ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・評価コメント
頭脳絶好調>>コメント

評価順 日付順 プレイ数順 抽出表示:  
登録件数: 43 件
表示中情報: 1 ~ 15 件
全ページ数: 3 ページ
  評価   評価コメントリスト(評価順)
タナカマさんの評価 評価:10点
投稿者:タナカマ | 2006年03月23日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

パッと見、ガチガチのアブストラクト系、もしくはパズル系ゲームのような印象を受けますが、プレイしてみると、ゲーム中何度か訪れる「その時に熱い色」を見極める眼も持つことが重要な、純然たる「ボードゲーム」で、ガチガチなプレイになることもなく、さっくりと気持ち良く遊べます。
「クラシック」と呼ぶに相応しい、素晴らしいゲームだと思います。
けがわさんの評価 評価:9点
投稿者:けがわ | 2006年05月18日 | プレイ数:71 回 | コメント(0)

チグリスユーフラテス式の点数とドミノっぽいアブストラクトの融合。2-4人の何人でも楽しめるし、引きの要素があるのでそれほどがちがちにはならない。相手の状況を常に観察し、特定の色を封じ込めたり、広げたりと半分陣取りのような面白さもある。
さとーさんの評価 評価:9点
投稿者:さとー | 2005年01月09日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

単純な中にも様々な戦略、ジレンマが存在する好ゲーム。2~4人の何人で遊んでも変わらない面白さも魅力の一つ。30分程度で終わるため、負けると「もう一回!」と叫びたくなってしまう。
管理者さんの評価 評価:9点
投稿者:管理者 | 2006年04月27日 | プレイ数:6 回 | コメント(0)

プレイ人数の2-4人のどの人数で遊んでも面白い。アブストラクトなゲームなので取っつき難くい印象があるのですが、ルールが簡単でちょうどオセロを遊んでいるような感覚で遊ぶことが出来ました。とりあえず飽きるまで何回でも遊べます。4人で遊ぶチーム戦がまたすばらしい。
鷹村ナクトさんの評価 評価:9点
投稿者:鷹村ナクト | 2005年01月02日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

単純な天才は、ボックスアートの中央に「レオナルド・ダヴィンチ」の「人間」の絵が描かれている事から、おそらくダヴィンチの呼称である「万能の天才」を捻って「単純な天才」というタイトルにしたものだと思われます。
(またはドイツでの「シンプル・イズ・ベスト」の意味かも・・情報求む!)

■ゲームスタート☆
各プレイヤーは手元に六角形が2つ繋がっている形のタイルを6枚持っています。プレイヤーは手番に手元のタイルの中から1枚を選びゲームボードに配置します。そして得点を得た後で、新 >>> [ 続く ]
りんさんの評価 評価:9点
投稿者:りん | 2006年06月26日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

これは、素晴らしいゲームだと思います。
何回やっても、飽きがこないです。

クニツィアのこの手のシステムのゲームは、お互いの点数が隠されていることが多いのですが、これは点数が見えていて、自分が伸びるのか、相手をおさえるのか、終盤の攻防が熱いです。

メンバーによって、展開がまったく変わるところも、おもしろいです。
「絶好調」の一歩手前で溜めて溜めてしているときは、ドキドキします。
やすとしさんの評価 評価:9点
投稿者:やすとし | 2008年10月08日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

大好きなゲームです。
上手にトレンドに乗らないと点数が伸びないけど、下手な置き方すると下家が点数伸ばしてしまうので、タイルの置き方は注意が必要。均等に点数を伸ばさないといけないという部分が良いですね。
あっとさんの評価 評価:9点
投稿者:あっと | 2011年12月27日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

ブロックスみたいにタイルがカチっとはまると最高だと思った。贅沢かな。ゲーム自体はとても面白い。ゲームを始めたばかりのころ、この「○種類の中で一番低い~」得点方式を知って、「いやらしー」と思ったが、いやらしくて面白い。
PTN-Qさんの評価 評価:8点
投稿者:PTN-Q | 2005年03月16日 | プレイ数:7 回 | コメント(0)

長考されるとダレますが、何人でプレイしても楽しいです。
ソロプレイでもそれなりにイケます。
biscoさんの評価 評価:8点
投稿者:bisco | 2005年04月14日 | プレイ数:0 回 | コメント(0)

偽アブストラクト。でもオモシロ。「あれもこれもそれも欲しい」とはやる気持ちを抑えつつ、一つまた一つと得点する渋さ。あー、あの位置にタイル置きたいなー、とか思いながら、自分の手番を待つモドカシサ。
思い出しただけで苦しくなるけど、それがまたイイ。
そう考えるとちょっとMっぽいゲームなんですかね、これ。
好き。
Onoさんの評価 評価:8点
投稿者:おの | 2005年05月23日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

プレイ中はずっと苦しく勝つとなぜかほっとする、そんなゲーム。2人で遊べば詰め将棋のような深さが、3人で遊べばお互いのしっぽを食べあう蛇のような苦しさが、4人で遊べばままならない盤上でのせめぎあいの悩ましさが楽しい。ガチガチの勝負プレイでも、なごやかなカジュアルプレイでもいける。ルールは至極簡単なので、すぐに遊び始められるのもよい。
すずもちさんの評価 評価:8点
投稿者:すずもち | 2005年05月27日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

ゲームは楽しいです。「そこに置くのがいいんじゃないの」なんて、ついアドバイスしあってしまったり「そこには置いて欲しくなかったんだよ~」みたいな、結構会話もはずんだりしてしまう傾向のあるゲームです。
私として、特筆したいのはコンポーネントです。
あのタイルがなんか手触りいいんですよね。袋の中をごろごろかき混ぜて、引いてくる感触や、タイルたて(タイルたてるところ)に意味も無くきれいに並べてみたり、とにかく個人的に快感要素が多いです。
あと、これも好みですが「絶好調!」より「 >>> [ 続く ]
あおぞらさんの評価 評価:8点
投稿者:Aozora | 2006年01月01日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

クニツィアお得意の得点計算システムを採用したゲーム。(赤・青・・・、それぞれで得点計算して、その中で一番低い得点が、一番高かった人が勝ち)
一転集中型で天才プレイをしながらも、バランス良く他の色でも点を稼ぐ必要があるので、胃が痛くなります。
プラティニさんの評価 評価:8点
投稿者:プラティニ | 2006年03月20日 | プレイ数:50 回 | コメント(0)

「てんさーい!」「天才!」
激戦が終わり、みんなでお互いのプレーを褒めた後、「でも本当の天才はこのゲームを作ったクニチー本人だね!アハハハハ(エコー)・・・。」なオモシロアブストラクトゲーム。
miwanyさんの評価 評価:8点
投稿者:miwany | 2006年06月29日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

「わたしは天才」と宣言しなければいけないというのは
謙虚なわたしにはあまり向いていない言動でしたが(笑)
着々と積み上げて行く感じが楽しかった。


 
スタートページボタン ジャンプ:  1  |  2 |  3  ページ エンドページボタン
次へ


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2020 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.