ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

川崎ボードゲーム会シャッフル 2019.02.16

エルドラド Wettlauf nach El Dorado + 英雄と悪魔 Helden & Dämonen
(説明 15分 プレイ時間 30分)
ElDorado20190216.JPG「エルドラド」の拡張入りも今回で4回目です。これまでは中級の「悪魔の谷」を2回と「未知への探検」を1回遊んでおり、今回が初めての上級シナリオ「三角州(リバーデルタ) Flussdelta/River Delta」です。このエルドラドの拡張は、色々と細かいルールや例外処理があり、そのあたりはあまりクニツィアらしくありませんが、探検する雰囲気を味わうには英雄あり、悪魔の呪いがありと盛りだくさんで楽しいです。

2枚目のボードに英雄の小ボード、そのあと、3枚目のボードから悪魔の呪いヘックスが増えてだんだんと辛くなってきます。ひだりさんは、悪魔のヘックスを連続して進むという強硬手段に出ていましたが、これもなかなか楽しい遊び方だと思います。

終盤には結構引き離されてしまい、エイトさんの勝利。今回の敗因は英雄に出会うためにかなりの手番を使ったり、圧縮が足りずに思うようにカードを使えなかったりといったところだと思います。英雄に会いに行くのがかなり遠回りだったので、英雄を無視するという手もあるかもしれませんね。

結果:エイト(青) 勝利、ひだり(赤)、自分(黄)



ゴー ゴー エスキモー Go Go Eskimo
(説明 5分 プレイ時間 40分)
GoGoEskimo20190216.JPG5人プレイです。「空手トマト」と並んで、最近のクニツィアの定番となっています。基本的にはファミリーゲームなので、カードの運などはあるのですが、やはり誰がどの色のカードをどのタイミングで出すのかを観察するのが、このゲームの醍醐味です。今回は経験の差を活かして毎ラウンドほぼ10点ずつ獲得して勝利。

結果:自分 29、エイト 24、ひだり 22、アルル 21、海苔 16



宝島 Treasure Island
(説明 20分 プレイ時間 55分)
TreasureIsland20190216-1.JPG宝島が描かれたボードで実際に宝を見つけるというゲームです。プレイヤーのうち1人がシルバー役となり、あらかじめ宝を隠します(手元の地図に示しておきます)。それを他のプレイヤーは色々なヒントを手掛かりに探すのです。ただし、協力ゲームではなく早く見つけたプレイヤーが勝利するので、他のプレイヤーに自分の思惑を悟られないようにしなければなりません。

このゲームの最大の特徴は、ペンで直接ボードに書いていくことと、大掛かりなギミックです。円を描けるコンパス caliper や方位を示すコンパス compass や宝箱など、非常に凝っています(コンパスが2つあるので、円を描く製図コンパスはカリパス caliper と呼ぶようです)。これで「半径6マイル以内には宝はない」「東と北西には宝はない」などと実際に地図で示すわけです。これは心が躍る仕掛けです。

TreasureIsland20190216-2.JPGただ、やっていることは勘で宝の場所を当てるというのが本質なので、偶然に当たってしまうということでしかないと思います。そういった意味ではリプレイアビリティーは低いかもしれません。時間も思ったよりはかかります。

ひだりさんが持ち込んで説明をしてくれました。エイトさんがシルバー役で宝を隠し、少しずつ与えられていくヒントを手掛かりに、島の中を移動して探検するのですが、なかなか宝ものは見つかりません。時間切れになり、シルバーが自分の宝を取り戻しに行くところで、海苔さんが宝を発見しました。

結果:海苔 勝利(他、エイト、アルル、ねこ、自分)



13 13
(プレイ時間 各25分)
13-20190216.JPG手札5枚で山札がある「ポイズン」です。このバージョンを遊んだのは実に久し振りのことです。元々はプレイルームから(そして数年後にはアミーゴから)出版されていた「ポイズン」が、そのリメイクとして(おそらくポイズンは教育上よくないという理由で)「ドーナッツカードゲーム/パン屋の1ダース」をリリースした時に、それに対応するドイツ語版ということでアミーゴから出版されていたバージョンです。ややこしいですね。(参考:ポイズンの詳細レビューはここ

手札が5枚というのは配りきりと比べるとどうしてもあるスートを積極的に取りに行くという行動を取りづらく、ディフェンシブになりますが、かといって戦略性に劣るかといえばそうでもないというのが今回の発見です。山札から何を引くかわからないので、山札が尽きるまでと尽きたあとでは考え方が変わります。普通の「ポイズン」よりも、山札を取らないという選択肢になりやすく、誰がどのスートを集めることになるのかが中盤までわからないのが面白いですね。また、場の色があらかじめ決まっているので、ゲーム最初から毒(赤の4)を安心してプレイすることができるのも違います。4人4ディール戦を2回遊びました。暫くこちらのルールで遊んでみたいです。

結果
1戦目:自分 15、海苔 19、エイト 26、タキセ 28
2戦目:エイト 18、ミスミン 21、自分 24、タキセ 32



空手トマト Karate Tomate
KarateTomate20190216.JPG最後は残り時間でできる「空手トマト」の5人プレイです。最近のクニツィア定番ゲームのひとつとなっており、ほぼ毎回遊んでいる気がしますが、やっぱり面白いです。最初から抜けるよりは半端になっている1枚を切って、楽に取らせないようにしたりということも結構大切だと思います。

結果:自分 12(4)、エイト 7(3)、ひだり 6(3)、ミスミン 13(2脱落)、タキ 8(2脱落)



終了後は、ミスミンさんを誘って久しく行っていなかった定食屋さんきちに行きました。そうしたら、なんとシャッフルの主催と参加者数名が、自分が会場に忘れていったゲームのバックを届けてくれました。どうもありがとうございました。


なべ屋 ボードゲーム合宿 2019.02.10

FureainoMura20190210.JPG合宿2日目です。もうかなり雪は溶けていました。1日目に写真を撮っておけばよかったなあと思います。途中バドミントンも遊んで、さらに朝食、昼食、夕食、入浴と時間が決められているのでその間を縫って遊ぶという感じです。




ナジャ Naja
(プレイ時間 45分)
Naja20190210.JPG朝一番のゲームは、ネスターゲームズの新作の「ナジャ」です。ツイクスト好きのまーさんと遊びました。なんだかこの合宿に来てから長時間ゲームとアブストラクトばかりやっている気もしますが、アブストラクトゲームを遊ぶプレイヤーが増えたのは喜ばしいことです。

結果:まー 15、自分 15



ロス バンディット Los Banditos
(プレイ時間 20分)
LosBanditos20190210.JPG続けて持参した2人用バトルラインダイスゲームである「ロスバンディット」です。このゲームは運の要素もありますが、長い目で見ればいかに自分の側にダイスを置けるスペースを作っておくかという駆け引きが中心だと思います。つまり、自分が多く置いて相手がまだ置いていない列で撤退すれば、それだけ自分の方に余裕ができて有利になるのです。そういう意味では「バトルライン」と異なった味があります。

結果:自分 10、まー 6



ハーケンシュラーゲン Hakenschlagen
(プレイ時間 45分)
Hakenschlagen20190210.JPGコンポーネントの可愛さから結構遊んでしまうゲームです。なぜか今回は(もしかしたらこれまでも)お互いに他のプレイヤーのコマはジャンプできないとしていましたが、これが間違いでお互いのコマはジャンプできます。これだとゲームはずっとスピーディーになりそうです。次回は正しいルールで遊んでみます。今回はあすまーさんの青いうさぎが勝利しました。

結果:あすまー(青) 勝利、(他:ぽん、まー、Shun、自分)



ゴー ゴー エスキモー Go Go Eskimo
(プレイ時間 40分)
GoGoEskimo20190210.JPG2日連続で遊ぶ「ゴーゴーエスキモー」です。前日同様に5人で遊びました。やはり6人より5人が良いですね。ベストは4人か5人という気がします。中盤から終盤にかけて、少しだけ他のプレイヤーが持っているカードがわかってくるのが面白いです。子供ゲームだけど、子供と遊ぶと子供が泣いてしまうかもしれませんね。

結果:まー 30、自分 23、ぽん 22、あすまー 18、Shun 17



バズ イット! Buzz It!
BuzzIt20190210.JPGなべ屋合宿のたびに持ってきている「バズイット!」です。5秒(あるいは8秒)以内にトピックにあった答えをどんどん言っていくだけなのですが、これが以外と難しい。こういうスピーディーなパーティーゲームは重宝します。

結果:草場 敗北 (他:koba、サチコ、あすまー、自分)



セブン スペード Seven Spades
SevenSpades20190210.JPG草場さん主導で、「セブンスペード」を5人で遊びました。ちょっとしたブラフと駆け引きがあり、また他のプレイヤーの状況によって自分が嘘をつくかどうかも考えなければならないというのが良いですね。初参加のサチコさんが3勝して勝利を収めました。

結果:サチコ 3、あすまー 2、草場 1、自分 1、koba 0



ヤニブ Yaniv
Yaniv20190210.JPG草場さん主導のトランプゲームその2は「ヤニブ」です。最近なんだか「ヤニブ」を遊ぶ機会が多く、おかげですっかり「バンジー」のルールを忘れてしまいました。まあ「ヤニブ」の方が面白いので良いと思います。本来は100点を超えたプレイヤーがいたら終了なのですが、時間の都合で7ディールで終わりとしました。そのときに最小失点で勝利したのはあすまーさんです。あとで「リカーーーリング」を遊んだときに思ったのですが、少しずつ手札が少なくなっていくところがちょっと似ていますね。

結果:あすまー 50、草場 52、koba 64、自分 70、ジャンク 71、サチコ 76



黄河と長江 Yellow & Yangtze
(プレイ時間 65分)
Yellow&Yangtze20190210.JPGひろぴさんリクエストによる「黄河と長江」です。自分はやはり「チグリスユーフラテス」派なのですが、「黄河と長江」のほうが好きというプレイヤーのほうが多数であり、確かにこちらの方がわかりやすいので、ぜひ多くの人にプレイして欲しいゲームではあります。序盤はなんと6枚すべて黒のタイル。さらに補充しても補充しても黒のタイルばかりで、何かの冗談だと思いましたが、ただの偶然だったみたいです。最初の20枚くらいのタイルで黒でないのは2枚だけでした。でもこういう状況でもなんとかなるのが「チグリスユーフラテス」であり「黄河と長江」も同様です。

ようやくこのゲームのコツがわかってきて、他人の赤色タイルに寄生して外部戦争を起こしたり、といったことができるようになりました。タイルがダイナミックに剥がれず、また戦争での収益が少ないことも、慣れてしまえば分かりやすさにつながっているのかもしれません。ひろぴさんには、好評だったようで良かったです。

結果:自分(弓) 9−9−10−11、大久保(牛) 8−9−9−10、ひろぴ(獅子) 8−8−8−10、おばれい(壺) 5−6−7−9



漫画会 Manga Kai
(プレイ時間 各5分)
MangaKai20190210.JPG前回不評だった「漫画会」を再び試してみました。「ピット」のクニツィア版といえば「ウィードル」が知られていますが、この「漫画会」はより「ピット」に近く、かなり異なったアプローチです。カードは両面同じで他のプレイヤーのカードが見えること、得点タイルを得なければ得点にならないこと、過半数のプレイヤーが終わらせたかったら終わりになるなど、悪くはないと思います。少なくとも「ピット」よりは優れていると思うのですが、どうにも受けが良くありません。2戦目は「ラストムーブ」のあと、お風呂に入る直前に遊びました。6人くらいが良さそうです。

結果
1戦目:自分 26、あすまー 21、プラティニ 20、ジャンク 15、ひろぴ 3
2戦目:チョコザイナ 23、自分 22、マーサ 19、さたもと 17



ノーティス Notice
(説明 5分 プレイ時間 35分)
Notice20190210.JPGトリックテイクの「ノーティス」です。自分と他のもう1人のトリック獲得数をあてるというマニアックなゲームです。少々得点計算が複雑で、いつも忘れてしまいます。この辺りをもう少し簡略にしてもよいかもしれません。自分はこのゲームが下手で、今回も見事に最下位でした。

結果:ぽん 29、草場 25、大久保 24、自分 13



ラスト ムーブ Last Move
LastMove20190210.JPGマッチ箱サイズのケースに小さなペントミノが詰まったアブストラクトです。互いに直前に相手が置いたコマに辺で隣接するように置いていき、置けなくなったら負けです。昔、プラパズルのペントミノのセット(確かプラパズルNo.12)に含まれていたゲームを思い起こさせます。まあゲームにはなっていると思いますが、それよりもタイトルの「ラストムーブ Last Move」でダイスタワーのトム・バーセルを思い出してしまい(昔のギークを見ている人はわかると思いますが、彼はアナグラムのアニメーションをアバターにしていました)、そればかり気になりました。

結果:自分 勝利



リカーーーリング Recurrring
(プレイ時間 各50−60分)
Recurrring20190210.JPGリカーーーリングの3ディール戦を2回連続で遊びました。久し振りにちゃんと3ディール戦を遊んだ気がします。やっぱり良いゲームだなあとしみじみ思います。上がったからといって必ずしも勝ちというわけではないし、あがるには手札の組み立てと運が必要です。たかりんがなんだかやたらと強く、2勝。

結果
1戦目:たかりん 34、自分 21、ぽん 16、大久保 16
2戦目:たかりん 25、ぽん 22、大久保 21、自分 19



ポイズン Poison (アミーゴ版)
(プレイ時間 各40−45分)
持ち込んだ「アミーゴ」版の小箱のポイズンで4人4ディール戦を2回遊びました。大久保さんが非常にうまくカードをかわしていました。それよりも他の3人が単に攻撃的でお互いにマイナスを増やしあっていただけかもしれません。ここしばらくご無沙汰だった「ポイズン」ですが、再びプレイ意欲が湧いてきています。(写真撮り忘れ)

結果
1戦目:大久保 9、自分 27、たかりん 30、さたもと 44
2戦目:大久保 16、たかりん 21、自分 24、ノブヒコ 27



モダンアート Modern Art (ダイスツリー版)
(説明 10分 プレイ時間 90分)
ModernArt20190210.JPG最後は、持参した「モダンアート」の豪華版と言われるダイスツリー版です。去年出版されたばかりで、オークションハンマー、絵を置くイーゼル、すべて金属製の硬貨、世界の画家と韓国の画家の2種類のデッキ、など盛りだくさんです。5種類の画家を表す5色のうち、青と緑のが見分けづらいという意見もありましたが、それ以外は遊びやすくよくできています。

ModernArt20190210-2.JPGKazunaさんは初プレイでしたが、相場を見誤ることもなく、むしろ考えに考えた自分の指値や競り値がブーイングの嵐。やはりモダンアートはそのグループにより異なるので難しいです。勝者は初プレイのkazunaさん。自分は色々と読みが外れてトップに100近くの差をつけられて最下位でした。

結果:Kazuna 489、たかりん 442、PHY 397、自分 390



3日目の2月12日は、「バズイット」「空手トマト」「DTC」を遊び、帰路につきました。また次回も時間の許す限り参加したいものです。


なべ屋 ボードゲーム合宿 2019.02.09

Rindou2-20190209.JPG昨年の4月末以来と思われる、愛川ふれあいの村でのゲーム合宿です。仲木戸でPHYさん、がとうさん、かえるさんと待ち合わせ。仲木戸ではまだ雪が降っていたものの、山間部の愛川では雪はほとんど降っていませんでした。うっすらと積もっていた程度です。途中前回も立ち寄った「ひふみ」で昼食を食べてから行きました。今回使ったのは「りんどう2」というロッジです。




18リリパット 18Lilliput
(説明 55分 プレイ時間 100分)
18Lilliput20190209.JPGまずは18xxを簡略化したという噂の「18リリパット」です。さたもとさんが専任で説明してくれました。18xxを簡略化する試みとしては「ポセイドン」よりはずっと楽しめました。株式ラウンドと運行ラウンド、という区分けはなく、プレイヤーは「株を買う」「線路を敷く」「駅トークンを置く」「列車を買う」といったアクションをアクションカードから選択して行います。株は社長株が50%株であとは10%株で、他人への押し付けはできません。また全部で5枚しか買えません。

また、このゲームが他の18シリーズと異なるのはボードがないところです。路線はすべて正方形のタイルをつなげていきます。最初は各プレイヤーが会社を1つずつ持ち、それはスタートタイルである赤いタイル(18xxでの盤外コネクションにあたる)に隣接して始めます。他のプレイヤーの会社と協力したり裏切ったりしつつ路線を延ばしていきます。ただし、列車購入の義務はないので、破産はありません。

なかなかよくできていると思いますが、これを遊んでいるとやっぱり18xxを遊びたくなってきます。株を自由に売り買いしたり、他の会社をのっとったり、破産したりしたいのです。今回のプレイ時間は100分なので入門編としてはベストかもしれません。

結果:自分 2804、ゆい 2786、ひろぴ 2762、マーサ 2447



スチーブンソン ロケット Stephenson's Rocket (グレイルゲームズ版) + アメリカ東部&中国 Eastern USA & China
(説明 25分 プレイ時間 140分)
StephensonsRocket20190209.JPG新しく出版されたグレイルゲームズ版の「スチーブンソンロケット」には拡張ボードがあります。両面ボードで「アメリカ東部」と「中国」です。今回は「アメリカ東部」を遊んでみました。

元の「イギリス」マップでは産物は4種類に分かれていましたが、「アメリカ東部」では6種類に分かれています。全体の産物の数は同じなので、ゲーム終了時の産物のマジョリティーを取りやすくなり、産物の価値が上がったと言えます。

また、マップは得点源となる町が「イギリス」マップの9箇所に比べて8箇所と少なくなり、だいぶ異なった印象です。遊ぶまでは、そんなにプレイ感覚は変わらないだろうと思っていたのですが、結構違ったので楽しめました。印象としてはイギリスよりもかなりきつく、ちゃんと進路を取らないとあっという間にその会社が死んでしまいます。さらに今回はあまりvitoが起こらずに、どんどんみんな株を貯めていくというちょっと変わった展開になりました。株の価値は相対的な持ち株数なので、これはこれでちゃんとしたゲームになるのが素晴らしいところですね。

結果:がとう(青) 81、のぶひこ(白) 56、PHY(茶) 54、自分(ピンク) 43



ゴー ゴー エスキモー Go Go Eskimo
(説明 5分 プレイ時間 50分)
GoGoEskimo20190209.JPG長時間鉄道ゲーム2連発のあとは息抜きに「ゴーゴーエスキモー」を遊びました。外はまだ雪が少々積もっており、そんな中で遊ぶのは雰囲気があってよかったです。このゲームのコンポーネントは本当に可愛らしいのですが、それだけでなくゲームもシンプルながらよくできています。5人なので1人当たりのカードも少なく、流れにうまく乗れないとまったく魚が取れないということもありそうですが、今回は結構うまくいったとおもいます。

結果:マーサ 23、自分 20、サチコ 19、チョコザイナ 16、かえる 12



コンヘックス ConHex
ConHex20190209.JPGマーサさんに誘われて「コンヘックス」を遊びました。これ以外にも結構ネスターゲームズのゲームが持ち込まれており、ちょっとした合間に遊ばれていました。自分は「流氷に乗って」「ナジャ」「ヤバラックス」の3つを持ち込みましたが、それ以外にも「ペントアップ」「羊と犬と狼」などを見かけました。いよいよ土嚢新時代か?

結果:自分 勝利、マーサ 敗北



スポネクト Sponnect (渋 Shibumi より - コンヘックス ConHex 使用)
Sponnect20190209.JPG「コンヘックス」のボードを使って「渋(しぶみ)」の「スポネクト」が遊べます(ただし大きさは5x5とひとまわり大きいです)。ペグは使わず、外側からタイルを置いていけば良いのです。つまりあるマスの外側にすべてタイルが置かれているときに限って、そのマスにタイルが置けます。もちろんパスができるし、パスをする理由がよくわかると思います。手軽に遊べるので「コンヘックス」を持っているプレイヤーは是非試してみてください。(スポネクトのルールはここ

結果:自分 勝利、マーサ 敗北



フレッシュフィッシュ 新版 Frisch Fisch
(説明 20分 プレイ時間 95分)
FrischFisch20190209.JPGさたもとさんが持ち込んだ「フレッシュフィッシュ」の新版です。旧版ルールで遊ぶというので混ぜてもらいました。新版が出版された時には新版ルールで遊んだこともあるのですが、このゲームの一番の面白さである道路建設がほとんど抜けていて非常に残念だったという記憶があります。やはり、フレッシュフィッシュは旧版ルールで遊んでこそ光るゲームです。予想していたことですが、初めて遊ぶプレイヤーにとっては道路が自動的に建設されていくのが想像しづらいようです。中盤以降に一気に道路タイルが置かれて、そのあと終局へと向かうのが見ていて気持ちが良いゲームですね。競りは相変わらずビッドが低いので、「これは競りゲームじゃないよ」っていうプレイヤーもいます。

結果:リーマン −5、あすまー 5、たかりん 8、さたもと 9、自分 9



2日目に続く