ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・評価コメント
オロンゴ>>コメント

評価順 日付順 プレイ数順 抽出表示:  
登録件数: 11 件
表示中情報: 1 ~ 11 件
全ページ数: 1 ページ
  評価   評価コメントリスト(日付順)
イギーさんの評価 評価:8点
投稿者:イギー | 2020年08月22日 | プレイ数:0 回 | コメント(0)

8
たかださんの評価 評価:7点
投稿者:たかだ | 2018年04月27日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

競りをして、モアイ像を建てるのに必要なチケットを獲得していくゲーム。
競りにより、支払いが発生するのはトップだけなので、2位が狙い目です。
マクベスさんの評価 評価:7点
投稿者:マクベス大佐 | 2015年12月29日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

クニツィアの競りと陣取りの複合的なゲーム。
握り込みの競りは相場観がわかりにくく、どれぐらいが相場かわから
ないがシステムは非常によくできている。まあ概ねこれぐらい握れば
いいかというのはゲームを通して初心者でもわかってくる。

代金を支払うのは1位のみなので、タダでコマをそこ置ける2位を取
ることも大切というのは競り勝たないと意味がないということが多い
競りゲームに多い弱点を緩和していて好感が持てますね。
お金(貝殻)を回収できるのは0入札したものだけで、0 >>> [ 続く ]
kimさんの評価 評価:9点
投稿者:kim | 2015年10月22日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

毎ラウンド握り競りを行い、順位の順に土地マスを獲得する。
土地のセットコレクションができるとモアイを建てることができ、
規定数のモアイを一番早く建てた人が勝ちというゲーム。

モアイを建てるときに使った土地の上にお金を置かなければなりませんが、
このルールが複数の効果を生み出していて盛り上がりに一役も二役もかっています。
・使用済みの土地がひと目で分かる。
・お金が減るので建てた人にブレーキが掛かり、接戦になりやすくなる。
・お金の総数も減るので後半にな >>> [ 続く ]
トシさんの評価 評価:8点
投稿者:トシ | 2015年07月13日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

競りと陣取りが見事に融合したゲーム。
takokawaさんの評価 評価:8点
投稿者:takokawa | 2015年05月14日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

1位はチップ3枚配置出来るが握った貝殻は支払う。2位以下は貝殻を
払わず2位チップ2枚、3位4位チップ1枚を配置。何も握らない貝殻
ゼロは1位が払った累積の貝殻をゼロ握りプレイヤー全員で分配する
(唯一の貝殻補充方法)。2位狙いや単独ゼロ狙い等、競り+バッティ
ング要素でシンプルながらジレンマたっぷりのゲームです。貝殻の
総数は変わらず(モアイを立てると総数は減るがオープン情報)ゼロ
サムなので競りといっても相場はだいたい分かるし、特殊カードや
個人目的カード等 >>> [ 続く ]
月斎さんの評価 評価:7点
投稿者:月斎 | 2015年03月16日 | プレイ数:7 回 | コメント(0)

競りと陣取り。
どちらもクニツィアの得意ジャンルですね。
競り勝ちに行ったり我慢したりと、さすがのキレを感じる。
4人で1時間弱、長期戦略を考えながら遊べる楽しいゲームでした。
貝の駒の座りが悪いのと視認性が悪いのがちょっと残念。
ひろぴさんの評価 評価:7点
投稿者:ひろぴ | 2014年12月25日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

競りと陣取りの融合。盤上の特定のシンボル同士を自分のマーカーでつなげることによりモアイを建てていく。

握り競りでは、一番多く握った人のみが支払うというシステムが一捻り効いている。

ほぼルールを読んだ通りのプレイ感で、危な気がなく、プレイ時間も40分程度と絵にかいたような優等生。

この感覚を忘れないでねクニツィア先生!
彼葉さんの評価 評価:7点
投稿者:彼葉 | 2014年12月04日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

往年のクニツィアらしい良作。流石の安定感。
4人ベスト。
けがわさんの評価 評価:9点
投稿者:けがわ | 2014年11月30日 | プレイ数:55 回 | コメント(0)

10回以上プレイ。競りと陣取りの融合という90年代のクニツィアが21世紀に蘇ったようなゲーム。競りのリソースと陣取りのリソースが共用となっており、握りのゼロサムなのだが全体が減っていくというのが素晴らしい。また1位だけが支払うので1位にも2位にもなりたいときがあるし、空ビッドではバッティングしたくないし、とかなり悩ましい。基本的にはゼロサムなので競りに慣れていなくても楽しめる。
シミーズさんの評価 評価:8点
投稿者:シミーズ | 2014年11月28日 | プレイ数:0 回 | コメント(0)

ナイス、クニツィア!
世が世ならクニツィアの四大競りゲームのひとつじゃないでしょうか。
そう、同じゼロサム競りのドリームファクトリーではなくてこちらだったなら!
握り競りのゲームとしても最高峰。
しかし…まさかのラベンスに失着が。コンポーネント問題です。非常に惜しい。


 


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2022 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.