ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

ボードゲームサークル まんまる 2017.01.15

夕方頃からまんまるに参加しました。今回は篠崎です。まんまるに来るのは結構久し振りです。



長江 Yangtze
(説明 15分 プレイ時間 55分)
Yangtze20170115.JPGまずは客商売さんを誘って「長江」からです。ジレンマの強いクニツィアらしいゲームで、みんな終始唸ったりボヤいたりしていました。出稼ぎカードを使いたくないという思いから、競りで今ひとつ突っ込めずに中途半端になってしまいました。またゲームが思ったよりも早く終わってしまい、目当ての領地が出てこなかったという悲劇も敗因の一つです。逆に、たった4枚の領地で、勝つ予定ではないマジョリティー争いで勝ってしまったという客商売さんが勝利です。

結果:客商売 181、rkusaba 175、ランプ 160、自分 150



バロニィ Barony
(説明 20分 プレイ時間 95分)
Barony20170115-1.JPGバロニィは多人数完全情報の陣取りゲームです。手番に取れるアクションの種類が多いので、あまり先が読めません。ボードは5種類の地形が描かれた3ヘックス分のタイルを組み合わせて作ります。5種類のうち湖は盤外と同じなのですが、のこり4種類の地形上に様々な建物を建てることで得点を重ねていくのが目的です。建物は都市(5)、要塞(2)、村(14)と3種類もあり、さらに盤上を動き回れる騎士(7)を持ちます(カッコ内はそれぞれの個数)。プレイヤーは都市3つから始めます。騎士は都市に登場して移動し、騎士がいる場所に村か要塞を建てると地形に応じて得点します。村は都市にアップグレードすることができ、これも得点になります。要塞と都市は破壊されることはありませんが、村は相手の騎士に破壊される恐れがあります。すると、破壊したプレイヤーに勝利点を奪われます。ただし、村に騎士を一緒に置いておけば破壊させることはありません。他にも森に都市は建てられない、湖に面した都市は一度に騎士を3つ登場させられる、都市は隣接できない、など細かな制約があります。

手番には、騎士を都市に登場させる、騎士を2つ移動させる、要塞や村を配置する、要塞や村の配置で得たチップを得点化する、村を都市にアップグレードする(10点)、騎士をボードの外周から登場させる(別の騎士を犠牲にしなければならない)、という6種類の選択肢があります。そこまで難しくはないですが、最初は結構戸惑います。

Barony20170115-2.JPGKIさんの持ち込みで、初プレイは自分だけです。初めてなのでよくわからないのですが、3人とも口々に「今回の地形は辛い」と言っていました。都市は隣接禁止、森には建てられない、という制限のおかげで、都市を建てるところが非常に限られています。自分は誰も欲しがらない山岳地帯(点数が低い)を独占できたこともあり、また山岳は防御が楽なので、最後に都市も建てることができました。インターアクションは確かにありますが、村を防御するのが簡単(騎士を余分に配置しておけば良い)なので、かなり閉塞感があります。騎士は7個しかないので、どこまで守っておくかが肝心です。終盤にはやることがなくなってしまうプレイヤーもいたりと、わりと手が狭いです。

悪くはないのですが、どうして森に都市が建てられないのでしょうか? このルールは不要なのではと個人的には感じます。地形の差別化を得点以外にやりたかったということだと思いますが、不要なルールでしょう。また、要塞も不要な要素でしょう。騎士を配置すれば良いだけなので、騎士を2個増やせば済む話です。それよりももう少しだけ防御を難しくしたほうが、ダイナミックになって良いかもしれません。現在のルールだとお互いが守りに入ってしまい、終始展開が地味です。

結果:自分(黄) 80、sol(赤) 70、KI(緑) 65、rkusaba(紫) 47



リカーーーリング Recurrring
(プレイ時間 3ディール 55分)
Recurrring20170115.JPG最後に草場さんを交えて5人でリカーーーリングを遊びました。3−4の方がバランスは良いと思いますが、5人も悪くないです。ただやはり3ディールだと時間がかかりますね。じりじりした展開も多かったのですが、3ディール目でカードを出しきり、リカーーーリングカーーードをすべて得点にして19点獲得で勝利。これは嬉しかったです。

結果:自分 33、KI 25、sol 20、まいきぃ 15、草場 11



2次会でも「リカーーーリング」を2回遊びました。


ミスボド 2017.01.14

昼間の短い間ですが、ミスボドに参加しました。



リカーーーリング Recurrring
(プレイ時間 1ディール10分)
まずはウォームアップにリカーーーリングを遊びました。時間の関係で1ディールのみでしたが、「どうしたら良いのかよくわからない」という意見もありました。初見だとそういう印象になりがちなのかもしれません。

結果:自分 15、ぺ田中 4、mari 0、クロマ 0



メディチ Medici (グループSNE版)
(説明 10分 プレイ時間 40分)
MediciGroupSNE-Boxes.JPG昨年2016年のクリスマス・イヴに発売されたばかりの、グループSNE版の「メディチ」です。パッケージは先行して発売された「メディチ・カードゲーム」と同じ絵柄です。ルールは、リオグランデ版(1998年)、アバクス・リオグランデ版(2006年)と同じように、産物5枚で5点のボーナスがあり、また6人プレイでの数値合計3位は15点になっています。(これまでの4種類の版についてはここを参照

産物の色とプレイヤーカラーが似たものが多くてプレイアビリティーが非常に悪いのが、これまでのメディチの特徴ですが、この版も残念ながらこれに関してはまったく進化していません。むしろ産物の色がさらに見づらくて、ときどき灰色と青を間違えそうになりました。この辺りはなんとかならなかったのでしょうか。特筆すべきは得点トラックです。写真を見ればわかるように、なんと10点ごとに改行するようになっており、さらに51点では改コラムします。まったくもって、史上最悪の得点トラックです。なんでこんなに使いづらいものにしてしまったのでしょうか。さらに細かいことを言えば、ボードの裏は真っ白で味も素っ気もなく、それが四つ折りになって箱の下部に入っていたのでてっきり大幅な上げ底だと思ってしまいました。また、カードが少し小さすぎで脆弱なのもなんとかならないものかと思ってしまいます。まったく出版社のゲームに対する愛情が感じらず、やっつけ仕事という気がしてなりません。ゲームが可哀想です。

グループSNEのウェブサイトの記事では「今まではプレイ人数が3〜5名だったのが2〜6名に広がった。6名は競りの重さがさらに増していて・・・」と書かれています。でも、これまですべてのバージョンのメディチで、プレイ人数3〜6人なのです。確かに2人はこのバージョンが初めてかもしれませんが、これまででも6人で遊べることを知らなかったのでしょうか? これが出版する側の認識だとは、衝撃的です。

Medici20170114.JPGいろいろと問題が多いSNE版「メディチ」ですが、ゲームそれ自体は素晴らしいです。途中、ぺ田中さんが、高数値の3枚セットを1で購入したりと、なかなか荒れた展開でしたが、そんななかで初プレイのmariさんがみごとに1位でした。ルール自体は非常にシンプルで、3大競りゲームの中では最もクリーンなルールです。次回はこの版の特徴である2人用を試してみたいです。

結果:mari 124、自分 120、クロマ 111、ぺ田中 104



バンパー ボット Bumper Bots
BumperBots20170114.JPG「パッセトラッペ」の4人用です。「パッセトラッペ」同様に、手前のゴムを使ってディスクをうまく弾いて相手の陣地に入れます。自分の陣地にディスクがなくなったら勝利です。ゴムの具合が悪いのか、ディスクがすぐに跳ねてしまうのは問題です。また、4人とも中央を通るので、もうすこし中央への通路を広くしても良かったのではと思います。ちょっと爽快感に欠けます。

結果
1戦目:風来の道化師
2戦目:自分


キノ宅ゲーム会 2017.01.09

キノさんの家で新年ゲーム会です。



ポンジ スキーム Ponzi Scheme
(説明 25分 プレイ時間 110分)
PonziScheme20170109.JPG噂になっているゲーム「ポンジスキーム」を初めて遊びました。得点は4種類ある産業タイルのセットコレクション(種類別に三角数が得点になる)なのですが、誰かが破産したら終わりというアメリカのゲームのような終了条件に驚かされます。ゲームのシステム上、破産は必ず訪れるようになっているのがすごいです。

まず手番順に産業に投資して産業タイル、資金カードと資金を得ます。資金カードの中央には得られる資金が書かれており、カードの下には何ラウンドごとに配当をいくら払わなければならないかが示されています。またカードの右下には資金に対する1ラウンドの配当の割合が百分率で示されており、これでどのカードが配当の支払いが少なくて済むのかがわかります。ただし、低い割合(つまりプレイヤーにとって良い)のカードは得られる資金も少なく、結局どんどん高額資金、高配当のカードに手を出さざるをえないようになっています。もう破産の道まっしぐらです。手順としては、まず産業タイルを選び、そのタイルが自分にとって何枚目かによって獲得する資金カードが変わってきます。1枚目より3枚目だと高額資金を取るように仕向けられているのです。

その後、手番順に裏取引をします。同じ産業タイルを持つ他のプレイヤーを1人選び、そのプレイヤーに極秘裏にお金を提示します。提示されたプレイヤーはお金を受け取って産業タイルを渡すか、あるいは同額のお金を払って逆に産業タイルを取るかのどちらかです。この取引の金額は専用のお金入れを使って行われ、他のプレイヤーにはいくらだったのかがわからない仕組みになっているのが面白です。

説明をしてくれたキノさん以外は全員初プレイ。噂通り面白く、また余分な要素もなくて非常に気に入りました。これは素晴らしいゲームです。「バラクーダ」も正式ルールで遊べばこれにちょっと近いのかもしれません。自分が破産する寸前でウサギさんが破産して終了です。ぜひまた近いうちに遊びたい。

結果:キノ 8、ミズキ 6、イツキ 3、自分 2、ウサギ 破産



巨大ヘックメック Maxi Heckmeck
(プレイ時間 45分)
MaxiHeckmeck20170109.JPG次は、みんなで「巨大ヘックメック」です。全部で16枚の得点ボードを5人で奪い合うわけで、やっぱりヘックメックの5人プレイは少々無理がありますが、みんなで巨大ダイスを振りながら楽しみました。自分とウサギさんは出目が悪く、序盤から最後まで沈みっぱなしでした。順位をよく見ると「ポンジスキーム」と同じですね。(写真はキノさんの許可を得て掲載)

結果:キノ 6、ミズキ 6、イツキ 3、自分 1、ウサギ 0



おそ松さん ラブレター ボードゲーム Love Letter Board Game: Osomatsusan
(説明 5分 プレイ時間 各10分)
Osomatsusan20170109.JPG次は「ラブレター」シリーズのひとつ「おそ松さんラブレター」です。タイトルに「ボードゲーム」と書かれていますが、ボードはなくカードゲームです。「ラブレター」で数値が1のカードがそれぞれ異なるキャラクターになっていて、自分があらかじめ与えられたキャラクターと一致すると数値を9にみなすなど工夫されています。まあ所詮はほとんど運のゲームですが、原作を知っているとより楽しめるかもしれません。おそ松くんは、おぼろげながら覚えていますが、おそ松さんは知りませんでした。

結果
1戦目:イツキ 勝利
2戦目:キノ 勝利



リカーーーリング Recurrring
(プレイ時間 30分)
Recurrring20170109.JPGこのグループで遊ぶ「リカーーーリング」は初めてです。時間の都合で1ディールのみの勝負です。序盤はうまくカードを回していたものの、途中でパスするべきところを誤って後半はうまくいかずに沈みました。キノさんが僅差で勝利。なお5人だったので試しにリカーーーリングカードを5枚増やしてみたのですが、こちらの方がバランスが良いかもしれませんね。

結果:キノ 8、ウサギ 7、イツキ 6、ミズキ 6、自分 6



長江 Yangtze
(プレイ時間 90分)
Yangtze20170109.JPG最後には「長江」を遊びました。領地タイルのタイル構成がシンプルながらも非常に良くできています。緑は2枚ずつ、茶色は3枚ずつなのですが、両方を合わせてマジョリティーを競うときには緑が優先されるのです。最後まで出ないタイルも数枚あり、それも考えると競りは非常に悩ましいものになります。クニツィアの10大競りゲームに入るかもしれません。自分は獲得した領地タイルがうまくマジョリティーに絡めなかったりして、効率良く少しのタイルでマジョリティーを獲得していったミズキさんの勝利です。あと出稼ぎカードをひっくり返せなかったもの痛い!

結果:ミズキ 194、自分 170、ウサギ 166、キノ 152



次回は、今回時間がなくてできなかった「スチーブンソンロケット」なども遊びたいものです。