ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・評価コメント
ビブリオス>>コメント

評価順 日付順 プレイ数順 抽出表示:  
登録件数: 25 件
表示中情報: 1 ~ 15 件
全ページ数: 2 ページ
  評価   評価コメントリスト(評価順)
タナカマさんの評価 評価:9点
投稿者:タナカマ | 2011年02月20日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

ルールを一読しただけだと「めくりと競りのゲーム」という印象だけれど、一度遊ぶと、そんな風に簡単に言い表すことのできるゲームでないことに気付かされる。

ある色を極端に集めているように見せて、手札からこっそりと切っていくようなブラフ、そしてその読み合い。
他のプレイヤーに、あえて数字の高いカードを取らせ合うことで、いらない争いを吹っかける。
とにかく、至る所にうれしくなるようなシステムが盛り込まれている、という感じ。

地味、あっさり、と言われる得点のシステムも、「 >>> [ 続く ]
イップスさんの評価 評価:9点
投稿者:イップス | 2012年04月02日 | プレイ数:32 回 | コメント(0)

第1ラウンドの特徴的なドラフトと第2ラウンドの競りでメリハリの
効いたプレイ感が楽しめる好ゲーム。
ブラフやふっかけ、次のラウンドへ布石を打つなどやれることも多
く、30分で終わる割にそれぞれの思惑がぶつかり合う展開は見事。

カードの質がイマイチなので気に入ったらスリーブに入れましょ
う。
ただしスリーブに入れると箱に収まらなくなりますが・・・ >>> [ 続く ]
P!CHANさんの評価 評価:9点
投稿者:P!CHAN | 2013年04月26日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

わりと簡単なルール。5色の点数カードとお金のカード、各色基準得点の数変更カードを前半に引き合い、後半に競り合う。各色で最もカードの多い人のみ基準点を得られる。

5色どれを集めるか、後半の競りでお金カードをどう使うか、また基準点変更の駆け引き、とか考えて策がはまると楽しい。
takokawaさんの評価 評価:9点
投稿者:takokawa | 2014年05月02日 | プレイ数:7 回 | コメント(0)

お勧めと言われる3人プレイ。次のパートの競り用の山へ置くか、手札に
するか、公開して人にあげるかの三択で悩みます。競りも金貨カードを獲
得するために捨てるカードが必要だったり、少しだけブラフをかけて相手
の金貨を減らしたりと、最終的に狙う手札を目指すべく悩みまくります。
プレイ時間も30分程度と短く、なかなかゲーム相手を集めきれない自分に
最適なゲームです。
togtogさんの評価 評価:8点
投稿者:togtog | 2011年03月07日 | プレイ数:14 回 | コメント(0)

短時間で終わる競りゲームとして、自分の中でフォーセールやハイソサエティと同じカテゴリに属しているゲーム。
一度やってみないとわかりにくいが、一度やればほぼ理解でき、何度もプレイしたくなる中毒性もある。
得点やカードの分配を考えると、3人がベストなのかな?
ストーンRさんの評価 評価:8点
投稿者:ストーンR | 2011年02月17日 | プレイ数:5 回 | コメント(0)

2007年に同人系の「文字と絵」としてリリースされたゲームが「ビブリオス」と
して2010年にリメイクされました。
90年代の古き良きドイツゲームを継承した、シンプルで駆け引きがしっかりと楽
しめるタイプのカードゲームです。
ゲームは大きく2つの段階(ステップ)に分けられます。第1段階はカードの分
配です。手番プレイヤー自身が獲得して手札にするカード、第2ステップで競売
にかけるカード、そして、他のプレイヤーが獲得するカードを人数分、カードを
1枚ずつ見ては振り >>> [ 続く ]
シミーズさんの評価 評価:8点
投稿者:シミーズ | 2011年02月18日 | プレイ数:20 回 | コメント(0)

2011年シーズンのヒット作が個人的になくて
う~む・・と思っていたところ、
あらぬ方向から突然やってきた。
これだからゲームはやめられない。
あらぬ方向というのは、正確には2007年のゲームだということなの
で。

『フォーセール』にみられるような
前半後半にわかれるスタイルで、前後半ともに出色の出来。
前半のカード分配では、カードをめくる楽しさとその分配に悶絶。
後半のオークションでは、カウンティングと顔色窺いをしながら、
どのスートを切ってどこへ注 >>> [ 続く ]
彼葉さんの評価 評価:8点
投稿者:彼葉 | 2011年03月14日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

フォーセールのような二段階競りゲーム。
前半は欲しいカードと要らないカードを互いに振り分け合う。
後半は前半得たカードを使い、皆が後回しにした価値のあるカードを競る。
種類ごとの最大数を獲得するために他人に譲歩出来るぎりぎりを探る。
駆け引きと運のバランスが非常によく出来ている。
傑作。

適正人数は3人。 >>> [ 続く ]
kitoさんの評価 評価:8点
投稿者:kito | 2011年03月31日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

前半でカードを分配し、後半で残ったカードを競るカードゲーム。分配と競りだけなのに、これは面白いです。得点方法が非常に限られているので、前半の分配から悩ましくて、限られたカードで競りをする後半は痺れます。
ビートさんの評価 評価:8点
投稿者:ビート | 2013年01月23日 | プレイ数:5 回 | コメント(0)

適正と言われている3人でプレイ。
シンプルなルールで駆け引きが濃密な、とても良いゲームだと思っ
た。誰がどの色のカードを何ポイント持っているのか、どの色で得
点獲得を目指すのか、自分は何ポイント集めれば勝てるのか…。

2回遊んだのだが、2回目の時は前半の寄進フェイズで各プレイヤ
ーがお金カードを競りの山に仕込むことが多かったらしく、後半の
競りフェイズではお金の競りばかりになってしまった。そのため、
ちょっと興がそがれたような気はする。
この点は、自分たち >>> [ 続く ]
トシさんの評価 評価:8点
投稿者:トシ | 2014年02月26日 | プレイ数:5 回 | コメント(0)

前半のカード分配と後半の競りの2フェーズに分かれたゲーム。三人専用
ゲーム。四人でやるとダイス目いじる部分の意味が薄れてしまうので。
ゆうさんの評価 評価:8点
投稿者:ゆう | 2016年01月12日 | プレイ数:5 回 | コメント(0)

やはり3人が適正人数
2人や4人でもプレイできるが3人には及ばない
いでんしさんの評価 評価:8点
投稿者:いでんし | 2017年11月15日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

前半がブースタードラフト、後半が競り、それだけである。
このゲームは神経質なまでに公平さにこだわっており、手番は必ず全員に
同回数訪れる。前後半ともに、そのシステムの面白味を純度を損なうこと
なく体験できる。その潔癖的システム故に、得点が確定するカード所持数
を把握する必要があるが、それさえわかれば非常に面白いゲーム。
けがわさんの評価 評価:7点
投稿者:けがわ | 2011年03月10日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

3回ほど遊んで、漸く面白さが少しわかってきた。短時間のカードドラフトと競りを組み合わせたなかなか面白いゲームだと思う。得点源が少ないので3人がベストの気がするがどうだろうか?
マクベスさんの評価 評価:7点
投稿者:マクベス大佐 | 2011年03月06日 | プレイ数:9 回 | コメント(0)

ゲームが前半と後半で大きく変わり、前半は選択取得(カードドラフト)で後半は競りになっている不思議なプレイ感のゲーム。

カードドラフトの部分(寄進フェイズ)は、手番プレイヤーが自分用のカードと競り用のカードに他人用のカードを分配するというやり方を取る。早い段階で自分用カードを確保すると後からめくれた良いカードを他人に分配するしかなくなってくるあたりは、なかなかシンプルで悩ましい。
後半用の競り用の山札を仕込むというのも面白く、後半の競りをある程度予測しながら競りに備える >>> [ 続く ]


 
スタートページボタン ジャンプ:  1  |  2  ページ エンドページボタン
次へ


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2023 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.