ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

ゲームカフェぶんぶん 2020.06.25

こぶたのレース ミニ Mini-Rüsselbande
(説明 10分 プレイ時間 各5−10分)
Mini-Russelbande20200625.JPGランドルフの子供ゲームです。自分が持ち込んだのは、いつかのエッセンで投げ売りされていたもので、ミニ版ですが、ルールは変わりません。ダイスを振って自分の子豚を出目だけ進めます。目は1、1、2、3、3、4となっていて、1、1、3の3面が黒になっています。黒1を振ると進んだあとにもう一度振ることができ(任意)、黒3を振ると自分が最後尾の時に限り、進んだあとにもう一度触れます(任意)。他のコマの上に乗ると、そのコマが自分を運んでくれるので、もう一度振るかどうかは悩むところです。さらにゲーム中1度だけコースを延長させることができます。これもうまく使えば逆転の可能性を残します。2分の1の確率で黒が出るので、引き離していたと持っても意外とあっという間に追いつかれてしまいます。

1戦目は3人で、そして2戦目はウサギさんも交えて4人で遊びました。3人の時は1人2つずつのコマを担当しますが4人だと1つずつです。2戦目では一味さんが黒1を5-6連続で出して大きく引き離して、それに追いつくべくみんなでコース延長をして盛り上がりました。スピード感もあって、なかなか楽しめるのではないでしょうか。

なお、ルール上の疑問点は2点あります。

1:黒3の能力は手番最初に最後尾であれば使えるのか? それとも、黒3を振る直前に最後尾でなければ使えないのか?
2:コース延長はダイスを振る代わりに行うのか? あるいは通常の手番に追加アクションとして行うのか?

今回は、「黒3は手番最初に最後尾ならば使える、コース延長はダイスを振る代わりに行う」としましたが、正しいのかは英文ルールからは読み取れません。現在確認中です。

結果
1戦目:シミーズ(勝利)
2戦目:一味&自分(勝利)



キング ルイ King Lui
(説明 5分 プレイ時間 15分)
KingLui20200625.JPGムーンのカードゲームのひとつ。英語のタイトルは King's Breakfast ですが、これはドイツ語版です。カード構成は、食べ物カードが7種類各15枚、そしてドラゴンカード5枚で計110枚です。山札からカードをプレイヤー数x2枚めくって表にし(3人なら6枚)、その後、スタートプレイヤーから任意の種類のカードを選んで全て取ります。取ったカードは表向きのまま、種類別に自分の前に並べます。1巡したあとに誰も取らなかったカードはキングルイのものとなり、これもやはり種類別に表に並べます。左隣りのプレイヤーにスタートプレイヤーを移動して、これをカードが足らなくなるまで続けます。ゲーム終了時には種類別に得点を算出します。キングルイの取った枚数と自分が取った枚数の積が得点なのですが、前者が後者よりもすくないと0点です。

ドラゴンカードを選ぶとキングルイのカード2枚を破棄できます。これで結構な個人攻撃ができてしまい、同作者の「エルフェンランド」の妨害タイルを思い起こさせる荒い作りです。また得点が掛け算式なのも、やはり同作者の「オアシス」を思い起こさせますね。

結果:自分 99、シミーズ 95、一味 82



サンタフェ Santa Fe
(説明 15分 プレイ時間 100分)
SantaFe20200625.JPG「サンタフェ」はムーンの鉄道ゲームでは古い方で、「乗車券/チケットトゥライド」や「ユニオンパシフィック」とはかなり趣が異なります。アメリカ東部から5つの鉄道会社の路線を共同で引いていき、自分が出した都市カードに多くの鉄道会社が集まるようにするのを目的とします。都市の基礎点(2−7点)とその都市の鉄道会社の数の積が得点になります。また、鉄道のなかった都市に鉄道を通したり、その鉄道の目的の都市に到達させると、やはり得点になります。カード運の要素も大きいですが、なかなか楽しめるゲームです。今度は4−5人で遊びたい。ところで、タイトルは「サンタフェ」なのに、肝心のニューメキシコ州サンタフェはボード上にありません。サンタフェは北米で一番好きな街の一つなのに残念です。

結果:シミーズ 187、一味 158、自分 149


高尾ゲーム会 2020.06.21

Takao20200621.JPG久し振りに開催された、高尾ゲーム会です。はたさんと一緒に参加しました。主催のイズナさんの気遣いで、いつもよりも大きな部屋で、机の距離を離し、換気をするための扇風機も置かれました。対面を避けるというのは、ボードゲームでは無理な話です。その辺りの感覚は個人差が非常にあるので、自分でリスクを理解して納得できる人だけがオープン会やクローズ会に参加するようになるのだと思います。




木食い虫 Der Dreizehnte Holzwurm
(説明 10分 プレイ時間 45分)
Holzwurm20200621.JPGこの前遊んだ「木食い虫」が面白かったので、また遊びました。今回は6人で時間の関係で2ディール戦です。引き取りが6回起こると終わりなので、それを見越して手札をすべてなくすようにするのか、あるいはある程度引き取ってプラスのカードを温存するのかが悩ましいです。今回はプラスを温存して30点を超えた人はいませんでした。今度は少人数でやってみたいです。

結果(2ディール):T 55、K 30、M 15、イズナ 14、自分 11、はた −14



マルコポーロ Auf den Spuren von Marco Polo/Marco Polo Expedition
(説明 15分 プレイ時間 55分)
MarcoPolo20200621.JPGはたさんの持込みです。遊ぶのはすごく久し振り。カードの組み合わせによって進んでいくというレースゲームですが、次の空きマスまで進めるというルールなので、タイミングを見計らって進むのが大切です。かといってあまりもたもたしていると、進むのに非常にコストがかかってしまいます。カードを大量に集めてしまうゲームなのですが、よくできていると思います。

結果:自分 15、おかもと 13、はた 10、フォルテ 10、たっくん 10



マウンテニア Mountaineers
(説明 60分 プレイ時間 125分)
Moutaineers20200621-1.JPGミスミンさん持込みの3D登山ゲーム「マウンテニア」です。以前ゲームだけ見せてもらったことがあるのですが、今日はルールの細かいところも解読して遊ぶことができました。ボードは二等辺三角形を縦に差し込んで、上をゴムで止めるという大掛かりなもの。マス目の代わりに穴がああいており、ここに自分の登山者を差し込んでいきます。様々な目的カードがあり、それらを多く達成することがゲームの基本的な目的になります。

手番では食料を使って移動したり、装備のアップグレードをしたり、休憩して食料を獲得したり、というアクションを行います。目的カードを引くというアクションもあります。達成しなくてもペナルティーはないので、ある程度目的カードを引いてできるだけ多く達成するような組み合わせを考えるのが良いでしょう。自分が通った後にはペグを差し込んでいくので、登山経路が分かるようになっています。人のペグにはハーケンをかぶせて自分の経路として扱えますが、基本的にはそれほどインターアクションはありません。

頂上を目指すわけではないので、あまり登山しているという感覚がなく、ボードも3Dというのを活かしきれてないと思います。でも3Dなので雰囲気はありますね。毎手番にイベントが起こるので、かなり運に左右されがちですが、山を徘徊することを楽しめます。多くの目的を達成した武井さんの勝利。キノコ狩りで裾野をうろうろしていたはたさんは今ひとつ奮いませんでした。

結果:武井 62、自分 50、ミスミン 39、はた 37



ターフ ホース レーシング Turf Horse Racing
(説明 15分 プレイ時間 45分)
TurfHorseRacing20200621.JPG「ロイヤルターフ/ウィナーズサークル」の初版で、ルールが多少異なります。大きく違うのは馬が1頭ずつ登場してそれについて賭けるかどうかを時計回りに決めなければならないこと。下手をすると妙な組み合わせになってしまいますので、どこまで妥協するかという考え方も大切です。掛け金ではなく単純な得点制になっています。得点としては、後発のロイヤルターフよりもすっきりしています。馬の選定に失敗したこともあり3位に終わりました。

結果(2レース):はた 20、武井 16、自分 7、ミスミン 6



木馬と英雄 Trojan Horse & Heroes
(プレイ時間 35分)
TrojanHorse&Heroes20200621.JPGマジョリティー争いのカードゲームです。6列で各列には最大5毎のカードが置かれ、カードの数値の合計値でマジョリティーを競います。各プレイヤーは同一の1−10のカードを個人デッキとして持ち、そこから3枚を手札にします。6x5のどこにでもカードをプレイできますが、途中2回までは裏向きに置けます。ただし、ある列の5枚目を置いたらゲームから抜けなければなりません。また1のカードは斜め4方向の隣接する自分のカードの数値を2倍にするので、裏向きに置かれやすいです。ちょっとシンプルすぎるマジョリティーゲームです。裏向きに置くところや2倍のカードがあるところなどが「十二星座ゲーム」を彷彿とさせます。

結果:ミスミン 8、イズナ 7、武井 3、自分 3



天下鳴動 Rumble Nation
(説明 10分 プレイ時間 30分)
RumbleNation20200621.JPG「木馬と英雄」と同じ作者のゲームで、ダイスを使ったマジョリティー争いのゲームです。3つのダイスを振り、その組み合わせによって置く場所とコマ数を選びます。2つのダイスの合計値が置く場所で、残り1つの半分切り上げがコマを置く個数です。例えば、1、3、6という出目だと、4のエリアに3個、7のエリアに2個、9のエリアに1個といった3通りの選択肢があるわけです。エリアの数字がマジョリティーを取ったときの得点なので、得点の高いエリアにはあまりコマを置けないようになっているのが素晴らしいです。

もうひとつのよくできたルールが援軍です。すべてのコマを配置したらゲーム終了で、あとは自動的に誰がどこのエリアで勝ったかを処理していくのですが、かならず数値の小さいエリアから決算を進めていき、勝利すると隣接する自分のコマがあるエリアに2個自分のコマを援軍として追加できるのです。決算の順番を考えれば、非常に効率よく多くのエリアで勝利できるのが面白いです。

他には1回だけ使える特殊カードなどもありますが、今回はこのカードの恩恵にを受けられませんでした。12のエリアに1つでも置ければ援軍ルールによってさらに4つは自分のコマが足されて12点確定だったのですが、ダイス運が悪いのか6−6−Xの組み合わせが一向に出ません。確率的には12分の1で出るのですが、15回挑戦しても出ませんでした。結果から見れば12点取っていてもミスミンさんの勝利でしたね。

結果:ミスミン 39、自分 26、たっくん 20、はた 17



パルミラ Palmyra
(説明 15分 プレイ時間 35分)
Palmyra20200621.JPGたっくんのリクエストで持ち込んだ「パルミラ」です。序盤で税金を徴収したものの、契約カードが4枚出た色の壺をはたさんと自分は全く持っておらず、ここでミスミンさんとたっくんに大きく引き離されました。契約カードが4枚だとなんと各壺が8点のボーナスです。この8点というのはあまり見たことがありません。後半はなんとか売り買いをして少しでも追いつこうとしたのですが、税金カードをうまく使ったミスミンさんには追いつけず。あとの3人はほぼ同じ点数でした。シンプルだけどやっぱり面白いですね。

結果:ミスミン 147、自分 115、はた 114、たっくん 113


ゲームカフェぶんぶん 2020.06.18

ほぼ3ヶ月振りのぶんぶんです。みんなに会うのも久し振りです。



木食い虫 Der Dreizehnte Holzwurm
(説明 15分 プレイ時間 45分)
Holzwurm20200618.JPGクラマー&キースリングが1995年にクイーンから出版したカードゲームです。クイーンでは珍しい2デッキが入る小箱です。いまの空気いっぱいの箱で有名なクイーンにもこんな時代があったのですね。

カードは5スート+ワイルドスートがあり、数値は1-11まで(ワイルドは2-11)で奇数はマイナス、偶数はプラスです。この65枚にマイナス13というカード1枚があり計66枚です。このマイナス13とランダムに選ばれた5枚をあらかじめテーブルの隅によけて大きい順に並べておきます。それ以外の60枚を均等に配りきってゲーム開始。プレイヤーは手番に1枚を出すことで、テーブル上にスート別の5列をつくっていきます。プレイするカードと同スートの列の枚数が、プレイするカードの数値の絶対値未満なら出して終わりですが、数値の絶対値以上ならプレイしたカードも含めて全て引き取って手札に加えなければなりません。例えばマイナス5のカードなら5枚目としてなら出せますが6枚目としてだと引き取らされるということです。そのときにあらかじめ並べておいたカードのうちプラスが高いものから1枚引き取らなければなりません。これらの並べたカードがなくなったら、つまり6回引き取りが起こったらゲームは終了です。または誰かの手札がすべてなくなっても直ちに終了します。そのとき手札にあるカードの数値合計が得失点になります。カードをすべてなくしたときはボーナスで30点です。

数値の小さいカードは出せなくなってくるので処理したいのですが、あがるつもりでなければプラスは残してマイナスをすべて出していくでしょう。また序盤は追加で取らなければならないカードがプラス点のことが多いので、積極的に取るのもありです。中盤は使いづらい絶対値が低数値のカードを引き取らなければならず、終盤は引き取ったらそのまま出せずに沈んでしまいます。なかなか悩ましいゲームです。

3回戦を行い、最初はマイナス13点と沈んでいた一味さんが、プラス47、プラス39とあがらずにプラスカードを温存して逆転勝利。

結果:一味 73、キノ 65、シミーズ 57、自分 56、名人 32



ラマ L.A.M.A. (メビウスゲームズ版)ド ラマ No Drama
(プレイ時間 各15-35分)
Lama20200618.JPGメビウスゲームズの日本語版の「ラマ」です。「『マイナスポイントをなくしなさい!』ラマが命じました。」という特徴がある書き出しの説明書です。最初に作られていた和訳は「ラマが命じます」だったらしいです。英訳ルールでは正誤が混在していた「次のラウンドのスタートプレイヤーのルール」も正しいものが使われていてホッとしています。

まず1戦遊び、勝利した一味さんが、次に遊ぶゲーム「兎ちゃんをどうぞ」を選んで遊び、そのあと再び「ラマ」に戻りました。このときの2戦目が短かったこともあり、続けて「ドラマ」を入れて3戦目を遊びました。「ドラマカード」を入れるとさすがにゲームは長くなりますね。35分もかかりました。まあ、たまに入れて遊ぶと面白いですが、なくても良い気もします。

結果:
1戦目:一味 9、シミーズ 15、キノ 27、ウサギ 31、自分 43、名人 48
2戦目:シミーズ 11、キノ 16、自分 28、一味 34、名人 44
3戦目(ドラマカード):名人 20、シミーズ 26、自分 27、キノ 30、一味 54



兎ちゃんをどうぞ Let's Drink
(プレイ時間 15分)
LetsDrink20200618.JPGぶんぶんに常備してあるゲームから、ウサギのパッケージが印象的な隠れた迷作「兎ちゃんをどうぞ」を遊びました。カードの早取りゲームなのですが、結構難しくて燃えます。トッピングが曲者で、見分けるのが難しいです。そして、ゲームのパッケージのウサギがちゃんとゲームのコンポーネントとして活用されているのも良いです。

結果:一味 12、自分 11、ウサギ 11、以下不明



アルケミスト Alchemist
(プレイ時間 30分)
Alchemist20200618.JPGリソース変換ゲームの変換部分を作っていくという独創的な「アルケミスト」です。今回は早々に安くて高得点の変換が生れてしまい、そのためのリソースを得る変換装置や、その変換装置によって生じるリソースを再利用する変換装置まで揃ってしまいました。極秘裏に与えられたリソースの色が消費されればボーナスになりますが、自分はそのことに神経を集中させて、うまく消費1位になりましたが、総合得点は3位でした。このアイディアをもっと活用したゲームがあって良いと思いますが、なかなか類を見ないゲームですね。

結果:キノ 116、一味 100、自分 97、名人 94