ボードゲームデータベース

更新情報
検索
リスト別表示
データ登録
ユーザー情報
統計情報
ヘルプ
ログイン

RSS フィード

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
データベース・コメント
ハワイ>>コメント 評価コメントリスト

  コメント   シミーズさんの評価
  評価   ユーザー評価:9点 プレイ数:10回
投稿者:シミーズ | 2012/02/10 16:54 | コメント(0) | トラックバック(0)

繊細な違いを楽しめるモダンユーロ。
ベースはシンプルなお買いものゲーム、購入するタイルの種類がた
くさんある、という一見フェルトっぽい印象のモダンユーロ。

ハワイ島を歩いて回り、小屋やサーファー、フラダンサーなどを手
に入れ、マイボードの村に置き様々な効果を得る。歩くコストは
「足」で、購入コストは「貝」。これら2種のリソースはラウンド
ごとに配られるが、その量はだんだん減っていく。補填するのか収
入を無視して逃げ切るか、悩ましい。

タイル/カードの種類が多いゲームの常として、ゲームボードにラ
ンダムでいくつか配布されることが多いが、このゲームではすべて
のタイルが出ている。しかしそこに購入回数の制限をつけるため、
価格マーカーが置かれるというのが特徴的で、かなり効いている。
どのタイルが欲しくてどれを優先するのか、また、その価格は適正
かどうか常に悩むことになる。
それからこの価格マーカーはラウンド間の得点にもつながり、なか
なか手強い。

タイルの位置はゲームごとに変わり、これは一見たいした特徴では
なさそうにみえるが、意外とゲームの印象が変化する。
また、プレイ人数によって何の補正もないことから、2-3人ではや
りたいことが精一杯でき、4-5人ではかなりカツカツなゲームが楽
しめる。

斬新だということはなく、テーマもペーストオンな印象を否めない
が、アートワークの雰囲気は満点で、タイルの特徴もわかりやす
い。購入していくタイルの組合せによって細かいながらも多彩な戦
略をとることができる。

個人的には、2011年エッセンベストゲーム。

  トラックバック   この投稿へのトラックバックURL ヘルプ
17721


 


ヘルプ メール サイトマップ サイトポリシー

Copyright (C) 2002 - 2022 Ro Sato.
All rights excluding games and database materials are reserved.