ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・評価コメント
ヴァス シュティッヒ>>コメント

評価順 日付順 プレイ数順 抽出表示:  
登録件数: 15 件
表示中情報: 1 ~ 15 件
全ページ数: 1 ページ
  評価   評価コメントリスト(評価順)
鷹村ナクトさんの評価 評価:10点
投稿者:鷹村ナクト | 2005年01月02日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

バス・スティッヒはトリックテイキングゲームと呼ばれる種類のカードゲームです。トリックテイキングゲームは日本ではあまり馴染みの無いカードゲームですが欧米などでは盛んに遊ばれていて様々な種類のものが存在します。基本的には親からカードを一枚ずつ場に出していき、一周したら出された場のカードを見比べて誰か1人がそのカードの全てを獲得します。これを繰り返して行きゲーム終了時に獲得したカードを見比べて勝敗を決します。

さて、ではこのバス・スティッヒはいったいどのようなトリックテイキン >>> [ 続く ]
ストーンRさんの評価 評価:8点
投稿者:ストーンR | 2008年01月05日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

これほど凝ったトリックテイキングは他にあるのでしょうか?
マニアックな印象を受けましたが、かなり面白いです。
デザイナーの天才(変態)っぷりが伺えます。やや冗長ぎみなのが残念です。
たかださんの評価 評価:8点
投稿者:たかだ | 2018年08月26日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

最初にプレイヤーは、トリックテイキングゲームをするために、
手札を1枚ずつ取っていきます。
その後、トリックテイキングゲームでめざす課題カードを出して、
その課題を達成するためにプレイしていきます。
もっと他のプレイヤーの手札を覚えることができたら、
もう少し強くなれるかも。
jojoさんの評価 評価:8点
投稿者:jojo | 2008年10月24日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

初めてやったトリックテイキング。面白い。考えるし。
爪オヤジさんの評価 評価:8点
投稿者:爪オヤジ | 2011年05月01日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

これでもかと要素が詰め込まれた、お腹一杯のボリュームを持つゲーム。

1ラウンドごとの(トリックテイキングまでの)仕込みが長いので、最終的な時間もかなりかかります。

トリックテイクとしてはもう少し短い方が「らしい」かもしれませんが、個人的には好きなゲームです。
彼葉さんの評価 評価:8点
投稿者:彼葉 | 2014年09月01日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

「究極のトリテ」とか「トリテなのに重ゲー」というような評判を聞
いていたので想像を逞しくしていたが、思ったよりずっとシンプルな
ゲームでシステム的に新しいところはなく、トリテとしてトリッキー
なルールは何一つ出てこない。
が、その組み合わせの妙は古き良きドイツゲームが持つそれである。
一人だけが切り札スート及び切り札数字を知っている状態でロチェス
タードラフトをする。そして、その後普通にトリテをする。各自の目
標を達成できれば勝利に近づく。これだけのゲームである >>> [ 続く ]
PHYさんの評価 評価:7点
投稿者:PHY | 2006年01月14日 | プレイ数:5 回 | コメント(0)

極論を言ってしまうと、トリックテイキングはこれさえ持っていればいい、とまで思わせるボリュームの作品です。
ここまで運の要素が無いと激しく好き嫌いが出そうですが、ガチ勝負好きにはたまりません。
ただ、基本的に初心者に奨めにくい点は難点ですね。
pincsさんの評価 評価:7点
投稿者:pincs | 2005年01月19日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

-
あおぞらさんの評価 評価:7点
投稿者:Aozora | 2006年03月14日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

運の要素は一切なく、記憶力と実力だけが物を言うトリックテイキングゲームの王様と呼ぶにふさわしいゲームです。
トリックテイキングゲームは大好きだし、面白いゲームだけど、多分もう2度と遊ばないような気がします。
常時次人さんの評価 評価:7点
投稿者:常時次人 | 2008年03月29日 | プレイ数:8 回 | コメント(0)

かなりすきなんですが、課題カードぐらいはランダムで配った方がいいような気がしています(ドラフトする意味が暗記のほかに意味がない気がします)
トシさんの評価 評価:7点
投稿者:トシ | 2014年10月23日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

親は最初にこのラウンドの切り札を見ます。並べられたカードを順番
に取っていき、今取ったカードでトリックを取るのが誰か親は回答し
ます。これを繰り返して子は切り札が何なのか予想しながら手札を取
っていきます。
手札が揃ったら、子はゲーム開始時に選んでいた目標カードから1枚選
択してオープン。目標はトリック数だったり、指定スート取らない、
最多トリック等々。当然カード取るときから、何狙いでいくか考えて
おきます。親は子がオープンした目標を達成したら横取りできます。
 >>> [ 続く ]
つなきさんの評価 評価:6点
投稿者:つなき | 2005年09月29日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

作者お得意の「メタゲーム」なところが特徴のトリックテイキングです。個人的にはとても楽しめました。満足度から行けば9点なのですが、プレイ時間の長さが。。。やはりカードゲームで2時間超は長いですね。
takokawaさんの評価 評価:6点
投稿者:takokawa | 2014年08月18日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

簡易ルールで4人プレイ。目的タイルは事前にランダム配布で人数ラウン
ドで終了とすると短時間で終わるもで好印象。トリテを理解してるのが前
提で最初のハードルは高いが、切り札の予想後は自分の目的に沿ったタイ
ルを達成すべく、普通のトリテとなるので案外理解し易い。
けがわさんの評価 評価:5点
投稿者:けがわ | 2011年09月15日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

アイディアとしては決して悪くない。切り札を推測するのは面白いのだが、全員同じ情報を持っているので同時にわかってしまうのは少々しらけてしまう。点数などもう少しすっきりした作りだったら良かったかもしれない。トリックテイクの中であえてこのゲームを遊ぶ理由があまり無い。
てんきゅーさんの評価
投稿者:てんきゅー | 2005年12月30日 | プレイ数:0 回 | コメント(0)

未プレイのため未評価。


 


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2019 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.