ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

ゲームカフェぶんぶん 2018.02.21

ひだりさんを交えての平日ゲーム会です。「リバーボート」と「カリマラ」を遊びました。「リバーボート」は遊んだことがあると思っていたのですが、遊んだことがあったのはクワリの「パワーボート」で、完全に勘違いしていました。



リバーボート Riverboat
(説明 20分 プレイ時間 115分)
Riverboat20180221-1.JPG(1)各自のボードに人を配置し、(2)人が配置された場所に作物タイルを置き、(3)その作物の量に合わせて船を買い、(4)決算カードをドラフトして(5)決算カードや家や井戸を決算して得点を稼ぐというゲームです。これら5つのフェイズのどのスタートプレイヤーになるかを示すフェイズカードを、役割カード分配方式で順番に選んでいきます。4人なので、ラウンドのスタートプレイヤーは最初の1枚と最後に余った1枚の2枚のフェイズカードを得ます。そして5フェイズを順にこなしていくのです。ゲームは4ラウンドで終了です。

Riverboat20180221-2.JPG得点は主に、決算によりますが、それ以外にも(2)で2−3ヘックスのタイルを置くと得点が入ったり、手持ちの人のコマをボードに送ると点が入ったり、ゲーム終了は購入した船が点になったりと、まあ大変です。ひだりさんが的確に説明してくれたのですが、自分は集中力が続かずにフェイズ(3)の説明くらいから分からなくなりました。とにかく船の得点を伸ばすための黄色いコマをたくさん進めて、ボードに大きなタイルを買って、高い価値の決算をするようにしました。桟橋にいる黄色いコマがトップだと船の価値が他のプレイヤーの倍になるそうで(最後まで知らなかった)、ラッキーなことにこの倍の価値を手に入れたこともありトップになりました。

要素が非常に多く、あまりこの手のゲームをやらないので大変でした。要素を3割くらい減らせばかなりプレイしやすくなるのではと思います。個人ボードではなく、全体ボードにした方が土地の奪い合いになって面白かったのでは? でもそれは非常に90年代的で、自分が単に90年代のドイツゲームが好きなだけですね。今の時代ならこれで良いのかも。

結果:自分 148、ひだり 146、シミーズ 139、名人 126



カリマラ Calimala
(説明 20分 プレイ時間 50分)
Calimala20180221.JPG2度目となるカリマラです。1度目はレポートを書いていないのですが、なかなか良かったという記憶があります。今回は豪華で渋い建物が付属したデラックス版で、気分も高まります。ルールはほとんどすっかり忘れており、さらに睡魔が襲ってきて、まったく五里霧中のままゲームの前半をプレイ。中盤以降になってやっといろいろなメカニクスが見えてきました。2つのアクションの間にコマを置くこと、それにより他のプレイヤーもアクションができること、さらには決算の引き金になることなど、なるほどよくできています。やはり、カードを手番に何枚も使えるというのが大味な気がします。使える枚数を制限するとか、あるいはカードを手に入れられる機会を減らすとかしたほうが良いと思います。次回はちゃんと起きているときに遊びたいものです。

結果:シミーズ 36、自分 32、ひだり 28、名人 19


六火亭 2018.02.20

カーン オブ カーンズ Khan of Khans
(説明 15分 プレイ時間 15分)
KhanOfKhans20180220.JPG主催者のかーん君と「カーンオブカーンズ」を遊びました。多少山札から出たカードを覚えて、また得点のタイミングなども考えていったので、前回よりは楽しめました。とはいっても、戦闘員ディーさんの特殊能力「誰かが敵の魔術カードで略奪カードをすべて捨てるときに、そこから1枚もらえる」というのが強すぎて、これも前回と同じ流れでした。おそらく「ゴールドラッシュ」がこのゲームの原型だと思いますが、格段に完成度が低いです。驚いたのは「ノミのサーカス」と同じくらいの面白さ、または「トレンディー」よりまし、などといった意見が複数のプレイヤーから出たことです。「ノミのサーカス」も「トレンディー」も、クニツィアらしいライトなカードゲームの傑作で、この「カーンオブカーンズ」に比べればずっと洗練されており戦略のあるゲームです。それらと同じくらいの出来だという意見は本当に驚きです。もう少し遊べば「カーンオブカーンズ」の評価も少しは上がるかもしれませんが、それでもこの2作と同等になることはないでしょう。

このゲームは日本語化されるらしいですが、「トレンディー」を日本語化した方が良いと思います。

結果:戦闘員ディー 700、かーん 460、Shun. 400、自分 260、あかまどうじ 240



なつのたからもの Zirkus Flohcati: Japanese Edition
(プレイ時間 20分)
Natsunotakaramono20180220.JPGそんな流れもあって、次は日本版「ノミのサーカス」である「なつのたからもの」を遊びました。絵柄もほのぼのとしており、最近は「ノミのサーカス」よりもこちらを遊ぶ機会が多いです。自分は左隣りのShunさんと同じ0や1を取って邪魔をしつつ数枚のハイカード(5−7)だけで早く10色を揃えて勝ち切ろうと思っていたのですが、10色揃えても勝ち目がなさそうなので0の3枚トリオを作ってから上がり宣言をしました。でもトリオを4つ作っていたかーん君に1点差で負けてしまい悔しい! 「カーンオブカーンズ」の後に遊んだせいもあり、非常に良いゲームに思えました。

結果:かーん 58、自分 57、Shun. 44、あかまどうじ 44、戦闘員ディー 40



FBI FBI
(プレイ時間 15分)
FBI20180220.JPG最後はかーん君オススメの「FBI」です。いつかどこかで1度だけ遊んだことがありますが、ルールをまったく覚えてませんでした。まず、カードを取る順番を手番順に決めます。手持ちの得点カードを1枚消費しますが、面白いことにマイナスとプラスのカードがあり、マイナスはいずれは処理したいのですが、手番順は不利になってしまいます。手番順が確定したら、同時プロットで4列のどの2列のカードを取りにいくかを決めて、そのあと手番順にカードを取ります。同じ列でプラスとマイナスがあるときなど、何人がそこを狙っていくのかをきちんと読むことが大切です。なかなかよくできています。時間の都合で途中終了でしたが、忘れないうちにまた遊びたい。

結果(途中終了):かーん 29、あかまどうじ 13、Shun. 8、自分 6


藤沢ボードゲームサークル 2018.02.18

久し振りに辻堂で開催される藤沢ボードゲームサークルに夕方から参加しました。



戦国ドミノ Sengoku Domino
(説明 5分 プレイ時間 55分)
SengokuDomino20180218.JPG2回目となるドミノタイルでのエリアマジョリティー争い「戦国ドミノ」です。このゲームを気に入っている2人と遊んだということもあり、なかなか楽しめました。オープニングはやはり最初にタイルを置くプレイヤーだけが城の隣りに置き、それ以降は既に置かれたタイルの隣りに数字を合わせておかなければならないようで、今回は初めて正しいルールで遊びました。自分は2番手でしたが、1番手のひつじさんとはまったく異なる小さい合計値のタイルを出したので、ひつじさんはタイルが置けなくなくなりましたが、そういうゲームだと思えばこれはこれで良いのかもしれません。このあとも何度かタイルが置けずに破棄して手番終了という場面がありました。

最初の戦場では自分とミスミンさんが4列対4列でバッティングし、ひつじさんが漁夫の利を得て城を獲得しました。2番目の戦場では自分は6のタイルをあらかじめまたがせておいていたものの、うまく活かせずにミスミンさんが城を獲得。3番目の戦場では、ミスミンさんとひつじさんは城を取れば勝ち、自分はマーカーを置ききれば勝ち、という緊迫した状況でしたが、ひつじさんが列の数で2つめの城を獲得してゲームを制しました。

結果:ひつじ 勝利(城2つ)、ミスミン、自分



キャンディー マッチ Candy Match
(プレイ時間 5分)
つなぎとして遊んだスピードゲームです。ひつじさんが強くて自分は3位に終わりました。そのあと「キャンディートリオ」というバリアント(3つ揃ったら取れる)を提言してちょっとだけやったのですが、難しすぎました。今度は「キャンディーアンマッチ」というバリアントを試してみます。

結果:ひつじ 24、サブ 16、自分 14、ミスミン 8



アサラ Asara
(説明 10分 プレイ時間 75分)
Asara20180218-1.JPG「アサラ」は2010年にクラマーがデザインした8角形のボードが印象的な中量級のゲームです。4ラウンドに渡って5種類の塔の土台、柱部、尖塔を集めて塔を建て、ラウンド終了では塔の数、紋章、スタートプレイヤーマーカーを、ゲーム終了時には塔の総数や種類別の塔の高さを競います。一度建てた塔はその後何回も決算の対象になるので早く塔を建てたいのですが、なかなかそううまくはいきません。

システム的にはカードで行うワーカープレイスメントです。カードは5色あり、同種類のアクションに置かれるカードはすべて同色でなければなりません。つまり最初にその種類のアクションを行った人がカードの色を決められるのです(ない場合は任意の2枚のカードを裏向きで置いてアクションができます)。このワーカーに他のプレイヤーからはプレイするまで見えない色が付いているというのはなかなか面白いですが、5色9枚ずつ計45枚のデッキで、プレイヤーの手札は7枚なので、重要なアクションの色の主導権を握るのはかなり大切です。

Asara20180218-2.JPGアクションは、塔の部品を買う(土台、柱部2種、尖塔)、山札から好きな部品を買う、既に手に入れた部品で塔を建設するというのが主で、ほかに塔の価値を上げる窓が得られるアクションや、お金やカードがもらえるアクションがあります。手番ではカードをプレイしてアクションを行うだけで、全員手札を使い切ったら1ラウンド終了。これを4回繰り返してゲーム終了です。

ワーカープレイスメントはあまり好きではないのですが、このゲームはワーカーに他のプレイヤーから見えない色がついており、また同色という縛りもあるのでなかなか面白かったです。ただ、ワーカープレイスメントすべてに言えることかもしれませんが、最初は特定の手が有利なので、同じことをなぞっているだけなのがなんだかなあという気がしました。毎ラウンドほぼカード補充とお金のマスから埋まっていきます。もう少し有効な手の幅が欲しいです。でも、これはたまたま今回経験者のプレイヤーがみんな同じことを考えたからだけで、いろいろな展開があるのかもしれませんし、そうであって欲しいと思います。また、4ラウンドは短そうで意外に時間がかかります。クラマーが好きなデッキの上から5枚見て1枚取るとかそういう処理があるのも一因かと思います。しかしながら、他のワーカープレイスメントとは違ったクラマーらしさがあり好感が持てます。クニツィアもいつかワーカープレイスメントを作るのでしょうか? その日が楽しみです。

結果:タケル 71、自分 62、ミスミン 56、ひつじ 55



アキシオ Axio
(プレイ時間 30−35分)
Axio20180218.JPG洗練された「頭脳絶好調」の正方グリッド版です。3人と4人で1回ずつ遊びました。遊べば遊ぶほど面白いです。ピラミッドのルールが秀逸で、これにより連続アキシオ宣言への手筋や組み合わせが一気に広がった気がします。特に2戦目は連続アキシオ宣言で5色中3色を18点まで上げて勝利。そのうち2人も試したいものです。今後「アキシオトラベル版」とか「アキシオカードゲーム」とかスピンオフが出るかもしれませんね。正三角形グリッドの「アキシオトライゴン」なんていうのも出てくるかも。

結果
1戦目:自分 10、ミスミン 8、タケル 7
2戦目:自分 16、サム 15、タケル 11(13)、せりあど 11(11)
(カッコ内はタイブレーク)