ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・評価コメント
コンテナ>>コメント

評価順 日付順 プレイ数順 抽出表示:  
登録件数: 21 件
表示中情報: 1 ~ 15 件
全ページ数: 2 ページ
  評価   評価コメントリスト(評価順)
タナカマさんの評価 評価:10点
投稿者:タナカマ | 2008年01月23日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

ゲームの進行、組み立てのほとんどが他人との絡みによって成されているので、その部分をアナログゲームの醍醐味と感じている人にとってはたまらないゲーム。

自分が置かれた状況をしっかりと見極めることで、様々な勝利パターンがあり、単純に作って運んで競り落として、という流れを踏むだけのゲームではなく、奥も深い。

ちなみに、もともとのルールだと、プレイ時間がやや長い印象のため、ショートゲームで遊ぶほうが好み。
けがわさんの評価 評価:10点
投稿者:けがわ | 2008年06月23日 | プレイ数:45 回 | コメント(0)

非常にエレガントな経済ゲーム。他の多くの経済ゲームとは違い、インフラストラクチャーへの投資でなく、マージナルプロフィットに重点を置いているのもユニーク。値付けの自由度が素晴らしい。拡張で使われているショートゲームバリアント「コンテナ各色をプレイヤー人数と同じ数だけ取り除いてからスタート(つまり各色人数の3倍使う)」を常に使っている。これだと、殆ど持ち味を損なわずに90分ゲームに収まる。

個人的には、このゲームの良さを理解するまでに少々時間がかかった。2ゲーム目では全員が >>> [ 続く ]
おのさんの評価 評価:9点
投稿者:おの | 2008年01月17日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

作る・買う・運ぶという極めて単純な構造ながら、自他の持ち金や得点状況を絶えず気にしながら相手を選ばなければならず、終盤に向かって中身が濃くなっていくのが素晴らしい。先行しても止められてしまうため、順位を上げ下げしながらのゲーム展開は時間の長さを感じさせない。
値段を自分で付けることができ、最後は同時入札になるところもゲーマー魂をくすぐる。石膏のようなもので作られたコンテナ船にコンテナが乗っかって、海を行き交うさまも雰囲気ばっちり。値段は高いがその価値はあるだろう。
てんきゅーさんの評価 評価:9点
投稿者:てんきゅー | 2008年03月02日 | プレイ数:6 回 | コメント(0)

個人的に経済ゲームの最高峰。
ボードゲーマーなら一度はプレイしていただきたい。
勝負所になる競りはかなり痺れます。
再販を切望します。

初プレイはショートルール(他の方のコメント参照)をオススメします。
ぽちょむきんすたーさんの評価 評価:9点
投稿者:ぽちょむきんすたー | 2009年07月17日 | プレイ数:15 回 | コメント(0)

ルールは単純。展開は骨太。
いでんしさんの評価 評価:9点
投稿者:いでんし | 2017年11月15日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

素晴らしい。
貨幣市場によるデフレ、インフレ、そしてデフレ。初プレイでなく、よほ
ど下手にプレイしなければ景気循環が自ずと現れる。
ゲームとしては、自分が儲かるためには他人を儲からせなければならない
という複雑さを内包する。そういった意味ではボーナンザに掠っているか
もしれない。2ポイントアクションは、許容範囲だが少しわかりづらい部
分がある。
デロンシュが生前に唱えていた「ゲームが現実に投影されることはない。
現実のシステムがゲームに投影されるのみである。」 >>> [ 続く ]
月斎さんの評価 評価:8点
投稿者:月斎 | 2008年01月18日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

5人でプレイしました。
握り競りが中心のマネージメントです。
自分以外に4人の売買相手が居るわけで、人より安く売ったり高く買ったりと、商売競争のようなシビアな面を持ってます。
走りすぎると皆に相手にされず、遅れていると皆が買ってくれます(笑
恐らく5人が適正人数だと思いますが、楽しいゲームでした。
世良 増好さんの評価 評価:8点
投稿者:世良 増好 | 2008年09月22日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

セリ中心のマネージメントゲーム。ウチのサークルは、金儲けゲームは好きだがセリゲー音痴が多く、ちょっと微妙。ゲームとしては面白いが、ノリでメチャクチャなセリをされると、それで勝負が決まりかねない危ういゲーム。
kitoさんの評価 評価:8点
投稿者:kito | 2010年04月12日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

シンプルなルールで経済の仕組みをプレイヤーに作らせるゲーム。自分が作った製品は他のプレイヤーでなければ港に運べない、自分が港に運んだ製品は他のプレイヤーでなければ島に輸送できない、得点になるのは島の自分のスペースに置かれた製品だけと言うシステムが一種協力ゲーム的な雰囲気を醸し出して飽きませんでした。
エムスタントさんの評価 評価:8点
投稿者:エムスタント | 2010年06月01日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

ルールがシンプルであり、説明は容易。『メンバ間の思惑だけでゲームが進む』という点が、概ね楽しい方向に進んでいく。(たまには長時間すぎる展開に引き込みますが・・・)
何よりもプレイヤー間のボードの間を進んでいく石膏の(?)コンテナが見ていて楽しい。
序盤に陥りがちなデフレスパイラスを防ぐすべが用意されていると良かったと思う。
彼葉さんの評価 評価:8点
投稿者:彼葉 | 2011年04月12日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

経済の箱庭がここに。
ルールはシンプルだが、何をやっていいのか本当にわからない。

追記
二回目はある程度の見通しを持ってプレイし、そのポテンシャルを十分に味わうことができた。囲むプレイヤーによって相場は変化するため臨機応変に対応する必要がある。
ナッツ2000さんの評価 評価:8点
投稿者:ナッツ2000 | 2011年04月19日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

時間はかかるがルールはわかり易い。ゲーマーズゲームではなく、誰でも楽しむ事の出来る奥の深いゲームとなっている。
コンポーネントの軽量化が図られていれば9点をつけたい。

どこにでも持っていって、誰とでも遊びたいゲームである。
近藤ゆめ⇒さんの評価 評価:8点
投稿者:近藤ゆめ⇒ | 2014年04月07日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

ゲーム会で1回プレイ、5種類のコンテナをたくさん集め、お金を集めた人が勝ちのゲーム。ただ人によってコンテナの種類の得点がちがう。また得点が一番高いコンテナを大量に集めればいいわけでもなく、一番多い色のコンテナは点数にならないという縛りと、5種類すべて集めれば1つにつき10点、集められなければ5点というルールがきいている。手番にできることはいくつかあり、その中から2つ選ぶ。自分のコンテナ生産工場の建設、その工場からコンテナを生産、倉庫の建設、誰かの製造したコンテナの購入。船の移 >>> [ 続く ]
ストーンRさんの評価 評価:7点
投稿者:ストーンR | 2008年04月06日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

需要と供給、製造・販売・流通がシンプルに表現されていて、プレイヤーの行動によって生み出される流れに身を委ねていく心地良さがありました。
頑張って競り落としたコンテナも、数が多いと供給過多となって腐って得点にならないところがしびれます。

残念ながらコンポーネントはチープで、コンテナ駒が茶・ベージュ・オレンジと似た色が多く、プレイヤー・カラー(船駒)も白と水色が識別しくい問題があります。
プレイ時間も5人プレイで3時間近くかかってしまい、冗長なところもありました。
togtogさんの評価 評価:7点
投稿者:togtog | 2011年10月11日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

妙なルールがてんこ盛りの経済ゲーム。それが見事に咬み合っているのが凄い。プレイヤー間のやり取りでゲームが進んでいく。
だが、このゲームに限らないが入札はどうも苦手だ。
最大の欠点はカラーリング。コンテナのオレンジと茶色とベージュとか、水色っぽい船が複数種類あるとか何を考えてデザインしたんだ。
推奨プレイ人数はコンテナの需要と供給が均一化される5人だと思われる。


 
スタートページボタン ジャンプ:  1  |  2  ページ エンドページボタン
次へ


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2022 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.