ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・評価コメント
ムガル>>コメント

評価順 日付順 プレイ数順 抽出表示:  
登録件数: 28 件
表示中情報: 1 ~ 15 件
全ページ数: 2 ページ
  評価   評価コメントリスト(評価順)
play:game -- ムガ..> 評価:10点
投稿者:nasika | 2006年11月17日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

初めてプレイした際には衝撃と共に感動を覚えたゲームです。ルール、コンポーネント全てが全く無駄のないスッキリとした構成であるのにプレイしてみると実に濃密な時間を過ごす事ができます。上手く売り抜けられた時の爽快感と逆に上家に搾られる嫌らしい感覚が絶妙なバランスになっているのは素晴らしいと感じます。
ゆえすさんの評価 評価:9点
投稿者:ゆえす | 2005年08月17日 | プレイ数:17 回 | コメント(0)

競りゲームの傑作は多くありますが、これほど短い時間でできる軽くて面白いゲームはないと思います。
個人的にはどこで勝負をかけていくか、株券をためて一気に行くか、細かく売ってリードを保つかなど、仕掛けどころが競馬みたいだと思います。
6人までプレイできますが人が多いと並び順に大きく左右されるので、少人数のほうが機能すると思います。
ひでさんの評価 評価:9点
投稿者:ひで | 2007年02月11日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

(相手の顔を見ながら)
降りないよね?
降りないよね?
.
.
.
降りるなぁ~!
kitoさんの評価 評価:9点
投稿者:kito | 2009年09月03日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

胃が痛くなるようなきつい競りゲーム。シンプルなコンポーネントで、素晴らしく濃いプレイ感。短時間なのにやり終わった後の充実感は相当なものでした。
さとーさんの評価 評価:8点
投稿者:さとー | 2004年03月20日 | プレイ数:10 回 | コメント(0)

競りのシステムとボード中央の描かれた謎の紳士が、このゲームの特徴です。
けがわさんの評価 評価:8点
投稿者:けがわ | 2005年04月01日 | プレイ数:23 回 | コメント(0)

短時間で面白いオークションゲームです。ただ、カードの構成表がないとつらい部分はあります。

ゲームフィールド版はコインが金属で良いですね。
田中ブンケイさんの評価 評価:8点
投稿者:田中ブンケイ | 2004年04月27日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

このゲームの競りがしびれるんですよ、これまた。
(基本的には)全プレイヤーの所持金総量は変わらず、それがあっち行ったりこっち行ったりするだけですから、自然、プレイ中勝負時は限られてきます。
いつ出るか。その見切りが楽しいゲームで、ちまい勝負に出る人は恐らく勝てません。それがまさしく株式ゲーム、って感じで好きです。

マイナス点としては、微妙に勝利点の入り方と株券の関係が最初はわかりづらいところではないでしょうか。・・・もしかして、2回プレイしてやっとそこの所が飲み込め >>> [ 続く ]
ストーンRさんの評価 評価:8点
投稿者:ストーンR | 2007年02月10日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

こんな不思議な競りゲームは経験したことがありません。
株を買うのも売るのも競り次第。
プレイヤー間に流通するお金は限られているし、手番の関連性が強いので注意が必要
です。
遊び応えがありながら、短時間で終わるところも凄いです。
面白すぎて連続でプレイしました。
PHYさんの評価 評価:8点
投稿者:PHY | 2006年02月09日 | プレイ数:15 回 | コメント(0)

競りゲームの傑作だと思います。
とは言え、今となっては競りというよりもゲシェンクな感覚です
が…。

とにかく、前後プレイヤーとの駆け引きの熱さには飛びぬけたもの
があります。
これだけシンプルなのに、思わず息を呑んでしまうほど緊張感があ
るのが良いですね。
胃が痛くなるほどの駆け引きを楽しみたい方にオススメです。
 >>> [ 続く ]
管理者さんの評価 評価:8点
投稿者:管理者 | 2005年12月29日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

短時間に遊べる競り+株式売買ゲームとしては非常に重宝するゲームです。プレイ人数も6人までで、どの人数で遊んでも楽しめます。このゲームの競りは独特で、序盤にはそんなに加熱せず、練習台みたいに行えて、中盤>終盤へと加速、加熱していきます。所持金はゼロサムで、終盤の勝負所で失敗すると、一気にゲームが決まってしまいます。<ここが良くもあり、悪いところでもある。
play:game -- ムガ..> 評価:8点
投稿者:tricle | 2006年11月25日 | プレイ数:6 回 | コメント(0)

シャハトの無理矢理鉄道3部作の中では、唯一テーマ的に許せるゲーム。(但し、大恐慌で終わるのだから箱絵はおかしい)
シンプルなルールがプレーが簡単だったり軽かったりすることを保証するものでないという好例。
ちょっとのミスが勝敗からの脱落を意味する。私にとってこんなシビアなゲームありません。
miwanyさんの評価 評価:8点
投稿者:miwany | 2007年02月11日 | プレイ数:0 回 | コメント(0)

よくできたゲーム。
マネーテクが問われる気がしました。

しかし、上家にとっても影響を受けるので、
複数回プレイする場合は、席替えをすることをおすすめします。
UGさんの評価 評価:8点
投稿者:UG | 2007年12月10日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

単純なシステムと短い時間の中で、非常に強いジレンマと戦略的判断を求められる、好ゲームだと思います。

よく言われるように『ゲシェンク』はこのゲームを換骨奪胎させたゲームである、という感じは確かにします。
が、「分配金」や「株券が紙になる」といった要素がこのゲーム独自の味を出していて、決して『ゲシェンク』があれば充分、というものではないと感じます。

惜しいのは、「ある色が売却できるかどうか」を示す「枠の色」の色別合計数がカードやボード等に明示されていないことでしょう >>> [ 続く ]
マクベスさんの評価 評価:8点
投稿者:マクベス | 2010年02月27日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

鉄道会社をテーマにした株ゲーム。
競りの方法が面白く、1回1コインずつ供託所にお金を供託していき降
りた人が供託されているコインを総取りする競りが、常に降りるべき
か張るべきか考えさせてくれる。
お金の総量がものをいう競りなので、上手に降りていかないとここ一
番のところでお金がなくなるのだから悩ましい。

競りの上位2人までに特権があり、株を取るか売るかできる。序盤は基
本的に配当目当てに取るために競り、後半は売ることを目的に競る流
れになる。この自然な流れ >>> [ 続く ]
ナッツ2000さんの評価 評価:8点
投稿者:ナッツ2000 | 2011年04月28日 | プレイ数:5 回 | コメント(0)

上家に媚び、下家を縛る。
濃密な駆け引きが楽しめる好ゲーム。
最後は株が紙屑になってしまうのも笑える。
箱が小さくまとまっているのも良い。


 
スタートページボタン ジャンプ:  1  |  2  ページ エンドページボタン
次へ


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2021 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.