ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

シネマアミーゴ ゲーム&ランチ 2015.02.17

Lunch20150217.JPGこの日のゲームとランチの会は、Yさんが友人を連れてきてくれました。その他にもイヅさんや琢磨さんの友人も参加してくれてにぎやかになりました。ランチは「鰯とトマトのスパゲッティ」です。




アール エコ R-Eco (アミーゴ版)
(説明 10分 プレイ時間 各25−30分)
R-Eco20150217.JPG結構久し振りに遊ぶ、カワサキさんのリサイクルカードゲーム「アールエコ」です。初期の手札枚数やらバーストの枚数やらを忘れていましたが、ルールを見て思い出しました。それくらい久し振りだったのですが、しみじみと良いゲームですね。カードのプレイと場からのドラフトが繋がっているのが良いです。アミーゴ版はカードも多めで、シャッフルの回数も少なくて済みます。好評で2回遊びました。2回とも不法投棄をしたプレイヤーがそれを上回る得点を取って勝つという展開でした。

結果
1戦目:Yさん 11、Oさん 7、琢磨 7、自分 5、イヅ 3
2戦目:自分 11、琢磨 4、山中 2、Yさん −1、Oさん −2



マスターズ ギャラリー Masters Gallery (小箱版)
(説明 10分 プレイ時間 35分)
MastersGallery20150217.JPG少し本格的なゲームということで、ボードゲームとカードゲームの中間くらいのボリュームの「マスターズギャラリー」です。シネマアミーゴに常備してあるものを開封しました。少々の特殊能力があるものの、基本的にはカードを出していくだけなので敷居は高くないです。正式なカードの追加ルール「既に自分が出した画家につき追加で同じ画家を1枚」で遊びました。ゴッホ(クリプトにあたる)が大人気で追加の2点チップが3枚も乗るという展開になりました。初プレイのOさんが、ゴッホに助けられての大勝利です。

結果:Oさん 103、琢磨 92、自分 92、山中 88、Yさん 50


ミスボド 2015.02.14

この日のミスボドはオロンゴ三昧でした。久し振りにPOQで以前良く遊んだJackさんに会いました。



オロンゴ Orongo
(説明 5分 プレイ時間 各45−55分)
Orongo20150214.JPG主催の秋山さんに紹介されてシガさんと一緒にまず1回、その後、初心者の方と1回、さらに久し振りに会うJackさんらと2回と計4回も遊んでしまいました。3人よりも4人の方が面白いと思います。イワイシさん、とりのみさん、客商売さんがそれぞれ1勝し、自分は1回しか勝てませんでした。勝負に出るタイミングを見極めるのが難しいですね。2位なら勝てたのに(1位になってしまい貝が無くなった)なんてこともやはりありました。それにしても競りと陣取りの融合は素晴らしいですね。こういうゲームがもっと出ないものでしょうか?

1戦目:イワイシ 0(勝利)、シガ 0、さつき 1、自分 1
2戦目:とりのみ 0(勝利)、たくや 0、自分 0、水穏 2
3戦目:自分 0(勝利)、Jack 1、みつ 2、さつき 2
4戦目:客商売 0(勝利)、自分 0、みつ 1、Jack 3



エクストラ Exxtra
(プレイ時間 15分)
Exxtra20150214.JPG手軽なダイスゲームということで持ち込みました。3回振ったらバーストの確率は半分以上なので、あまり振り直しをせずに慎重に進みます。4人くらいがやはり一番面白いのではないかと思います。ついつい振り直しをし過ぎるとあっという間に最下位になってしまいます。

結果:Jack 21、自分 16、みつ 13、客商売 12



アブルクセン Abluxxen
(プレイ時間 4ディール65分)
Abluxxen20150214.JPGJackさんも好きだと言う「アブルクセン」です。4ディール中、Jackさんが2回、自分が2回あがりましたが、あがったのにJackさんの方が点数が高いということもありました。最後には20点以上の大差を2位に付けてJackさんの勝利。うまいですね!

結果:Jack 73、自分 52、KI 47、みつ 36



ラー Ra (アバクス・リオグランデ版)
(プレイ時間 50分)
Ra20150214.JPG最後はちょっと久し振りの「ラー」です。競りが始めてでも割と遊び易いのが長所です。今回はJackさんが2ラウンド目で最後の1人になってから引きまくり放題で、2枚の太陽チップで16枚のタイルを獲得しての圧勝となり、少々興醒めでした。まあこういう展開もありますね。

結果:Jack 58、客商売 43、自分 38、みつ 19、KI 9



体調が良くなかったので2次会以降は欠席しました。また来月!


アールヌーボーの会 2015.02.12

工房の錬金術師 Alchemists
(説明 30分 プレイ時間 120分)
Alchemists20150212-1.JPGipad/iphoneを使った推理ゲームです。8種類の物質について赤青緑の要素がそれぞれプラスかマイナスかが割り当てられています。たとえば赤と青がプラスで緑がマイナス、といった具合です。2種類の物質を掛け合わせると要素が一致する色がでてきます。もし2つの要素が一致したときには要素の大きさが大小の組み合わせのものになります(それぞれの要素は大と小の2種類があります)。これは2枚の物質カードをipadでかざすことで答えを教えてくれるというもので、他のプレイヤーは答えだけを見ることができます(それにどんな意味があるのかは分かりませんが)。

Alchemists20150212-2.JPG基本的にはこれらの物質の要素を推測していくことで、得点を得ます。その途中にお金を得たり、特殊カードがあったりなど非常にこってりした味付けがしてあります。

推理の部分は8種類しか物質がないこともあって、ゲーム終了までにはすべて割り出せてしまいます。推理ゲームとしてはちょっとパンチが足りないと思います。また、せっかく3つの要素があるのだから、2つが合致したときは3種類目が現れるというような工夫があっても良かったのではと思います。この物質と要素の部分だけはシミーズさんから以前聞いており、面白そうだなと思ったのですが、実際はそうでもありませんでした。

Alchemists20150212-3.JPG自分はひたすら物質カードを集め、実験を繰り返して、その成果を発表するということを繰り返し、面倒そうな特殊カードはまったく無視したのですが、勝ってしまいました。

Alchemists20150212-4.JPG発想自体は悪くないしipadでの判定など新しい部分もあるのですが、とにかく不要な要素が多すぎるゲームだと思います。特に現金を得るというマスで、それぞれが0−3のカードを出して比べるなどというのはまったく蛇足に思えます。もう少し推理の部分を難しくして他を削ぎ落とせば良いのではないでしょうか。

ちなみに、最後の写真はipadを使わないで審判役を1人が担当するときに使うボードです。

結果:自分 43、シミーズ 39、タロ吉 29、ペガ 25



ペアーズ Pairs (ゴブリンポーカー Goblin Poker)
PairsGoblinPoker20150212.JPG前回のミスボドの4次会で一味さんに2人用を教えてもらった「ペアーズ」です。今回は多人数用で一番面白いと言われている「ゴブリンポーカー」を遊びました。全員手札から1枚裏向きに出してそれらを交ぜて、全員に配ります。それを繰り返し、同じ数字が2枚揃ったら脱落というわけです。脱落する前に降りることもできます。その方が支払いが少ないのです。よって自分の手札を見つつ、相手のカードを見つつ、留まったり下りたりするのです。

決して悪くはないものの、そこまで斬新というわけではありません。

結果:ひだり(勝利)



パンでさよなら! Pan T'es Mort
(プレイ時間 各5分)
PanT'esMort20150212.JPG前半はハゲタカの餌食、そして後半は坊主めくり、といった感じの手軽なカードゲームです。夜遅かったので結構楽しめました。手番には1枚カードをめくるだけです。それが「パン!」と書かれたピストルなら脱落です。単純ですね。まだ生き残っている人数分だけカードを捨てればパスできます。また1枚捨てればシャッフルできます。そういう軽いゲームです。

2回遊びました。はげたかの部分で結構カードを得たものの、欲張ってカードを温存しようとして脱落したりと負けてしまいました。今日の一番の傑作はこれかもしれません。

結果
1戦目:タロ吉 1位、ひだり 2位、彼葉 3位、ペガ 4位、燃素 5位、自分 6位
2戦目:不明