R−120/なかよし村とゲームの木 2015.05.20

この日は、現存する日本最古のゲーム会「なかよし村とゲームの木」でアブストラクトゲームの会です。なかよし村は19時からなので、それまでにひだりさん主催の元住吉でのR−120というゲーム会に立ち寄って1ゲームだけ遊びました。



ノース アメリカン レイルウエイズ North American Railways
(プレイ時間 45分)
NorthAmericanRailways20170520.JPG今回で3回目となるこのゲーム。社長でなくても会社としての手番があるので、結構荒い感じがします。今回は、最初の設立の社長株を安く買って、それ以降は結構投資をするというやり方で進めてみましたが、5人だったということもあって、なかなか思い通りにはいきません。最初から高く社長株を買って設立し、高収入を得た方が良いのかもしれません。どうすれば良いのかまったくわからないゲームです。

結果:ひだり 34、しゅだっち 33、一味 28、自分 28、きさらぎ 27



なかよし村でのアブストラクトゲームの会はこれで3回目です。年に1回の5月の第3土曜日で、少な過ぎな気もします。これまで同様に、アブストラクトゲーム博物館の中島さんが取りまとめてくれました。今回は全部で4種類のゲームで30分ずつ対戦しました。全員同じゲームを遊ぶというなかよし村方式で、感想戦にも花が咲き、場の一体感があります。前回は6種だったのですが、4種くらいの方がゆとりをもって遊べるので良いと思います。第2回のレポートはここ



フリップ フォー Flip Four
(プレイ時間 各5−10分)
FlipFour20170520.JPG4つのコマを使った移動4目並べです。移動するたびに、交互にルーク(飛車)とビショップ(角行)の動きになります。ボードは空から始まり、手番には打つか移動するかして、先に縦横斜めで4目を作れば勝ちです。移動は自分でも相手でも自由に飛び越えられます。

最後の1つのコマを取っておいたほうが良いし、また、それを打たせるように仕向けるべきです。個人的には打って4目完成は禁止にしても良い気もしました。交互にルーク(飛車)とナイト(八方桂馬)の動きにするのも面白いかも。O島さんが対戦相手で、4勝0敗と良いスタートを切りました。

結果
1戦目:自分* 勝利、O島 敗北
2戦目:自分 勝利、O島* 敗北
3戦目:自分* 勝利、O島 敗北
4戦目:自分 勝利、O島* 敗北



二十 Ni-Ju
Ni-Ju20170520.JPG「二十」はその名の通り各プレイヤー20枚のタイルを使って、そのうちある1枚のパターンにあったように配置するゲームです。この配置のパターンが20あるのでこの名がついたのです。組み合わせで同時にリーチをかけられる局面が多いので、あまり手を抜けません。防戦にきちんと回ったほうが良いでしょう。今回は2回遊んで両方とも先手が勝利。1勝1敗。

結果
1戦目:高木* 勝利、自分 敗北
2戦目:自分* 勝利、高木 敗北



ボールト Vault
(プレイ時間 15分)
Vault20170520.JPG点対称ジャンプを導入した到達系のゲーム「ボールト」です。中央の5段6段目を中点としてジャンプで攻撃していきますが、ジャンプの可能性が多くなかなか良い手が打てません。自分はあまり得意ではないタイプのゲームなのかもしれません。小川さんがコツを掴んでからは一方的にやられてしまいました。時間切れで、1戦のみ、0勝1敗。

結果:小川* 勝利、自分 敗北



ヤバラックス Yavalax
Yavalax20170520.JPG「ヤバラックス」は自分が考案したゲームで、碁盤(15x15以上)と碁石を使って遊びます。目的は縦横斜めで4連を同時に2つ以上作ること。ただし4連1つだけを作ると敗北です。また5連以上はいかなる時でも作ってはいけません。先手の初手番は1個、以降は2個ずつ置きます。いわゆる12*プロトコルと呼ばれている方法です。1個置くたびに4連が1つだけ出来ていないかはチェックします。「ヤバラス」や「六目並べ」に触発されたゲームで、2列をXのように作るので「ヤバラックス」と命名しました。

今回のボードは中島さんが用意してくれた連珠盤とタイルを使ったコマですが、普段はネスターゲームの19路盤の囲碁のセットを使うことが多いです。菊子さんは初めてということもあり、こちらが相手の3連を利用して勝利(写真では青が勝っています)。2勝0敗。

結果
1戦目:自分 勝利、菊子* 敗北
2戦目:自分* 勝利、菊子 敗北



Prize20170520.JPGこれでアブストラクトの会は終了です。成績発表があり、自分は7勝2敗で1位でした。2位と3位は中島さんと土井さんという、ASGSのメンバーが首位を独占するというおとな気ない結果になってしまいました。商品として、沖縄のお菓子をいただきました。これ以降は、残って自由にゲームを遊びました。




カラニッシュ Callanish
ちょっと久し振りに遊ぶ「カラニッシュ」です。ある列の過半数に自分のコマをおいていれば勝利ですが、相手は1回だけ反撃できます。ちょっと油断していたら、あっという間に負けてしまいました。(写真撮り忘れ)

結果:戦闘員ディー 勝利、自分 敗北



タルパ talpa
Talpa20170520.JPG「タルパ」は空きマスを使うコネクション系という変わったゲームです。初めて遊んだときは非常に斬新に思えたのですが、どうも終盤はニムみたいになってしまうのではという気がします。このあとも何人かが遊んでいましたが、ナグナツさんによれば直感的ではないものの、いろいろな手があるみたいなので、また研究したいです。

結果:戦闘員ディー 勝利、自分 敗北



ポーカー ブル Poker Bull
PokerBull20170520.JPG最後は草場さんに教えてもらって6-7人で「ポーカーブル」というブラフゲームを遊びました。「ライアーズダイス/ブラフ」をトランプのポーカー役で遊ぶゲームで、全員の手札を合わせてのポーカー役をビッドしていきます。役は通常のポーカーからストレートとフラッシュを除いたものです(でもストレートフラッシュはある)。最初は手札1枚なので、大した役はないのですが、負けるたびに手札が1枚ずつ増えていくので、終盤にはかなり高い役ができます。自分は運がよく、終盤まで負け無しで1枚の手札で頑張りましたが、最後に1回だけ負けて手札は2枚に。でも誰かが規定の5枚になって脱落し、優勝しました。

トランプで遊べるブラフゲームとしては、なかなか良いと思います。ライアーズダイスの振り直しに当たるものがないのですが、草場さんはオプションルールでカードを交換しても良いのでは、と言っていました。(ポーカーブルのルールはここ

結果:自分 勝利



翌日は、土嚢の会です。この週末はアブストラクト漬けですね。

SHARE