ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

らうんどとりっぷ 2021.10.22

第5波も収まって、実に2020年12月以来、実に久し振りにみんなで平日夜に集まりました。



フィリット Fillit
(プレイ時間 15分)
Fillit20211022.JPGまずは、他のプレイヤーを待つ間に一味さんと2人で常備してある木製の「フィリット」を遊びました。一味さんは初プレイらしいです。完成度が高いアブストラクトゲームで、うまく石を使って相手をブロックしたり自分のコマを隣りの列に移したりします。経験の差で勝利。

結果:自分 勝利、一味* 敗北



ヌアムート Nur Mut!
(プレイ時間 15分)
NurMut20211022.JPGキノさん持ち込みの怪しさ満載のゲームです。テーブルには場となる3枚のカードが並んでいます。手番には手持ちの数字カードをいずれかの場に出しますが、そのとき数字が1つ上か1つ下でなければなりません。トランプのスピードと同じです(といってもスピード自体がローカルルールが多すぎるので、この例えは適切ではないかもしれませんが)。問題は手持ちのカードは表向きに山積みになっていて、一番上しか見られにことです。この一番上のカードしかプレイできません。出せないときは、パスかチャレンジができます。チャレンジするときは場のカードのどれかを裏返します。カードは表と裏の両面にそれぞれ数字が書いてあるので、裏返して現れた別の数字に置ければ良いというわけです。失敗するとその場札の山をすべて引き取ります。また、パスは2回連続でできません。運だけのゲームにも感じますが、そうえない気もします。不思議なゲームです。キノさん、シミーズさん、一味さんと4人プレイ。1996年製。

結果:自分 勝利



原チャリ番長 Genchari Bancho
(説明 25分 プレイ時間 各25分)
GenchariBancho20211022.JPGこの日のメインとなるゲームです。お店に常備してあるゲーム棚にあったゲームを適当に出したらコレだったということみたいです。高校の番長の覇権争いというテーマですが、しっかりと作り込まれたアクションゲームで楽しめました。

各プレイヤーはガラス玉のコマをノック式ボールペンで弾いていき相手の校庭にある窪みに入れます。コマが番長とその手下を表しており、ボードから出てしまうと除外されます。番長は得点が高いのですが、ボードから出ると別のコマが番長として襲名されます。

他にも中央の4x4の特殊効果マスでは、遠くまで弾き飛ばせるバネの強いボールペンが使えたり、障害物が置けたり、身動きしづらいウンコゴマにされたりと、なかなかぶっ飛んでいます。

結構面白くて2回遊んでしまいました。テーマの作り込みがすごいですね。

結果
1戦目:一味 5、自分 2、シミーズ 1、キノ 0
2戦目:キノ 7、自分 7、一味 2、シミーズ 1



狸と茶釜 Tanuki to Chagama
(プレイ時間 4ディール30分)
TanukiToChagama20211022.JPG1回どこかで遊んで面白かったのですが、それ以来ようやく2回目です。リード以外は切り札となるシュティヒルン式ですが、マストフォローです。最初に取れるトリック数を是認宣言し、それ以上とれば宣言数が点数となりますが不足するとときにはマイナス点になります。調整するために茶釜カード(2、5、8)にはより高い数字の狐カード(3、4、6、7、9)を隠せます。前回はここが面白いと思っていたのですが、今回はいまひとつ茶釜が活躍しませんでした。

結果:シミーズ 11、一味 10、キノ 0、自分 −4



ラマ ダイス L.A.M.A. Dice
(プレイ時間 35分)
LAMADice20211022.JPG最後は名人も到着して「ラマダイス」です。ちゃんと遊ぶなら、ダイスの目の組み合わせを考えてカードを取った方が良いでしょう。ダイスはすべて2面はラマで、それ以外は1、2、5、6と1、3、4、6と2、3、4、5なので、1と6、2と5、3と4は同じダイスにしかありません。計算すると分かりますが、これらを固めて持たずにバラすと、バーストの確率はわずかに高くなります。例えば、1と6しか持っていないとバーストの確率は9分の4(=54分の24)ですが、1と2しか持っていないと54分の25となり54分の1だけ上がります。ちょっと意外ですね。

結果:キノ 21、自分 21、シミーズ 23、一味 41、名人 48


土嚢の会 2021.10.17

Lunch20211017.JPGドイツではちょうどエッセンシュピールが開催されている週末ですが、今年はCovid-19の状況が厳しく、渡独を断念して土嚢の会を行いました。今回は、初参加の2名も含め、参加者14人と大盛況でした。初めて地下室も使いましたが、お互いにテレビカメラで様子がわかるようになっていたので、それほど疎外感がなく遊べたのは良かったです。

昼食は土嚢ランチで、お昼のフルーツもついています。今回は柿でした。夕食は特製のカレーで、久し振りにマーブルの美味しいカレーが食べられて満足。




アブストラクト Abstrakto
(説明 5分 プレイ時間 35分)
Abstrakto20211017.JPG漸く遊べたネスターとホセの共作「アブストラクト」です。エリア獲得のゲームで、囲んだ空白地帯の周囲にあるコマ数が多いプレイヤーがエリアの大きさに関わらず1点を得ます。コマ数が同数の時はどちらのエリアにもなりません。エリア数が多いプレイヤーの勝利です。

正方形のコマは無地と一本線と十字線の3種類がありそれぞれ6枚ずつ持ちます。このうち任意の3枚をゲーム開始時に捨てて残り15枚でプレイします。ボードはコマと同じ大きさの正方グリッドになっており、配置する時にはグリッドの線に合わせなければなりません。つまり無地のコマは正方形のマス目のなかに、一本線のコマはグリッドの縦線か横線に合わせるように、十字線のコマはグリッドの線が交わるところに配置するのです。言い方を変えれば、グリッドの線がコマに描かれた線に置き換わるようにしなければならないのです。なお、一本線のコマはグリッドの端にも置けます。

なかなか面白いプレイ感覚です。エリア数が同じ時は、最も多くのタイルで囲われているエリアがタイブレークとなります。今回はまさにそのケースで偶然にも自分が該当するエリアを制しており勝利したようです。

結果:自分 5(タイブレーク勝利)、いわ 5



せーのでツミクル Se-no de Tsumikuru
(プレイ時間 15分)
Se-nodetsumikuru20211017.JPG同時プロットのオセロゲームです。毎回、自分の打ちたい場所を極秘裏にプロットして同時に公開し、同時に置きます。基本的にはオセロの考え方で良いのですが、コマ数がマス目よりも少なく、また同じマスに重ねておけるのでボードがすべて埋まりません。なので角を取るのは重要ではないのは良いところです。

2人のアクションが同時という扱いなので、裏返すべきコマが最初は分かりづらいです。お互いに置いたコマを裏返すこともあります。さだまつさんは他にも道化師さんなど数人とプレイテストをしていたようです。ルールが確定したら出版されるとのことで、どういう風に仕上がるのか楽しみです。

結果:自分 28、さだまつ 12



ペントアップ Pent-Up
(プレイ時間 10分)
Pent-Up20211017.JPG続けて、結構久しぶりの「ペントアップ」です。ネスターゲームズの2人用アブストラクトゲームでは、「ヤバラス」「流氷に乗って」などと同じようにとっつきやすいゲームのひとつだと思います。色々とアドバイスをしながら進めていったら負けてしまいました。でも、ゲームを楽しんでもらえたようで良かったです。

結果:えりこ 勝利、自分 敗北



コネクション Kreuz & Quer
(プレイ時間 20分)
Kreuz&Quer20211017.JPGクニツィアの多人数パズルゲームでは割と初期のゲームです。細い管と太い管が合致しなければならず、すべての管がちゃんと繋がらなければならないという厳しい配置条件があります。配置できない、あるいは配置したくないタイルは裏向きに置きます。最後にボード周囲の繋がっていない場所に書かれた数値と裏向きに置いたタイル枚数が失点となり、失点が最も少ないプレイヤーの勝利です。

いつも、こういったパズル系のゲームとして「フィット」や「ビット」などを遊んでしまいますが、久し振りに遊んだこのゲームもなかなか面白かったです。無駄なく繋げていったスコットさんの勝利。

結果:スコット 2、自分 8、とけい 14、ぴーかん 15



フォーラム ロマナム Forum Romanum (フランクコスモス版)
(プレイ時間 40分)
ForumRomanum20211017.JPGクラマーの多人数アブストラクト、エリアマジョリティーです。縦横斜めの列に加えて7つのエリアがあり、それらが絡み合っているので気が抜けません。埋まると決算なのですが、最下位はマイナス4点(タイならマイナス2点)というのがあります。

ある程度はマイナスを喰らっても、ちゃんと1位を取りに行った方が良いと思っていたのですが、そのあたりのバランスが難しくマイナスが多すぎて最終的には最下位でした。2−6人で遊べますが、今回のように4人くらいが適正かもしれませんね。

結果:とけい 22、ぴーかん 18、スコット 14、自分 4



ラマダイス L.A.M.A. Dice
(プレイ時間 15分)
LamaDice20211017.JPG休憩がてらの「ラマダイス」です。ダイスでラマ3個を振ればチップを1枚返却できます。計算上は確率が27分の1なのですが、今回は連続してたくさん出ました。特に自分はゲーム序盤にラマカード3枚が手元にあったときにラマを3個振ってしまい、ラマカードは捨てられないし、チップも返せないという状態でした(写真)。でも最後には最少失点で勝利。

結果:自分 9、タクヤ 21、ぴーかん 27、とけい 34、スコット 47



ジルカン Zyrcan
(プレイ時間 25分)
Zyrcan20211017.JPG多人数アブストラクトの「ジルカン」です。3のコマを生き残らせるのはほぼ不可能で、初期配置フェイズは無くしてバラバラにおいてしまえばいいんじゃないかという意見もありました。それだと有利不利が出そうですが、いわゆる強いものを叩くマルチゲームなので、機能しそうです。

結果:自分(青) 6、さだまつ(赤) 5、スコット(黄) 5、けんた(緑) 2



インターメッツォ Intermezzo
(プレイ時間 各5−15分)
Intermezzo20211017.JPG「インターメッツォ」はクニツィアの初期のアブストラクトです。手持ちの33個のコマをすべて配置するのが目的で、インターメッツォと宣言すると既にボードに置かれた同じ列のコマとコマの間を埋められます。最初はゲームになるのかと思うプレイヤーも多いのですが、意外とちゃんとゲームになっています。

結果
1戦目:スコット* 勝利、自分 敗北
2戦目:スコット 勝利、自分* 敗北
3戦目:自分 勝利、みどり* 敗北
4戦目:自分 勝利、みどり* 敗北



ムーン ハーベスターズ Moon Harvesters
(プレイ時間 各15−20分)
MoonHarvesters20211017.JPG多人数非対称アブストラクト「ムーンハーベスターズ」です。「ワニとカバ」をもう少し複雑にした感じで、各プレイヤーは5マス分にあたる特定の形のコマを担当します。W、C、T、Lの4種類で、手番には自分のコマを1つ置いた後にヘリウムコマを3つ置きます。自分が置いた場所にあるヘリウムコマは回収してこれが得点になります。なので必ずしも一番多く置けたプレイヤーが勝つとは限りませんが、自分だけが置けるようにうまく隙間を作るのは「ワニとカバ」に似ています。

1戦目はL、2戦目はTを担当しました。どうも強い形と弱い形があるようで、今回は2戦とも1位から4位はW、C、T、Lの順でした。2回だけなので結論付けるのは早過ぎますが、次回がどんな結果になるのか興味が湧くところです。

結果
1戦目:ぴーかん(W) 9、たっくん(C) 9、いわ(T) 8、自分(L) 6
2戦目:たっくん(W) 14、ぴーかん(C) 11、自分(T) 6、いわ(L) 5



フィレンツェ Firenze
(プレイ時間 45分)
Firenze20211017.JPG「フィレンツェ」は緑、赤、白のカラフルなタイル配置ゲームです。サプライにはこれらのうち異なる2色からなるタイル3種が置かれており、手番にはどれでも自由に使えます。自分の色(緑か赤)が3マス以上つながれば1点となります。面白いのは、ランプレドットといって、あるマス(色は問わない)の両対辺に自分の色のマスを配置した時に、挟まれたマスにピラミッドをおいて無効にできます。これによって、相手の3マス完成をはばんだり、自分の大きなエリアを区切って2点にしたりできます。

序盤は、自分の色ばかり置いていましたが、全部のタイルを使わなければならないため、あいての色を有益ではないところに置いていったほうが良い気がしてきました。地味ですが、なかなか面白いゲームです。

結果:しのだけ(緑) 7、自分(ピンク) 6



トライアド Triad
(プレイ時間 15分)
Triad20211017.JPG最後は3人専用の「トライアド」を紹介しました。手番がコマを動かした先のマス目の色によって決まるというのが面白いです。移動先の周囲のコマが捕獲されますが、必ず最大捕獲ができるマスを選ばなければならないというルールがあり、その判定が難しいことがあります。今回は最後はほとんど誰のコマも無くなってしまい、たっくんと自分が1つずつ残って終了となりました。

結果:たっくん 勝利、自分 勝利、しのだけ 敗北



Dinner20211017.JPG来月も行う予定です。今回一緒に遊べなかった道化師さん、中村さん、また来月遊びましょう。(写真は夕食のマーブル特製カレー)


R−120 2021.10.02

R-120Bird20211002.JPGひだりさん主催のR−120はR−120杯みたいのがあるらしく、その勝者の杯を初めて見ました。この謎の木彫りの鳥が良いですね。今回は参加者の一人のありきりさんが家から持ってきたのですが、結局ありきりさんがゲームに勝ってまた持って帰るという展開になったようです。




ファーナス ロシア産業革命 Furnace (ジェリージェリー版)
(説明 15分 プレイ時間 45分)
Furnace20211002.JPGリソース変換のカードゲームです。4ラウンド制で、毎ラウンド、場にあるカードを競ります。その後競り落としたカードでリソースを獲得したり変換したりして勝利点を得ていくのです。

競りゲーム好きな自分にひだりさんが勧めてくれました。各プレイヤービッドチップ(数値1-4各1枚)を持ち、場の7枚くらいのカードに対してチップを置いていきます。同じカードに2枚以上のチップをひとりでは置けず、また他のプレイヤーのチップと数字が同じでは置けません。オーバービッドはもちろん、アンダービッドもできるのは、ちょっとサンチアゴっぽいです。各カードでもっとも高い数値のプレイヤーがカードを取り、それ以外のプレイヤーはカードに書かれた1回だけのアクションができます。つまり、競りで負けても恩恵があるのです。獲得したカードは以降ずっと使えますので、カードの能力の方が良いことが多いのですが、必ずしもそうとは限らず負けて1回だけのアクションが欲しいこともあります。

このあと、今回も含めてこれまで獲得したカードの指示に従いリソース獲得、リソース変換を行います。リソースは5種類(3種類の資源、カードを裏返す能力になるY型のチップ、勝利点)で、カードをどの順で使えば最善なのか、は難しいパズルを解いているみたいです。1ラウンド目終了まではまだ良かったのですが、2ラウンド目以降からカードが増えて手に負えなくなってきました。1枚のカードに2-3行くらいアクションが書かれていることもあり、それを全部終わらせるまで次のカードに進めません。

リソース変換は面白いというよりは面倒で、あの忌まわしき作業ゲーム群(スパイスなんとか)を思い起こさせます。どの順番でカードを処理しても良いという自由度の高さが裏目に出ています。ここは獲得したカードはこれまでに得たカードのどこかの間に入れて、カードの処理順番は一定にするとかすれば、欲しいカードが明確になりそうだし、ゲームがもうちょっと引き締まったかもしれません。競りもそこまでのジレンマがあるわけではなく、やはりカードの能力が1回の能力と完全に上位互換になっていないので、焦点がぼやけた感じになってしまうのです。競りも同じカードに複数枚のチップを置けたりすれば、もっと面白くなるかもしれません。

結果:ひだり 94、自分 68、しゅだっち 66



ウィッチストーン Witchstone (ホビージャパン版)
(説明 40分 プレイ時間 75分)
Witchstone20211002-1.JPGクニツィアの新作。フッフ&フレンズ出版ですが、日本語版にあたるホビージャパン版を手に入れ、ようやく遊ぶことができました。クニツィアとしては珍しい他のデザイナーとの共作で、もう一人のキアッキエーラというデザイナーは聞いたことがない名前です。調べてみるとイタリアのデザイナーらしく、先週最後のミスボドで最後に遊んだ「シミロアニマル」をデザインしていたみたいです。

ゲームは現代風ポイントサラダなのでクニツィアらしいところはあまりありません。一番クニツィアらしいのは各個人ボードでの頭脳絶好調(インジーニアス)的な部分です。各プレイヤー同じ15枚の正六角形2つがつながったタイルを持ち、各タイルは6種類のシンボルのうち異なる2種類が描かれています。つまりすべての組み合わせが1つずつあるわけです。これを個人ボードに配置して、つながった分だけそのシンボルが示すアクションができるというわけです。異なるのは、頭脳絶好調が配置したタイルから直線にしか数えず、配置したタイル自体は数えないのに対し、ウィッチストーンでは配置したタイルにつながるグループを数え、配置したタイル自身も数えます。手札が5枚なので、手札が5枚にできなかった時、つまり11手番行うと終了です。

6種類のアクションは魔力、魔女、五芒陣、水晶、魔法の杖、巻物です。魔力と魔女アクションは、ボード中央の水晶で自分の色でネットワークを作り、魔女を各地に配置します。ちょっとムーンの「乗車券」に似ています。五芒陣アクションはボード左上の星形(五芒陣)の周りをぐるぐる回り、早い者勝ちで得点が特殊タイルを得ます。クニツィアの「ビビブロックスベルグと青いフクロウの秘密」を彷彿とさせます。水晶アクションは個人ボードにある邪魔な水晶を移動させ、盤外にまで移動させればアクションができるというものです。魔法の杖アクションは能力トラックを進め、巻物アクションはゲーム終了時のボーナスカードが得られます。

この中で、面白いと思ったのは五芒陣アクションでもらえる特殊タイルで、これには2つのシンボルが描かれており、ボードに配置するとどちらのアクションとしても使えるようになるので大きなグループが作りやすくなります。2つの異なるシンボルグループが交差できるのです。これはかなり強い!

水晶の移動はアクションを使わなくても1失点でできるので、いくつはは失点で除去しても良いような気がします。そうして繋がりやすいスペースを作ってアクション数を増やしたほうがメリットが大きいのです。

今回は経験者のあらいさんが説明してくれました。なぜか魔法の杖をかなり進めることができたのが大きかったのか、巻物はあまり取らなかったのですが勝利しました。一番気になるのは、このゲームのどの辺りがクニツィアの考えなのかということ、そしてどうして共作に至ったのかというところです。

結果:自分(黄) 122、カヤ(青) 97、しゅだっち(緑) 96、あらい(赤) 63



ユーコン サロン Yukon Salon
(プレイ時間 25分)
YukonSalon20211002.JPGカナダ・ユーコンの床屋をテーマにしたというすごいゲームです。お客さんはすべて木こり男か熊だけ! それに髪の毛ともあごひげともとれるカードを木こり男のあごか、熊の頭につけて、ヘアカット完了、というわけです。カードの合計値以上のダイス目を出さなければならないのですが、足りない時には、その分だけカードを捨てる、あるいは、その分だけ新しいヘアカットを褒める、という度肝を抜くルールです。自分は木こり男を5回褒めなくてはならずに大変でした! どうやってこんなテーマのゲームが生まれたのか不思議でなりません。ゲーム出版社のアトラスゲームズはミネソタ州の北の果てにあるプロクターという町にあり(ダルース都市圏)、このあたりでは床屋の客はやはり木こり男か熊だけなのかもしれませんね。

結果:しゅだっち 32、一味 29、あらい 28、自分 25



プライマリー The Primary
(説明 15分 プレイ時間 100分)
ThePrimary20211002.JPGアメリカの予備選挙をテーマにした4アクションプロット式のゲームです。全部で12ラウンドあり、各ラウンド後に複数の地区で決算があったり何もなかったりと、この辺りはあらかじめボード上のチップで示されています。自分が最後の手番になるラウンドで決算が怒るところを中心に戦いを進めるのですが、なかなか他人と競合してどちらも引けずにいたりと、大変な展開が続きます。自分はカリフォルニア・ネバダ地区を諦めきれずに大きく投資をしすぎてしまいました。また自分のコマが1票になるというのをつい忘れてしまうというミスを2−3回行って1票差で負けたりと散々でした。

結果:あすまー(青) 54、あらい(緑) 51、さくら(赤) 50、ひだり(白) 43、自分(黄) 41



主計将校 第二次世界大戦の補給線 Quartermaster General WW2総力戦 拡張 Total War
(説明 15分 プレイ時間 75分)
QuartermasterGeneralWW2-20211002.JPG最後に前から遊びたいと思っていた「主計将校」です。これは第2版にあたるもので、基本的なルールは初版と変わらないものの、カードがかなり変わっているそうです。そして、この第2版からは日本語があり、2版用の拡張も入っています。

連合国対枢軸国の3対3で争うゲームで、主要都市を抑えていると得点になります。自分は枢軸側のイタリアを担当。他に枢軸側はあすまーさんのドイツ、一味さんの日本です。対する連合側はあらいさんがイギリス、しゅだっちさんがソ連、そしてひだりさんがアメリカです。(フランスはイギリスのオマケみたいな感じです)。各国のデッキ内容は相当異なるようで、イタリアはとにかく点数を稼ぐ役割だと言われました。そんなわけで、戦いはほぼせずに得点が得られそうな行動ばかりします。なるほど、こういうゲームが今頃はやるっていうのも、不思議なものだなあと感じながらプレイしていました。どうやら我が悪の枢軸側が連合側に30点差をつけたので終了となったようです。なんだかよくわからない間に終わってしまったので、機会があればまたやりましょう。

結果:枢軸国 182、連合国 145