ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

なかよし村とゲームの木 2022.12.03

なかよし村の第2074回例会に参加しました。第1土曜日なのでトランプゲームの日です。マリッジラミーというなかなか変わったラミー系のゲームを遊び、終了後にザ・クルー深海版を遊びました。



マリッジ ラミー Marriage
(説明 30分 プレイ時間 6ディール105分)
Marriage20221203-1.JPGネパールやブータンでプレイされているというラミー系のゲームで、現地では単にマリッジと呼ばれているそうです。52枚3組の計156枚を使いジョーカーは使いません。手札21枚で3枚の組み合わせを7組作ります。3枚以上の組み合わせはなく付け札もありません。ジョーカーはないですがワイルドとなるカードがゲーム中に決まります。3組を達成したらそれを晒しワイルドカードが何かを見ることができます。そして残りの4組を作って上がるというわけです。

ワイルド表示カードと同一のカード2枚(ティプル)、同スートで1ランク上のカード3枚(ポプル)、1ランク下のカード3枚(ジプル)、同ランクのカード9枚(ただのジョーカー)と、ワイルドは合計17枚もあります。ラミー17ではなくワイルド17というわけです。

3枚の組み合わせは同一カード3枚(ツネラ)、同スートの連番(シークエンス)、異スート同ランク3枚(トリプレット)とありますが、最初の3組はツネラとシークエンスのみ可能です。

ゲーム進行は通常のラミーのように1枚取る(山札か捨て札の一番上)、カードを晒す(オプション)、1枚捨てる、の繰り返しです。開始時にツネラだけは公開することができ、これはゲーム終了時に5-20点のボーナスになります。3組を達成すればワイルドを使えるようになり、トリプレットも可能になるのでゲームが一気に加速します。

Marriage20221203-2.JPG得点が独特で、上がったプレイヤーに支払います(ワイルド表示カードを見ていたら3点、見ていなかったら10点)が、それとは別にワイルドのうちマールと呼ばれるティプル、ポプル、ジプルがあれば、組み合わせのなかでも手札でも得点になります。なので、ワイルドを持っていること自体が非常に大切です。また、ゲームのタイトルにもなっているマリッジはワイルド3枚からなるシークエンスです。マリッジとマールの点数は重複しないので、そこまで高得点ではありません。

他には3枚組でなく2枚組を8組作るという変わり種の役もあり、これはダブリーと呼ばれます。

4人で6ディール遊びました。ツネラで晒したクラブ3の3枚が実はジプルだということになり、ジプル3枚の10点とツネラの20点が重なってこれだけで30点というのがこのゲームの個人的なハイライトでした。
参考リンク:https://www.pagat.com/rummy/marriage.html

結果:自分 61、高木 38、バッハ 8、カワダ -107



ザ クルー 深海に眠る遺跡 Die Crew: Mission Tiefsee (ジーピー版)
(プレイ時間 75分)
DieCrewMissionTiefsee20221203.JPG「ザ・クルー」の続編で日本語版です。協力するトリックテイクというところは変わりませんが、目標が決まっておらず難易度の数値だけで表されているものが結構あります。これは別に目標カードがあり、裏面には難易度の数値が書かれていて、目標カードの難易度の合計が現ディールの難易度に等しくなるようにランダムで選ぶというものです。面白いのはプレイ人数によって難易度が変わるカードがあるということです。これは当然なのですがこのあたりがちゃんと考えられているのは良いですね。

カードによっては解釈が難しいものも多く、「カードの数値が全て5より大きいトリックに勝利する」というカードでは、自分は「もしカードの数値が全て5より大きいトリックがあれば、それは必ず取らなければならない。(そういうトリックがなければ取らなくても構わない)」という意味だと思ったのですが、実際は「ゲーム中にカードの数値が全て5より大きいトリックを1トリック以上取らなければならない」ということのようです。みんなわかっていたみたいなのでおそらく自分の言語感覚がずれているのかもしれません。

ステージ1から始めて11までをクリアしました。目標カードはランダムなので元のゲームよりも異なるのでストーリー性が薄い気がしますが、その分リプレイバリューは高いのかもしれませんね。

結果:ステージ1−11をクリア(ぶうりん、赤桐、めぐろん、高木、自分)


当サイト、写真復旧完了

一時ダウンし、その後も写真がかなり消失していた当サイトですが、ブログに関しては写真はすべて復旧しました。

消失していたのは「マイシティ会 2020.03.27」から「横浜クニツィア会 2022.09.25」までの101記事です。

もし他にも写真がない記事などがあれば、再アップロードしますのでコメントなどで教えてくれると嬉しいです。

今後もplay:gameをよろしくお願いします。


スパイスダンジョン 2022.11.20

SpieDangeon20221120.JPG東京の練馬・赤塚にあるスパイスダンジョンでゲーム会です。あっきいらびっと夫妻が経営する完全予約制のカレー屋で、店内はダンジョン風になっており装飾品も凝っています。




ジャッジドミノ Judge Domino
(プレイ時間 35分)
JudgeDomino20221120.JPGイッテンの新作の一つです。手番にはドミノを1枚並べますが、全て倒れないのではないかと思ったらジャッジ宣言が出来ます。全員倒れるか否かを予想して同時に示し(ただし最後にドミノをおいたプレイヤーは倒れるを示さなければなりません)、そのあと実際に倒して予想が当たれば予想を外した人数に等しい点数が得られます。ドミノの大きさも幾つかあって予想がしづらくなっているのは良いですね。自分は一度も当たらずに無得点という屈辱を味わいました。

結果:ミロ 7、ヨウ 6、おぴむ 5、ぐんじ 5、自分 0



忍者マスター Ninja Master
(プレイ時間 10分)
NinjaMaster20221120.JPGイッテンシリーズということで、次はクニツィアの「忍者マスター」です。手番プレイヤーはダイスを振り、ダイスに描かれている5色の忍者、5色の煙、手裏剣、刀を見て特典の高そうな忍者コマを早取りします。煙があるとマイナス(ただし偶数個あればプラス)なので単純に取れば良いというものではありません。また手裏剣より刀が多い時に限り刀を奪うことができます。さらにすべての忍者の数をいち早く宣言すればそれも得点になります。色々な要素があるスピードゲームでなかなか面白いです。

結果:自分 20、おぴむ 17、ヨウ 11、ぐんじ 10、ミロ 7



マダ Mada
(プレイ時間 各20分)
Mada20221120.JPG5人で遊ぶのは初めての「マダ」です。1-13の数字カードを昇順に個人の山に捨てていかなければなりません。だんだん出すのが厳しくなって誰かがバーストするとラウンド終了で、そのとき他のプレイヤーはそれぞれが最後に出したカードに描かれた花の数が得点になります。高数値ほど花の数は多いのでバースト寸前に他のプレイヤーがバーストすると高得点というハイリスクハイリターンなゲームなのです。面白いのは手札から出す代わりに山札をめくってチャレンジできること、それに3種類ある特殊カードです。これはヘルベチクのなかでもなかなかの傑作だと思います。

結果
1戦目:ミロ 25、ヨウ 16、おぴむ 15、ぐんじ 12、自分 12
2戦目:自分 22、ぐんじ 15、ヨウ 15、おぴむ 15、ミロ 11



アートの横取り Art Robbery (ヘルベチク第2版)
(プレイ時間 15分)
ArtRobbery20221120.JPG「アートの横取り」の点数修正版です。3ラウンド目にボスが2人いるという不均衡がなくなりました。今回もアリバイ作りに失敗して脱落。いや、脱落していなくても得点も最下位だったというひどい状態でした。なかなか勝てません。

結果:ぐんじ 27(5)、おぴむ 25(5)、ミロ 15(2)、ヨウ 11(2)、自分 11(1脱落)



カートグラファー 勇者たちの門出 Cartographers Heroes (アークライト版)
(プレイ時間 90分)
CartgrapherHeroes20221120-1.JPG重厚な紙ペンゲーム。4ラウンドを通して得点条件に合うように自分の地図をそれぞれ作っていきます。ミロさんが持参した地形スタンプをみんなで使い、非常にカラフルな地図が描かれていきます。基本的には地図に書くべき地形とその形がカードによって示されます。このとき2種類あってマス数がすくないと金貨がもらえるという特典があり迷うところです。

CartgraphersHeroes20221120-2.JPG各ラウンドでは2種類の得点の決算があり、今回は「最長の縦並びの牧草地1マス2点」「水3マスに接している牧草地は7点」「4マス以上の縦横列の住居地7点」「奇数番号の縦列を埋めれば1列10点」という4種の決算項目が並べられます。各ラウンドではそのうち2種が対象になりますが、将来のために先に起こる決算を考えて地図を作らなければなりません。非常に本格的な紙ペンゲームです。結構上手いこといったと思うのですが、あっきぃらびっと夫妻には勝てず3位。

結果:あっきぃ妻 112、あっきぃらびっと 105、自分 105、ぐんじ 101、おぴむ 94、ヨウ 80、ミロ 77



ラピード Rapido
Rapido20221120.JPG「エクストラ」のリメイクですが前回のレポートで書いた通り2人用の面白いルールが付いてきます。今回は5人なので普通の「エクストラ」です。自分が持っていたものに含まれていたダイスはすべて7-4ダイスで6-5が入っていなかったのでエッセンのゲームファクトリーのブースで足りないダイスだけもらおうと思ったら、ブースの人がゲームごとくれました。そんなわけで正しいダイスが入っている「ラピード」です。

最後にリーチをかけてから3回も邪魔をされましたがなんとかゴール。ラピード!!

結果:自分 21、ぐんじ 16、おぴむ 16、ヨウ 9、ミロ 2



Curry20221120.JPGこのあとは、夕食です。スパイスダンジョン特製のカレー2種、チャイなどを楽しみました。カレーは思ったほど辛くなくて、辛いのが苦手な自分でも十分楽しめました。スパイスが効いていておいしいです。

Cake20221120.JPG自分とヨウさんが11月生まれということで、ミロさんがバースデーケーキを用意してくれました。栗のケーキでとてもおいしいです。みなさん、ありがとう。