ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・コメント
ルーンバウンド 第2版>>コメント 評価コメントリスト

  コメント   りんさんの評価
  評価   ユーザー評価:6点 プレイ数:2回
投稿者:りん | 2006/02/25 22:46 | コメント(1) | トラックバック(0)

完全日本語版オリジナルの付属のソロプレイ用ミニシナリオをソロプレイしました。

みんな英雄になって冒険しているところは、RPGっぽいのですが、プレーヤーどうしの結びつきに、一緒に戦うみたいなものがないので、ちょっと1人で遊んでいるぽいプレイになってしまうのかなぁと思いました。
そのあたりは、TRPGの楽しみではなくて、プレーヤーそれぞれが、1人ずつコンピュータのRPGを遊んでいるような感じになるのではないかと思います。

あと、遊んでいる人が、カードのテキストを読んで、どれだけこの世界にはまれるかというので、楽しさも変わってくるかもしれません。
だまって、カードめくって、淡々とサイコロふっているだけでは、他のプレーヤーは、全然おもしろくないだろうし……そのあたり、多人数で遊ぶ時、けっこうプレーヤーを選んじゃうゲームなのかもしれません。
全体を通しての、だれか(マスターっぽい人)の語りが必要なのかも。

完全日本語化は、素晴らしいです。それだけでも、ものすごく遊びやすい。だから、日本語化が続けば、シリーズも集めていきたいと思いますが、訳してまで遊ぶほどではないかも。

うーん、TRPGがしたいと思わせるゲームです(笑)
  コメント   コメント
投稿者:りん | 2006/02/28 19:58

> RE: りんさんの評価
本編を遊びました。
初プレー。残念ながら、マーガスは、倒せませんでした。

このゲームって、基本的に、オプションルールがないと、マーガスを倒さないと終わらないんですねぇ。

えーと、1、2回全滅すると、けっこう苦しいです。
特に、難しい「イベント」が引かれてしまってから、仲間をなくすような冒険をしてしまうと、簡単なアドベンチャーチップの補充もなく、金もなく、仲間もなく……という状態になってしまいます。
こうなると、どうしようもない感じです。
もっと慎重に、逃げて、逃げて遊ぶゲームですね。

時間をたつのをあんまり感じさせなかったので、それなりには楽しかったんだろうなぁと思います。
でも、ボードゲームの楽しさにも、TRPGの楽しさにも、微妙に足りないところがあるような。
1人で遊んでいてもいいしというところが、特にそうなんだと思います。

プレーヤー同士が、一緒に、冒険できたりすると、また楽しさがかわってくるかな?

  トラックバック   この投稿へのトラックバックURL ヘルプ
2921


 


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2020 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.