ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

なかよし村とゲームの木 2017.09.02

久し振りのなかよし村は月の第1土曜日なので赤桐さんによるトランプ講座でした。とはいっても、今回はトランプではなくドミノです(カテゴリーとしては類似していますが)。



ファイブ アンド スリー Fives and Threes
(プレイ時間 20分)
FivesAndThrees20170902.JPGダブルシックスを使った「カンテット」に似たゲームで、イギリスのパブでよく遊ばれているゲームだそうです。名前は聞いたことがあるような気もします。「カンテット」との違いは、ダブルを置いてもそこから分岐はしないこと、そして端の合計が5の倍数だけでなく、3の倍数も同様にカウントすることです(3につき1点)。なので15というのが最高で8点になるのです(30は論理的に不可能)。あがり点は1点と低いのも特徴です。4人でパートナーシップを遊びました。61点先取ですが、最後はちょうど61点を取らなければなりません。マッギンするときにちょうど61点を取れないとその点は無効になります。思ったよりもどんどん得点されていく楽しゲームです。終了後はバリアントで分岐があるルールを遊ぶましたが、あっというまに加点していきますね。

結果:てん&自分 61、おうみ&おおや 48



Walking20170902.JPGこのあとは、以下のゲームを1回ずつ(ワンアップだけは2回)遊びました。
ダブル ドロー Double Draw:手番に列の両端に1枚ずつおくというバリアントです。
ブラフィング Bluffing:裏向きにして数字を宣言しながら置いていきます。ブラフをコールするリスクが高いです。
ピック アップ Pick Up:ダブルを出すとそれと同じ目のドミノを右隣りのプレイヤーが全て回収します。
キャッスル ロック Castle Rock:プレイするドミノの制限はありません。同じ目が含まれたドミノを1つおきに、あるいは3連続で並べるとドミノを獲得できます。
クロック Clock:中央の0-0から時計のように放射状に0-Nのドミノが6方向に置かれます。ダブルが置かれるとそれ以上は伸ばせません。
ウォーキング Walking:2列の差が広がらないように好きなだけ置いていきます。あっという間に終わるかも。(写真右)
リクエスト Request:持っていないときは左隣りのプレイヤーにプレイさせる。
ワン アップ One Up:1つ上の目をつなげます。0は6につなげます。ドラ表示牌の法則で置けるドミノは多く、1差の目のドミノはダブルのような感じになります。これはバリアントで1つ上か1つしたというのも遊びました。


アブストラクトゲーム会 2017.08.27

いつも土嚢の会に来てくれる菊子さんとエアンヌさん主催のクローズドのアブストラクトゲーム会です。アブストラクトが初めてというプレイヤーが中心で、自分は参加者全員と順番に色々なゲームを遊びました。



ドルイド Druid
(プレイ時間 10-15分)
Druid20170827.JPGキャメロン・ブラウン作で彼の著書「コネクションゲームズ」にも紹介されており気になっていたゲームです。一応製品版もあるようですが、今回はエアンヌさんの手作りのコンポーネントで遊びました。プレイヤーは自分の色の1x1のコマか3x1の橋かどちらかを置いていきます。自分のコマや橋の上にはさらに重ねておけます。橋はボード上には直接おけず、3マス中2マスが自分の色である場合にその上に置けます。あとの1マスは空白でも良いし相手のコマでも構いません。こうしてボードの対辺を繋げば勝利です。

最初はゲームになっているのかと少々不安でしたが、なかなか面白い。同作者の「アクロン」をちょっと彷彿とさせます。

結果
1戦目:自分* 勝利、菊子 敗北
2戦目:自分 勝利、菊子* 敗北



ツイクスト Twixt
(プレイ時間 10-25分)
Twixt20170827.JPG久し振りにツイクストを4回も遊びました。コネクション系の古典という位置付けなのですが、コネクション系としてはどうにも難しく、やはりヘックスやその系統(コンヘックス、デュプロヘックス、クロス、ハバナ、など)の方がわかりやすいのではないでしょうか。とは言っても、面白いゲームであることは間違いがなく、遊べば遊ぶほど奥の深さを実感します。経験者でツイクスト好きの菊子さんとはパイルールを使って、初めてだというてっぴーさんとはパイルールなしに遊びました。

結果
1戦目:自分 勝利、菊子* 敗北
2戦目:自分* 勝利、菊子 敗北
3戦目:自分 勝利、てっぴー* 敗北
4戦目:自分 勝利、てっぴー* 敗北



ゼヘツ Zertz
(プレイ時間 10-20分)
Zertz20170827.JPGギプフシリーズでは初期には一番好きだった「ゼヘツ」です。このゲームを始めて遊んだのは2000年に行われた第1回のゲームマーケットのときで、その記憶はなぜか鮮明に覚えています。ゼヘツはビリヤードで言えばナインボールみたいなあまり形勢のないゲームです。とはいっても完全に形勢がないわけではなく、獲得したマーブルによって、その後の手筋が変わります。とりあえずは勝利への最短距離である白のマーブル4個を目指すのが良いでしょう。相手に黒を取らせて自分は白を取るというように仕向けます。慣れてくると複数のジャンプを仕掛けられたり、孤立させて取ったりということができるようになります。キャメロンブラウンの「リミット」がちょっと似ていますが、自分はゼヘツの方が好みです。

結果
1戦目:自分 勝利、えいき* 敗北
2戦目:自分 勝利、えいき* 敗北
3戦目:えいき* 勝利、自分 敗北



タムスク Tamsk
(プレイ時間 5-15分)
Tamsk20170827.JPGここで純粋なアブストラクトゲームではないという理由でギプフシリーズから外された(でもギプフシリーズでは1、2を争うほど面白い)「タムスク」です。3つの砂時計のうち1つは砂が落ちきって死んでしまってもそれほど構わないと思いますが、2つ目が死ぬとほぼ負けです。序盤は3つの砂時計すべてを生かしつつ、どこで1つ目を放置するかというのが大切なのかもしれません。先手と後手でも序盤の間の取り方がかなり異なりますね。

結果
1戦目:自分 勝利、えいき 敗北
2戦目:ひで 勝利、自分* 敗北
3戦目:ひで* 勝利、自分 敗北



アクロン Akron
(プレイ時間 5-30分)
Akron20170827.JPGこの日一番遊んだゲームはキャメロン・ブラウンがデザインした傑作コネクションゲーム「アクロン」です。自分のセット以外で遊ぶのは、キノさんの自作セット以来2つ目です。まずはぼーずさんと4回、そしてワタルさんと3回を遊び、だいぶ脳みそがアクロンに慣れてきたところでエアンヌさんと対戦です。2段目での攻防が熱く、お互いに複数の経路をバランスを取りながら活かしたり殺したりと、素晴らしい熱戦でした。あらためてアクロンの素晴らしさを感じた思いです。なんと今回でアクロンの総プレイ回数が100回を超えてしまいました。

結果
1戦目:自分 勝利、ぼーず* 敗北
2戦目:自分 勝利、ぼーず* 敗北
3戦目:自分 勝利、ぼーず* 敗北
4戦目:自分 勝利、ぼーず* 敗北
5戦目:自分 勝利、ワタル* 敗北
6戦目:ワタル* 勝利、自分 敗北
7戦目:自分 勝利、ワタル* 敗北
8戦目:自分 勝利、エアンヌ 敗北



香港 Hong Kong
(プレイ時間 25分)
HongKong20170827.JPG続けて、エアンヌさんがまだ遊んだことがないクニツィアのアブストラクトを2つほど遊びました。まずは「香港」です。「シンガポール」「京都」と合わせて勝手にクニツィアのアジア都市3大ゲームなどと呼んでいるのですが、そのうち純粋なアブストラクトゲームはこの「香港」だけです。自分はこのゲームがあまり得意ではないのですが、今回はうまく自分の建物を高くすることと、新たに置くことのバランスが取れて勝ち切りました。でも次はもう勝てない気がします。

結果:自分 14、エアンヌ* 10



オリックス Olix
(プレイ時間 25分)
Olix20170827.JPGクニツィアのアブストラクト2つ目は「オリックス」です。隣りにいたワタルさんが「シュピールシュパスのゲームって、トレンディー以外にもあるんですね!」と言っていましたが、クニツィアだけで4つありますよ!(さてあと2つは何でしょうか?) 自分をの伸ばすことと相手を止めることのバランス取りが重要で、またボードのサイズが有限なので、ある程度は相手を放っておいたほうが良いことも多いです。また先手と後手ではかなり序盤の展開が異なるのも面白いです。

結果:自分 勝利、エアンヌ* 敗北



チグリス ユーフラテス Euphrat & Tigris (ハンスイムグリュック版)
(説明 25分 プレイ時間 70分)
Euphrat&Tigris20170827.JPG最後はアブストラクト的な陣取りということで「チグリスユーフラテス」です。自分が持参した初版のハンスイムグリュック版を使いました。菊子さん以外は初めてということですが、ルールの飲み込みが早く、とくに2種類の戦争の違いも割とちゃんと理解してくれたのでゲームはスムースに進みました。序盤から奪われるという前提で2つもモニュメントを建てたのですが、その2つをかなり長いことコントロールできて長期安定に4色セットが手に入るという展開です。後半にはさすがにモニュメントは奪われましたが、戦争をうまく立ち回って、追い上げてくるぼーずさんから逃げ切りました。

結果:自分 15-15-17-24、ぼーず 11-11-13-15、菊子 4-5-5-14、てっぴー 2-2-4-8


友人宅ゲーム会 2017.08.26

相模原の米軍住宅に住む友人宅で子供達と一緒に、色々なゲームを遊びました。



ウボンゴ3D Ubongo 3D
Ubongo3D20170826.JPGウボンゴシリーズでは一番面白くチャレンジングなので前から欲しいと思っていたゲームです。最近手に入れた自分のコピーをようやく遊ぶことができました。とはいっても、みんなでパズルをお互いにときあったり教え合ったりと、いくつか試しただけなのですが、友人の子供たちも楽しんでいたようです。ちょっと難しすぎたかな。




ブンブンかくれんぼ Honigbienchen
Honigbienchen20170826.JPG記憶のゲームですが、記憶していた蜂の色がそれを覆う蜂の巣ごとどんどん移動していき混乱してしまうという、よくできたゲームです。さすが子供は記憶力が良く、こちらが全力で記憶力を振り絞っても負けてしまいました。2戦2敗。




ゴブリンの王様 Zwergenkönig
Zwergenkonig20170826.JPGハバのゲームで今回が初プレイ。ボードは二重になっており、下側の大きな円盤は誰かが木にたどり着くたびに回転します。回転することにより、ボード上にある木にはドワーフが現れたり消えたりします。このギミックがシンプルながらも面白く、みんな夢中になって遊んでいました。最初に4種類のアイテムを獲得したプレイヤーの勝利です。みんな、水晶はボード中央にしか現れないと見抜いてそちらに向かったり、わざと木のマスに止まって漁夫の利を狙ったりと、ちょっとだけ考えどころがあるのが良いですね。今日一番のヒットで、3回も遊んでしまいました。




モダンアート Modern Art (ニューゲームズオーダー版)
(プレイ時間 55分)
ModernArt20170826.JPG次女以下の5人が眠りについた後、友人夫妻と長女との4人で恒例のモダンアートです。みな非常に攻撃的なプレイで、自分のカードが数枚紙くずになりましたが、それでもうまくバランスをとって最後には勝ち切りました。やっぱりモダンアートは面白いですね。

結果:自分 506、サラ 394、アンドリュー 370、プルーデンス 345