ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

メープルゲーム会 その2 2020.11.08

メープルゲーム会2日目です。この日はスコットさんと2人で遊ぶことが多く、「ブルームーン」を始め、2人ゲームを6種も遊べました。夢中になって遊んでいたので、写真の撮り忘れが多いですね。




アン ギャルド En Garde (グリフォンゲームズ版)
朝、起床してまず遊んだのは、前日の夜にもプレイした「アンギャルド」です。調子が良く5連勝でゲームセット(写真撮り忘れ)。

結果:自分 5、スコット 0



ジャッカル Jackal & High
Jackal&High20201108.JPG「ジャッカル」は手軽なダイスゲームです。各プレイヤーは8面ダイスを3個ずつ持ちます。振ったダイス3個のうち、毎回1つ以上を確定させて場にある3枚のカードのいずれかの上に置かなければなりません。カードに書かれた数値とおいたダイス目の合計が同じならばそのカードを獲得する権利があります。置けなかったダイスは、はげたかの谷に置かれます。ここにカードがなければ、すでに獲得したカードを失い、カードがあれば獲得できるというのがなかなか面白い要素です。ダイスゲームで8面ダイスだけのゲームというのは、珍しいかもしれません。

結果:自分 28、スコット 24



ブルームーン Blue Moon
(説明 25分 プレイ時間 各35−55分)
BlueMoon20201108.JPGこのゲーム会の主目的のひとつはブルームーンを遊ぶことです。スコットさんはブルームーンに非常に興味を持っており、久し振りに英語デッキをすべて持参しました。

スコットさんは初プレイなので、まずは基本となるヴァルカ対ホークスで遊びました。やはり、最初はヴァルカが特殊能力やアイコンが少ないので遊びやすいと思います。2ディール目はこのまま続けるか、交換するか、あるいは別のデッキを試すかどうしようか? と聞いてみたら、いろいろなデッキを見たいので別の2つのデッキで遊ぼうということになり、ミミックスとフリットという3番目と4番目に出版されたデッキで遊びました。特殊能力の解釈や、終盤の終わらせ方など、幾つかテクニカルな面があるので、じっくりと時間をかけて遊びました。楽しんでくれたようで、持って来た甲斐がありました。

結果
1戦目:自分(ホークス) 勝利(得点失念)、スコット(ヴァルカ) 敗北
2戦目:自分(ミミックス) 4、スコット(フリット) 0



エルドラドを探して Wettlauf nach El Dorado (アークライト版)
(プレイ時間 55分)
WettlaufNachElDorado20201108.JPG前日に続いて、再び「エルドラドを探して」です。とっくん、スコットさんと3人プレイ。初級マップの「黄金丘陵(黄金の丘) Die goldenen Hügel/The Golden Hills」を遊びました。とっくんはドミニオンをかなり遊んでいるというだけあって、飲み込みが非常に早く楽しんでくれたようです。自分がカードのバランスでミスをして、とっくんとスコットさんの争いになりましたが、僅差でスコットさんの勝利。

結果:スコット 勝利



レインボー レイジ Rainbow Rage
RainbowRage20201108.JPG7色の虹が描かれたカードですが、2色が入れ替わっています。その入れ替わっている2色に対応した色の棒を素早く奪うというスピードゲームです。

とっくん、スコットさんとの3人プレイ。始めるまでは簡単だと思っていたのですが、思いの外難しい。スコットさんがとにかく早くて、独走でした。

結果
1戦目:スコット 勝利
2戦目:結果失念



ガガリオ Gagario (リカーーーリングエディション)
(プレイ時間 15分)
ここからは再び2人用ゲームシリーズです。「リカーーーリング」の箱の中に忍ばせてある「ガガリオ」のリカーーーリングエディション(カードデザインがリカーーーリングと同じである限定版)で遊びました。昔は「クメル(エレメンツ)」の方が好きだったのですが、この頃では「ガガリオ」もかなり気に入っています。6点先取ルールで、4点同士までもつれたのちに勝利。降りるタイミングがわかる大人のプレイがしてみたいものです。(写真撮り忘れ)

結果:自分 6、スコット 4



ブルー ライオン Blue Lion
(説明 5分 プレイ時間 各5−10分)
BlueLion20201108.JPGすごく久し振りに遊ぶ「ブルーライオン」です。両面タイルを用いた推理とチャンスのゲームで、得点できるときにはあっという間に得点を重ねられるのですが、7点勝負なので途中には必ず逆転のチャンスがあるところが良いですね。短時間だし4回も遊びました。

結果
1戦目:自分 7、スコット 2
2戦目:スコット 7、自分 2
3戦目:スコット 7、自分 3
4戦目:自分 8、スコット 3



ロンド Rondo
(プレイ時間 30分)
Rondo20201108.JPGスコットさんの家族と4人で「ロンド」を遊びました。再び青面です。途中何度か補充のタイミングを誤って、結果は最下位。4枚重ねなど大量得点を重ねていた長女のアンジュちゃんが善戦し2位でした。トップは前日でゲームに慣れてきたスコットさん。それにしてもシンプルなルールで良いゲームですよね。「ゴーゴーエスキモー」につながるデザインかなあとふと思いました。

結果:スコット 67、アンジュ 66、ミユキ 66、自分 58



ラマ パーティー エディション L.A.M.A. Party Edition
(プレイ時間 25分)
もうひとつ4人で何か遊ぼうということで、「ラマ」の変形である「ラマパーティー」です。最初は自分が有利に進めていたものの、どんどん失点を重ねてピンクチップも返せずに40点越えで敗北。勝利はミユキさん! それにしてもスコットファミリーと遊んだゲームはすべて自分だけが飛び抜けて最下位でした。やはり家族の絆は強いのかもしれません。(写真撮り忘れ)

結果:ミユキ 5、アンジュ 12、スコット 17、自分 43



ココナッツ島 Isle of Coconuts
IsleOfCoconuts20201108.JPGここからは3人戦です。最近気に入っている「ココナッツ島」は手軽なダイスを使ったマジョリティーですが、決算のルールがかなりひねってあって、そのルールをいかに味方につけるかというのが問題です。1人でほぼ埋めるとだれも決算に来てくれずに自分が打った手が無駄になります。なのでやはり争って差をつけて1位になるようにするのがベストですが、リスクも大きいです。スコットさんもミユキさんも気に入ってくれたようで、続けて2戦目を遊びました。

結果
1戦目:自分 10、スコット 9、ミユキ 8
2戦目:ミユキ 10、自分 8、スコット 6



エルファーラウス ボードゲーム Elfer raus!: Das Brettspiel
(プレイ時間 3ディール95分)
ElferRausDasBrettspiel20201108.JPGファミリーゲームとして「ロンド」とともに持ってきた「エルファーラウス」です。次のプレイヤーにタイルを押し付けられるというルールがやはり面白く、うまく緩急をつけて手札を減らしていかなければなりません。3人で3ディール戦を遊びましたが、最初の2ディールではミユキさんが上がって無失点。ここですでに自分は83点でスコットさんは102点と2人とも勝ち目がありません。2位決定戦の様相を呈した第3ディールでは、スコットさんが上がってそのまま102点をキープ。結局最下位は自分でした。

結果:ミユキ 44、スコット 102、自分 150



森の中のキツネ The Fox is the Forest
(プレイ時間 35分)
もう深夜ですが、最後に1ゲーム。2人用のトリックテイクでは割と有名なゲームです。奇数の数値のカードがすべて特殊能力となっているので、慣れるまで少々時間がかかります。慣れてくるとそれらの能力をうまく使って適度なトリック数を取るようになれます。このゲームではトリックを多く取りすぎての少なすぎても得点が低いというのが良いところです。確か21点先取だったと思うのですが、夜も更けてきたのでスコットさんが18点取ったところで終了。(写真撮り忘れ)

結果:スコット 18、自分 10



その3に続く。


メープルゲーム会 その1 2020.11.07

スコットさんに誘われて、1泊2日の予定で千葉・佐倉にある彼の自宅でゲームを楽しんできました。結局遊びすぎて2泊3日もたっぷりたのしんでしまいました。メープルゲーム会というのは、スコットさんの出身のカナダにちなんだ名称です。



カリバ Kariba (すごろくや版)
Kariba20201107.JPGまずは、手軽なカードゲーム「カリバ」です。絵柄がちょっと怖いすごろくや版です。どうしてわざわざ絵柄を変えてしまったのか不思議です。今回は初プレイのkizuさんもいるので、場札がない通常ルールで遊びました。この方が運の要素が強いのですが手軽です。

結果:自分 19、kizu 18、スコット 10



エルドラドを探して Wettlauf nach El Dorado (アークライト版)
(説明 10分 プレイ時間 65分)
ElDorado20201107.JPGポーランド版「Wyprawa do El Dorado」がおそらく最初なのではと思われる、新しい絵柄の「エルドラド」です。自分のコピーは横浜クニツィア会などで他のプレイヤーにも遊ばれていましたが、自分自身が遊ぶのは初めてです。

強力なカードの活躍や、デッキの圧縮などの面白さを楽しむには、やはり難易度の高いマップが良いだろうということで、上級者用の「沼沢地(湿地) Sumpfgebiete/The Wetlands」をえらびました。もちろん火山タイルを使用します(その方がゲームも早くなるので)。これまでは原題の Sumpfgebiete、あるいはThe Wetlandsを訳して「湿地」と呼んでいたマップですが、この新版では「沼沢地」という名前になっています。他のマップも思っていたのとは違う名称が多かったです。

今回は、圧縮と購入を重ねた結果、9枚のデッキに地図製作者と先住民を2枚ずつデッキに組み込んで勝利。

結果:自分 勝利



レッド7 Red7
(プレイ時間 計60分)
Red7-20201107.JPG7つの異なる目的があり、手番には手札を1枚自分の前にプレイするか、1枚中央にプレイしてルールを変更するかのどちらかを行い、そのルールのもとで勝っていなければなりません。勝てないときは脱落です。なお通常は補充はできませんが、中央に出したカードの数値が自分が前に出したカードの枚数より多ければ手番終了時に補充できるというバリアントがあり、今回はそちらを使いました。最後まで残ったプレイヤーが、その勝利に関わったカードの数値合計を得点します。確か3ディール遊んだと思います。通常は3人だと35点先取らしいです。

結果:スコット 24、自分 18、kizu 16



ライド ザ レイルズ Ride the Rails
(説明 30分 プレイ時間 130分)
RideTheRails20201107-1.JPGウィンサムの「レイルUSA」のリメイクらしいです。ヘックスタイルを引くのではなく、列車駒を並べて路線を作るタイプのゲームです。路線建設とピックアップアンドデリバリー(乗客の移動)と株の要素を合わせたゲームで、結構複雑です。ただ、株とは言っても売買するわけではなく、毎ラウンド1株を購入するだけで全員常に同じ株数。株はその鉄道から得点する権利を表すだけです。

まず、株を1株獲得。次に自分が株主の会社の路線を好きな組み合わせで合計で4ヘックス伸ばせます。そして、あらかじめボードの各都市の置いてある乗客コマを路線沿いに任意の都市まで任意の経路で運び、使用した路線1セグメント(都市間)につきその路線の会社1株に1点が全プレイヤーに入ります。また手番プレイヤーだけはそれに加えて合計セグメント数も得点になります。なお掛け算が苦手な人のために、個人ボードには掛け算表があります。

RideTheRails20201107-2.JPGこれを繰り返すだけなので、一度ルールが理解できればそれほど難しくはないです。毎回全員に得点が入るので、あまり他のプレイヤーを利しないように気をつけなければなりません。なるべく他のプレイヤーに得点を入れてもらうように仕向けるのはなかなか楽しい部分があります。

手番毎に乗客がゲームから消えるので、人身事故なんじゃないかという話になり、結構ダークなゲームですね。今回のメープルゲーム会で一番のヘビーゲームでした。

結果:デイブ 269、スコット 261、kizu 238、自分 232、ジム 218



ストライク Strike
(プレイ時間 各5−10分)
Strike20201107.JPG長時間ゲームの後は、息抜きの「ストライク」です。結構久し振り。うまくマッチングさせて空にすると、次のプレイヤーはすべてのダイスを投入しなければならないのが少々理不尽で苦しいです。まあそんなに戦略が云々というゲームではないので、これで良いのだと思います。

結果
1戦目:kizu 勝利
2戦目:自分 勝利



モダンアート Modern Art (ハンスイムグリュック初版)
(プレイ時間 75分)
ModernArt20201107.JPGスコットさんと自分以外は初プレイ。最近は出版されるゲームが多すぎて、なかなかこういった古いゲームを遊ぶ機会がないみたいです。スコットさんは以前一度だけ遊んだことがあってとても気に入ったようです。

1ラウンド目はカール、2&3ラウンド目はクリプト、最終の4ラウンド目はヨーコがトップを取ったのですが、クリスティンPはマイラウンド3以内に入っていました。対照的にライトメタルは一度も3位以内にならず毎回紙屑。1位を比較的取りやすいライトメタルでも、こういうこともあるのですね。

途中で自分だけ高く買ってしまったりと、必ずしも有利な展開ではなかったのですが、なんとか2位になれました。

結果:スコット 552、自分 453、ジム 410、デイブ 380、kizu 337



リカーーーリング Recurrring
Recurrring20201107.JPGスコットさんのリクエストもあって持ってきた「リカーーーリング」です。まずは5人で1ディールをお試しプレイ。ここからは4人になったので仕切り直して4人で3ラウンド戦を遊びました。2ラウンド目で大勝したスコットさんが勝ちきり。3ラウンド中2ラウンドであがった(カードを無くした)デイブは最下位でした。

結果
1戦目(1ディールのみ):ジム 9、自分 8、デイブ 4、kizu 3、スコット 0
2戦目(3ディール戦):スコット 28、ジム 24、自分 21、デイブ 8



ロンド Rondo
(プレイ時間 30分)
Rondo20201107.JPG久し振りに遊ぶ「ロンド」です。ファミリーゲームとして持ってきたのですが、ゲーマ−4人でプレイ。今回は青面で遊びました。クニツィアにしては珍しく手札制限があるゲームで、タイルを置かずに2枚補充をして手札を5枚にしてから一気に5枚使って1枚補充、というのを繰り返すのが理想ですが、そうもいきません。他のプレイヤーと意図的に補充のタイミングをずらして、うまく自分だけが4や5のマスの恩恵に与れるようにするのです。そういういみでは、結構場の流れを読むのが大切なゲームですね。調べてみたら、自分は今回でちょうど30回目のプレイでした。

結果:自分 69、ジム 68、デイブ 66、スコット 65



モダンアート カードゲーム Modern Art: The Card Game
(プレイ時間 35分)
ModernArtTCG20201107.JPGスコットさんが「モダンアート」との違いにかなり興味を持っていたので、こちらの競りのないモダンアートである「モダンアートカードゲーム」も遊びました。先ほどと同じ5人の画家が再び戻ってきたということで、ライトメタルには2の追加チップが3枚も乗せられます。自分は例によって最初の2ラウンドでじっくり手札を整えて3&4ラウンドで勝負したのですが、2点差で2位でした。

なお、正式ルールと思われる「既に出しているスートそれぞれに、同スートのカードを1枚追加で出せる」というルールを採用しました。(以前書いたルールの違いなどの詳細レビューはここ

結果:デイブ 103、自分 101、ジム 92、スコット 83



アン ギャルド En Garde (グリフォンゲームズ版)
(プレイ時間 35分)
EnGarde20201107.JPG今回使用したグリフォンゲームズ版は、同社の2人用ゲームシリーズの1番目となるゲームで、背表紙には「1」という番号が振られています。このシリーズは「ドスデマヨ」など合計4つがあるようです。フェルティ版と同じグラフィックですが、箱が大きめなので、ボードはロールマットではなく2つ折りになっています。また得点用の金属製と思われる石が付いています。

スコットさんは初プレイですが、最初から前進攻撃や複数枚攻撃があるアドバンスドルールで遊びました。カードを補充するタイミングや、攻撃をかわすときは相手の手番中だということさえ理解すれば、それほど難しいルールではありません。

懐の中に飛び込んでくるスコットさんを相手に、経験の差から得点を重ねて勝利。

結果:自分 5、スコット 1



その2に続く。


ボードゲームステーション蒲田 2020.11.05

9ヶ月振りに蒲田で遊びました。少しずつクローズの小さな会を復活させていきたいものです。



ココナッツ島 Isle of Coconuts
(プレイ時間 10分)
IsleOfCoconuts20201105.JPGちょっと変わったダイスによるマジョリティーのゲームです。1は位2点、2位不在の1位は0点、不参加1点、という変則的なシステムで、今回はカヤさんが5-5-5を出して一気に5のマジョリティーをナカタさんから奪い取るという場面もあって(写真)、かなり面白い展開でした。

結果:自分 11、カヤ 8、ナカタ 8



紀元1800 Anno 1800
(説明 35分 プレイ時間 85分)
Anno1800-20201105.JPGワレスがデザインした今年の新作です。これまでも「紀元なんとか」というゲームは幾つか作られていますが、デザイナーが異なるようです。

プレイヤーは手札のカードを勝利点にするべく、いろいろな資源を集めます。
資源を集めるにも資源を使うにも数種類の自分のコマが必要ですが、これらは使い捨てではなく「フェスティバル」を行うと全て戻ってきます。ただ、このために1手番を費やすので、できるだけ効率よくコマを使ってからフェスティバルをするのが良いでしょう。

自分のコマ=自分が持つカードの総数(手札+得点化したカード)なので、自分のコマが増えると手札が増えて、全てのカードを得点化するまでに時間がかかってしまいます。

資源は早取りなので、ここだけはプレイヤー間のインターアクションがありますが、それ以外はソロプレイのゲームです。また相手に取られてしまった資源でもお金を払えば使えるのでそれほど厳しさはありません。そして、ここで問題になるのは2人以上が自分が使いたい資源を持っているときに、どちらの資源を使うかということです。この「他のプレイヤーに使ってもらうとお金がもらえるシステム」は、結構よく見るシステムなのですが、どちらかに使用料を払うという問題が常に付きまとうのであまり気持ちいいものではありません。いっそのこと使用料を無しにするか、全員がもらえるようにするほうがいいのではと思います。

手札の中で手札を2枚破棄できるというカードが強力で、これによって一気に手札をなくして勝利しました。

結果:自分 83、シミーズ 67、ナカタ 60、カヤ 27



メイクヘイ Makehay
(説明 15分 プレイ時間 30分)
Makehey20201105.JPG「メイクヘイ」はプロット式の総木製のゲームです。自分のトラクターを上手く操って、ボードに散らばる6種類の作物を集めていきます。毎回、時間内に手持ち6枚のプロットタイルから決められた枚数をプロットします。これらのタイル(もちろんこれも木製)には矢印が2-4個描かれていて左右の矢印は90度旋回、上の矢印は1マス前進を表します。移動先の作物を獲得します。裏向きにプロットすると、進行方向に関係なく上下左右に1マス移動しますが、作物は獲得できません。最初プロットできる枚数は1枚ですが、次からはプロット枚数を前回よりもプラスマイナス1枚の範囲で調整できます。ただ4枚くらいが限界でしょう。

「ロボラリー」を彷彿とさせるプロットゲームですが、1枚で複数分の動きができるなど、より洗練されています。

集める作物は種類ごとに三角数を用いた得点ですが、とても同じ種類を集めるというところまで考えが及びません。次回はボードの外につながるスロープを使った拡張を試してみたいものです。

結果:自分 39、カヤ 28、シミーズ 28、ナカタ 10



5211 5211
(プレイ時間 15分)
5211-20201105.JPG「5カラーズ」という同人ゲームのリメイクです。「5カラーズ」はエリックや秋山さんに勧められたことがあり、ずっと気になっていたゲームですが、なにしろ手に入れづらくてプレイ機会がこれまでありませんでした。それがリメイクされたというのは喜ばしいことです。

ゲームは同時プロット式で5枚の手札から、まず2枚をプロットして同時公開。次は1枚、そして最後も1枚です。プロットするたびに直ちに5枚になるように山札から補充します。

全員の出したカードをよく見て、ちょうど6枚のコドドが出ていたらコドドが得点、そうでなければ最も多く出ているスートが得点対象となります。最多枚数が同じだと相殺され、次に多く出ているスートが得点対象、というようになります。得点対象以外のカードは捨て札です。得点は数値(2−6)です(コドドは1点)。これをカードがなくなるまで繰り返します。

シンプルな同時アクションのゲームです。「モダンアートカードゲーム」の全員同時出しの部分だけをやっているような気分になりました。悪くはないのですが、あまり目新しさはないです。出すときに2-1-1枚ではなく1-1-2枚にしたほうが良いんじゃないかという意見もありました。

結果:シミーズ 21、カヤ 19、ナカタ 15、自分 15