ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・評価コメント
大統領になる方法>>コメント

評価順 日付順 プレイ数順 抽出表示:  
登録件数: 12 件
表示中情報: 1 ~ 12 件
全ページ数: 1 ページ
  評価   評価コメントリスト(評価順)
Sugar Pie Guyさん..> 評価:9点
投稿者:Sugar Pie Guy | 2011年04月13日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

好みが別れそうですが、アメリカ大統領選挙を戦いたいという人であれば満足できる出来だと思います。

全米のボード、90枚を超えるカードの仕上がりなど見栄えがします。

ゲームそのものはカードの威力が大きく、複数の州の支持がひっくり返ることもしばしば。
毎ターンの手札運も大きい。
そんな次第でゲームとしての完成度にはやや問題があるが、「選挙はミズモノ、予期していた通りの選挙戦なんてできない」と割り切ると、非常におもしろく感じる。
イギーさんの評価 評価:9点
投稿者:イギー | 2012年03月03日 | プレイ数:0 回 | コメント(0)

★9)
ビートさんの評価 評価:8点
投稿者:ビート | 2009年03月04日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

DVDの『映像が語る20世紀 11巻』\\476 を見てから遊ぶと、歴史背景がわかって格段におもしろくなります。ゲームで使われる数多くのイベントカードや、このゲームでの大統領選の論点が防衛・経済・公民権の3つであることに納得いくのでオススメです。
かみさんの評価 評価:8点
投稿者:かみ | 2008年06月27日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

コントロール配置のみのカードドリブンゲームの現時点での最高峰。題材とシステムのマッチングも良い。アメリカ大統領選挙のゲームとしても、キャンペーントレールと共にベストでは?
ナッツ2000さんの評価 評価:8点
投稿者:ナッツ2000 | 2011年04月19日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

ニクソンVSケネディの選挙の醍醐味が味わえる傑作ゲーム。
相手のカードの効果を打ち消したり、自分の有利なイベントに変えるアクションが熱い。
2人用だが、存分に駆け引きを楽しむ事が出来る。
おのさんの評価 評価:7点
投稿者:おの | 2008年01月23日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

当時の大統領選挙を全く知らない人でも、一長一短あって対等でない2人の能力と、写真入りのイベントカードで臨場感を味わえる。カードを使う順番、残すカードの選択が悩ましく、ただのイベント炸裂ゲームではない。
PHYさんの評価 評価:7点
投稿者:PHY | 2010年01月14日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

トワイライトストラグルの簡易版、といった趣きの作品です。

同じ作者が参加しているため当然と言えば当然ですが、システムやプレイ感など様々な点で多くの共通点があり、姉妹作と言っても過言ではないと思います。

確かにプレイ時間は大幅に短縮され、ルールもシンプルになっています。
反面、それに伴って緊迫感も殺がれてしまった感があります。
加えて、得点源が分散してしまって少々判りにくい印象も受けました。

以上から、個人的には特にリプレイバリューを感じなかったのが大変残 >>> [ 続く ]
kitoさんの評価 評価:7点
投稿者:kito | 2011年05月07日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

ニクソンVSケネディの大統領選挙を両陣営に分かれて行う2人用ボードゲーム。毎ラウンドカードを引いて、そのカードをプレイして州の支持を得たり、マスコミを使ったり、論戦をはったりします。カードの捲り運はありますが、効果を使わずポイントを使う選択肢があるため、程よい運だと感じました。この選挙の背景が分かっていないと、面白さは半減すると思います。
月斎さんの評価 評価:6点
投稿者:月斎 | 2008年06月01日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

2人でルールを読みながら理解するまで2時間強、その後プレイが2時間強。
史上最大の激戦と言われたケネディ対ニクソンの選挙戦がテーマで、エリア式のウォーゲーム。
2人用長時間ゲームは対戦相手を探すのに苦労するところである。
基本はカードゲームで歴史的背景や写真が描かれているが、日本人の拙者には全く知識が無いので面白さが解りにくい。
ヨーロッパやアジアの歴史は古いので興味深いが、アメリカの歴史は第2次世界大戦や南北戦争以外はアメリカ人にしかウケないだろう。
彼葉さんの評価 評価:6点
投稿者:彼葉 | 2012年02月22日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

テーマとゲーム性の親和性が抜群でこの選挙に思い入れのある人ならとても気にいるはず。 メディアや選挙活動、テレビ討論など複数の要素が上手く絡み合って選挙の雰囲気を表現している。

手札に合わせて戦略を考えていくのは楽しいが、手なりにプレイするしかない部分もあり、長時間ゲームにしては充実感は薄い。

またアルファベット2文字で州名と場所を判断しなければならない7,8ターンは煩わしい。
togtogさんの評価 評価:5点
投稿者:togtog | 2010年06月20日 | プレイ数:1 回 | コメント(2)

悪くないはずなんだけど…どうしてこうなった。
初プレイ2人で夜明け頃にマニュアル読みながらやったのも悪かったのかもしれない。あとルール細かすぎ。
でも、それを差し引いても、アメリカの地理とか州の略称とかがわからないとテンポが悪くなる場面が多い。たぶんシール貼ったりする程度で解決できる問題じゃない。繰り返しプレイして慣れれば+3点くらいできる余地はありそう。逆に言うと、そういう環境にいなければどうしても評価は下げざるを得ない。
似たゲーム(?)のトワイライトストラグルやっ >>> [ 続く ]
てんきゅーさんの評価
投稿者:てんきゅー | 2010年09月01日 | プレイ数:0 回 | コメント(0)

未プレイのため未評価。


 


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2022 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.