコットさんが興味を持ってくれたので久し振りに遊んでみました。ノルウェイでは結構おみやげ屋さんなどで見かける伝統ゲームです。特定のマスをコマの代わりにして相手を挟むのに使えるというルールが良いですね。思っていたよりもずっと面白かったです。ネスターゲームズからは、「バックギャモン」「ドミノ」「チェス」「チェッカー」「将棋」「碁」「ラスカ」など、結構伝統ゲームが出ていますが、これらも無くなってしまうのは残念です。

結果:自分(白) 勝利、スコット(黒) 敗北



カバとワニ Hippos & Crocodiles
Hippos&Crocodiles.JPG息抜きに手軽なタイル配置ゲームです。これも非対称ゲームですね。自分のコマだけが置けるように、うまく配置していくだけなのですが、なかなか考えます。既に「バッファロー」という拡張がありますが、もうひとつの「マラボウ」という拡張がもうすぐ手に入るので、いろいろな組み合わせで遊んでみたいものです。

結果
1戦目:自分 勝利、スコット 敗北
2戦目:スコット 勝利、自分 敗北



六目並べ Connect 6
Connect6-20210117.JPG最後はエサさんと「六目ならべ」です。ネスターゲームズの碁盤を使って遊びました。先にどちらかが3勝するまでやろうということになったのですが、4戦が終わった時点で1対3で自分の負けでした。エサさんは強い!

結果
1戦目:エサ 勝利、自分 敗北
2戦目:自分 勝利、エサ 敗北
3戦目:エサ 勝利、自分 敗北
4戦目:エサ 勝利、自分 敗北



これで第50回目は終了です。上記以外にも「ヴォロー」「ジンリー」「バトルフォーオリンパス」などいろいろなネスターゲームズが遊ばれていたようです。1月8日から2月7日まで緊急事態宣言が出ていることもあり、またそれが恐らくは延長されるので、次回は未定です。3月に再開できれば良いなあ。


静岡ボードゲーム合宿 後編 2021.01.10-11

3泊4日の合宿レポートの後編です。
=============================================================

1月10日(日曜日)

斜釘(チェーテン) Che Deng
(プレイ時間 45分)
CheDeng20210110.JPGこの日は早めの昼食を近くの手打ちそばに食べに行くということで、それまでの時間つぶしに朝からドミノを使った「チェーテン」の4人プレイです。2日前に3人で遊んだときは自分のドミノを使いましたが、今回はフォルテさん所有のドミノです。自分のは中央に釘(スピナー、ピボットとも言うらしい)が付いており、フォルテさんのには付いていません。ない方が遊びやすいと思いますが、付いている理由は何だろうと調べてみると、ドミノの表面と裏面を繋ぐ役割をしていた釘の名残りであり、表面を傷つけないためについているという説もあるらしいです。

それはともかく、「チェーテン」は4人の方が3人よりも数段面白かったです。4人専用と言っても良いかもしれません。

結果:たっくん 18、武井 14、フォルテ 1、自分 -33



Ikkyu20210110.JPGフォルテさんお勧めの蕎麦屋で、この合宿初めての外食。久し振りに素晴らしく美味しいそばを食べました。




ラインレンダー Rheinländer (パーカーブラザーズ版)
(説明 20分 プレイ時間 80分)
Rheinlander20210110.JPG最近、面白さがわかってきた「ラインレンダー」を4人で遊びました。今回は自分は割と早く司教を獲得しましたが、それをあまり活かない手札です。さらに砦で効果的に防御されてしまい、また合併させようとしていた2つの公国もカード運に見放されてしまいうまくいきません。そうこうしているあいだに、4点の都市を取り合っていたフォルテさんと武井さんが1位と2位という結果になりました。今度は5人で遊んでみたいものです。

結果:フォルテ 47、武井 44、自分 41、たっくん 35



TentSauna20210110.JPGここで、イズナさんが用意してくれたテントサウナを体験しました。思っていたよりもずっと本格的でびっくりしました。ちゃんと薪を使って石を温め、そこにロウリュウと言って水をかけて蒸し風呂状態にします。テントも専用の材質で作られています。限界まで熱くなった後、外に出て水をかけてから、インフィニティチェアに座るとなんという極楽! これは素晴らしい。

Dinner20210110.JPGその後は再びビリヤードで遊びました。フォルテさんと8ボールを何度か、そのあとたっくんも加わってカットスロートで締めました。

朝はバナナ、夕食はパスタというのが自分のメニューで、この日の夕食もこの合宿4度目となるパスタです。さすがにトマトソースに飽きてきたので武井さんに柚子や三つ葉をもらって、缶詰の帆立貝のパスタです。




カンガルー Kang-a-Roo
(プレイ時間 2戦20分)
Kang-A-Roo20210110.JPG夕食後は、手軽な「カンガルー」を遊びました。このゲームはプレイヤーによってかなりリアクションが異なるという、ある種実験的なゲームですが、今回はあまり受けが良くなかったです。元の「クマさんグミ」の方が色数が少なくて良いのですが、今回は6人で遊べるということでこちらを持ってきました。しかし、11色というのはやはり多過ぎかもしれませんね。

結果(2戦合計):イズナ 9、たっくん 8、自分 5、武井 0



ペッパー Pepper (FXシュミット版)
(説明 5分 プレイ時間 4ディール30分)
Pepper20210110.JPG6人でできるトリックテイクということで持ってきた「ペッパー」です。実際には今回のように4人くらいが面白いのかもしれません。マストフォロー、トランプなしですが、各スートの最低ランクである1はペッパーと呼ばれ、これだけは自分の前に常に公開しておきます。トリックで獲得したカードにペッパーが入っていたら、やはり表向きに自分の前に公開しておきます。最後に、ペッパーを持っているスートがすべてマイナス1点となる(ペッパーカード自身はマイナス2点)なので、最後までペッパーを持っていなければ良いのですが、思っていたよりも難しく、4ディール勝負後には最下位でした。これはなかなか悔しい。

結果:イズナ 10、たっくん 18、武井 27、自分 35



フィジー Fiji
(説明&プレイ時間 50分)
Fiji20210110.JPGこの合宿最後のゲームは、たっくん持ち込みの「フィジー」です。毎ラウンドカードによってルールが決められ、そのルールの組み合わせを考えた上で握り競りをするのです。ルールは握った石が多いと(少ないと)、何かを得る(失う)といったものです。面白いアイディアなのですが、なにしろタイになったり宝石が足りなくなって変換のルールを実行できないというケースが多いのが、とても残念なところです。もう少しタイになったときのうまいルールがあれば、かなり面白いゲームになったのではと感じます。惜しいゲームです。

結果:たっくん 9、自分 7、武井 6、イズナ 5



=============================================================

1月11日(月曜日)

Unasuke20210111.JPG翌日は朝食と掃除のあと、荷造りをしてみんな出発。途中に立ち寄った、フォルテさんおすすめの鰻屋「うな助」が絶品でした。

MtFuji20210111.JPG帰路はたっくんを乗せて、東名を通って帰宅。富士山が綺麗でした。


静岡ボードゲーム合宿 前編 2021.01.08-09

DiningRoom20210111.JPGフォルテさんに誘われて、彼の別荘に4人でお邪魔しました。この企画は去年の4月や8月にもあったのですが、Covid-19の影響で延期が重なり、漸く今回小規模に開催することになったのです。奇しくも首都圏に2度目の緊急事態宣言が出た日なのですが、山間部で他人との接触が皆無な場所だということもあり参加しました。なお、感染対策のために食事はすべて個別です。直前まで合計6人の予定だったので、6人のゲームを多く持ち込んだのですが、実際には5人になり、そしてボードゲームよりはビリヤードやテントサウナが主役でした。

=============================================================

1月8日(金曜日)


Morikakegawa20210108.JPG往路は西湘バイパス、箱根峠、新東名経由で森掛桜インターチェンジで降りて山間部に入ります。夕方過ぎに到着し、先に着いていたフォルテさんとたっくんに合流します。別荘は素晴らしく広く綺麗で、薪ストーブでちょうど部屋が暖まった頃でした。別世界です。日が暮れてから、3人で幾つかゲームを遊びました。




チェーテン(斜釘) Che Deng (ドミノ使用)
(説明 5分 プレイ時間 30分)
CheDeng20210108.JPGこの合宿で最初のゲームは、たっくんの提案で「チェーテン」です。「天九牌」は持ってきてないなあと思ったら、ドミノで代用するとのこと。「カンテット」でも遊ぼうかと数年前にコルドバで購入したドミノを持ってきていたのですが、まさかこれで「チェーテン」を遊ぶことになるとは思いませんでした。たっくんによれば、ドミノの方が対称的なのでわかりやすいそうです。チェーテンは天九牌の非対称性を活かしたゲームだと思っていたので、この意見は意外でしたが、タイル構成がわかりやすいというのは一理あります。今回は3人だったのですが、3人だと同じ数字で攻めづらいので、4人の方が良いのではと思います(翌々日4人で遊びました)。

結果:フォルテ +28、たっくん +7、自分 -35



バックギャモン Backgammon
(プレイ時間 115分)
Backgammon20210108.JPG「バックギャモン」好きのたっくんと遊ぼうと思って持ち込んだ簡易セットです。色鉛筆の缶ケースのような形態で、コマはマグネットです。ダブリングキューブがなかったのでドミノで代用して7点勝負をしました。

非常に白熱した展開で、一度は6対2まで引き離してあと1点というところで、たっくんに追いつかれて6対6の同点。最後に勝利して1点差で勝利しました。とはいえ、たっくんからときどきアドバイスをもらっていたので、次回はアドバイスなしで真剣勝負をしましょう。

結果:自分 7、たっくん 6



ナインティーナイン Ninety-Nine
(プレイ時間 70分)
Ninety-Nine20210108.JPGこの日の締めくくりはトランプを使った3人用傑作トリックテイクの「ナインティナイン」です。規定通りの9ディール戦を行いました。2人ともトリックテイクの経験はかなりあると思っていたのですが、ビッドした通りのトリック数を取るというのがやはり難しかったようです。自分は3ディール目でデクレアをして成功。しかし7ディール目でのデクレアは失敗です。失敗したのはこの7ディール目だけで、あとはすべて宣言トリック数を取れたので、調子が良かったのだと思います。

結果:自分 218、たっくん 138、フォルテ 125

=============================================================

1月9日(土曜日)


PoolTable20210109.JPGフォルテさんの別荘は、離れにビリヤード台があります。お昼くらいまでは、3人でビリヤードをして楽しみました。自分は3人のときは3人で遊ぶ8ボールみたいなゲームのカットスロートが好きなのですが、日本ではあまりメジャーなゲームではないのかもしれません。ナインボールのバリアントであるファイブ&ナインというのを遊びました。5番が1点で9番が2点、サイドポケットだとそれぞれ2倍の得点になるというルールです。途中でイズナさんが到着し、そこからは4人で楽しみます。自分が12点で勝利。




ウィナーズ サークル Winner's Circle (ダイスツリー版)
(説明 10分 プレイ時間 110分)
WinnersCircle20210109.JPGここで武井さんも到着し、5人で「ウィナーズサークル」の豪華版を遊びました。ロイヤルターフも遊べるのですが、色の不一致の問題があるので、ウィナーズサークルルール(つまりランダムな馬が毎ラウンド7頭登場する)で遊びました。こちらのルールで遊ぶ分にはプレイアビリティーの問題はありません。第1、第3レースはかなり癖のある馬が登場して盛り上がりましたが、第2レースはどの馬も似たり寄ったりでいまひとつだったのですが、そうした偏りも含めて楽しめれば良いのだと思います。それでも1回で20も進む馬が勝ったりと、博打気分を味わえました。

結果:イズナ 1950、たっくん 1850、フォルテ 1450、自分 1400、武井 900



オリフラム Oriflamme
(説明 20分 プレイ時間 35分)
Oriflamme20210109.JPG続けて「オリフラム」というカードゲームです。全員同じデッキを持ちその中からランダムに手札が決まります。どのカードにも特殊能力があるので、それらを把握しないと楽しく遊べません。ちょうど眠気が最高潮になってしまい、途中でうつらうつらしながら遊びました。申し訳ない!

結果:フォルテ 16、武井 13、たっくん 13、自分 11、イズナ 10



ブラック ウィーン Black Vienna
(プレイ時間 各60-70分)
BlackVienna20210109.JPGフォルテさんの提案で「ブラックウィーン」を遊びました。メモの取り方がすべて、というような推理ゲームです。途中でメモの内容に矛盾が現れてしまい、こうなったら仕方がないと、最初にチャレンジして脱落。その後、武井さん、フォルテさんもチャレンジして失敗しましたが、4番目にチャレンジしたイズナさんが見事勝利。これでは納得がいかないとリマッチの2回目を遊びました。今度はなんと全員脱落で終了でした。このゲーム、こんなに難しかったっけ?

結果
1戦目:イズナ 勝利(自分、武井、フォルテ この順で脱落)
2戦目:全員脱落(たっくん、自分、フォルテ、イズナ、武井 この順で脱落)



後編に続く