ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・コメント
ルイスクラーク探検隊>>コメント 評価コメントリスト

  コメント   ひろぴさんの評価
  評価   ユーザー評価:8点 プレイ数:3回
投稿者:ひろぴ | 2014/02/28 17:18 | コメント(0) | トラックバック(0)

デッキビルド+ワーカープレイスメント+レースゲーム。

カードをプレイしその能力で,リソースを得たり,リソースを変換したりした上で,リソースを消費して駒を進めゴールを目指すのが基本。

この時,能力を使いたい手札を単にプレイするだけではだめで,別途,手札かワーカーをコストとして使用しないとカードの能力が発動しないという点が特徴的。

カードは能力の他に,コスト用の1~3の数値を持っており,カードをコストとして割り当てた場合には,その数値の回数分だけ,元のカードの能力を使用することができる。

また,カードをプレイしてその能力を使う代わりに,ワーカーを共用ボードのアクションスペースに配置してその効果を使用することもできる。

プレイしたカードは任意のタイミングで回収することができるが,この時,余分な資源やワーカーや手札を持っていると,その分マイナス査定を受け,駒を戻さなければならなくなるので,計画的なリソース管理が必要となる。

また,新たなカードを手札として獲得することもできるが,54枚の効果が全て異なっているため,色々なコンボの可能性がある。

レースというよりは,手札とリソースのマネジメントゲームという印象。

面白いことは間違いないが,ギークの7.9以上という評価はちょっとかいかぶり過ぎのような気もする。

評価を7→8に変更(140303)
どのカードを購入していくかによって,戦略も大きく変わり,次はもっとうまく回せるはずというリプレイ欲をかき立てられる。プレイ感で一番近いのはカシュガルだと思う。一人用ゲームでも遜色なくゲームのテイストを楽しめる点もプラス要素。

  トラックバック   この投稿へのトラックバックURL ヘルプ
20722


 


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2022 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.