ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

コロコロ堂 クニツィア会 2019.10.07

KniziaParty20191007.JPG第8回となるクニツィア会です。週末のフリーマーケット直前ということで、クニツィア以外もオーケーでしたが、自分はクニツィア以外で遊んだのは「クラスク」だけでした。




巨大ヘックメック Maxi Heckmeck
(プレイ時間 25分)
MaxiHeckmeck20191007.JPG「ヘックメック」のイベント用の巨大版。まあルールはヘックメックなのですが、大きいというだけでワクワクします。テーブルを窓際に寄せて、窓に向かってダイスを投げるようにしました。結構真剣位考えて、高得点を21のタイルで守ったりという攻防を繰り返し、最終的に27と29のタイル2枚で5点で勝利です。通常だと6人は多すぎですが、パーティーゲームとして捉えれば、なかなか良いのかもしれません。その後も数回遊ばれていました。

結果:自分 5、禅零 3、大麦 3、まさのぶ&将軍アキバ 3、まここ 2、触角かるた 1



ダブル オア ナッシンング Double or Nothing (ピアトニク版)
(説明 5分 プレイ時間 15分)
DoubleOrNothing20191007.JPG6人でも楽しい好ゲーム。どこかでダブルオアナッシングをやらないと勝つのは難しいです。
今回は将軍アキバさんがダブルオアナッシングを2−3度連続して失敗しましたが、その後見事に復活し、総合2位でした。

結果:触角かるた 56、将軍アキバ 52、大麦 47、自分 45、まここ 43、禅零 20



ゾンビゲドン Zombiegeddon
(説明 10分 プレイ時間 55分)
Zombiegeddon20191007.JPGまここさんリクエストで持ち込んだ「ゾンビゲドン」です。今となっては「ブルーラグーン」の元になったゲーム、という位置付けですが、それでもこのゲーム独特のタイル獲得要素があって面白い。視認性の悪さを除けば、「原始の生活」よりもシビアで通好みかもしれません。武器を集めまくるまここさんの横目に、武器をそこまで集めずにアイテム(集めると三角数的に得点が増える)に集中して序盤の遅れを取り戻し、なんとか2位になれました。これは土嚢の会でやっても良いかも。

結果:将軍アキバ 111、自分 96、触角かるた 89、まここ 82



13 13
(説明 5分 プレイ時間 40分)
13-20191007.JPG「ポイズン」の手札5枚バージョンです。最近は元祖「ポイズン」よりもこちらが気に入っています。ままならなさ、そして最後に計画が狂ってしまうところなど、なかなか良いと思います。かなり接戦で、3ディール後は触角かるたさんがトップでしたが、最終ディールで逆転勝利。「ポイズン/13」で勝つと嬉しいですね。

結果:自分 22、触角かるた 26、将軍アキバ 28、まここ 28



ラー Ra (ニューゲームズオーダー版)
(説明 15分 プレイ時間 50分)
Ra20191007.JPGちょっと久し振りに遊んだ「ラー」です。自分以外は初プレイということで、時間をかけて説明します。いつもはセットコレクションのところから始めるのですが、今回は競りの流れから説明しました。その方がわかりやすいかもしれません。ファラオではそこそこ、モニュメントは競争相手が多く、1ラウンド目は乾いたナイルばかり集めてほとんど得点なし。ところが、2&3ラウンドでさらにナイルを増やし、これらを得点化できたため、両ラウンドとも各10点以上をナイルで獲得。これが大きな得点源になりました。終盤にはそれなりにモニュメントも集まり、みんなにインスト勝ち(説明した人が勝ってしまうことらしい)だと、たしなめられてしまいました。早降りと粘っての1人おみくじと両方楽しめたゲームでした。

結果:自分 46、将軍アキバ 35、召されかれ 27、触角かるた 22、鎌倉 11



カテナ Catena
(プレイ時間 20分)
Catena20191007.JPG前回かなり人気があった「カテナ」です。4の列は諦めて、3の列で2個置くか、2の列で1個高い数値を置くかという作戦です。1は10に勝てるものの数字が低いので最後のタイブレークで負けたりと、思ったよりも複雑です。中盤までまったくコマを置けずに、結局自分は2点だけ。まここさんがダントツで勝利。

結果:まここ 9、将軍アキバ 4、自分 2、召されかけ 1



ラマ L.A.M.A.
(プレイ時間 15分)
Lama20191007.JPGこの日の「ラマ」は場の流れを読んで僅差で勝ちきりました。全員30点越えなのは結構珍しい終わり方かもしれません。34点でトップとは。

結果:自分 34、Kei 35、aya 38、将軍アキバ 38、召されかけ 46



ゼロ ダウン Zero Down
(プレイ時間 30分)
ZeroDown20191007.JPG「ゼロ」の最新版です。第1ディールと第4ディールではayaさんが、そして第3ディールでは召されかけさんがゼロを決めて、かなりみんなが接戦になりました。自分は一度もゼロを出せなかったものの、イチ(写真)を最後に決めて同点1位に追いつきました。

結果:aya 35、自分 35、将軍アキバ 37、鎌倉 50、召されかけ 70



ゴー ゴー エスキモー Go Go Eskimo
(説明 15分 プレイ時間 30分)
GoGoEskimo20191007.JPGちょっと久し振りに遊ぶ「ゴーゴエスキモー」です。5人だと3種類の魚が不均衡になるので面白みがあります。いつもよりも調子が良く、どんどんと得点を稼ぎましたが、1点差でKeiさんに負けてしまいました。

結果:Kei 26、自分 25、禅零 16、ワタル 15、大麦 13



ロスト シティ Lost Cities (2018年版)
(プレイ時間 10分)
LostCities20191007.JPG「ロストシティ」の最新版(2018年版)です。カードのデザインが変わり、6スート分のカードが付属してきます。ボードは両面になっていて、これまで通りの5スートの場と拡張を含めた6スートの場があります。今回は6スートを試してみました。しかしデッキがちゃんとシャッフルされていなかったみたいで、6番目のスートが最後の方に固まって出てきました。これじゃ5スートと同じじゃないか。

結果:自分 133、ワタル 50



スチーブンスンロケット Stephenson's Rocket (SNE版)
(説明 15分 プレイ時間 130分)
StephensonsRocket20191007.JPGようやく遊べた「スチーブンソンズロケット」のSNE版。放題が「スチーブンスン」になっています。これまで「スチーブンソン」が邦題だったのに、どうして変更したのでしょうか? SNEにしてはパッケージのデザインも良く、コンポーネントも悪くはないです。ただ、ルールがいくつかわかりづらいところがあり、元のFAQなどを参考にルールをより完璧にして欲しかったです。

やはり拒否権による競りが面白いですね。みんな初めてなのか穏やかな展開でしたが、他人の株を削るために自分はしょっちゅう拒否権を発動していました。このとき受け入れられても失っても良い枚数を提示するのが基本なので、ちょっと「バベルの塔」っぽい駆け引きがあります。青い鉄道が南の黄色い巨大鉄道に飲み込まれる前に終了。これが飲み込まれて合併していたら、勝てたかもしれません。今回はうまく駅と株をコントロールして、トークンでも得点を稼いでいったミロさんと同点1位でした。

結果:ミロ 75、自分 75、本棚 67、まお 41



空手トマト Karate Tomate
KarateTomate20191007.JPG最後のゲームは「カラテトマト」です。自分が持ち込んだ箱なしバージョンです。7人なので場は4枚。焦りすぎてカードが獲得できないことが続き、たまに最後まで残れても合計値が低くて残り物だけという状態が続きました。これじゃ勝てません。勝者はKeiさんでなんとトロフィー19個。包丁は2個だった3人は脱落です。自分は脱落しなかったプレイヤーの中での最下位でした。

結果:Kei 19(3)、本棚 11(4)、ハラペコ 4(4)、自分 4(3)、ミロ 10(2x)、まお 8(2x)、aya 8(2x)



このあと、「クラスク」を3回ほど遊んで終了。また次回が楽しみです。


金町ゲーム会 2019.10.06

今回はさたもとさんの1841v2を初めて遊びました。とは言っても分割のルールはv1を使っています。しのだけ、とけい、ゆい、がとぅ、自分の5人です。もうひとつの卓では、さたもとさんが1889という四国を舞台とした18xxを立てていました。1830にかなり近いルールのようです。



1841 イタリア北部 1841 Northern Italy
(プレイ時間 540分)
1841-20191006-1.JPGこの日の1841は5人プレイです。自分にとっては初めてのv2(バージョン2)です。キュネオのTC(いわゆる卵)が大会社になっており、価値が高くなりました。IRSFFは2つの大会社に分裂するのですが、ここはv1ルールを使って小会社2つとしました。いろいろな組み合わせができるように、コンポーネントが豊富に付いてくるようです。

免許ラウンド:仮の席順:がとぅ、しのだけ、とけい、自分、ゆい
免許ラウンドの結果
がとぅ:6番FL(ピサ) 45、4番MA(フィレンツェ) 30
しのだけ:7番TG(トリノ南) 110
とけい:3番TC(キュネオ) 60、
自分:8番IRSFF(ミラノ&ベネチア) 90、2番LP(ルカ) 40
ゆい:5番TN(トリノ北) 90、1番(年金)25
新しい席順:自分、ゆい、しのだけ、がとぅ、とけい
5人なので所持金が672。そのうち130も免許に使ってしまい、残りは542です。これは厳しいスタート。

1841-20191006-2.JPG株式ラウンド1:IRSFFの株価は様子を見るためにあとまわしにしてLPを68x2=136で設立。これで、残りは406です。以下、ゆいさんがTNを144x2で、しのだけさんがTGを100x4で、がとぅさんがFLを144x2で、とけいさんがTCを144x4で設立。あと自分のIRSFFとがとぅさんのMAしか残っていません。自分はIRSFFを100x4で、がとぅさんはMAを68x2で設立です。これで7社が揃いました。IRSFFはトークン3個にしましたが、2個でよかったかも。

運行ラウンド1−1:本来は株価の低いLPに3列車を買わせて、それをIRSFFに流す予定だったのですが、2列車があまり売れずに(自分のIRSFFが1台しか買っていいないので当たり前ですが)、LPは2列車しか買えませんでした。ゆいさんのTNが2台で他は1台ずつで、ちょうど8台売り切れです。

株式ラウンド2:何も起こらず。

1841-20191006-3.JPG運行ラウンド2−1:がとぅさんのFLが340x2でParmaにCCを設立。とけいさんのTCが、やはり340x2でGenovaにTGを設立。そして無謀にも、自分のIRSFFが216x2でReggioとFerreraにAFIを設立します。これで10社体制です。列車は3列車が4台売られました。

株式ラウンド3:なぜか自分のLPが売り切れて株価が34から41に値上がり。他は子会社を設立した会社はバンクプールに株が残っており、株価が下がったくらいです。

1841-20191006-4.JPG運行ラウンド3−1:株価トップの新設3社(CC,TG,AFI)は列車を他会社から買ったりバンクから買ったりで2台ずつ揃えます。株価4位のゆいさんのTNがついに4列車を買い、免許廃止、フェルディナンディアの離脱、トスカーナ合併といったイベントが起こります。自分のIRSFFは株価39という低さで、自分はSFVとSFLの両方の社長になりました。どちらも列車はありませんが、AFIから引っ張ってくる予定です。次にトスカーナ合併はがとぅさんがFLとMAを持っており、つまり4分の3は持っているわけでLiの社長に。株価は(LP41+MA54)/2 + FL62 = 35+62 = 95です。このイベントがスムースにできるようになれば1841のルールは8割理解したと言って良いかもしれません。さらにゆいさんのTNは144x4でCremonaにCTSを設立。再び10社体制になります。しのだけさんのTGは自社株を売るものの子会社を立てずに、次ラウンドでの列車購入資金にします。

運行ラウンド3−2:ゆいさんのCTS、がとぅさんのFLが4列車を買い、しのだけさんのTGが5列車購入。中盤になってから、時代が動くのが早いです。この時点でがとぅさんのLiが収益330とトップ、時点がとけいさんのGenovaのTGで230。がとぅさんのCCがDAを340x2でMantonaに設立。自分のAFIがFTPを144x2でVeronaに設立。

1841-20191006-5.JPG株式ラウンド4:自分は直営でDVを100x2でcomaに設立します。この時点で自分は5社を傘下に持っています。でも列車は1つだけ。まさにドリブル状態です。*SFV - AFI - FTP、*SFL、*DVという5社のうち*が直営です。計画ではSFVと孫のFTPを合併させ、さらにSFLとDVを合併させ、大会社3社にします。もう1回くらいどこかで合併する必要はありそうですが、とりあえず小会社だと動きづらいので、近くに別の小会社(FTP, DV)を立てて合併させ、さらに株価の差で儲けようという魂胆です。

1841-20191006-6.JPG運行ラウンド4−1:収益では、しのだけさんのTGが450、続いてがとぅさんのLiが340です。自分は5社あるくせに全て無配当。このゲーム、配当をほとんどしていないことに気がつきました。さらにとけいさんのTGが6列車を買い、いよいよゲームは終盤に突き進みます。自分はSFVとFTPを、そしてSFLとDVを計画通り合併させ、FA(株価53)、とAI(株価76)というしょうもない会社を2つ作りました。とけいさんはTGとTCを親子合併させてFSという株価242の有望会社を設立。がとうさんのCCはSFを340x2で設立。

運行ラウンド4−2:さらに首が回らなくなっってきた自分は、AFIとFAも合併させてCGTFを設立。ゆいさんもTNとCTSを合併させてRAを設立です。

運行ラウンド4−3:ついにがとぅさんのDAが8列車を買い、さらにSFと合併してFA2を設立します(株価242)。自分はただ苦しくでAIとCGTFを合併させてSF2を作りました。これでたったの1社になってしまいました。こりゃもうだめだね。この時点で計7社。

1841-20191006-7.JPG株式ラウンド5:がとぅさんは100x4でILTFをFirenzeに設立します。これはあとで合併させるためみたいです。しのだけさんのTGが株価11と今日の最低記録を更新しました。

運行ラウンド5−1:収益は、がとぅさんのLiが740、しのだけさんのTGが700、とけいさんのFSが570、ゆいさんのRAが540、そして自分のSF2が480です。収益でも全く勝てません。

運行ラウンド5−2:がとぅさんがDAとCCを合併させてIL2を発足。さらにLiとCGを合併させCGTF2を発足。こうして6社にまとまりました。がとぅさんが唯一の2社持ちです。

運行ラウンド5−3:とけいさんのFSやがとぅさんのCGTF2は収益がなんと1110と4桁。しかしここで、とけいさんのFSがゆいさんのRAに乗っ取られる事態が発生します。まあ乗っ取られても株が多いのでもうあまり問題はないかもしれません。

1841-20191006-8.JPG株式ラウンド6:ここからは、最後の処理です。ほぼ全ての株が売り切れます。トップはゆいさんのFSで株価404。ラストはしのだけさんのTGですが、それでも売り切れて29まであがりました。

運行ラウンド6−1、6−2、6−3:あとは配当を計算して終わりです。がとぅさんがゆいさんのSFの株を売買してあげさせなかったため、FSは株価408。次点ががとぅさんのCGTF2で364です。収益はCGTFが1130、次点がゆいさんのRAで1090。

1841-20191006-9.JPGこうして9時間にわたるゲームが終わりました。(隣りの1889はもう終わっていました)最下位でしたが、やはり緊急資金調達をやりすぎたこと、それに配当をほとんどしなかったことが敗因です(それも純粋な留保ではなく列車がないので留保)。今見たら全体で8回しか配当していません(それもほとんど終盤だけ)。IRSFFは分割するのが前提なのですが、序盤は配当で稼がないとやはり意味はないのだと思います。IRSFFが序盤で3列車を変えなかったのが苦しかったし、そのあと小会社4社経営というよくわからない状態でしたが、小会社なので株枚数の調整がやりづらく、特徴である持ち株保有率の高さも活かせなかったことも敗因です。

結果(カッコ内は株券+現金)
がとぅ 6155(3525+2630)
とけい 5075(3019+2056)
しのだけ 4384(2049+2335)
ゆい 3769(1901+1868)
自分 3212(1632+1580)


草場さんに誘われて、13時半から東京・高田馬場にある点字図書館で視覚障害者と一緒にゲームを遊ぶという会に参加しました。3種類ほどゲームを遊んだあと、元住吉に移動し、川崎テーブルゲーム会シャッフルに加わりました。



大きさ比べ Fuchs & fertig
Fuchs&fertig20191005.JPG子供用のゲームです。7種類の動物カードが9枚くらいずつあり、大きさの序列が決まっています。点字テープで動物の種類が記されていると思われます。それぞれ個人の山札があり、山札の一番上のカードが場の中央のカードよりも大きいか小さいか同じかを当てるのです。当てているならば続けて次の山札の上のカードに対しても宣言するか、そこでやめてカードを出すか、という選択があります。外してしまうと、出した順番で山札の一番下に戻すのです。こうして最も早く自分の山札をなくせば勝利です。

思ったのですが、途中でやめる理由は全くなく、外すまで続けて自分の山札を覚えた方が良いですね。最後に全部出せば良いので、途中で止めて山札を減らす理由はありません。「にわとり羽根取り競争」を個人山札にしたという感じが少しします。

結果:不明



ラマ L.A.M.A.
Lama20191005.JPG続けて、やはり点字テーブが貼られたカードで遊ぶ「ラマ」です。序盤は失点を抑え、8点になったところでうまく2失点として10失点。ここで上がって0点となったところで終了しました。久し振りの0点勝利は嬉しいものです。

結果:自分 0



スクアバ Squava
Squava20191005.JPGネスターが視覚障害者でも遊べるようにというデザインで作られた「スクアバ」ですが、実際に視覚障害者と遊ぶのは初めてです。空間把握はボード全体を覚えなければならないので難しいみたいですが、ゲーム自体は楽しんでもらえたようで、とても嬉しいです。3回遊びました。




ここで少し早めに点字図書館を出て、シャッフルに向かいました。



いろはことば Iroha Kotoba
シャッフルの受付付近で遊ばれていたゲームに途中から参加しました。テーマに沿ったしりとりで文字数だけ進めます。昔、どこかで遊んだことがあります。ゆれひさんが強いです。

結果:ゆれひ 勝利



愛を探せ Find der Liebe
(プレイ時間 5分)
FindDerLiebe20191005.JPG昨年のエッセンで1ユーロで投げ売りしていたゲームです。LIEBEという文字のタイルをめくっていき、LIEBEという順で縦横斜めにジグザグでも良いのでたどれれば勝利です。また絶対に使用できないだろうというタイルは獲得でき、獲得したタイルでLIEBEと集めることもできます。

とにかく遊んでみたのですが、タイルの獲得は不可能でした。可能性をすべて消すにはその周囲を見なければならないのですが、そうしている間にテーブル上でLIEBEができてしまい終了。ルールがどこか間違えているのかもしれませんが、やっぱり1ユーロで売られるだけあるのかもしれません。

結果:勝者不明



ぜいにぃ ぺんぎんず Pingvasion
(説明 5分 プレイ時間 10分)
Pingvasion20191005.JPGドラフトの変形です。手札2枚から開始。2枚補充し、両隣りに1枚ずつ渡す2枚を選んで、両隣りから1枚ずつ2枚受け取ります。その後、1枚を同時公開して自分の前に並べます。これを繰り返すと手札は常に場札+2枚になります。

最後の得点はスートごとです。そのスートの自分の前に並べたカードの合計値でトップならば、同スートの手札がすべて得点になります。トップでなければ最も低い数値1枚が得点になります。つまり9を1枚だけ残せば、9点になる可能性は高いのです。また弱い1、2、3の数字には特殊能力があり、1は次の手番2枚だせる、2は同時に出された高数字を破棄させる、3は次の手番は後出し、といった感じです。

ゲーム自体は悪くはないけど、なにか決め手に欠ける気がします。
終わった後、ゆれひさんが「えー、手札が得点になるの?」と言っていたのにはびっくり!

結果:自分 52、ナポポラ 48、ゆれひ 8



ババババ バーガー Babababa Burger
(説明 10分 プレイ時間 25分)
BabababaBurger20191005.JPGすごく久し振りに遊びました。裏向きのままカードを集めるというのがやっぱり面白いシステムで、移り変わるメニューに対してどこまで早く動いてリスクを負うか、あるいは安全性を考えてたくさんのカードを引くかというジレンマがあります。でも、それほど多くのハンバーガーを作れるわけではないので、ゆれひさんは「気持ちよくなるポイントが少ない!」などと言っていました。自分は十分面白いと思うのですけどね。

結果:ナポポラ 900、ゆれひ 850、大麦 800、自分 650



キャベツ鑑定 Cabbage Inspectors
(プレイ時間 20分)
CabbageInspectors20191005.JPG鑑定士になるための競りが、ブラフの要素や情報操作の要素を含んでおり、よくできています。鑑定士になれば、自分の情報を隠せるというのが面白い。同人ゲームではかなりの傑作だと思っています。200から元本割れはしたものの久し振りに1位を勝ち取りました。

結果:自分 169、ナポポラ 150、双六小僧 100、大麦 67



生きてる! It's Alive!
(説明 5分 プレイ時間 25分)
ItsAlive20191005.JPG今回は資金繰りのためと他人に取らせないために、結構半額売りがありました。また終盤には捨札から買い戻すという手も使われたりと、なかなか面白い展開になりました。自分は高級な部位を集めていったのですが、最初に揃えて上がった双六さんに1点差で勝てず。

結果:双六小僧 48、自分 47、ナポポラ 44、大麦 35



くるりんパニック Looping Louie
LoopingLouie20191005.JPG「くるりんパニック」は「クルクルケッコー」のリメイクで、少し小さめになり、ルーイが軽くなっています。クロマさんは、それを8人用にし、さらにルーイおじさんの飛行機を2機にするという恐ろしい改造版を持ち込みました。2機は平行に設置されており、特に同じ側にある時は2連続でプレイヤーを襲います。この2機バリアントは非常にエキサイティングで楽しめました。7回遊んで5勝。




おばけの時計 Geisteruhr
Geisteruhr20191005.JPG気まぐれにぐるぐる回る時計の針から振り落とされないように、タイミングよく自分のコマを時計盤の上に置いていくというリアルタイムアクションゲームです。時計の針は回転の方向を変えたりスピードを変えたりして、少しすると止まります。そのときにコマが多ければ1点。同数のコマならば持ちコマの多い方が1点です。

結果:河原 3、クロマ 1、自分 1



バースディ ブローアウト Birthday Blowout
BirthdayBlowout20191005.JPG誕生日のケーキのローソクを吹き消すというテーマで、本当に息を強く吹きかけて消します。消しても消しきれずに炎が戻ってくるものもあり、どんどんと難しくなります。吹き消しにチャレンジするのはランダムに機械に選ばれたプレイヤーです。誕生日のローソクは1度で消えるから良いのであり、これを何回も強いられるというのは、結構つらいものがありますね。

結果:自分 脱落



ダイナマイト Dynamite
Dynamite20191005.JPG時限爆弾の爆発をテーマにした「ノイ」とほぼ同じシステムのゲーム。ただ、30秒足すといったかなり妙なカードもあり、あまり考えてデザインしたとは思えません。絵の雰囲気はすごく昔っぽくて良い感じです。

結果
1戦目:クロマ 敗北
2戦目:クロマ 敗北



ぐらぐら虫 Wobbly Warm
WobblyWarm20191005.JPGモーターでぐらぐら揺れる土台に付けられたポールに向かって輪投げをするというゲームです。これは難しすぎます。おそらくポールの長さで難易度が変えられるのだと思いますが、もう少し易しければ楽しめるかもしれません。次回はポールを短くして試してみたいものです。