ディアシュピール 2019.07.01

ディアシュピールでクニツィア会です。今回のテーマは「タージマハル」です。あとで記録を見ると、「ラマ」と「空手トマト」はともにちょうど50回目のプレイでした。



ラマ L.A.M.A.
(プレイ時間 各10−20分)
Lama20190701.JPG人数が4人揃うまで、「ラマ」を遊んでいました。最近、ラママニアが多く、まここさんもそのひとり。運の要素が大きいとはいえ、面白いゲームです。4人揃ってからもさらにもう1戦。今回は、マイナス31点という可能な最大失点をしてしまったことも含めて、3戦すべて最下位でした。

結果
1戦目:ゆれひ 8、まここ 32、自分 45
2戦目:まここ 7、ゆれひ 16、自分 42
3戦目:まここ 0、ゆれひ 21、ミロ 29、自分 55



タージマハル Tadj Mahal (Z−MAN版)
(説明 25分 プレイ時間 100分)
TajMahal20190701.JPGこの日のメインディシュは「タージマハル」です。途中でカードを使いすぎて、それまでトップだったのですが力尽きてしまいました。あれだけ散々カードを使いすぎると苦しいですよ、などと助言しておきながら、最終的には最下位という結果です。3ラウンド目までに特殊カードを使えるようにするか、あるいは1ラウンド目は降りるなどして力を蓄えておくなど、明確な方針がないままにだらだらと流れに乗ってしまったのが最大の敗因です。最初に力を蓄えていたまここさんが8ラウンド目くらいからどんどん宮殿をつないで一気にトップに躍り出ました。そのまま追いつくすべもなく、まここさんの完全勝利です。もう一度遊びたい、と思ったのですが、そう思ったのは自分だけみたい。

結果:まここ 61、ゆれひ 43、ミロ 40、自分 39



空手トマト Karate Tomate
(プレイ時間 各15分)
KarateTomate20190701.JPG「タージマハル」を遊んでいると必然的に比較対象になる「空手トマト」です。やはりタージマハルファミリーだと思われる「アタック/ジェムディーラー」とはまた違った同時アクションのメカニクスです。ゆれひさんが「空手トマト」を未プレイなので、一緒に遊ぶことになりました。カードの補充がままならないところが、このファミリーの特徴ですね。商品カードの出方やプレイヤーのプレイスタイルによって随分とゲームが変わります。今回は1戦目は淡々と終わってしまったので、さらにもう1戦遊びました。

結果
1戦目:まここ 12(3)、自分 9(2)、ミロ 4(2)、ゆれひ 5(0脱落)
2戦目:ミロ 13(3)、ゆれひ 11(3)、自分 11(3)、まここ 8(2脱落)



ブードゥー プリンス Voodoo Prince
(プレイ時間 25分)
VoodooPrince20190701.JPG5人ベストだと思われる「ブードゥープリンス」ですが、4人でも結構楽しめます。自分が5人がベストだと思う理由は点数に抑揚が生まれるからというだけなので、トリックテイクのゲームとしては3−4人でも十分楽しいのです。この日、唯一勝利したクニツィアゲームです。

結果:自分 25、ミロ 21、まここ 17、ゆれひ 9



ジャングル スピード Jungle Speed
JungleSpeed20190701.JPG最後は、久し振りの「ジャングルスピード」です。この日唯一の非クニツィア。ゆれひさんが強いのですが、2戦目にはだいぶ慣れてきて勝利。これは嬉しかった。

結果
1戦目:まここ 勝利
2戦目:自分 勝利

SHARE