ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・評価コメント
アムステルダムの商人>>コメント

評価順 日付順 プレイ数順 抽出表示:  
登録件数: 9 件
表示中情報: 1 ~ 9 件
全ページ数: 1 ページ
  評価   評価コメントリスト(日付順)
ひろぴさんの評価 評価:6点
投稿者:ひろぴ | 2014年06月16日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

ダッチオークションで用いるタイマーみたいなギミックばかりが注目され、色もの扱いされがちだが、3つのカテゴリーでのプレイヤー間の絡みや、ビブリオス方式のカードの振り分け(おそらくこちらの方が元祖)など、意外に内容は硬派。

ラーのようにラウンドの進行がカードの捲り次第でランダムだったり、カッツェンジャマーのように実質的に勝利点が競りのリソースになっている点など、クニツィア作品のいいとこ取りの面もある。

意外と名作なのかも。
シミーズさんの評価 評価:4点
投稿者:シミーズ | 2010年06月22日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

まさにダッチオークション。
「アムステルダムの商人」というタイトル通り、
ダッチオークションを中心としたゲームが楽しめる。
ゲーム内容とタイトルを取り違えることがないので、
このテーマ付けはとてもいい。

肝のオークションは想像通りで、
値段が徐々に下がっていくので頃合いをみて競り落とすというも
の。
ただしオークショナーは機械であり、この無機質な値下げが焦燥感
を煽ってくれて楽しい。

だがゲームの残る部分については
個人的にはなんの変哲もない陣取 >>> [ 続く ]
ストーンRさんの評価 評価:7点
投稿者:ストーンR | 2010年02月21日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

競り下がりというタイマーのギミックが効いています。
早押し感覚なので、どうしても手荒くなりがちです。壊れやすいので、扱いには注意
しましょう。

相手が高値で競り落とすのを誘って、ついフェイントをかけてしまいます。
陣取りの要素も相まって濃厚でした。
枇杷さんの評価 評価:8点
投稿者:枇杷 | 2008年03月27日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

ゼンマイ式の競り装置がなんといってもこのゲームの要。
あの\"ジィーーー\"という音に釣られてついつい高値でも
押してしまう。
手番時にめくったカードが時代を進めるカードだと自分のリソース
を追加する前に決算が起こってしまうことがあり、それが連続で来
るとえらく凹む。
ただそれを加味しても楽しめる良作。
ひでさんの評価 評価:5点
投稿者:ひで | 2007年02月11日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

叩く時に壊れそうで、遠慮して叩く。
tricleさんの評価 評価:8点
投稿者:tricle | 2007年01月02日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

タイマーを使ってセリをするという特殊なギミックを使うゲームだが、そのギミックに合わせて良くできているゲームだと思います。
どうしても高く買ってしまいがちなのがミソ。
心配なのは、タイマーが壊れてしまったらどうするかです。
てんきゅーさんの評価
投稿者:てんきゅー | 2006年07月02日 | プレイ数:0 回 | コメント(0)

未プレイのため未評価。
さとーさんの評価 評価:7点
投稿者:さとー | 2005年11月07日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

競り値が段々下がっていき、自分がよいと思った値で落札する競りゲーム。相手に取られるのがイヤで、どうしても高めの値段競り落としがちです。
いかにお金を使わないかが、このゲームのポイントだと思います。
けがわさんの評価 評価:7点
投稿者:けがわ | 2004年06月09日 | プレイ数:11 回 | コメント(0)

思いのほか良くできたゲーム。リアルタイムのダッチオークションがついつい高いビッドを誘う。初めての場合は高くビッドしすぎる傾向にある。2回目からが本番。イッツマインとラストパラダイスに通じるものがある。


 


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2022 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.