ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
メニュー
 


日付順 ゲーム順 評価順 プレイ数順
抽出表示:  
登録件数: 85 件
表示中情報: 1 ~ 15 件
全ページ数: 6 ページ
  コメント   やおきんさんのコメントリスト(プレイ数順)
やおきんさんの評価 評価:6点
麻雀 | 2009年02月05日 | プレイ数:200 回 | コメント(0)

いわずと知れた「大人」ゲームの定番ではないでしょうか。
将棋とならんでゲームの一つというより、もはやマージャンというジャンルでしょうか。

両親や親戚のおじさん達が年末などに集まったときにやっているのにまじりたくて、また、それが「大人」とみられるように背伸びしたくて、中学生、高校生ぐらいのときに必死で覚えたのを思い出しました(笑)

一番やったのは20代前半で、友達があつまればほぼ毎日やっていましたが、だんだん賭け(賭博とはいえない程度の小さいものですが)のためのプ >>> [ 続く ]
やおきんさんの評価 評価:4点
将棋 | 2009年02月02日 | プレイ数:80 回 | コメント(0)

ボードゲームというよりは「将棋」という一つのカテゴリーといってもいいほどの知名度はすごい。伝統的な古典という感じです。

日本での普及率はトランプ、マージャンと並んで最高レベルだと思いますが、いかんせん深すぎる世界なのでレベルに差があると全く楽しめません。

ある程度強くなるためには相当な時間を要しますので、マッチメイキング(対局の組み方)を間違えコテンパンにやっつけられると二度とやりたくなくなります(笑)

中学生の頃は、初期配置を相手に隠して並べるルールなどし >>> [ 続く ]
やおきんさんの評価 評価:5点
オセロ | 2009年02月06日 | プレイ数:50 回 | コメント(0)

やった記憶はほとんど子供のころで、最近はやらないですね。

ストーリー性のないゲームはあまり好きではないので、大人になってからはあえてやらないですね。

とはいえ簡単なルールで逆転の要素があり、程よく先を読まないといけない点などは対人ゲームの導入としては良いツールだと思います。

もうちょっとロマンがあればなぁ。その点将棋のほうがまだましかもです。。。
 >>> [ 続く ]
やおきんさんの評価 評価:9点
カルカソンヌ | 2009年02月02日 | プレイ数:31 回 | コメント(0)

誰でも理解できる簡単なルールで、準備などもほとんど必要なく手軽にプレイできるのに面白いです。

手軽さと面白さ故に、持っておいて損のないゲームだと思います。

得点計算など一部慣れている人がいるほうがスムーズにいくことはありますが、タイルを取る→ならべる→駒を置く、という簡単な動作なので初心者でも楽しめますね。
2人で遊ぶことが多いですが、2人でも十分面白くやり応えがあるのは素晴らしいです。

初プレイから約1年ですが、評価8から9に上がりました。ホント、面白い >>> [ 続く ]
やおきんさんの評価 評価:6点
10 デイズ イン アフリカ | 2010年02月18日 | プレイ数:24 回 | コメント(0)

順番に旅行の旅程を作っていったり移動していくのではなく
どっちかというと帳尻あわせの”アリバイ作り”に感じました。
とはいえ、タイルの繋がりを考え、あっちに行こうかそれとも
こっちに行こうかと考えるのは旅をしているようで楽しいです。

2人でのプレイだったので結構欲しいタイルが入ってくるため
うちではサクサク遊べる短時間ゲームとして重宝しています。
やおきんさんの評価 評価:5点
クルー | 2009年02月02日 | プレイ数:20 回 | コメント(0)

国内版として出ている「クルード」でプレイしました。
ゲーム初心者なので、人生ゲームのようにほぼ進むだけ、というのではなく、行動の選択ができるという意味では新鮮で、モノポリーの次ぐらいによくプレイしたゲームでした。

過去形なのは、ドイツゲームのほかのものに比べるとやはり盛り上がりに欠ける点です。結構疲れますが達成感がそれほど高くないので、今となっては若干プレイ意欲が少ないです。

一方、海外ゲームへの入門編としては国内版が安価で買える点と、推理風ゲームという雰囲気か >>> [ 続く ]
やおきんさんの評価 評価:9点
レース フォー ザ ギャラクシー | 2009年11月14日 | プレイ数:12 回 | コメント(0)

ほぼソロプレイですが、自分の領土(銀河系)を作っていく楽しさは大きいです。
ほとんどのカードがバックグラウンドを想像できるような魅力的なものが多く、プレイの内容によっては短時間で終わってしまうのに充実感がありました。
基本的なルールは簡単ですが、カードごとのアクションや効果は細かいものが多く、慣れるまでは非常に煩雑に感じるのは他の方もいわれているとおりだと思います。
ですが、その煩雑さを乗り越えた向こう側には、ハマればとことんハマってしまう中毒性があると思いました。
 >>> [ 続く ]
やおきんさんの評価 評価:9点
テーベの東 | 2009年02月02日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

ボードゲーム経験は浅いですが、とても面白かったです。

運の要素が注目されますが、それを補うための準備(知識やサポート要素の習得)ができるため運一辺倒ではなく、やったことに対する見返りは期待できます。

発掘の要素はかなりうまく表現できていると思います。また直接攻撃するタイプのゲームでないのでベテランと初心者との差もでにくく、一人勝ちにはなりにくいのも好印象でした。

発掘以外の得点源である「展示会」と「学会」があるのでそちらでも逆転は可能ですが、こちらの方が早い >>> [ 続く ]
やおきんさんの評価 評価:8点
ロスト シティ | 2009年02月17日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

予想以上に面白かったです。
序盤での思い切りの良さが、その後に良くも悪くも影響するので、序盤から適度に迷えるのがいいですね。

また、捨て札=死に札ではなく、拾って使えるっていうところも単に流れ作業になってしまわず、適度な緊張感を持てて良いと思います。

得点計算が面倒というところは、「最後までどっちの勝利か分からない」ということで好意的に捉えています。
やおきんさんの評価 評価:8点
ウィナーズ サークル | 2010年06月09日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

ギャンブル要素を残しながら運だけに偏らず、思考性とジレンマをバランス良く盛り込んだ面白いゲームだと思います。
6面ダイスの3面が馬マークという偏りが絶妙で、簡単なルールながら上手く競馬を表現していると思いました。
たまに周回遅れになりそうな馬がいるところはリアリティに欠けますが、それはご愛嬌ということで。
やおきんさんの評価 評価:7点
泥棒稼業 | 2010年07月05日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

ワーカープレイスメントは中~長時間ゲームが多いと思うのですが、このゲームは短時間・気軽に遊べる所が良いです。
発展系ではなく、テーマ的にも短時間向きだと思いますので、うちでも繰り返し遊んでいます。

一方、気になる点としては、短時間ゲームがゆえにカード運などが強めで、抜け出たプレイヤーに追いつきにくい気がします。。
また、せっかく良いゲームで初心者の方にもオススメしたいのですがボリュームの割りに価格が少し高めに感じてしまい、オススメしにくいです。
やおきんさんの評価 評価:9点
アグリコラ | 2011年03月28日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

個人的に箱庭系」ゲームがなにかと好きなので、とても楽しめました。あまりプレイヤー同士の絡みが無い点や、ルールの複雑さ(多さ)など好みの分かれそうな要素も多いですが、自分のボード上に農場が育っていくのは純粋に楽しかったです。うちは2人で遊ぶことがほとんどですが、2人なら60~75分ほどなのでよく遊びます。
やおきんさんの評価 評価:7点
ヴィラ パレッティ | 2013年03月08日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

見た目にもド派手なバランス系アクションゲームで、柱を抜く、積む、崩れる、という直感的な楽しさがあります。
絶叫と爆笑、ドンガラガッシャーン!という崩壊音。
子供さんから大人まで、瞬間的に盛り上がれるゲームとしてとても良いと思いますよ。

ただ、崩れる音が大きい点と、バランスゲームなので揺れない場所や机が必要な点は、遊ぶ時に注意したほうが良いと思います。
やおきんさんの評価 評価:8点
| 2013年05月23日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

簡単なルール、短時間、適度な悩ましさ、と自分の好きなタイプにばっちりはまったゲームでした。さすがクニツィアです。2人で遊ぶことが多いので、2人でバランスが良いというところも良いですね。個人的には傑作だと思います。
やおきんさんの評価 評価:6点
ポルトベローマーケット | 2009年02月02日 | プレイ数:6 回 | コメント(0)

見た目からのイメージよりはサクサク進む感じのプレイ感でした。
美しいゲームボードとスタンド(店舗)・お客さんの駒、アクション用のタイルなどコンポーネントの雰囲気はかなり好きな部類ですね。

陣地とりの要素もありますが、独占の要素はほぼない(区画の得点のみ)ので、あまり考えないで良いためプレイ時間は短くなります。

得点の入り方が独特で、お客さんの誘導(駒を引き配置する)によりその駒の組み合わせで得点が入る点と、最後に登場する貴族のおかげで若干逆転の要素もあります。
 >>> [ 続く ]
スタートページボタン ジャンプ:  1  |  2 |  3 |  4 |  5  ページ エンドページボタン
次へ


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2022 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.