ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

Prizes20150516.JPGこの日のミスボドは3周年のイベントで「ゼロ」大会でした。専用の部屋が設けられ、ほとんど「ゼロ」しか遊んでいません。写真は、豪華賞品の数々です。自分は、ベルリナー版、アシンクロン初版、2版、そしてテンデイズ版という4種類の「ゼロ」を持参しました。ボードゲームキングダムの付録も持っていけばよかったかな。(下の写真はあとから撮ったので参考に付録版も入れました。)




ゼロ Zero
(プレイ時間 各30−35分)
Zero-Boxes20150516.JPG「ゼロ」大会は必ず5人で5ディール戦(スタートプレイヤーを時計回りに1回ずつ)で、総失点をエントリーします。何度でも遊んで、何度でもエントリーできます。一応、商品を目指して6回も参加したのですが、2位2回、3位3回、4位1回という平凡な結果でした。6回の自己ベストは27点で、これではとても商品はもらえません。集計結果ではトップのプレイヤーは8点や9点という恐ろしい低失点です。この結果から最強の5人が決勝を行い、見事にゃかのさんが優勝しました。ちなみににゃかのさんは予選では9失点で2位でした。

Zero20150516.JPG1回5ディールが30分で終わるので、大会のゲームとしては、とても良いと思います。問題はもう勝てる見込みがなくなったプレイヤーのやる気がなくなってしまうことです。2ディール目以降で降りる(もう参加しない)というようなオプションがあっても良いかもしれません。またぜひやって欲しいものです。

結果
1戦目:ザリオン 20、そらまめ 35、自分 35、t-snow 42、アル隊長 48
2戦目:いわりゅう 25、自分 27、ドミ 29、なつき 31、まー 45
3戦目:るどら 23、がとう 55、あかまどうじ 56、自分 56、まめ 57
4戦目:らすく 36、自分 41、タコ 43、ドミ 59、シダマ 65
5戦目:あすまー 33、まっきー 43、自分 43、いつき 48、たく 55
6戦目:あすまー 29、まっきー 33、自分 45、たく 47、いつき 60



コヨーテ Coyote
Coyote20150516.JPGカードを使った「ブラフ」のようなゲームで、全体の合計値を競り上げていくか、チャレンジします。面白いのは「インディアンポーカー」のように自分以外のカードが見られるというところです。カードは単純に数値だけのもの以外にも、いくつか特殊カードがあり、単純な推測が難しくなっています。

日本語版は初めて遊びます。はちまきにカードを差すのではなく、手に持つようになりました。大味ですが、手軽なブラフゲームで、なかなか楽しめますね。




このあと、アブストラクト・ストラテジー・ゲーム・ソサエティーの中島さんがアブストラクトゲームを幾つかなかよし村で紹介するというので、久し振りに高田馬場のなかよし村に参加しました。「フレンチミリタリーハント」、「フリップ・フロップ(3x3、5x5)」、「ドットアンドボックス」「フィッシャリー」「インフェクション」を遊びました。



フレンチ ミリタリー ゲーム French Military Game
(プレイ時間 各5分)
FrenchMilitaryHunt20150516.JPG「フレンチミリタリーハント」は手軽な2人用ゲームです。猫は3個、それに対してネズミは1個という異なったコマ数で、移動の制限も異なります。この手のゲームのなかではミニマルなものの1つでしょう。既に解析されているようですが、必勝法を探すという楽しみがあります。

結果
1戦目:自分(ネズミ) 勝利、バッハ(猫) 敗北
2戦目:自分(猫)、バッハ(ネズミ) 引き分け



フリップ フロップ Flip Flop
(プレイ時間 各5−10分)
FlipFlop20150516.JPG中島さんがデザインしたゲームで、ギフトボックスから購入が可能です。コマは表裏で縦横十字と斜め十字が描かれており、動くたびにルークからビショップに、そしてビショップからルークになります。3x3はミニゲームですが、5x5はかなり考えることが必要です。

結果
1戦目(3x3):自分 勝利、ナグナツ* 敗北
2戦目(5x5):引き分け



ドット アンド ボックス Dots and Boxes
DotsAndBoxes20150516.JPG紙とペンだけで遊べるゲームで、結構海外では有名です。製品版もあり、また数学的に解析した書籍も出ています。子供の頃に紙で遊んだ三角取りを思わせますが、もう少し戦略的です。小さなボードで遊びました。




ヘックス(7x7) Hex
(プレイ時間 10分)
Hex20150516.JPGこのあと土井さんがデザインした「フィッシャリー」(ここでは都合上割愛します)を遊んだあと、その土井さんと「インフェクション」のボードを使って7x7という小さなボードの「ヘックス」を遊びました。やはり7x7は少々小さめです。

結果:自分 勝利、土井* 敗北



インフェクション Inphexion
(プレイ時間 各5−10分)
Inphexion20150516.JPG中島さんがデザインし、ネスターゲームズから出版されているゲームです。スリザーとちょっと似ているコネクションゲームですが、相手のコマがあるところにしか自分のコマが置けないというのは、ちょっと新鮮ですね。

結果
1戦目:自分 勝利、土井* 敗北
2戦目:自分 勝利、中島* 敗北
3戦目:自分 勝利、中島* 敗北



Akiyama20150516.JPG終了後は、再び蒲田に戻ってミスボドの2次会に合流しました。いつもの会場である「月とすっぽん」から、3周年お祝いのメッセージがあったのが印象的です。3次会以降では、「ドラゴンの宝」、「コンヘックス」、「グレーシャー」を、それぞれ2回ずつ遊びました。


BGの集い 2015.05.09-10

にゃかのさんに誘われて、山梨の山梨市でのゲーム会「BGの集い」に参加しました。観光も兼ねた1泊2日という行程で、にゃかのさんたち一行は、早くからレンタカーでワイン観光をしていたようですが、自分は仕事があったので、新宿から中央線で高尾、大月乗り換えで夕方に山梨市へ到着。宿泊先でみんなに合流し、BGの集いの主催者のちくわさんお勧めのtakeya食堂で夕食を取り、そのあとは「やまなしフルーツ温泉ぷくぷく」に行ったりと、満喫しました。その夜にも少しだけ遊びました。




ハイパーロボット Rasende Roboter
(プレイ時間 各40−50分)
RasendeRoboter20150509.JPGまず「ハイパーロボット」を遊びました。1戦目は記録を取りませんでした。DTCのあとにナフタレンさんと2人で2ターゲット戦を2回遊び、こちら2戦2敗です。これはまた修行をしなければなりませんね。写真は1戦目からで、15手だったかと思います。

1戦目:不明(多人数)
2戦目:ナフタレン 13、自分 4
3戦目:ナフタレン 10、自分 7



グレーシャー Glaisher
(プレイ時間 35分)
Glaisher20150509.JPG秋山さんが、ネスターから出版したばかりの「グレーシャー」を遊んでみたいというので遊びました。途中で、待ったをかけて勝ったら「ずるい!」と言われてしまいました。まあその通りなので何も言えません。

結果:自分 勝利、秋山 敗北



DTC DTC
(プレイ時間 20分)
遊んだことがないというリクエストに応えて軽く遊びました。これも確か1ディールのみを軽く遊び、このあと前述のようにナフタレンさんとのハイパーロボット真剣勝負になったのです。




==================================

5月10日

BGの集いの会場は、山梨市駅のすぐそばの「街の駅やまなし」で、交通の便が(少なくとも鉄道では)非常に良い場所です。ここで朝9時から夕方17時までたっぷりと遊びました。山梨在住のusalapbitさんも途中で来てくれました。やはり近いだけあって、BGの集いは知っているそうです。ボードゲームの世界は狭いですね。



エスカレーション Escalation!
(プレイ時間 3ディール20分)
Escalation20150510.JPG朝一番のゲームは「エスカレーション」です。3人で3ディール勝負。3人が一番戦略的に遊べると思います。失点を少なくするゲームですが、この手のゲームに強いmariさんに1点差で負けてしまいました。

結果:mari 52、自分 53、アズ 59



ロール フォー ザ ギャラクシー Roll for the Galaxy
(説明 30分 プレイ時間 80分)
RollForTheGalaxy20150510-1.JPG「レースフォーザギャラクシー」のダイス版です。作者は本家と同じレーマンです。手番にはダイスを振りそれを配置して新たにタイルを獲得するという拡大最生産です。基本的には「レースフォーザギャラクシー」のように誰かに選ばれたフェイズが行われます。そのフェイズを選ぶプロセスがちょっと変わっています。全員で手持ちのダイスを振り、それをついたてのこちら側で6つのフェイズに割り当てるのです。これでフェイズを選んでいることになります。システム的に、ずるをしようと思えば出来てしまうのはちょっとゲーム的にどうなのかと思いました。

RollForTheGalaxy20150510-2.JPG目的は得点獲得ですが、建物からの勝利点の他に軍事力による勝利点チップがあるのも元のゲームと同じです。この辺り、もっとすっきりしなかったのかなあと思いますが、致し方ないのかもしれません。特殊能力が非常に多くて、自分はその大部分を無視していましたが、獲得したカードが強力で勝ってしまいました。ダイスに様々な色があり、それによって出目の配分が異なるのは面白いかもしれません。

結果:自分 51、王様 47、さつき 41、usalapbit 39、mari 30



ここで近隣の郷土料理の店でほうとうを食べました。自分は名前を聞くのも初めてでしたが、煮込みうどんのような、おふくろの味と言う感じの料理で、お腹が一杯になりました。



ダブル オア ナッシング Double or Nothing (ピアトニク版)
(プレイ時間 15分)
バースト系カードゲームの傑作「ダブルオアナッシング」です。今回は、ダブルオアナッシングになるとバーストしてしまうという悪循環でした。でもやっぱり面白いですね。

結果:まーくん 54、mari 53、usalapbit 52、さつき 50、自分 32、王様 28



テン呼! Ten Call!
TenCall20150510.JPGカウントアップ系の同人ゲームです。usalapbitさんが抜けて残りの5人で遊びました。最初に出されたカードから順に1つずつ大きい数値を出していき、手札を無くすのが目的です。カードは複数枚をその合計値として出すこともできます。数値は1−6までなので、7−10は必ず複数枚を出すことになります。割と淡白ですが、終盤は運頼みかもしれません。ラッキーなことに勝利をものにしました。

結果:自分 (勝利)



ダンシング ドラゴン Dancing Dragons
DancingDragons20150510.JPG新版が出たばかりのダンシングドラゴンですが、今回遊んだのは旧版です。10人で遊び、非常に盛り上がりました。ゲーム終了後も、みんなそれぞれのサインは明かさないことにしました。ということで、どんなサインだったんだろうか、というこのもやもやした感じが良いものです。

結果:らすく&王様 勝利



ノイ Neu
Neu20150510.JPGまさか山梨に来て「ノイ」を遊ぶとは思いませんでした。自分はこの「ノイ」というゲームをまったく評価していないのですが、まあ久し振りなので良いかと思いました。持参してくれた方がアレンジしたカードを入れてあり、少しは良くなっているのですが、元が元なので仕方ない部分があります。やっぱり「有頂天/精霊さん」の方が洗練されていると思います。

結果:不明



メンバーズ オンリー Members Only
(プレイ時間 45分)
MembersOnly20150510.JPG5人で「メンバーズオンリー」を遊びました。うまいこと各分野で高得点獲得者が出て、なんとたったの3ディールで終了です。こんなに短いメンバーズオンリーは初めてかも知れません。「ディヴィナーレ」を遊んだことがあるプレイヤーからは、結構違うゲームだね、という感想がありました。どちらも良さがありますが、自分はクラシックな「メンバーズオンリー」の方が好きです。唯一の問題点は、終了時間が読めないことなので、その辺りをうまく調整した改訂版がでないものかと思います。


結果:さつき  13、自分 10、中島 8、まーくん 5、mari 0



原始の生活 Jäger und Sammler
(プレイ時間 65分)
JagerUndSammler20150510.JPG漸く主催のちくわさんと遊ぶ機会が持てました。「原始の生活」です。思ったよりもみんな考えてしまい、終了ギリギリになってしまい、終盤は特に、半分テーブルを片付けながらと、ばたばたとしてしまいました。もう少し短めのゲームを選べば良かったかと反省です。慌ただしい中で、ちくわさんの勝利!

結果:ちくわ 102、mari 94、自分 91、中島 85



終了後は、一路都内へ。途中でサービスエリアにも寄り、ちょっとした旅気分を味わえました。山梨にもボードゲーム人口は増えているようで、ちくわさんにはこれからも頑張って欲しいと思います。


大田非電脳系ゲーム倶楽部 2015.05.06

ゲームマーケット翌日は、夕方から賽苑のnakiさんとhalさん、それにエリック・マーティンを誘って大田区・大森で行われた大田非電脳系ゲーム倶楽部に参加しました。



ドラゴンの宝 Schatz der Drachen
(プレイ時間 10分)
SchatzDerDrachen20150506.JPG「神経衰弱/メモリー」の系統のゲームではバースト要素もあって一番面白いのではと思っている子供用ゲームです。その見かけとは裏腹に、大人もかなり楽しめます。以前は単純化されたルールが流通していたようですが、本来のルールの方がずっと面白いゲームです。

結果:自分 22、naki 18、さたもと 6、hal 3



ヤヌス Janus
(プレイ時間 35分)
Janus20150506.JPG「勝手にしやがれ」のように両面が表という特性を利用したカードゲームです。ぜひ賽苑の2人には遊んでもらいたいと思って持ち込みました。3人だとどうにもならなくなって膠着してしまうこともありますが、4人だとそう言う心配はないですね。ときどき遊びたくなるという不思議なゲームです。今回はまったくうまくいかずに最下位でした。

結果:さたもと 7、naki 5、hal 4、自分 3



タイムボム TimeBomb
(プレイ時間 各10分)
TimeBomb20150506.JPGここでエリック登場です。前日のゲームマーケットでエリックも購入したということもあり、まずはこれを遊ぶことにしました。人狼系というように括って良いのかはわかりませんが、正体隠匿のゲームでは近年では群を抜いて面白いと思います。嘘をついた方が良いときとそうでないときがあること。特殊カードなどがないのでゲームそのものに没頭できることなどが、このゲームの魅力です。5人で2回遊び、テロリストとスワットがそれぞれ1勝ずつでした。エリックは唯一、両方で勝利側になっていました。さすがです。

結果
1戦目:エリック&hal 勝利(テロリスト)
2戦目:エリック&ダイビキダ&hal 勝利(スワット)



DTC DTC
次に、あらゆるゲームを知っている(と思われる)エリックが知らないかもしれないと持ち込んだDTCです。案の定、フェルティというフランスの主要なメーカーですが、エリックは知らなかったようです。エッセンでDTCは陰に隠れていて、フェルティのブースの人さえ自分たちがそんなものを売っているとは知らない、という感じでしたので、まあ当然なのかもしれません。しかしながら、手札を使ったブラフゲームでは、完成度が非常に高く、エリックがギークに書くことで世界に広まって欲しいなあと思います。




オロンゴ Orongo
(プレイ時間 35分)
Orongo20150506.JPGエリックのリクエストで「オロンゴ」です。2014年のエッセンの新作では一番面白いと思います。陣取りと競りを組み合わせたゲームはありそうであまりないこともあり、陣取りと競りが好きな自分としてはこれからもっと広がってほしい分野です(が、多分無理でしょう。現在のトレンドと完全に逆行していますので)。ルールもシンプルだし、初プレイのエリックもhalさんも気に入ってくれたようです。何度か遊んでいるnakiさんが一歩リードして勝利!

結果:naki 0(勝利)、自分 1、エリック 2、hal 3



このあとDTCをもう1回遊び、エリックと再会の約束(おそらく次はエッセンか?)をしてから、夕食(2次会)に合流しました。その後、秋山さんが「ごいたを遊ぼう」と誘ってくれて、自分が持参したカード版を路上で遊びました。



ごいた Goita
Goita20150506.JPG秋山さん、nakiさん、halさん、自分の4人です。得点とチーム分けは忘れてしまいました。野外(というか路上)でごいたを遊ぶのは初めてだと思います。こうやって、夜遅くに遊ぶのは夏らしくて良いものですね。なんだか懐かしい気分になりました。




エリックのレポートは以下です(レポートが上がったらリンクを貼ります)
coming soon...