ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・評価コメント
メディチ>>コメント

評価順 日付順 プレイ数順 抽出表示:  
登録件数: 30 件
表示中情報: 16 ~ 30 件
全ページ数: 2 ページ
  評価   評価コメントリスト(評価順)
てんきゅーさんの評価 評価:8点
投稿者:てんきゅー | 2008年01月02日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

ヤバい。この一作でクニ大先生の株が急騰してしまった。
プレイの方は完敗し、直後に再戦を希望した。
悔しいからではなく、純粋にそのプレイ感を味わいたいがために。
さぶみっしょんさんの評価 評価:8点
投稿者:さぶみっしょん | 2009年07月28日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

同デザイナーの同じく競りゲームである「モダンアート」と「ラー」がとても面白かったので、今回は「メディチ」を購入してみました。
事前にルールを確認した際、競りのチャンスは一度、最後まで残ったプレイヤーは無料で商品を引き取る、などの要素がソリッドでプレイ中は胃が痛くなるだろうと思っていましたが、どうしてなかなか、想像以上に胃が痛くなるゲームでした(笑)
ただ、想像と異なったのは、そのプレイの充実感。個々の思惑がシステム上でうまく絡み合い、程よい干渉と運のバランスが戦略 >>> [ 続く ]
jojoさんの評価 評価:8点
投稿者:jojo | 2009年10月24日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

リオグランデだが、非常に点数がみずらい。
でも、面白い。
高級毛皮さんの評価 評価:8点
投稿者:ヤマダ | 2013年05月08日 | プレイ数:7 回 | コメント(0)

無駄の無い、美しい競りゲーム。

ドイツゲーム万歳!

PHYさんの評価 評価:7点
投稿者:PHY | 2006年01月20日 | プレイ数:8 回 | コメント(0)

正直、以前は山札を開くときの引き運が妙に強い気がしてあまり好きではなかったんですが、ここ数回のプレイで急激に印象が変わった作品です。
確かに引き運が無いわけではないんですが、慣れてくるとそれも含めてのプレイングができるようになって来て、非常に緊迫した雰囲気の味わえるようになる作品だと思います。
まだまだ深そうですし、もっとプレイしていきたい作品ですね。
pincsさんの評価 評価:7点
投稿者:pincs | 2005年01月19日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

-
ストーンRさんの評価 評価:7点
投稿者:ストーンR | 2006年05月31日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

競りゲームの傑作のひとつで、価値(相場)を理解しやすいところが評価できます。
同じことを3ラウンド繰り返すわけですが、互いの立場の違いや読み合いが楽しいで
す。
多人数(6人)で遊ぶことをお薦めしたいゲームです。
和人さんの評価 評価:7点
投稿者:和人 | 2009年09月18日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

一応暫定でこの得点をつけておきます。
というのも初プレイだったのですが3人プレイでやって、3人が3人とも
終わった後「4人以上がいいだろう」という評価になったので。

実際、ゲーム自体は競りゲームとして非常に良く出来ていると思います。
自分は先にストロッチをやってるのですが、好みでいえばメディチの方が上。
(複数枚引くことでの駆け引きが出来るので)

後、モダンアートよりは競りが軽めですのでその点でも薦めやすいかなあと。
ワンスアラウンドのみなのでまだ気軽に >>> [ 続く ]
イギーさんの評価 評価:7点
投稿者:イギー | 2012年01月29日 | プレイ数:0 回 | コメント(0)

★7)
世良 増好さんの評価 評価:7点
投稿者:世良 増好 | 2013年01月21日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

大変良い競りゲーだと思うが,うちのサークルは,変な入札が横行するので,そこに問題が・・・。
takokawaさんの評価 評価:7点
投稿者:takokawa | 2015年10月05日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

アプリではない実際のボードゲームを漸く初プレイ。一周競りのシンプル
なルールだが勝利点がそのまま競りの原資となるので相場感は難しく、
硬派なゲーム。でも、またやりたくなる中毒性あり。
ブライさんの評価 評価:7点
投稿者:ブライ | 2016年02月14日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

2016年最初にプレイしたボードゲーム。
トップ争いに絡めなかったので再戦希望。一色を多く競り落として得られ
るボーナス20点は必須。なので、2,3色くらいで十分かもしれない。序盤か
ら中盤にかけてはお金が少ないので、10のカード取るのも全然アリと痛感
した。

コンポーネントは微妙。カードのイラストも薄い色が多い。

結果を覚えてないので確かなことは言えないが、インストしてくれたKさ
んが1位か2位でした。そうです、このゲームに10点をつけてるあの方です。 >>> [ 続く ]
汚物さんの評価 評価:6点
投稿者:汚物 | 2010年03月13日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

引いたタイルをお金で競りにかけ
競り落とした人が自分の船に積みこむゲーム

競り感は割と分かりやすいほうなのですが
個人的に財宝いらない感じがしちゃいますね
商品で最多を取ったほうが全然おトクなような…

あくまで個人的意見ですけどね、はい >>> [ 続く ]
つなきさんの評価 評価:5点
投稿者:つなき | 2005年06月02日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

英語版での評価です。こちらではボードが見づらいため、コンポーネントの評価は「1」です。

非常にシビアな競りシステムを採用していて、文字通り「しびれる」「脳みそが汗をかく」快感が味わえました。
ビートさんの評価 評価:5点
投稿者:ビート | 2007年03月14日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

モダンアートやラッツィア!と比べて、相場観がわかりづらく感じた。この商品にいくらの値を付けるべきかわからず、途方に暮れる感じで悩む。
このデータベースの他の人たちの評価では、何度かやってわかってくる面白さがあるようなので、もう少しやってみようと思った。
リオグランデの新しい版のコンポーネントでプレイしたが、「タイルの数値が少し読みづらい」「ボード上のコマがずれて表示位置がわからなくなりやすい」と感じた。
とことん、コンポーネントに呪われている作品なのだろうか?


 
前へ
スタートページボタン ジャンプ:  1 |  2   ページ エンドページボタン


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2021 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.