ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

フレイ宅ゲーム会 2015.03.03

再び名古屋です。18時過ぎに栄で秋山さんと合流して、いば昇でひつまぶしを食べたあと、御器所のフレイさん宅にお邪魔して様々なゲームを遊びました。平日の夜に遊べる環境が整っているとは名古屋も良いですね。



ライデマイスター Reidemeister
Reidemeister20150303.JPG2日前に遊んだばかりのライデマイスターです。5人で遊べるゲームということで、まずはゲームマーケットの戦利品であるこのゲームを遊びました。レースモードというのがあるらしく、秋山さんがカードを皆んなに配ってくれましたが、コツがつかめてくると、エキスパートでも易しいのではと思えるようになりました。これはぜひ拡張のスーパーエキスパート(結び目が8−15個くらい)や4色目のひもとしてトレフォイル(三葉結び目)2種を入れるなどして欲しいです。

自分 33、最上 20、秋山 19、フレイ 11、ゲルズ 3



タイムボム TimeBomb
秋山さんに京都ミープルカフェでの「タイムボム」プレイ体験を話すと、ルールの説明だけで非常に気に入ったらしくトランプで遊ぶことになりました(このあと秋山さんも自分も製品版を手に入れることができました)。連続で8回遊ぶほど大好評で、プレイヤーにも恵まれましたが非常に楽しめました。なお結果の記録を忘れたので、秋山さんのページ「雲上四季」から抜粋です。

結果:秋山 5、最上 4、くまぁとん 4、フレイ 3、自分 3
(それぞれ8回中で勝った回数)



ごいた Goita
(説明 分 プレイ時間 分)
MeepleGoita20150303.JPG4人になった所で「ごいた」をすべての組み合わせで3戦遊びました。まずは秋山さんが購入したばかりの「ミープルごいた」です。ボードゲームのアイコンと化しているミープルと日本の伝統ゲームの融合はちょっと興味深い物があります。コマが英語の略称で王、飛、角、金、銀、馬、香、し、がそれぞれK、R、B、G、S、N、L、Pとなっています。馬(桂馬)はKnightなので英語の略称は通常はKnなのですが、それがNだけなのはどうしてなのでしょうかね。できるなら通常の英語表記の慣例に従った方が国際的にも広められる物になったと思います。デザインは可愛らしいのですが、8個が手のひらには乗らないのでテーブルに立てることになります。でもそれだとちょっと小さ過ぎで見づらいです。もとのコマの大きさで仕方ない部分だと思いますが、もうちょっと大きいか、もうちょっと小さいと遊び易かったのではと思います。

GoipaiGoita20150303.JPG1ゲーム目はミープルごいた、そして2、3ゲーム目はごいぱいを使いました。遊び易いということで、ごいぱいの人気は高いですね。マージャン牌というのがなじみ易いのかもしれません。自分は少数派かもしれませんが、カードが一番好きです。

結果
1戦目:秋山&最上 160、フレイ&自分 120
2戦目:秋山&フレイ 150、最上&自分 0
3戦目:最上&フレイ 150、秋山&自分 0



勝手にしやがれ Katteni Shiyagare
ここで、手に入れたばかりである「勝手にしやがれ」を紹介しながら、色々なプレイヤーで遊びました。自分も1回遊んだのですが、誰と遊んだのか、勝ったのか負けたのかは忘れてしまいました。




オロンゴ Orongo
Orongo20150303.JPG往路では遊べなかったオロンゴを漸く帰路で遊べました。陣取りが熱く、タイルをすべてめくっても決着がつきませんでした。最後は残りの手持ちのモアイが0だった最上さんとフレイさんのうち、手持ちの貝殻が多かった最上さんの勝利です。この旅行で通算5回もオロンゴを遊んだことになりますね。

結果:最上 0(5)勝利、フレイ 0(3)、自分 1、秋山 2
(括弧内はタイブレークの貝殻数)



このあと「ヤバラス」を3回、そして「タックル」を3回遊びました。これで大阪マーケットを絡めた名古屋・関西ゲームの旅は終わりです。翌日、秋山さんに大須を案内してもらってから帰途につきました。秋山さんには往路と復路での名古屋はもちろん、大阪滞在中も色々なところに連れて行って頂いてありがとうございます。また東京で遊びましょう!


トリックプレイ ゲーム会 2015.03.03

Trickplay20150303.JPGnakiさんと一緒に神戸・三宮にあるボードゲームショップ「トリックプレイ」を訪問しました。神戸ステーキハウスで昼食をとったあと、新神戸に向かってフラワーロード平行する道を進んでいきます。よく考えたら神戸は34年振り、ポートピア81以来の訪問です。

入り口はちょっと目立たないものの、店に入ってみると非常にバラエティーに富んだ品揃えです。また、プレイスペースが広く、1階と2階の両方でかなりの人数が遊べるのではと思います。

店主の梅井さんが店内を案内してくれて、色々な話を聞けました。そのあと梅井さんがnakiさんと自分に様々なゲームを教えてくれました。普段あまり目にすることはできない大掛かりなギミックのゲームが中心です。




ソウバンデ Sau-Bande!
Sau-Bande20150303.JPGボタンを押すと手をぱちぱち叩くプラスチックの豚を操って、ボールを弾き飛ばし、時間切れになったときにボールを持たないようにするというゲームです。豚の手を叩くという動作の細かい調節ができないのがちょっと残念です。また勢い余ってボールがしょっちゅう盤上から飛び出してしまいます。この辺りを改善すれば結構面白いのではないでしょうか。




クロコロレス! Krokolores: Happs und weg!
Krokolores20150303.JPG中央で回転する円盤を自分のワニを傾けて良いタイミングで止めるゲームです。止まった所と同色のカードを獲得します。円盤は90度ずつに4色に分かれているので、自分が取れるときに他のプレイヤーも別の色が取れることがあります。その辺を考えながら素早く考えて損をしないようにするのです。ひどいときには自分以外の全員がカード獲得なんてこともあります。獲得したカードは色別に計算しボーナスもあります。なかなか良くできているのではないでしょうか。




カラーポップ Colorpop
Colorpop20150303.JPGランダム配置のアブストラクトゲームで、おそらく「ぷよぷよ」というビデオゲームをモチーフにした物と思われます。縦横の同一色のコマのかたまりをひとつ選んで除去し上にあるコマがそのまま落ちてくるという作りです。最後に自分に与えられた極秘裏の色がボード上で少なければ勝ちです。

すごいのが除去するときのギミックです。斜めに立てかけられたボードに指でコマを押して落とすのです。結構大きい音がします。落ちたコマはボード裏側のを伝って落ちてきます。プラスチックでなければできない技ですね。ゲームとしてもなかなか面白く、2回遊びました。それにしてもこのギミックは凄い!




タックル Tackle: Duell der Strategen
Tackle20150303-1.JPG完全情報ゲームです。ゴールとなる形を選び、その通りに自分のブロックを並べられたら勝ちです。ゴールとなる形によって難易度やゲームの長さが変わるのは良い仕掛けですね。リプレイアビリティーが高まります。

まずはボードの端にしか自分のブロックを置けません。そこから基本的にはチェスのルーク(将棋の飛車)のように縦横に動かしていきます。ただし、ボードの対角線だけは斜めも動けます。またアバロンのように相手を押すこともでき、さらにそれを複数列で同時に行えます。かなり色々な動きができるゲームで気に入ったので、トリックプレイ訪問記念として購入しました。




エレファンの鼻先 Elefun Schnüffel-Rüssel
Elefun20150303.JPGバネが付いたプラスチック製の象の頭を持ってバネの先に付いている吸盤でカードを取るというゲームです。お試しで数手番のみプレイ。力加減が難しく、結構難易度は高めです。ちょうど良い加減だと吸盤がカードを取ってきてくれます。慣れれば面白いのではないでしょうか。




象のトランペット Trötofant
Trotofant20150303.JPGnakiさんに一度は試して欲しいと思って店長さんに頼んで出してもらった「象のトランペット」です。久し振りに遊ぶとやはり少し感覚を忘れていますね。2回連続で遊びましたが、息が苦しくなってきました。これは訓練が必要です。もしボードゲーマージムなるものができたら、巨大ヘックメックとともに必ず置いてあるだろうと思われるゲームですね。




キップ エックス Kipp X
KippX20150303.JPG「キピット」を多人数用にしたものです。「キピット」と異なり、自分の側という概念がなく、シーソーが傾いたら落ちた物はすべて引き取らなければなりません。その代わり好きなタイミングで手番をやめることができます。確か「キピット」ではシーソーが傾くまで載せ続けなければならず、傾いて落ちた物は相手が引き取ることが多いのですが、自分が引き取ることもありました。シーソーの自分の側が上になったプレイヤーが引き取るのです。このあたりの駆け引きが好きだったのですが、それが全部無くなってしまったのは残念です。これは改悪だと思います。




おばけの時間のこわい仲間 Gruselrunde zur Geisterstunde
Gruselrunde20150303-1.JPG最後はブラックライトを使った推理ゲームです。6人の人物が物陰に隠れており、それを当てるゲームです。ゲームを始める前にゲームの箱の上に大きな屋敷を組み立てます。これがものすごく巨大で、非常にインパクトがあります。これらの横に出ている棒で6人のキャラクターを出したり引っ込めたりするようになっています。指定された3つのキャラクターに対応すると思われる棒を操ってキャラクターを登場させます。そして箱の一方から覗いて正解を確認するのです。

Gruselrunde20150303-2.JPG箱の中は真っ暗ですが、ボタンを押してブラックライトを照らすことでキャラクターが浮かび上がるという非常に凝ったつくりです。写真の通りかなり幻想的です。ただゲーム自体はちょっと単純過ぎて、ブラックライトは雰囲気を出す以上の役割がないというのは残念なところです。




色々なゲームを見られて充実した神戸訪問でした。梅井さん、ありがとうございました。プレイスペースが綺麗で非常に広々としているのも魅力ですね。ここからはnakiさんは三宮から大阪へ、自分は新神戸駅まで歩き、新幹線で名古屋に向かいます。これでnakiさんとはお別れです。関西での数日間、お世話になりました。


カフェミープル ゲーム会 2015.03.02

嵐のようなゲームマーケット前の日々が終わり、この日は朝からゆっくりとnakiさんの自宅で過ごし「盤上の石」を遊んでから、夕方から京都のカフェミープルに向かいました。



盤上の石 Stein im Brett
nakiさんのコレクションのひとつです。ランダム配置の多人数ゲームですが、石を袋から引くので完全情報ではありません。どうも青色のコマがまるごと抜けていたみたいですが、それでもなんとか遊べました。3ラウンド制で手番には袋から石を3個取り出して自由に置くだけです。ボードが埋まるとラウンド終了で、得点計算をします。自分の担当する色の石が孤立していれば(周りに同色の石がなければ)1点です。ボード上の石をすべて取り除き、同様にして2ラウンド、3ラウンドと行います。

6人まで遊べるし、袋からの引き運があるので6人でも機能するのではないでしょうか。ネスターゲームズの「リブラ」や「オメガ」にちょっと似たプレイ感覚です。




CafeMeeple20150302.JPG京都・河原町にあるカフェミープルは2月27日に出町柳から移転したばかりです。河原町駅からうろ覚えの記憶を頼りに進んだら見つかりました。六角通と新京極通(寺町通の一本東側)が交わる付近の黄色い建物の2階です。店主はワシントン州シアトル出身のアメリカ人、ネイトさんで、日本滞在は計4年という非常に気さくな方です。ゲームだけでも良いし、ドリンクや軽食もあります。バナナスムージーを飲みながら色々なゲームを遊びました。ときどきネイトさんが「よかったらこっちと一緒にやりませんか?」などと知らないグループ同士を引き合わせてくれました。




ダンジョン オブ マンダム Dungeon? of Mandom
DungeonOfMandom20150302.JPG一度だけ遊んだことがある「ダンジョンオブマンダム」です。今回は初版と思われるビデオゲームの絵柄で、こちらの方がテーマに合っている感じがして良いと思いました。また2回目なのでカード構成も分かるようになり、かなり楽しめました。少なくとも「ガントレットオブフールズ」よりはずっと良いゲームです。nakiさんと2人で2回遊びました。




犯人は踊る Dancing Criminal
DancingCriminal20150302.JPG地元の女子ゲーマー3人と一緒に「犯人は踊る」を遊びました。カードの回り方が必ず時計回りなので、結構推理できる要素もあり、これも以前より面白く感じました。なんだかんだと5戦も遊んでしまいました。絵も気が抜けた感じで悪くないです。




ロンド Rondo
Rondo20150302.JPG再びnakiさんと2人になり、2人でも十分楽しいと思われる「ロンド」を青と赤の面1回ずつ計2回遊びました。nakiさんは飲み込みが早く、2戦とも負けてしまいました。シンプルですが、小さな勝負所がいくつもあり、それと程よい運の要素がかみ合っていますね。やはり良いゲームです。




タイムボム TimeBomb
TimeBomb20150302.JPG店主のネイトさんが「これが自分の一番好きなゲームです、一緒にやりましょう!」といって出してきたのが「タイムボム」です。同人ゲームでよくみると新ボードゲーム党の出版でした。聞いたことがなかったので、あまり乗り気ではなかったのですが、せっかくだからとnakiさんと加わり計6人で遊びました。

時限爆弾を仕掛けて爆発させたいテロリスト2人とそれを阻止したいスワット4人の2チームに分かれますが自分以外の正体は最後まで分かりません。30枚のカードには時限爆弾カード1枚と解除成功カード6枚が入っています。それ以外の23枚はセーフカードでゲームにおける役割はありません。4ラウンド中に時限爆弾カードが表になればテロリストの勝ち、解除成功カードが6枚すべて表になればスワットの勝ちです。4ラウンドが過ぎてしまうと時限爆弾が爆発したことになり、テロリストの勝ちになってしまいます。

第1ラウンドではカードを裏向きに5枚ずつ配ります、中身を確認したあと、自分では場所が分からないようにその5枚を混ぜて裏向きにしてそれぞれ自分の前に並べます。スタートプレイヤーはニッパーを持っており、誰かのカードを表向きにします(ニッパーで導線を切るということです)。そして表向きにされたプレイヤーが今度はニッパーを持ち他の誰かのカードを表向きに、というように6枚表向きになったら第1ラウンドは終了です。

面白いのはここで伏せてあるカードをすべて混ぜて配り直すことです。第2ラウンドは6枚減っていますので各プレイヤー4枚ずつになります。同様に第3ラウンドは3枚ずつ、第4ラウンドは2枚ずつとなり、どんどん爆弾カードが出る確率が高まっていくのです。

もちろんいつでも自由にプレイヤーはお互いの意見を言って構いません。嘘を言っても良いし本当のことを言っても良いのです。解除成功カードを何枚持っているか? 爆弾カードは持っているのか? などが最初の取っ掛かりになります。解除成功カードは真実より多く言うことも少なく言うこともあります。この辺りが色々な思惑が絡んで非常に面白いです。

いわゆる人狼系のゲームなのですが、洗練されており、脱落もなく短時間なので完成度は高いです。人狼系のなかでは一番の傑作なのではないでしょうか? 自分は早速買ってしまいました。

結果は記録していませんが、6回連続で遊び、nakiさんが終電のことを忘れるほど夢中になっていたというのが印象的です。帰りは阪急では間に合わず、高槻でJRの駅まで歩いて乗り換えました。




翌日は、神戸のトリックプレイ、そして名古屋再訪です。