ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

土嚢の会 2017.07.09

今月の土嚢の会は、16名と多くのプレイヤーが参加しました。一瞬だけ遊びに来てすぐに帰った人や1時間ほどで1ゲームだけという人もいましたが、それでも嬉しいものです。



チェイン リアクション Chain Reaction
(プレイ時間 10分)
ChainReaction20170709.JPGまずは、メンマさん持ち込みのアバクスエクスルーシブ(木箱)シリーズから「チェインリアクション」です。メンマさんと12点勝負のショートゲーム。タイトルの通り連鎖を利用して自分のコマをゴールまで進めるというゲームで「ストリートサッカー」を思わせる部分があります。連鎖の鎖せ方にはコツがいるので、慣れるまではちょっと大変です。アバクスエクスルーシブの中では良いゲームだと思います。

結果:自分 12、メンマ 8



ストーンヘンジ Stonehenge
(プレイ時間 各10−15分)
Stonehenge20170709.JPG初参加のルウイさんと、クニツィアの「ストーンヘンジ」を遊びました。他サイトでは「まるばつだ!」などと酷評されているのですが、かなり良いゲームだと思います。バトルライン/ショッテントッテンをアブストラクトにするとこんな感じなのでは、というような純粋な数比べのゲームです。大きな数字を使うタイミングが難しいですね。

結果
1戦目:自分 勝利、ルウイ* 敗北
2戦目:自分* 勝利、ルウイ 敗北



ヨメン Yomen
(プレイ時間 各10分)
Yomen20170709.JPGしょうさん持ち込みのブッコの新作です。お互いに3Dの積み木3つを積んで、相手の積み方を当てるというゲームです。まずは3x3のボードに積み木を積みます。3X3X3の範囲で、ぶらさがるような積み方でなければ、どんな積み方でも構いません。その後、お互いにある列から何が見えるのかを聞きます。聞いた後は自分も同じ質問に答えなければなりません。これを交互に繰り返して、先に相手の積み方を再現したプレイヤーの勝利です。質問では、3X3のボードの周りの12列のどこかからか、あるいは真上から見た9箇所のどこかを聞くことができます。周りからの視点では、1層目は赤で、2層目と3層目は緑、などというように、詳しく答えなければなりません。

ありそうでなかった(と思われる)、新しい感覚の推理ゲームで、自分は非常に気に入りました。やっていることは「レーダー作戦ゲーム」っぽいのですが、積み方に思わぬバラエティーがあり、相手を罠にかけるのが面白いです。また遊びたい。

結果
1戦目:しょう 勝利、自分 敗北
2戦目:自分 勝利、しょう 敗北



リンク Lingk
(プレイ時間 25分)
Lyngk20170709.JPG「リンク」はギプフシリーズの7番目となる最新作で、これまでの6つのゲームをつなぐゲームという位置付けです。ランダムに6色のディスクをボードに並べてゲーム開始です。6色のうち白3枚はワイルドで、それ以外の5色のうち最終的に2色が自分の色になります。ゲーム開始時は5色全てが中立です。目的は自分の色が一番上になった5色5枚のスタックを多く作ることです。

中立のスタックはどちらのプレイヤーも移動させることができます。移動先は高さが同じかそれ以下のスタックの上でなければなりません。移動は直線上で、あいだに空きマスがいくつあっても構いません。同じスタックに同じ色が2枚以上あってはなりません。ゲームが進んで、担当したい色ができたら、手番の最初にそれを宣言できます。すると、自分の色が一番上のスタックは自分だけしか動かせ無くなり、また高さも無視して移動できます。また、リンクムーブというのがあり、自分の同色のスタックで方向を変えて更に先に進めます。宣言できるのは5色中2色で、1色は最後まで中立です。なお、ワイルドの3枚は一番上として動かすことはできません。こうして手詰まりになったら終了です。

途中まではインパーシャルゲーム(どちらのプレイヤーも同じ状況)なので、ちょっとゼヘツみたいです。なんだかよくわからないゲームで、リンクムーブなども含めて結構ルールが飲み込みづらいです。実はピュンクトの次くらいに駄作なのでは、という意見もありますが、もう少し遊んでみないことにはわかりません。

結果:自分 勝利、菊子* 敗北



メカニクス Mecanix
(プレイ時間 20分)
Mecanix20170709.JPGちょっと久し振りに持ち込んだ、ギアの噛み合わせを使ったゲームです。奇数個のギア円形状になっていると動かないというのがミソです。最初は他のプレイヤー同士が遊んでいたのですが「これはゲームになっているのか?」と言われてルールを見直したら、2つほど禁じ手を見逃していました。その後は何度も遊ばれていて、持ってきた甲斐があるというものです。自分は初参加のミスミンさんと遊びました。

結果:自分* 勝利、ミスミン 敗北



カロ Caro
(プレイ時間 35分)
Caro20170709.JPG久し振りに遊ぶ「カロ」です。土嚢の会に持ち込むのはおそらく初めてだと思います。正方形の4色の木製タイルを持ち、置いた時に隣接するタイルとの組み合わせで得点が決まります。禁じ手が3つほどあり、最初は面倒に感じますが、どれも必要な禁じ手だと気付かされます。これまでは2人で遊ぶことが多かったので4人で遊ぶのはかなり久し振り。

4人だと、多人数アブストラクトの問題点であるキングメイクが起こってしまいますが、まあきちんとやれば気にならない程度だと思います。最初は3−4人でカジュアルに遊び、慣れたら2人で遊ぶ、というのが理想かもしれません。手番順に恵まれましたが、終盤で40点を叩き出したしょうさんが1位。

結果:しょう 136、自分 131、ミスミン 126、ルウイ 122



デュプロヘックス Duplohex
(プレイ時間 各5−10分)
Duplohex20170709.JPG初参加のG2さんとデュプロヘックスです。ヘックス、コンヘックス、ツイクスト、など他のコネクションゲームに慣れてないと、なかなか難しいかもしれません。洗練されており、ある意味で通常のヘックスの問題点を解決している素晴らしいゲームだと思います。

結果
1戦目:自分* 勝利、G2 敗北
2戦目:自分 勝利、G2* 敗北
3戦目:自分* 勝利、G2 敗北



ミュルス ガリカス Murus Gallicus
(プレイ時間 10分)
MurusGallicus20170709.JPGちょっと久し振りに遊ぶ気がする「ミュルスガリカス」です。2つのコマを崩しつつ前進していき、1つのコマは壁になるというなかなか洗練された到達系のゲームです。アブストラクトゲームに慣れてないプレイヤーにも割と受け入れられやすいです。初プレイのミスミンさんは1列に壁を作りつつ、こちらの壁をうまく崩してきて、こちらの敗北。もう1回はヘックスを遊んだ後にしょうさんと遊び、今度はなんとか勝ちました。

結果
1戦目:ミスミン* 勝利、自分 敗北
2戦目:自分 勝利、しょう 敗北



ヘックス Hex
(説明 プレイ時間)
Hex20170709.JPG「ヘックス」はやはりコネクションゲームの元祖です。今回は11路盤を一味さんと遊びました。さすがに後手でパイルールなしだと結構苦しいですね。経験差があるうちは、パイルールなしが妥当だと思います。途中ではこちらが負けたかと思った場面もあったのですが、なんとかうまく勝ちきりました。

結果:自分 勝利、一味* 敗北



古代王国のゲーム The Game of Ancient Kingdoms
(プレイ時間 60分)
GameOfAncientKingdoms20170709.JPG結構久し振りに持ち込む「古代王国のゲーム」です。自分のタイルをすべて連結させるのが目的で、王と兵士のタイルをうまく使うのがなかなか難しいです。初期配置のルールが結構荒いのですが、まあこれくらいで良いのかもしれません。昔遊んだときは、もっと短いゲームかと思っていましたが、今回は1時間もかかりました。終わった時には少しだけホッとしました。2人が良いのかも。

結果:土井 勝利、(ミスミン、自分 敗北)



アッパーハンド Upper Hand
(プレイ時間 各20−25分)
UpperHand20170709.JPGここのところ、必ず持ってくる7X7のアッパーハンドです。今回は時田さんと2戦しました。時田さんは初めてとのことですが、1戦では1点差で負けてしまいました。さすがです。2戦目は序盤に時田さんが奇をてらった動きをしたのが大きな原因で、こちらが大差で勝ちました。いずれは2つを組み合わせて9X9もやってみたいですね。

結果
1戦目:時田 16、自分 15
2戦目:自分 27、時田 12



ヤバラックス Yavalax
(プレイ時間 各10−15分)
Yavalax20170709.JPG以前テストプレイをしてもらった大塚さんと「ヤバラックス」です。大塚さんと遊んだ時にはまだボードはヘックスボードでした。相手の3連を利用して、4連2つをつくるようにするか、あるいはダブルリーチやトリプルリーチの形をつくるかの2通りの勝ち方があるように思えます。このあと大塚さんと一味さんがかなり遊んでくれたようであり、デザイナーとしては嬉しいです。

結果
1戦目:自分 勝利、大塚* 敗北
2戦目:大塚 勝利、自分* 敗北



ギプフ Gipf
(プレイ時間 50分)
Gipf20170709.JPG最近恒例になっている「ギプフ」です。ポテンシャルのポテンシャルを活かしきれていない気がするので、基本に戻って通常のスタンダードゲームを遊ぶことにしました。ギプフポテンシャルだけを使います。珍しくエアンヌさんがミスを犯し、こちらが一気に優勢になりました。激闘の末、エアンヌさんがコマ切れでこちらの勝利。エアンヌさんにギプフで勝ったのは初めてかも。ギプフはインシュ、デュボン、ゼヘツ、ツァールに比べて評価されてないみたいですが、それは単にこのゲームが一番難しいからかもしれません。

結果:自分* 勝利、エアンヌ 敗北



ステッペ Steppe
(プレイ時間 15分)
Steppe20170709.JPGかなり久し振りにもちこむTSR出版の「ステッペ」です。プラスチック製のタイルを積んでいくだけなのですが、1、2、3層目がそれぞれ1、2、3倍の得点となるので、序盤から終盤に向けての準備をしなければなりません。2人ともそのあたりはわかっていて、1層目は1点のタイルで埋め尽くされました。最後はエアンヌさんが10点のタイルを1枚多く置いたこともあって勝利。エアンヌさんは「ちょっと得点が荒すぎませんか?」と言っていましたが、何度か遊べば印象が変わるかもしれません。短時間なので合間に遊ぶにはいいかも。

結果:エアンヌ 156、自分 139



スポネクトSponnect (渋 Shibumi より)
(プレイ時間 各10分)
Sponnect20170709.JPGスポネクトは4X4のボードで遊ぶ、「渋」のコネクション系ゲームのひとつです。今回は、何故か4X4の渋ボードを忘れてしまったので、6X6のマーゴボードで代用です。パスができるというのが特徴で、これによって相手に下に置かせて自分がその上に乗るということができます。2人での連続パスができないのも面白いです。菊子さんとしょうさんと1戦ずつ遊んで2勝。このゲームはもっと大きなボードで遊んでも面白いかもしれません。

結果
1戦目:自分* 勝利、菊子 敗北
2戦目:自分 勝利、しょう* 敗北



アクロン Akron
(プレイ時間 各5−20分)
Akron20170709.JPG最後は、未プレイだというしょうさんと「アクロン」を遊びました。3Dのコネクションゲームとして非常に完成度が高く、キャメロン・ブラウンのゲームでは一番好きなゲームです。防御に回るタイミングが難しく、ちょっと遅れるともう負けてしまうという鋭い面もあります。アブストラクトに強いしょうさんが、珍しく苦戦して、こちらは4戦4勝でした。でも結構気に入ってくれたみたいで、そのあと2人で少し研究しました。また遊びましょう。

結果
1戦目:自分 勝利、しょう* 敗北
2戦目:自分 勝利、しょう* 敗北
3戦目:自分 勝利、しょう* 敗北
4戦目:自分 勝利、しょう* 敗北



終日たっぷりと遊びました。日曜なので2次会は無しです。また来月!


ミスボド 2017.07.08

5ヶ月振りに参加するミスボドです。



グランド ナショナル ダービー Grand National Derby
(説明 10分 プレイ時間 25分)
GrandNationalDerby20170708.JPG河原さんが遊んでみたいと言っていた(気がする)ので持ち込んだゲームです。障害物競馬をモチーフとしており、すべての馬のカードが出た時点で最下位(カードの最低数値)の馬が脱落します。5頭が脱落し、3頭が残った時点でそれらに賭けていれば得点というわけです。カードは上書きができるのが特徴で、これによって脱落を決定するプレイヤーがずれていきます。

手札で高数値と低数値を持っている馬に賭けていき、序盤でできれば低数値のカードは埋めて上書きします。今回は自分が支えていた馬が2という低数値で生き延びたのは幸いでした。戦略的に遊ぶなら5人は少々多いかもしれません。次回はちょうど良い具合に特殊能力がついた「タイタンザアリーナ」を遊びたいですね。

結果:自分 9、にょん 8、河原 5、笹親父 3、フジマキ 0



猫の手ファクトリー Neko No Te Factory
(説明 15分 プレイ時間 40分)
NekonoteFactory20170708.JPGサクソンのルールを探っていくパーティーゲーム「ハグル」をマスターや準備なしに遊ぼうという挑戦的な同人ゲームです。ハグルを遊ぶ会を通じて噂は聞いていましたが、先日のゲームマーケットで購入したものをようやく遊べました。

得点はネコ缶の紙幣です。ルールの断片はカードになっており、同じ系統のカードでグループになっていて、各グループから1枚ずつをランダムに選ぶことで矛盾がないようにしているみたいです。チップの代わりになるのは猫カードで、これは5色1枚ずつを持つのに加えて、数枚がランダムに配られます。ゲームは標準が5分間(最初は8分くらいが良いみたいです)。その間にルールカードを交換したり、猫カードを交換したりしつつ、ルールを推測します。

最大の問題点は、ルールカードに「相手に見せると強制的にルールカードをランダムでもらえる」というカードがあることです。なんとこのカードは2枚も混じっており、ゲームは終始、このカードを見せてルールを奪い合うことになってしまい、交渉ではなくなってしまいました。さらに、ルールカードは持っているプレイヤーだけが有効というものが数枚アリ、これらのボーナスを獲得するためには強制カードを避けなければならないという妙な展開になってしまいます。これらのボーナスには「猫を逃すと得点になる」と書かれているのですが、何のことかわからず、みんなで話し合っても結局解決せずに「おそらく逃すというのは捨てるということでは?」ということになり、今回はそのルールで遊びました。これ以外にもルール表記がわかりづらいものが多く、ルールを探っていくゲームとしては問題が大きいです。また、このボーナスは使わないほうが得点が高いケースがほとんどで、何だか意味がないのではと思いました。ルール解釈が間違っているのかもしれません。

交渉が終わるとルールを1つずつ公開して、そのあと持っている猫カードに応じて得点が入ります。猫カードの価値を上下させるルールカードが結構ありますが、価値が一定以上になるとマイナスになってしまうので、価値がさっぱり読めません。数枚のルールを知っていてある程度価値が高そうならその色を集めるといったこともできると思いますが、価値のチャートで価値がぐるぐる回って結局読みようがないのです。

一応2ラウンド制で、合計点を競います。1ラウンド目は8分、2ラウンド目は5分にしてみました。プレイ時間が長いのは、その後のルール解釈での議論が長かったからです。

結果:河原 51、笹親父 37、フジマキ 28、自分 27、にょん 22



ボーナンザ Bohnanza
(プレイ時間 25分)
Bohnanza20170708.JPG説明不要のみんな知っている交渉ゲーム。昔は得意なゲームだと思っていたのですが、ヘビーボーナンザプレイヤーの河原さんらには及びません。どこまでで見切って植え替えるかがやはり鍵でしょう。ボーナンザシリーズも、機会があったらもっといろいろ遊びたいものですね。

結果:河原 14、笹親父 14、にょん 12、自分 10、フジマキ 7



ミッキーマウス パーティー パーティー! Micky Mouse: Party, Party!
(説明 10分 プレイ時間 5分)
MickyMousePartyParty20170708.JPGクニツィアのミッキーマウスシリーズのひとつ「パーティーパーティー!」です。以前遊んだ「フォトラリー」よりも手軽ですが、手軽すぎてほとんど運だけのゲームになってしまっています。子供向けなので仕方ないのかもしれません。場には円形状にミッキーの友達のタイルが並んでおり、それぞれにダイスの目が描かれています。手番にはダイスを振って時計回りに進み、ダイスの目がタイルに描かれた目以上ならば、タイルを獲得するか、あるいはもう1度振ってさらに先のタイルを取る(つまり計2枚のタイルを取る)かを選びます。ダイスの目がタイルに描かれた目未満ならバーストで、何も得られずに手番終了です。つまり、ほんの少しだけ、プッシュ・ユア・ラックの要素があります。ミッキーマウスの真似が上手い河原さんの勝利。

結果:河原 20、笹親父 19、自分 14、フジマキ 13、にょん 9



マスターズ ギャラリー Masters Gallery (グリフォン小箱版)
(説明 10分 プレイ時間 30分)
MastersGallery20170708.JPGフジマキさんの持ち込みで、3人でも遊べるマスターズギャラリーです。前半は他の2人と出すカードが合わずに、かなり引き離されました。2ラウンド終了後で自分は20点、にょんさん42点、フジマキさん47点です。ここから少し挽回するものの、にょんさんがうまく合わせて出してきて、差が縮まらずに2位どまりでした。これは悔しい。

結果:にょん 134、自分 121、フジマキ 114



ロストシティ Lost Cities(パートナーシップ)
(プレイ時間 2ディール 35分)
LostCities20170708.JPGロストシティのパートナーシップゲームを遊ぶのは久し振りです。時間の都合上、2ディール遊びました。ボードなしでカードだけですが、パートナーシップのときにはこの方が良いかもしれません。1戦目はうまくメッセージが伝わらず、ほぼダブルスコアでしたが、2戦目は息があって大量得点。それに相手チームを1点に抑えました。やはりこのパートナーシップゲームは傑作です。どうしてパートナーシップ用の15枚の拡張セットを出さないのでしょうか。そのうちギークマーケットから出ないかなあ。

結果:にょん&自分 94(26+68)、笹親父&フジマキ 50(49+1)



ツイクスト Twixt
Twixt20170708.JPG最後は、まーさんに誘われて「ツイクスト」です。序盤は良い攻めだったと思うのですが、中盤以降は振るわずに途中でギブアップ。「今日は精彩がないですね」と言われてしまいましたが、その通り。もっと頑張らなければ。土嚢の会でもツイクストをもう少しやろうかな。

結果:まー 勝利、自分 敗北


月の会 2017.07.07

ブルームーン Blue Moon
(プレイ時間 各ディール15−25分)
先週に引き続き、再びマーブルで月の会です。今回は来週16日の日本選手権に向けて、デッキを交換して行う2ディール戦で4戦、そして余った時間で1ディール戦を1回遊びました。合計9ディールです。少々早めに着いたこともあり、先に到着していたカズマさんとまず2戦、そのあと秋山さんと1戦、アユザックさんと1戦戦いました。

BlueMoon20170707-1.JPG1戦目はヴァルカ対テラという、この前キノさんと戦った組み合わせをカズマさんともう一度試す機会になりました。なんと、ヴァルカでもテラでも勝利を収めることができ、絶好調です。これはとても嬉しかったです。続けて2戦目は、ミミックス対ピラーです。ミミックスの方が強く、これはお互いにミミックスで3点を取って終了です。

BlueMoon20170707-2.JPG次は、久し振りに会う秋山さんと、ホークス対フリットです。ホークスが強く、2人ともホークスで勝ちましたが、秋山さんは4点、自分は1点ともしトーナメントなら1対4で敗北というところです。最後にアユザックさんとキンド対ピラーです。キンドが強く、お互いにキンドで勝利。4対3でトーナメント式だと1点差で勝利といったところです。最後に余った時間でアユザックさんともう1ディール遊びました。アクアは初めてだというアユザックさんですが、みごと使いこなして、アクアの勝利。

結果:
1戦目:自分 4(ヴァルカ3+テラ*1)、カズマ 0(テラ*0+ヴァルカ0)
2戦目:カズマ 3(ミミックス3+ピラー*0)、自分 3(ピラー*0+ミミックス3)
3戦目:秋山 4(ホークス*4+フリット0)、自分 1(フリット0+ホークス*1)
4戦目:自分 4(ピラー0+キンド*4)、アユザック 3(キンド*3+ピラー0)
5戦目(1ディールのみ):アユザック 3(アクア)、自分* 0(ミミックス)