ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・評価コメント
キーラルゴ>>コメント

評価順 日付順 プレイ数順 抽出表示:  
登録件数: 9 件
表示中情報: 1 ~ 9 件
全ページ数: 1 ページ
  評価   評価コメントリスト(評価順)
jojoさんの評価 評価:8点
投稿者:jojo | 2007年01月13日 | プレイ数:7 回 | コメント(0)

ゲームのテーマが好き。しかし、あまりバッティングの面白みが感じられない。絵柄は綺麗だが、ボード、船がチープでゲームの魅力を半減させている。全体的にもったいないゲーム。

2009/08/25
再びやったが、面白い。おそらく。簡単だし。
りんさんの評価 評価:7点
投稿者:りん | 2006年01月29日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

基本ルールのみで遊びました。
水中にもぐって、お宝をサルベージュするゲームです。
サルベージュするためには、備品を整えたり、潜水夫をやとったりしなければなりません。時には、情報を買ったり、他のプレーヤーの宝物を盗んだりもします。
また、サルベージュした宝物を売ってお金にしなければなりません。
行動は、その日の午前・午後の行動をプロットして、一斉に公開します。行動がバッティングすると、ものの物価が上がったり、下がったりします。
最終的に、所持金と持っているアイテムを換 >>> [ 続く ]
Aozoraさんの評価 評価:7点
投稿者:Aozora | 2007年10月22日 | プレイ数:2 回 | コメント(0)

基本はバッティングゲームですが、バッティングの影響がそれほど大きくなく、また運の要素が高いゲームなので、どちらかというと、ゲームの雰囲気を楽しむことに重点が置かれたゲームだと思います。
潜水夫を雇ったり、装備品を購入したりと、拡大生産型ゲームの面白さもあるので、初心者の方でも楽しめると思います。
和人さんの評価 評価:7点
投稿者:和人 | 2008年10月13日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

カード拡張のみ使用でプレイしました

選択肢は決して多くありませんが、その中で投資&回収のタイミングを考えたり
と周りの動きを見ながら戦略を立てて行くのがとっつきやすくグッドです。

今回は余り偵察を使う人はいませんでしたがモリの消費状況次第では
きちんとその辺のマネジメントをしておくのも大事なのかなと。
play:game -- キー..> 評価:6点
投稿者:プラティニ | 2006年08月29日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

サルベージ(海に潜って沈没船からお宝を取ること)を生業として、よりお
金を稼いだ人が勝者となるゲーム。銛はもう少し高くても良いと思う。
kitoさんの評価 評価:6点
投稿者:kito | 2010年02月11日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

かなり軽く遊べるバッティング型の宝物集めゲーム。かなり運の要素が強いので、ガチにやるよりは雰囲気を楽しむゲームだと思いました。バッティングをすると有利になったり不利になったりしますが、それほどきつくもないし、バランスもそれなりに取れていると思います。
シミーズさんの評価 評価:6点
投稿者:シミーズ | 2010年06月02日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

非常にウェットなバッティングゲーム。
基本ルールでしかやっていないが、
ダイバーを集め、武器を調達し、情報を仕入れて、モンスターにお
びえながら財宝をサルベージする、そして市場で財宝を売る・・
この流れがストレートにゲームから感じられると思う。
小銭稼ぎのため砂浜でアルバイトするのも可笑しい。
これだけテマティックなゲームはちょっと珍しい気がした。

ゲーム自体はかなり運の要素が強く、システムに斬新さもないた
め、続けてやる気もしないし、あまり高い評価もつけ >>> [ 続く ]
あきゃらさんの評価 評価:6点
投稿者:あきゃら | 2016年09月21日 | プレイ数:13 回 | コメント(0)

序盤はカツカツですが、中盤以降に装備が整っていると一気に
サルベージ合戦が始まります。
全員の動きが『サルベージ&売却』の単調な展開になるとつまらな
いですが、ゲーム参加者に『泥棒&売却』を演じる方がいると非常
に楽しい展開になると思います。
深い海をサルベージした後に高額商品を盗まれる緊張感はたまり
ません。
ストーンRさんの評価 評価:5点
投稿者:ストーンR | 2010年02月11日 | プレイ数:1 回 | コメント(0)

プロット型のバッティングゲームとしてはよく考えられています。
大勢が同じパターンに陥ってしまうと、それはそれで膠着してしまいます。でも
全くバッティングしないと、それはそれで詰らなくなります。

「キーラルゴ」はキー・シリーズではないとのことです。(笑)

ティルシット・コレクション #5


 


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2021 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.