ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

ボードゲームサークル まんまる 2015.07.05

Manmaru20150705.JPGちょっと久し振りにまんまるに参加しました。今回はいつもの場所ではなく、篠崎でした。3ゲームしか遊べませんでした。次回はまる一日参加したいものです。




チグリスユーフラテス Euphrat & Tigris (ホビージャパン版)
(説明 25分 プレイ時間 65分)
Euphrat&Tigris20150705.JPG「チグリスユーフラテス」は、これまでハンスイムグリュック版、メイフェア初版、ペガサス版、メイフェア第2版、と主に4回(各国版を含めれば更に多い)出版されていますが、版権がファンタジーフライトに移り、それに応じてホビージャパンから4月下旬に日本語版が発売されました。自分はルールの翻訳を担当したので、サンプルを頂いたのですが、これまで遊ぶ機会がなく、2ヶ月経ったこの日に漸く初めて遊ぶことが出来ました。

ファンタジーフライト版が元なので、まったく木製のコンポーネントがなく、指導者、得点(財宝)、モニュメントはすべてプラスチック製です。自分は、ドイツゲーム=木製、という古い固定概念があるのでプラスチックはあまり好きになれないのですが、この指導者コマは分かり易いし悪くないと思います。タイルのグラフィックもまずまずです。

客商売さん、たかりんさん、tomiさんを誘って4人で遊びました。自分はリードしていると思われていたようですが、実はほとんど1色が欠けていて、最後の最後で何とか平均的にもっていったという薄氷を踏むような展開でした。しばらくはこの版で遊びたいと思います。

結果:自分 6−11−11−18、tomi 5−5−7−8、客商売 5−5−6−8、たかりん 4−5−6−10



ポイズン Poison (コザイク版)
(プレイ時間 45分)
Poison20150705.JPGこの日の「ポイズン」はその名の通り、胃が痛くなるような激戦でした。薬を取れば、すぐに右隣のプレイヤーが追ってくるし、取りたい釜の数値は6のままだし、取りたくない釜を1で取らされるし、自分で入れた毒を引き取る羽目になるし、というように、みんなの陰謀がドロドロに渦巻いていました。これぞポイズンという感じで、非常に満足したゲーム展開でした。

結果:自分 21、tomi 23、客商売 24、たかりん 38



キーフラワー Keyflower
(説明 35分 プレイ時間 95分)
Keyflower20150705.JPG客商売さんに誘われて、そのまま「キーフラワー」を遊びました。これで3回目だと思います。キーシリーズはこのゲームしか遊んだことがないのですが、基本的な構造は悪くないと思います。タイルの競りに対するミープルの色の縛りや、タイルの所有と効果発揮を同時に競っているところなど、なかなか考えます。また、当初感じていた最後のタイルのボーナスのバランスの悪さもそれほど感じませんでした。やはりこのゲームを好きだと言う客商売さんと遊んだのが大きいと思います。ゲームはそのゲームを好きな人と遊ぶのがベストですね。根幹のシステムを活かした45分くらいのゲームが出ればなあと思います。

結果:客商売 69、たかりん 52、自分 50、tomi 43


この日のアミーゴは、フジマキさんが初参加です。徐々にですが、逗葉地区にも少しはゲーマーはいるのだなあということが分かってきました。気長にゲーム会を続けていると、そういう思わぬ出会いがあります。



ハイソサエティ High Society (グリフォン小箱版)
(説明 10分 プレイ時間 各20−25分)
HIghSociety20150703.JPGまずはアミーゴに常備してある「ハイソサエティ」を遊びました。1戦目は4人で、2戦目はまさのぶさんも一緒に5人で遊びました。うまく競り落とせなかったり、お金を使い過ぎて脱落してしまったりと、苦戦しました。

結果
1戦目:N 20(25)、ハタ 17(35)、自分 7(52)、フジマキ 8(6x)
2戦目:ハタ 20、まさのぶ 13、フジマキ 12、N 7、自分 12(脱落)



ドラゴンの宝石 Drachenhort
(説明 10分 プレイ時間 30分)
Drachenhort20150703.JPGクニツィアの新作で、まさのぶさんが持って来てくれました。各プレイヤーは7人いる冒険者のうち極秘裏に3人を受け持ち、自分が受け持った冒険者が、ドラゴンに捕まらないように城から脱出することを目指します。手番にはダイスを振り、それで好きな冒険者を動かせます。ほとんどのマスは光と闇に二分割されており、動かした冒険者は闇の側に入ります。闇の側にいる冒険者は動かすことが出来ず、すべての冒険者が闇の側に入るとリセットされて、またどの冒険者でも動かせるようになります。ただし、このリセットされるときにドラゴンが動いて冒険者を後ろから追いかけてくるのです。これで食べられてしまうと、もうその冒険者に得点はありません。

ボードには宝石が散乱しており、これを得ることでも得点になります。また、マスによっては光だけだったり、あるいはダイスの目も闇の側からでも動かせるものがあったりするので、結構考えます。

どうも「ロイヤルターフ」のリメイクだと聞いていたのですが、「ロイヤルターフ」とはかなり異なります。どちらかといえば、「アバンドンシップ」と「リトルイタリー」を足して2で割ったようなゲームなのではないでしょうか?

結果:ハタ 35、フジマキ 34、自分 33、源 25、まさのぶ 22



StarWars20150703.JPG次は、「スターウォーズ」が遊ばれました。人数の都合で、自分は観戦です。なおまさのぶさん持ち込みのこの版は、自分のとは少し絵柄が異なるようです。いくつかバージョンがあったとは知りませんでした。

結果:源 204、フジマキ 164、琢磨 164、まさのぶ 159、ハタ 131



バベルの塔 Der Turmbau zu Babel
TurmbauZuBabel20150703.JPG最後は「バベルの塔」です。ちょっと久し振りに遊ぶ気がします。やはり4人がベストかもしれませんね。本質的にはボードは要らないゲームなので、コンパクトにして再販してくれないかなあと思っています。この日、唯一勝利したゲームです。

結果:自分 88、琢磨 68、源 61、まさのぶ 53


ミスボド 2015.06.27

この日のミスボドは、途中で私用があって抜けたので3ゲームのみです。久し振りに「アメンラー」を遊びました。



トゥイッグス Twigs
(プレイ時間 30分)
Twigs20150627.JPG受付をしている主催の秋山さんを誘って、トゥイッグスを遊びました。今一番ホットなネスターですね。隣で見ていた小川さん親子が気に入ったようで、あとで遊んでいたようです。

結果:自分* 13、秋山 11



アメン ラー Amun-Re
(説明 20分 プレイ時間 125分)
Amun-Re20150627.JPG久し振りに「アメンラー」を持ち込んで遊びました。理想の5人プレイです。前半はAbydos、Thebes、Khagaの3つのエリアを取りましたが、ピラミッドを建てたのはAbydosだけです。最多ピラミッドをタイで獲得しました。後半は、Sawu、Berenike、Amarnaの3つのエリアを取りましたが、最多は逃してしまいました。かなりの僅差で3位。でも納得の3位です。

結果:コルト 38、ひろぴ 36、自分 35、こだ 22、bluerose 22



ペンギンパーティー Penguin Party (タンサンファブリーク版)
(プレイ時間 30分)
Pingu-Party20150627.JPGタンサンファブリークが再販した「ペンギンパーティー」です。この版を遊ぶのは2回目ですが、かなり良い出来の製品だと思います。絵柄と色は初版の雰囲気を残しながらさらに良くしたという感じで、カードの質も上々です。ペンギンパーティーが日本で手軽にできるのは喜ばしいことですね。

この日は振るわず最下位でした。

結果:ana 2、3丁目 6、mari 8、自分 8



このあとphyさんが持ち込んだ中国製の協力ゲームを少し見物してから、ミスボドをあとにしました。