ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・評価コメント
落水邸物語>>コメント

評価順 日付順 プレイ数順 抽出表示:  
登録件数: 12 件
表示中情報: 1 ~ 12 件
全ページ数: 1 ページ
  評価   評価コメントリスト(日付順)
たかださんの評価 評価:5点
投稿者:たかだ | 2022年03月11日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

最後のトリックから順にプロットしていくトリックテイキングゲーム。
連続してトリックを取ると得点が下がるので思い通りになりません。
トシさんの評価 評価:6点
投稿者:トシ | 2015年07月10日 | プレイ数:3 回 | コメント(0)

最終トリックから逆順にカードを出していき、カード置き終わったら先
頭から解決していく変態トリテ。得点札は赤青あって交互に並び、その
差分が得点になります。このルールが効いていて、連続してトリック取
るのは難しくないが、そうすると得点は伸びない、という仕組みになっ
てます。
takokawaさんの評価 評価:6点
投稿者:takokawa | 2014年11月27日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

プロットするトリテですが、勝ち筋が難しい。交互に取るのがベストだが
読めない。1トリック目から3連勝するつもりで多少のマイナスは覚悟する
か?ゼロトリックを目指すのか?ゲーム中1回だけ使えるシンキングカード
は入れた方が楽しいです。
けがわさんの評価 評価:7点
投稿者:けがわ | 2009年08月13日 | プレイ数:6 回 | コメント(0)

非常に斬新である。漸く戦略が分かってきた。スコアリングシステムも秀逸。もっと評価されて良いゲーム。
エアさんの評価 評価:7点
投稿者:エア | 2008年05月05日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

この変態さには脱帽です。もはやトリックテイキングと呼んで良いのかすら疑問。
赤と青の得点カードが交互に並んでいるので、狙って得点を伸ばすのは至難の業。
おのさんの評価 評価:7点
投稿者:おの | 2007年09月06日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

最終トリックからプロットしていくという、ドイツ人が聞いてもぶったまげそうな突飛なアイデアのゲーム。場をコントロールするという感覚に乏しいが、やりこめばそこまで見えてくるのかな?
てんきゅーさんの評価 評価:6点
投稿者:てんきゅー | 2007年02月07日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

トリックテイクもどきという評価も聞きますが、
これはもどきでもないような・・・。
そしてなかなか勝ち筋が見えて来ません。
やり込み甲斐はあるようでないような。
モヤモヤ感ばかりが残ります。
しかしまとめると良いゲーム(のような気がします)。
あおぞらさんの評価 評価:8点
投稿者:Aozora | 2006年06月11日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

ゲームシステムが素晴らしい作品。
初期のルールではアイデアのすばらしさを生かし切れていない感じがありましたが、後期のルールはアイデアを巧く生かした面白いゲームになっていると思います。
戦い方が難しいゲームなので、万人向けでは無いと思いますが、機会があれば是非プレイしてもらいたい作品です。
ストーンRさんの評価 評価:7点
投稿者:ストーンR | 2006年05月07日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

第2回素人ボードゲーマー決定戦で発表され話題となった創作ゲームです。
変形トリックテイキングゲームの傑作でルールも洗練されています。
可愛らしいカードデザインもお気に入りです。
miwanyさんの評価 評価:6点
投稿者:miwany | 2006年05月07日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

得点計算の発想がとてもおもしろい。

偶然勝てる場合もあるような気がしたのは気のせいでしょうか(笑)
PTN-Qさんの評価 評価:5点
投稿者:PTN-Q | 2006年04月10日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

難しい。決してルールが難しいわけではないのだが、何をどうやったらいいのやら。。。楽しめる段階に至るには、相当かかりそうです。

カードデザインは素晴らしいのですが、総じてカードの成形が惨く、一部のカードは五角形相当でした。残念。
りんさんの評価 評価:9点
投稿者:りん | 2006年04月08日 | プレイ数:4 回 | コメント(0)

このプロットしていくトリックテイキングというのは、思った以上に
楽しい物があります。
なんか、わたしは、プラスもマイナスも取ってしまいがちなのです
が……。

すべてのカードがおかれて、自動的に(?)処理されていくところは、他
のゲームとはひと味違った楽しさがあります。


 


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2022 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.