ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

すごろくや祭 2018.08.05

すごろくや祭というイベントに行ってきました。物販ありプレイスペースあり講演会ありと盛りだくさんで午後には帰る予定でしたが結局最後まで遊んでしまいました。なお読み方は「すごろくやまつり」ではなく「すごろくやさい」だそうです。特徴的なのは「どこでもスツール」という段ボール製の持ち運びやすい折りたたみ椅子で、これをテーブルに持って行ってゲームをしたり、講演会場に持って行って拝聴したりします。結構丈夫だし良いアイディアだと思いました。



うんちしたのだぁれ? Who Did It?
WhoDidIt20180805.JPG「うんちをしたのは誰ですか?」「わたしのxxではありません。誰かのyyではないですか?」という言い回しが特徴的なゲームです。全員同じ組み合わせの動物のカードを持っており、スタートプレイヤーが、まずカードを1枚出しながら「うんちをしたのは私のxxではありません、誰かのyyではないですか?」と言います。そうしたら、そのyyの動物をいち早く手札から場に出し「私のyyではありません、誰かのzzではないですか?」というように、しりとりのように続けていくのです。手札を出し切ればあがりです。誰も指定した動物を持っていなかったら責任の押し付けに失敗ということで負けになります。3回負けたら終了です。ひがさんが3回連続で負けてしまいました。しりとりっぽいところがリアルタイムごいたという感じもします。

結果:ヒガ 3連敗で敗北



デュクリプト Decrypto
Decrypto20180805.JPG2チームに分かれて相手チームの4つの言葉を推測するゲームです。あらかじめ1−4番まで言葉が与えられ、プレイヤーはそのうち3つの言葉のヒントを決められた順に言います(ルール上は歌を歌ったりしても良いみたいです)。この、決められた順に、というところがこのゲームの肝となるメカニクスです。例えば2−1−4というカードを引いたら、ヒントを与えるプレイヤーは2、1、4番の言葉に対するヒントをその順に言います。そして相手チームは言葉そのものを当てるのではなく、そのヒントに該当する番号を当てるだけで良いのです。ゲームが進んでいくと、相手チームの1−4番の言葉に対するヒントがどんどんと溜まっていきます。それをもとに、推測するというのがなかなか難しいのです。また、自分のチームのプレイヤーもヒントがどの番号の言葉に対応するかをきちんと当てなければなりません。そうしないとペナルティーがつきます。つまり、ヒントは相手チームには分からないように難しくしたいのですが、難しすぎて自分のチームがわからないとだめというわけです。面白かったので、ルクソールをプレイした後にも遊びました。1回目はルールが結構グダグダで心配でしたが、2回目はボードゲーム王メンマ氏により、ちゃんとしたルールで遊べてよかったです。連想ゲームは様々な形態がありますが、こういうやり方もあったのか、と思わせるゲームです。




ルクソール Luxor
(説明&プレイ時間 80分)
Luxor20180805.JPGこの日遊んだ中では一番本格的なゲームで、ちょっと「ケルトスパイラル」に似ている感じがします。SdJノミネート作品ということで期待が高まります。手札は5枚ですがボーナンザのごとく順番は変えられません。でも選択肢があって両端のどちらかのカードをプレイできます。そして補充は真ん中にするというわけです。プレイしたカードの数字に従って自分のコマを進めます。マスに置かれたタイルは獲得するのに必要なコマの数が書かれており、うまく自分のコマをその数だけ到達させるように計画を練らなければなりません。カードだけではなくときにはダイスを振ることもあります。また特殊カードには強いものも多く、これらをうまくつかってコマをワープさせたり一斉に進めたりするのが大切です。ファミリーゲームっぽさはあるのですが、結構ルールが多くて細かいところはメンマさんがチェックしてくれました。会場のプレイスペースのテーブルが足りなくなって、廊下に出したテーブルで遊びました。空調の効きが悪いので、メンマさんは暑くて体調を崩していたみたいでした。そんななかでルール確認をきちんとしてくれてありがたいです。序盤から堅実にきっちりとタイルを集めたミロさんが勝利しました。

結果:ミロ 80、ハイバラ 77、自分 67、メンマ 55



ウェディンゴの怖い話 The Legend of the Wendigo
LegendOfTheWendigo20180805.JPG誰か1人が魔物ウェンディゴ役となり、ボーイスカウトやガールスカウトの少年少女たちの誰かに取り憑いて次々に人を食べていく、というゲームです。まず、他のプレイヤーが目を閉じているあいだに、テーブルに散らばったスカウトの1人を魔物と入れ替えます。表向きは全く同じですが、裏側には魔物の絵が描かれています。そして、他のプレイヤーが場所を覚えたあと、ウェンディゴプレイヤーはまたみんなが目を閉じているあいだにスカウトの1人を除去します。そしてそれをカモフラージュするように、魔物を動かしても構いません。このあと、他のプレイヤーは目を開けでどれが魔物かを記憶から推理します。めくって当たればウェンディゴの負け、外れたらウェンディゴは再びスカウトを食べていきます。こうして一定人数を食べたらウェンディゴの勝ちです。

ちょっと懐かしい感じがするゲームです。あだちのYEAH!のあだちさんが楽しく教えてくれました。パーティーゲームとしては面白いのではないでしょうか。ウェデンゴ役をやるのが面白いです。自分がうまくウェンディゴで勝てて嬉しかったです。




SugorokuyasaiTalk20180805.JPGこのあとはドロッセルマイヤーの渡辺氏やゲーム婚活の専門家というニシヤマエリカ氏の講演を見に行ったり、参加した色々な方と雑談したりが主でした。ゲームマーケットとはまた違った良さがあり、楽しめました。

結局最後まで知人友人とお喋りをしながら残っていました。楽しいイベントなので、また来年もあると良いですね。


ディアシュピール 2018.08.03

なつのたからもの Zirkus Flohcati: Japanese Edition
(プレイ時間 各10分)
Natsunotakaramono20180803.JPGまず手始めに「なつのたからもの」を遊びました。まここさんは手札がそもそも9枚なのに10枚あがり宣言をするというお茶目ぶり。まったくどうなっているんだい! でも確かに10種類あるかどうかを確認するのがこのゲームは以外と大変なのですよね。1戦目は勝ちましたが、2戦目は欲張ってトリオを揃えかけている途中で終わってしまい、最下位でした。

結果
1戦目:自分 65、まここ 51、ハラペコ 43、なると 28
2戦目:なると 57、まここ 44、ハラペコ 43、自分 42



ポイズン Poison (プレイルーム版)
(説明 10分 プレイ時間 40分)
Poison20180803.JPGちょっと久し振りのポイズンです。店に常設してあるのは今では珍しいプレイルーム出版の初版で釜がついています。カードの裏も毒々しい蛍光緑色です。そしてボックスアートはクニツィア。4ディール戦です。ハラペコさんが上手く立ち回って、最初の3ディールまで4+0+0=4失点のみ。自分を含めた3人は前半まで横並びでしたが、ここから差がついて自分が2位になりました。やはり4人ポイズンは最高ですね。

結果:ハラペコ 11、自分 25、まここ 34、なると 38



オロンゴ Orongo
(説明 10分 プレイ時間 70分)
Orongo20180803.JPGこの日のメインディッシュは陣取と競りの融合「オロンゴ」です。1ラウンド目で7つ握って山を獲得し、2ラウンド目は空ビッドをして回収するという、割りとありがちな手段でスタートを切ります。そのあとも勝ちたくない競りで1位になったり空ビッドがバッティングしたりと、相変わらずの面白さを楽しみつつ、最後には綺麗に競りで1位をとって逃げ切りました。みんな、ほぼモアイを立て尽くしており、僅差でした。

結果:自分 0(勝利)、なると 0、まここ 0、はらぺこ 1



マネー Money (ゴルトジーバー版)
(プレイ時間 10分)
Money20180803.JPG最後は交換ゲームの「マネー」です。一種の競りですが、4人で6種類を奪い合うのはなかなか難しいです。最初に同種通貨20の3枚組(つまり100点)が場に出て、思わず高くビッドしたのが後まで響いてしまいました。

結果:ハラペコ 590、まここ 450、自分 380、なると 340


BGの集い 2018.07.29

山梨で桃を食べながらゲームをするという魅力的な企画に参加しました。往路はあすまーさんが同乗。途中のサービスエリアでアイスクリーム休憩を挟みつつ、順調に山梨市に向かいます。目的地を勝手に「夢わーく山梨」だと勘違いして到着したものの誰もいません。ちょっと焦りましたが、すぐに正しい場所である、山梨市民会館が見つかってよかったです。



ビッグ ファイブ Big Five (クワークルトラベル版 Qwirkle 使用)
(プレイ時間 30分)
BigFive20180729.JPG「クワークル」のトラベル版で代用し始めてからプレイ頻度が上がっている「クニークル」こと「ビッグファイブ」です。点数をつける煩わしさがなく、またカードではなくタイルなので残りが何枚なのかがわかりやすいのも良いですね。4人だと1回だけパスしてタイル交換に使おうかどうかという感じで、あまりパスはできません。

結果
1戦目:あすまー 0、自分 3、きめろう* 5、ワタル 8
2戦目:自分 0、あすまー* 2、ワタル 4、きめろう 8



トリオビジョン マスター Triovision Master
(プレイ時間 5分)
TriovisionMaster20180729.JPGボード上には3色3種類のコマがあります。どれかひとつを動かしてカードに示されたパターンと同じにするというリアルタイムのスピードゲームです。本来は10回先取みたいですが、今回は3回で終了としました。早解きパズルとしては可もなく不可もなくといった感じです。

結果:自分 3(勝利)、ワタル 2、あすまー 0、きめろう 0



マーズ オープン Mars Open: Tabletop Golf
MarsOpen20180729.JPG火星でのゴルフというよくわからない設定のゲームです。ボールは球体ではなく、正方形の紙の四隅が互い違いに折られているものを指で弾いて使います。紙なので耐久性が気になるところです。上手く弾くと結構高く遠くまで飛びます。ただ、それ以上の工夫はなく、一応障害物などいくつかあってコースがいろいろできるようになっているのですが、リプレイアビリティーが気になるところです。きめろうさん、ワタルさん、あすまーさん、よしさん、ぽんずさんと自分の6人でプレイ。

結果:不明



DTC DTC
武井さんがDCT未プレイということで3人で遊びました。ビッドが熱く、2が6枚のあと3が6枚、そして1が7枚とくるくる数字が変わります。最高は2が14枚でした。経験の差もあって自分の勝利。

結果:自分 9、武井 17、あすまー 40



カリバ Kariba (ヘルベチク版)
(プレイ時間 2ゲーム20分)
Kariba20180729.JPG主催のちくわさんを交えて「カリバ」の新版を遊びました。手軽ながらも結構考えさせられるゲームで、でも結局考えても仕方がないような不思議なゲームです。2戦目はちくわさんと交代してりなさんが加わりました。自分はそれぞれ1位と最下位になりました。このゲーム、カウンティングをすればもっとうまくプレイできる気がしますが、なかなかそこまでするのは難しいので感覚に頼ってしまいます。

結果
1戦目:自分 20、ちくわ 15、あすまー 12、げんちゃん 3
2戦目:げんちゃん 11、あすまー 12、りな 13、自分 14



ゼロ Zero (テンデイズゲームズ版)
(プレイ時間 35分)
Zero20180729.JPG5人で「ゼロ」です。ウィドウが6枚だけなので、ほとんどのカードはプレイヤの手札のどこかにあります。そういうこともあり、5人の方がゼロが狙いやすい気がします。今回は1ディール目と3ディール目にゼロ宣言をして、3ディール終了時は9点とトップでした。ところが4ディール目で大量失点の25点が来て一気に沈没。結果的には最下位タイでした。やはり人間は欲張るとダメですね。

結果:こだ 23、あすまー 33、りな 35、きた 37、自分 37



ワード スナイパー Word Sniper
WordSniper20180729.JPG3種類のゲームが入っており、それぞれ1回ずつ計3回遊びました。1戦目はおそらく一番オーソドックスで面白いと思われる「ワードインスピレーション」です。カードは表がひらがな1-2文字、裏がカテゴリーになっており、デッキから1枚めくって表向きになったひらがなから始まる単語で、あらたにデッキの一番上になったカードのカテゴリーに当てはまる単語をいち早く考えて宣言するのです。いろいろと想像力が刺激されます。りなさんが非常に強く、圧倒的な1位。自分とusalapbitさんが2位タイでした。

2戦目はタイトルにもなっている「ワードスナイパー」で、難易度は高めです。場に文字のカードを次々と出していき、それらの文字を組み合わせてカテゴリーに当てはまる単語を作ります。難しすぎて場が膠着してしまいます。

3戦目は「ワードインスピレーション逆」です。1戦目と基本的には同じですが、ターゲットが多数あるマルチターゲットという遊び方です。これは「ワードインスピレーション」よりも易しいはずですが、カテゴリーが複数あるがゆえに気が散ってしまい自分は苦手でした。

結果
1戦目:りな 26、自分 17、usalapbit 17、あすまー 9、こだ 6
2戦目:あすまー 14(勝利)、他不明
3戦目:不明



ブードゥー プリンス Voodoo Prince
(プレイ時間 2ディール20分)
VoodooPrince20180729.JPG最後に時間の都合で2ディールだけプレイ。ちょっと消化不良ですが、初プレイの方へのお試しプレイなので、目的は達成です。久しぶりに20点と高得点(つまり1ディールあたり10点以上)なのでこのまま続けたかった!

結果:自分 20、Claves 19、なまりーぬ 16、こだ 11、あすまー 8



このあとは、ちくわさんが取りまとめて数人でほうとうを食べに行きました。半人前ならば、結構食べられるものですね。ゲームの合間に食べたたくさんの種類の桃も、とても美味しかったです。帰路は、りなさんとOhashiさんが同乗し楽しくおしゃべりしながら神奈川まで戻りました。