ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

藤沢ボードゲームサークル 2018.02.18

久し振りに辻堂で開催される藤沢ボードゲームサークルに夕方から参加しました。



戦国ドミノ Sengoku Domino
(説明 5分 プレイ時間 55分)
SengokuDomino20180218.JPG2回目となるドミノタイルでのエリアマジョリティー争い「戦国ドミノ」です。このゲームを気に入っている2人と遊んだということもあり、なかなか楽しめました。オープニングはやはり最初にタイルを置くプレイヤーだけが城の隣りに置き、それ以降は既に置かれたタイルの隣りに数字を合わせておかなければならないようで、今回は初めて正しいルールで遊びました。自分は2番手でしたが、1番手のひつじさんとはまったく異なる小さい合計値のタイルを出したので、ひつじさんはタイルが置けなくなくなりましたが、そういうゲームだと思えばこれはこれで良いのかもしれません。このあとも何度かタイルが置けずに破棄して手番終了という場面がありました。

最初の戦場では自分とミスミンさんが4列対4列でバッティングし、ひつじさんが漁夫の利を得て城を獲得しました。2番目の戦場では自分は6のタイルをあらかじめまたがせておいていたものの、うまく活かせずにミスミンさんが城を獲得。3番目の戦場では、ミスミンさんとひつじさんは城を取れば勝ち、自分はマーカーを置ききれば勝ち、という緊迫した状況でしたが、ひつじさんが列の数で2つめの城を獲得してゲームを制しました。

結果:ひつじ 勝利(城2つ)、ミスミン、自分



キャンディー マッチ Candy Match
(プレイ時間 5分)
つなぎとして遊んだスピードゲームです。ひつじさんが強くて自分は3位に終わりました。そのあと「キャンディートリオ」というバリアント(3つ揃ったら取れる)を提言してちょっとだけやったのですが、難しすぎました。今度は「キャンディーアンマッチ」というバリアントを試してみます。

結果:ひつじ 24、サブ 16、自分 14、ミスミン 8



アサラ Asara
(説明 10分 プレイ時間 75分)
Asara20180218-1.JPG「アサラ」は2010年にクラマーがデザインした8角形のボードが印象的な中量級のゲームです。4ラウンドに渡って5種類の塔の土台、柱部、尖塔を集めて塔を建て、ラウンド終了では塔の数、紋章、スタートプレイヤーマーカーを、ゲーム終了時には塔の総数や種類別の塔の高さを競います。一度建てた塔はその後何回も決算の対象になるので早く塔を建てたいのですが、なかなかそううまくはいきません。

システム的にはカードで行うワーカープレイスメントです。カードは5色あり、同種類のアクションに置かれるカードはすべて同色でなければなりません。つまり最初にその種類のアクションを行った人がカードの色を決められるのです(ない場合は任意の2枚のカードを裏向きで置いてアクションができます)。このワーカーに他のプレイヤーからはプレイするまで見えない色が付いているというのはなかなか面白いですが、5色9枚ずつ計45枚のデッキで、プレイヤーの手札は7枚なので、重要なアクションの色の主導権を握るのはかなり大切です。

Asara20180218-2.JPGアクションは、塔の部品を買う(土台、柱部2種、尖塔)、山札から好きな部品を買う、既に手に入れた部品で塔を建設するというのが主で、ほかに塔の価値を上げる窓が得られるアクションや、お金やカードがもらえるアクションがあります。手番ではカードをプレイしてアクションを行うだけで、全員手札を使い切ったら1ラウンド終了。これを4回繰り返してゲーム終了です。

ワーカープレイスメントはあまり好きではないのですが、このゲームはワーカーに他のプレイヤーから見えない色がついており、また同色という縛りもあるのでなかなか面白かったです。ただ、ワーカープレイスメントすべてに言えることかもしれませんが、最初は特定の手が有利なので、同じことをなぞっているだけなのがなんだかなあという気がしました。毎ラウンドほぼカード補充とお金のマスから埋まっていきます。もう少し有効な手の幅が欲しいです。でも、これはたまたま今回経験者のプレイヤーがみんな同じことを考えたからだけで、いろいろな展開があるのかもしれませんし、そうであって欲しいと思います。また、4ラウンドは短そうで意外に時間がかかります。クラマーが好きなデッキの上から5枚見て1枚取るとかそういう処理があるのも一因かと思います。しかしながら、他のワーカープレイスメントとは違ったクラマーらしさがあり好感が持てます。クニツィアもいつかワーカープレイスメントを作るのでしょうか? その日が楽しみです。

結果:タケル 71、自分 62、ミスミン 56、ひつじ 55



アキシオ Axio
(プレイ時間 30−35分)
Axio20180218.JPG洗練された「頭脳絶好調」の正方グリッド版です。3人と4人で1回ずつ遊びました。遊べば遊ぶほど面白いです。ピラミッドのルールが秀逸で、これにより連続アキシオ宣言への手筋や組み合わせが一気に広がった気がします。特に2戦目は連続アキシオ宣言で5色中3色を18点まで上げて勝利。そのうち2人も試したいものです。今後「アキシオトラベル版」とか「アキシオカードゲーム」とかスピンオフが出るかもしれませんね。正三角形グリッドの「アキシオトライゴン」なんていうのも出てくるかも。

結果
1戦目:自分 10、ミスミン 8、タケル 7
2戦目:自分 16、サム 15、タケル 11(13)、せりあど 11(11)
(カッコ内はタイブレーク)


なかよし村とゲームの木 2018.02.17

この日は夕方から第1826回なかよし村の例会、第9回ファイブハンドレッド大会に参加しました。ファイブハンドレッドというのはオーストラリアで遊ばれているトリックテイクらしいですが、名前は結構よく聞きますし、遊んだこともあります。



ファイブ ハンドレッド Five Hundred
(プレイ時間 各35−40分)
FiveHundred20180217.JPGかなり昔に遊んですっかりルールを忘れていたファイブハンドレッドです。プレイ感覚としては副官がいるところが和製ナポレオンに一番似ていますが、カードの点はなくトリック数を競います。4スート13ランク(6人だとカードをもっと増やすみたいです)のマストフォローで、切り札を指定してトリックがいくつ取れるかをビッドします。得点表があり、その得点でより高いビッドをすれば良いのですが、スペード<ミゼール<クラブ<ダイアモンド<ハートという順だと思えば良いでしょう。なお、切り札は15枚あり、強さの順は、ジョーカー>表J>裏J>A>K>・・・>2です。表Jは切り札スートのジャック、裏Jは切り札と同色のジャックで、ナポレオンとの違いはこのカードも切り札スートとして考えるところです。副官は指定カードで指名し、指名されたら即座に名乗り出なければなりません(これがいまひとつ面白くない気がする)。なお得点は成功すればプラス、失敗するとマイナスになり、副官はその半分のプラスまたはマイナスになります。他のプレイヤーは1トリック10点です。通常は誰かが500点、あるいはマイナス500点になるまで行います。

この大会ではテーブルやプレイヤーを変えて3回行いました。どこかのテーブルが終了条件を満たしたらそのディールで他のプレイヤーも終わりなので、500点に誰も言っていないゲームもあります。順位点を競い、自分は15人中12位でした。トリックテイクとしてはかなり大味で、副官はなすすべがないことが多いのはちょっと頂けないです。

結果(15人中12位)
1戦目(3ディール35分):山田 160、木 130、自分 40、高木 −50、すえ −520
2戦目(5ディール35分):夜の花畑 400、TRAX 170、自分 70、草場 40、木 −90
3戦目(6ディール40分):木 580、ぶうりん 530、伊藤 490、ひなた 220、自分 80



スカート Skat
Skat20180217.JPG「ファイブハンドレッド」終了後にスカートを遊びました。本当に久し振りで、ビッドの順番なども忘れていました。ミドルがフォアに最初に聞くのでしたね。時間の関係で6ディール戦を行いましたが、途中でダイアモンドでゲーム、ウィズ7、ハンドを達成し81点獲得。久し振りに遊ぶとやっぱり良いゲームですね。また忘れないうちに再戦したいです。

結果:自分 128、木 84、夜の花畑 30


ボードゲームレルムDDT 2018.02.16

ロス バンディット Los Banditos
(説明 5分 プレイ時間 各20−30分)
LosBanditos20180216.JPGかなり久し振りに遊ぶ、バトルラインダイスゲームとでも呼ぶべき「ロスバンディット」です。敗北を認めてダイスを袋に戻せるのが特徴で、これによって特定の色のダイスを袋から引く確率が高くなります。バトルライン/ショッテントッテンが好きなはたさんと先手後手を変えて2戦遊びました。2戦とも後手の勝利。ダイスの色だけの役がないところはよくできています。

結果
1戦目:自分 10、はた* 9
2戦目:はた 10、自分* 9



アキシオ Axio
(プレイ時間 30分)
Axio20180216.JPG「頭脳絶好調」のスクエア(正方形)グリッド版です。クニツィアはこれ以前にも、スクエアグリッド版の「頭脳絶好調」である「頭脳絶好調ジュニア」をデザインしており、「アキシオ」はその復刻版かと思いましたが、かなりルールが異なりました(「頭脳絶好調ジュニア」の詳細レビューはここ)。「アキシオ」は5色で手札も5枚なのに対し、「ジュニア」は4色で手札は1枚(バリアントでは2枚)などと様々な違いがありますが、大きな違いは得点方法で、「アキシオ」は「頭脳絶好調」のように置いたタイルから直線上に連続する同色タイルの枚数を得点しますが、「ジュニア」では置いたタイルの周り6マスだけを得点します。この隣接タイルを得点する、というルールが、今回「アキシオ」のピラミッドルールとして採用されたと思われ、見方を変えれば、「頭脳絶好調」と「頭脳絶好調ジュニア」の両方の要素を取り込んだのが「アキシオ」なのです。

今回は自分以外は初プレイ。特にキノさんは数少ない「頭脳絶好調ジュニア」の経験者です。ピラミッドルールが秀逸で、ピラミッドの連鎖が起こることもあれば、ピラミッドよりも長い列に便乗した方が良いこともあり、単純にピラミドが強いわけではないのが素晴らしいです。「頭脳絶好調」ファンにはぜひ試してほしいゲームです。

結果:自分 13−13−14−18−18、キノ 8−11−12−17−18、はた 8−11−12−13−18



おばけキャッチ Geistesblitz
Geistesblitz20180216.JPGここで、人数が揃うまで、店に置かれていた「おばけキャッチ」で遊びます。カードに本が描かれていた時には、取るのではなく物の名前を言わなければならない、というルールです。後半からキノさんがどんどん追い上げてきて、最後は2枚差でした。

結果:自分 27、キノ 25、は 不明



アメンラー カードゲーム Amun-Re: The Card Game
(説明 15分 プレイ時間 65分)
Amun-ReTCG20180216.JPGここからシミーズさんとフジマキさんが加わって5人です。さすがにらくだは1回も機能しません。やはり0ビッドをする理由があまりなく、さらにピラミッド3つの魅力が勝るので、簡単に11を超えてしまいます。誰かが7−8位のカードをビッドすればほぼ確実です。この辺りが調整不足のゲームに思えてしまいます。そして調整不足な部分がクニツィアらしからぬ感じなのです。そのうち2人で遊んでみたいです。

結果:はた 20(勝利)、フジマキ 20、シミーズ 18、キノ 17、自分 16



ブードゥープリンス Voodoo Prince
(プレイ時間 55分)
VoodooPrince20180216.JPGベストと思われる5人でのプレイ。今回は最高点を稼げる最後から2番目抜けを1ディールも取れませんでした。シミーズさんが3ディール獲得して50点オーバーの圧倒的な勝利。さすが、初代なかよし村スカート優勝者だけあります。一方で、キノさんは自分と同様に一度もラスト2番抜けがなかったものの、各ディールで順当に稼いで2位。

結果:シミーズ 51、キノ 40、フジマキ 34、自分 27、はた 21



セイミ イン ザ スーパー クレイジー ワールド Seimi in the Super Crazy World
(プレイ時間 25分)
SeimiInTheSuperCrazyWorld20180216.JPGフジマキさんのリクエストもあり、「セイミインザスーパークレイジーワールド」です。閉店まであまり時間がなかったので、説明やプレイにあまり時間がかからないノーマルモードで遊びました。ルール自体はそれほど多くもなく、さらに今回は最初と4枚目の道のりカードがたった1マスだったので、デッキから引くだけのゲームという印象を与えてしまったか心配です。オリジナルの「二つの塔」では道のりカードは2−4マスが2枚ずつなので、ノーマルモードで遊ぶなら1マスのカードは抜いても良いかもしれません。フジマキさんの勝利でしたが、イラストが強烈過ぎたようです。

結果:フジマキ 18、はた 17、キノ 17、自分 17、シミーズ 15