ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

2ヶ月振りのアミーゴでのゲーム会は「ずし呑み葉山呑み」というイベントと一緒で、木曜日の18時スタートという変則的な時間です。夜までたっぷり遊べました。ミスミンさんが遊びに来てくれました。



ロストシティ Lost Cities + 6番目の探検 Expedition 6: The Lost Expedition
(プレイ時間 各45−55分)
LostCities20170216.JPGフジマキさんが未プレイだということで、3ディール戦を2回遊びました。1戦目は通常のルール、2戦目は6スート目の拡張を加えたルールです。ルールを説明した時点で、既に「面白い」と言っており、いたく気に入ってもらえたようです。6スートだと、手札は8枚のままなので結構きついですね。来年にはぜひ「7番目の探検」も出版してほしいものです。夜はシネマアミーゴでさらに1ディール戦を3回プレイ。

結果
1戦目(基本のみ):フジマキ 180、自分 173
2戦目(拡張入り):フジマキ 249、自分 67
3戦目(1ディール):不明(ブンタ対自分)
4戦目(1ディール):みゆき 51、自分 49
5戦目(1ディール):みゆき 50、自分 24



巨大カメのかけっこ La Maxi Course des Tortues
(プレイ時間 各15−20分)
LaMaxiCourseDesTortues20170216.JPG2013年にパリのOYAゲームズで買った巨大版「カメのかけっこ Schildkrötenrennen」をようやく遊べました。巨大といっても通常のものより、少し大きいくらいであり、カードやボードも大きめです。自分の色のカードは大事な時にしか使いたくないので、それをいかに残しつつ、あまり遅れをとらないように進めるかが大切です。ちょっと「フォーミュラーモーターレーシング」に似ています。ただし、「フォーミュラーモーターレーシング」はカードが尽きるタイミングに合わせて自分のコマを勝たせるようにするゲームですが、こちらはカードは何度もリシャッフルされるかわりに自分のコマが極秘裏というシステムです。ワイルドや、最後尾を進めるカードの使いどころもなかなか考えさせられます。2回遊びましたが、2戦目は1戦目と全く逆の順位になりました。

結果
1戦目:ゆみ 1位、はた 2位、自分 3位、フジマキ 4位
2戦目:フジマキ 1位、自分 2位、はた 3位、ゆみ 4位



ピック ア ピッグ Pick-a-pig
(説明 5分 プレイ時間 10分)
Pick-a-pig20170216.JPGはたさん持ち込みのパターン認識ゲームです。絵柄の豚に5つの要素(大きさ、色、腕、サングラス、ポップコーン)があり、自分の前に置かれたカードと要素が1つ以下だけ違うカードをリアルタイムで場からとっていきます。もう取れないと思ったら、テーブルを叩いて全員ストップ。本当にそのプレイヤーが取れないかを確かめます。他のプレイヤーが取ったカードもみんなで確かめます。カードは1枚1点ですが、もし間違っていたらその回はすべて無得点になってしまいます。

「フルーツスパイ」と同じ絵柄で、好みが分かれると思いますが、自分は結構好きです。「ピックアドッグ」という犬のシリーズもあるそうで、さらに混ぜて遊べるそうです。これも試してみたい。

結果
1戦目:フジマキ 27、はた 19、ゆみ 18、自分 14
2戦目:不明



深海に眠る財宝 Die Schatztaucher
(プレイ時間 55分)
Schatztaucher20170216.JPGちょっと薄暗いシネマアミーゴの雰囲気にぴったりだと思って持ち込みました。ブラックライトを光らせると、おーっという歓声が上がります。クニツィアがメカニクスから考えたゲームだと言っていましたが、見事にテーマと合致しています。結構バースト率が高いので、ある程度は慎重に進めるのが良いでしょう。今回は浅瀬のタイルがあらかた取られてしまい、終盤はかなり辛かったです。ボーナスタイルが尽きて終了。

結果:はた 35、自分 27、ゆみ 25、フジマキ 24



ブロックス3D Blokus 3D
(プレイ時間 各15−35分)
Blokus3D20170216.JPG「ルミ」のリメイクだが、なぜか「ブロックス」のタイトルが冠されている「ブロックス3D」です。「ルミ」は以前一度だけ遊んだことがありますが、ルールはすっかり忘れていました。あとでギークなどで調べてみると、概ね同じルールのようです。自分のブロックのいずれかと面で接するように置きます。上限は8段(ボードの形によって異なる)と決まっており、誰も置けなくなったときに上から見て最も多く見えている色のプレイヤーが勝利します。戦略がどこまであるのかという疑問は少々残ります。

結果
1戦目:ミスミン 5、かんな 3、フジマキ 3、自分 −1
2戦目:かんな 11、ゆみ 11、自分 8、ブンタ 7



リカーーーリング Recurrring
ありそうでないシステムの「リカーーーリング」です。場札を回収するので最初はやはり難しいかもしれませんが、みんな楽しんでくれたみたいです。お試しプレイということで1ディール勝負を2回遊びました。

結果(1ディールのみ)
1戦目:自分 12、ブンタ 11、ゆみ 6
2戦目:不明



このあと、「ピックアピッグ」「リカーーーリング」「ロストシティ(3回)」を再び遊んで、最後は「秦」で締めました。



秦 Qin
(プレイ時間 各45−60分)
Qin20170216.JPG源ちゃんのリクエストもあって、久し振りに「秦」を遊びました。2人が好きなのですが、3人もなかなか面白いですね。切れ味の鋭いゲームで、他人の苗床にならないように気を付けつつ、虎視眈々と乗っ取りを狙うのが楽しいです。時間も短めなので、もっと遊びたいゲームですね。あらためて良さを再発見した気分です。

結果
1戦目:みゆき 勝利
2戦目:自分 勝利


六火亭 2017.02.14

ディアシュピールで火曜の夜に行われる六火亭に久し振りに寄りました。



ポウ! Pow!
(説明 5分 プレイ時間 10分)
Pow20170214.JPG「ポウ!」は「すしゾック」のリメイクで、ルールを読む限りは元のゲームと同じだと思われます。テーマは怪しげな寿司から、スーパーヒーローとスーパーヴィラン(悪役)へと変わり、絵柄もポップになりました「ヘックメック」よりも知名度はずっと低いのですが、こちらの方が収束が良くて好きだという意見も当時はありました。主催のかーんさんとあそびましたが、収束は2人だとあまり「ヘックメック」と変わりません。結構タイルの取り合いになるような気もしますが、5つのうち3つのダイスで6分の1を達成しなければならないので、そこまで取り合いにはならないのかもしれませんね。次回は3人以上で遊びたい。

結果:かーん 11、自分 6



プラネット ラッシュ Planet Rush
(説明 10分 プレイ時間 25分)
PlanetRush20170214.JPG漸く「プラネットラッシュ」を初めて正しいルールで遊べました。拒否による得点がないのにはやはり慣れません。他人の手番のときにオファーが拒否されると意味がないので、できるだけ受け入れられるように1枚出したりということも多くなります。ゲーム終了時にはいくつの建物に貢献したかのボーナスがあり、これがかなり大きいので、自分で建てて全員を拒否したほうが良いのかもしれないなどと思います。他のルール変更もかなりあり、最後に残ってしまった建物は無得点なことなども気になります。別のゲームみたいです。でも、これはこれで悪くないのかもしれません。次は4−5人で試してみたいです。

結果:あかまどうし 60、自分 60、かーん 42


ミスボド 2017.02.11

メディチ Medici (グループSNE版)
(説明 10分 プレイ時間 55分)
Medici20170211.JPG話題のメディチを5人で遊びました。ペタナカさん以外は初プレイということなので、相場がどうなるかと少し心配でしたが、あまり問題なかったです。自分は1ラウンドと2ラウンドの終了時ではトップだったので、このまま逃げ切れるかと思ったのですが、最後につくもさんに逆転されてしまいました。余裕があると思って、終盤の何回かでちょっと高くビッドしすぎたかもしれません。最後は、みんな5枚を獲得している中、4枚しか獲得していない自分と大仏さんがラスト1枚を競り争うという結果で、めくった1枚はなんと10のカードでした。なかなかドラマチックなエンディングです。競り落とせば数値合計で1位、競り落とさなければ5位なので、値付けは単純でしたが、思いの外高いビッドになってしまいました。それにしても、この得点トラックは使いづらい。

結果:つくも 106、自分 104、ぺタナカ 87、ミスミン 76、大仏 60



プラネット ラッシュ Planet Rush
(説明 20分 プレイ時間 60分)
PlanetRush20170211.JPG個人的にすごく好きなゲームである「バベルの塔」がビクトリーポイントから「プラネットラッシュ」として再販されました。ルールに多少の変更があると聞いていましたが、ボードやトークン、終了条件などかなり異なります。「バベルの塔」ではすべて3フェイズで、不思議が完成したのですが、「プラネットラッシュ」では1−4フェイズです。使用するカードの色や枚数も固定されており、さらに終了条件は7つ完成すること、そして終了後にはボーナスもあります。

ルールをその場で流し読みしたので、ルールの大部分は「バベルの塔」と同じだと仮定してすすめたのですが、あとでルールを読み直したら重大な違いに気がつきました。なんと「バベルの塔」であったカードの提供を拒否されるとカードを消費せずに1枚1点を獲るというルールがないのです。拒否されたらカードは戻りますが無得点なのです! これには驚きました。まさかこのルールを変えるとは、驚きです。ギークでも賛否両論のようで、次回は正しいルールで遊んでみる必要がありそうです。今回は「バベルの塔」と同様に拒否点ありで遊んでしまいました。なので、得点は参考までに。おそらく実際はもっと低い得点になるでしょう。

「バベルの塔」との詳しいルールの違いなどは、次回、正しく遊んだときに書きます。

結果(参考):大仏 52、つくも 49、自分 45、ペタナカ 38、ミスミン 37



ディノ パーク Dino Park
(プレイ時間 30分)
DinoPark20170211.JPG「コード破り/イゴール」のリメイクのダイスゲームです。テーマは恐竜になりました。マイクロチップの代わりに双眼鏡です。終了条件は「イゴール」と同様にすべてのカードまでやるようです(「コード破り」は場のカードが3枚にならなくなったら、だと思います)。自分がリスクを犯し過ぎて失敗し、次手番の大仏さんにお膳立てをするという展開が続きます。挽回するべくさらにハイリスク・ノーリターンが続いて大敗退。2戦目は2次会であらいさんと遊びました。

結果
1戦目:大仏 29、ミスミン 21、自分 2
2戦目:あらい 28、自分 17



航海の時代 Era of Voyage
(説明 10分 プレイ時間 35分)
EraOfVoyage20170211.JPG同人ゲームでロンデルシステムを利用したリソース変換ゲーム(矢印ゲーム)です。自分の船を動かして、お金やトークンなどのリソースを集めて、それによって自分のトークンを置いていきます。誰かがトークンを8つ置いたらゲーム終了です。ほとんどプレイヤー間の絡みがないゲームなので、慣れてしまえば非常に早く進みます。運の要素がないのに、これほどプレイヤーインターアクションの薄いゲームは珍しいかもしれません。

結果:ミスミ 9、自分 9、ペタナカ 8、大仏 7



対戦型テトリス Tetris
(プレイ時間 5分)
Tetris20170211.JPG最後に、クロマさん持ち込みの「対戦型テトリス」です。リアルタイムゲームではなく、ダイス代わりのローラーをスピンさせて、出たコマを置いていきます。スタート時は中央に境界線があり、これを相手側に動かして相手がコマを置けなくなってしまったらこちらの勝利です。1、2、3、4列が完成すると、それぞれ1、3、5、7列分、相手側に境界線が動きます。実際のテトリス同様に、まっすぐな棒はなかなか出ず、これを当てにしていると手詰まりになってしまいます。思ったよりも面白かったです。なおローラーダイスを調べてもらったら、全てのコマ(7種類)は同じ確率で出るみたいです。

結果:自分 勝利、ザリオン 敗北



2次会では、あらいさんと「ディノパーク」を遊びました(結果は前述)。また来月。