ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・コメント
アンドロイド ネットランナー>>コメント 評価コメントリスト

  コメント   ひろぴさんの評価
  評価   ユーザー評価:7点 プレイ数:2回
投稿者:ひろぴ | 2015/02/16 14:06 | コメント(0) | トラックバック(0)

誤解を恐れず大胆な例えをするなら、カードを使った複雑なガイスター。

企業側とハッカー側に分かれ、それぞれが固有デッキを持ち、ハッカー側は企業側のデッキに眠っている得点カードを奪うことを目指す。

システムとしてはアクションポイントを使って、ドローしたり、お金を得たり、カードをプレイしたりする。

企業側は手札を場に複数裏向きにプレイするので、どのカードが得点カードなのかはハッカー側からは分らず、しかも企業側のカードの中にはハッカー側にダメージを与えるようなものが多数あるため、その辺の読み合いや駆け引きが面白い。

企業側とハッカー側でプレイ感が全然異なる上に、それぞれカードの効果が異なるデッキが企業側とハッカー側を合わせて7つも入っているので、コストパフォーマンスはかなり優秀。

唯一の欠点は、世界観を重視してか、マニュアルの専門用語化が激しく、かなり気合を入れないとルールの把握自体が困難な点。

ルール自体はそこまで複雑ではなく、2人用ゲームのスタンダードになり得るスペックを十分に持っているのに、この点はすごくもったいなく感じた。

これからやり込めば、さらに評価が上がる可能性は十分にある。

  トラックバック   この投稿へのトラックバックURL ヘルプ
22354


 


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2022 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.