ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

アールヌーボーの会 2014.12.09

シネマアミーゴのあと、ジェリージェリーカフェに行きました。タロ吉&シミーズさん主催のアールヌーボーの会です。



ヘルウィグ Hellweg Westfalicus
(説明 20分 プレイ時間 55分)
Hellweg20141209.JPGドイツの北西部を舞台にしたゲームで、4種類の産物を売買します。産物は特定の都市でしか売買できず、カードによってラウンドでどの都市で売買できるかが決まります。買う値段と売る値段が同じなのですが、カードに示されたようにいくつかの都市では2つの産物を買えるようになっています。また手番でのアクションで既に自分が買った産物の上に同じ産物を価格1で買えます。ただし売るときは1つずつなので非常に地味です。

同じ産物を扱う他の都市でも売れるように道路を建設することができます。これも1回だけの道路と恒久的な道路があるのでどこまで投資するかは難しいところです。

シャハトの新作ということで期待していましたが、なんとも地味な展開のゲームでした。それぞれの都市はカードで3回しか現れないので、記憶力が非常に大切です。アクションでお金をより高い勝利点に換算できるのですが、自分はこれが終盤までできずに、トップのシミーズさんにほぼダブルスコアという圧倒的な敗北でした。

結果:シミーズ 120、ひだり 84、タロ吉 81、自分 62



スプリング ブレイク Spring Break
(プレイ時間 10分)
SpringBreak20141209.JPG春休みでのフロリダでのビーチのバカンスをテーマにしたと思われる同時アクションのカードゲームです。全員で同時にカードを選び、バッティングしなければそのカードの数字に対応した列の得点をもらえます。ただし失点のときもあり、それを相手に押し付けるというカードもあります。引き取られない列はカードが足されていき、また裏返しなので考えても仕方がないところもあります。

唯一の工夫は、欲しい列を示すために出すカードは3枚しかないことです。2つの数字が組になっており、出す方向で示します。そして使ったカードは左隣りのプレイヤーに廻します。これによって欲しい列の数字が手元に無くなってしまうこともあるというわけです。この辺りの不自由さをもうちょっとゲーム性に活かせれば良かったのではないでしょうか。

結果:シミーズ 9、自分 8、ひだり 5、タロ吉 −1



マングローヴィア Mangrovia
(説明&プレイ時間 80分)
Mangrovia20141209.JPG地形と数字の2種類のカードを使った2次元でのエリアマジョリティーのゲームです。ボードは縦横のグリッドになっており、各列でコマ数が上位2位までのプレイヤーに得点が入ります。各マスは地形と数字が書かれており、これに合致するカードを持っていないと自分のコマが置けません。数字は手札を複数枚使った数字の合計値でも良いのですが、ちょうどでなければなりません。またマスによっては数字カードではなくアミュレットが必要だったり、縦横のエリアマジョリティーに関与せずに別の方式の得点になっていたり、以降のアミュレットの獲得数を高くできたりする場所もあります。

ボードにはそのラウンドでどのアクションをやりたいかが2つ組になって描かれており、手番順にまずどのアクションかを選択します。ワーカープレイスメントのようなシステムです。2つのアクションの実行順番は合計すると同じになっており、つまり1番早いアクションと1番遅いアクション、2番目と2番目というように組になっています。このアクションの種類と順番はよく練られていると思います。

結果:タロ吉 76、自分 69、シミーズ 59、ひだり 43


シネマアミーゴ ゲーム&ランチ 2014.12.09

Lunch20141209.JPGこの日のシネマアミーゴは、久し振りにイヅさんが遊びにきました。ゲームは夏が恋しくなる「ホテルサモア」を遊び、ランチはガレットでした。今年の「ゲーム&ランチ」はこの日が最後です。また来年はどんなゲームが遊ばれるのか楽しみですね。




ホテル サモア Hotel Samoa
(説明 30分 プレイ時間 各55分)
HotelSamoa20141209.JPGイヅさんの持ち込みで「ホテルサモア」を遊びました。買ったは良いけれど、遊んだことがないというので、まずは皆んなで一緒にゲームを理解します。自分も以前遊んだことはあるものの、随分と昔でルールはすっかり忘れていました。

基本的にはカードを使った同時ビッドのゲームです。カードに設備投資に掛けるお金(支出)とお客を泊まらせるお金(収入)の両方が書かれており、支出は大きい額のプレイヤーから、収入は小さい額から優先権があり、これがジレンマとなっています。また宿泊客の滞在日数は最初から明らかになっているので、いかに少ない部屋数で多くの客を泊めるかというマネージメントもあります。

基本的には悪くはないのですが、特殊の設備投資タイルやら客やらが多く、ファミリーゲームとしてはルールが多過ぎです。もっと削ればすっきりして遊び易いのになあと思います。また客を引き入れると収入になるというのが直感的に少し分かりづらく、客を泊めるとその料金を間違えて払いそうになるという場面が何度かありました。

まずは3人で遊び、その後ブンタ君を混ぜて4人で遊びました。残念ながら2戦目の4人戦は時間切れになってしまいました。2度目だから早くなるかと思いきや、4人ということ、そしてみんな考えどころが分かってきて考えてしまったことからだと思います。

結果
1戦目:イヅ 135、琢磨 122、自分 105
2戦目(7ラウンドまで):ブンタ 86、自分 84、イヅ 73、琢磨 71


シネマアミーゴ ボードゲームナイト 2014.12.05

この日のボードゲームナイトはツォルキン会のらすくさんとまさのぶさんが遊びにきてくれました。



オロンゴ Orongo
(説明 10分 プレイ時間 55分)
Orongo20141205.JPGまずは、今一番熱いモアイゲームの「オロンゴ」です。自分は最初に飛ばし過ぎて、貝の回収が思うようにいきません。琢磨さんは海岸の1つ内側を陣取って、最後に一気に勝つ戦法のようです。ところが、まさのぶさん、琢磨さん、自分の3人が潰し合いをしているあいだに、らすくさんが順当に勝利してしまいました。

結果:らすく 0(勝利)、まさのぶ 2、自分 2、琢磨 3
(参考:数字は残りのモアイ数)



マメじゃないよ Nicht die Bohne!
(説明 5分 プレイ時間 各20分)
NichtDieBohne20141205.JPG6人になったので「マメじゃないよ」を遊びます。交換システムが光るゲームですが、ちゃんと勝敗を争うと長考が発生してしまいます。また自分の手札は絶対自分では獲得できないこと、そして良いカードが欲しければ親は悪いカードを出すことなど、直感に反する部分もあるので玄人向けなのかもしれません。

2回遊んで2回とも源ちゃんが1位で琢磨さんが2位でした。見事です。

結果
1戦目:源 57、琢磨 56、たいすけ 38、らすく 36、自分 36、まさのぶ 14
2戦目:源 53、琢磨 48、らすく 34、まさのぶ 20、たいすけ −3、自分 −12



ビジョナリー Visionary
Visionary20141205.JPG数回を試しに遊んでみました。アミーゴのテーブルは完全に平らではないので、ちょっと無理があったかもしれませんが、目隠しをしての積み木を楽しみました。




メンバーズ オンリー Members Only
(説明 15分 プレイ時間 65分)
MembersOnly20141205.JPGまさのぶ&らすくさんのリクエストです。遊ぶのは自分もかなり久し振りになります。このゲームは他人のカードの出し方、賭け方、迷い方をじっくりと観察すると、意外と賭けるべき場所が見えてくるのがすばらしいです。4人が賭ける回数や1人当たりの情報量などにおいて一番良いと思います。夜中にじっくり遊ぶには素晴らしいゲームですね。

結果:自分 22、まさのぶ 16、らすく 10、琢磨 0



ミツバチ Honigbienchen
Honigbienchen20141205.JPG子供用の記憶ゲームですが、意外なほど忘れてしまいます。琢磨さんが勘を働かせて見事勝ちきりました。

結果:琢磨 勝利、らすく、まさのぶ、自分



6ニムト 6 nimmt!
(プレイ時間 2ディール30分)
6nimmt20141205.JPG前回取り入れた両側にカードを置けるバリアントで2ディール遊びました。大分慣れてきたこともあり、どのカードが安全なのか、どういう組み合わせを残していけば良いのか、といったことが少しずつ分かってきました。ゲーマー向けだとは思いますが面白いですね。

結果(2ディール):自分 5、らすく 15、まさのぶ 28、琢磨 42



指輪物語ボードゲーム Der Herr der Ringe (カプコン版)
(プレイ時間 85分)
LOTR20141205.JPGリクエストで持ってきた「指輪物語」の協力ゲームです。協力ゲームの火付け役とも言えるゲームで、訳に問題があるとはいえ日本語版もあり、遊び易いと思います。カードのマネージメントのつらさ、選択肢や展開の多さが魅力で未だに協力ゲームの中では五指に入るのではないでしょうか。

せっかくなので上級を、ということでサウロンは10からスタートです。最初のボードではカードを貯めていき、バッドエンディングを喰らいます。ここまでは予定通り。そのあとは苦難の道が続き、まずらすくさん扮するピピンが、次にまさのぶさん扮するメリーが死んでしまいます。最後はガンダルフも呼べずににっちもさっちもいかなくなってモルドール半ばで敗北となりました。

結果(上級サウロン10):56点 敗北
(琢磨フロド、けがわサム、らすくピピン、まさのぶメリー)