ゲーム・インデックス

日付別

五十音順

アルファベット順

ゲームカフェぶんぶん 2018.09.13

ロストシティ ライバルズ Lost Cities: Unter Rivalen
(説明 15分 プレイ時間 各45分)
LostCitiesUnterRivalen20180913.JPGロストシティシリーズの「ロストシティトゥゴー」に続く最新作です。競りとロストシティが融合したというなかなか魅力的なデザインで、2−4人用です。手札はなく、「ラー」のように、手番には山札をめくってロットに加えるか、ロットを競りにかけるかの2択でゲームが進みます。「ラー」との違いは、競りを始めるプレイヤーが最初の値段を言うこと、そして何巡もするハードパスの古典的な競りであることです。競り落としたら、ロットにあるカードを好きな枚数だけ自分の前に加えることができ、さらにロットに残ったカードから1枚を任意で捨てることもできます。自分の前に加えるカードは色別に5列に分けてロストシティと同様の「数字は昇順」という制限で並べていきます。80枚の山札は20枚ずつに4等分されており、4分の1が終わるたびにプレイヤーが使ったお金が等分に再分配されます。なのでコインはゼロサムであり、この再分配システムは「ハリウッド」を思わせます。

デッキ構成はロストシティの各スート握手3枚と数字2−10に加えて2−5の数字は2枚ずつで計16枚。これが2−4が2枚ずつならばパートナーシップ(ペア戦)デッキなのですが、このデッキを買えばペア戦ができてしまいますね。これらに加えて最初から持っている握手カードが各スート2枚ずつあります。得点にはマイナス20点というリスクはなく、すべてプラス点です。2−5は1点、6−10は2点、それに(握手の数+1)倍します。競りで競り落とすという性質上、マイナスにはしづらかったのかもしれませんが、数字が2−10である必然性はなく1−10でも良かったのかもしれません。またボーナスは握手以外で4枚以上あると8点です。これによって握手カードの強さが軽減されています。

遊ぶのは今回が2回目ですが、4人プレイは初めてです。ボーナスの8点を狙うのも握手をたくさん確保するのもどちらも難しく悩ましいです。配置ルールがロストシティそのものなのですが、競り落とした中から1枚破棄できるというのが良い味を出しています。かなり荒削りですが、好きなタイプのゲームです。いづれは「ケルトライバルズ」や「ロストシティダイス」なども出るのでしょうか。或いは既製のゲームに競りの要素を取り入れて「バトルラインライバルズ」なんていう可能性もありますね。

結果
1戦目:名人 61、シミーズ 44、自分 39、一味 32
2戦目:名人 43、一味 43、自分 32、シミーズ 26


ゲームカフェぶんぶん 2018.09.01

ロスバンディット Los Banditos
(プレイ時間 15分)
LosBanditos20180901.JPG人数が揃うまで、まずはフジマキさんと2人でダイス版ショッテントッテンである「ロスバンディット」を遊びました。途中でうまく撤退して相手を手詰まりに誘導するなど、なかなか面白い駆け引きがあるゲームです。場の点数が1-3点とばらつきがあるので、3点を取るために全力を尽くします。写真は緑のダイスで4を出して、ストレートフラッシュをうまく決めたところです。クレームの基準が曖昧なのが気になるところです。つまり袋の中にある特定の色のダイスを考慮して、クレームができるのかというところです。ギークのスレッドでもこれは結論が出ていないみたいなので、さらに調べてみたいと思います。

結果:自分 12、フジマキ 4



アルケミスト Alchemist
(説明 10分 プレイ時間 各30-50分)
Alchemist20180901.JPGリソース変換の異端児と言っても良い「アルケミスト」です。それぞれが勝手にリソース変換装置とそれを使った時の得点をきめていくというアイディアが面白いです。うまく自分が指示するリソースがなくなるように仕向けるのも、なかなか難しく、場合によってはそこまでこだわる必要はないのかもしれません。プレイヤー間でうまくバランスをとらないと、かなり大雑把な展開になる気もします。手番数が変換できる回数なので、おのずと高得点の変換装置を使うことに終始してしまいます。フジマキさんがうまく立ち回って2戦2勝。自分は、1戦目はリソースを枯渇させることに主眼を置き2位。そして2戦目はリソースは諦めて変換をうまく行ってやはり2位(タイ)でした。面白いのですが、細かいところがちょっと惜しい気がします。これをよりデベロップしたゲームが出て欲しいものです。

結果
1戦目:フジマキ 108、自分 97、菊子 91、にょん 81
2戦目:フジマキ 106、菊子 97、自分 97、にょん 95、ニョッキ 92



ベスト アクト Best Act
BestAct20180901.JPG同じセリフを言いかただけを変えて感情を表し、それを当てっこするゲームです。例えば「ふーん」とか「ヤバイ」とかそういう曖昧な言葉にうまく感情を乗せるのです。日本語は曖昧な言葉が多いのでこういうゲームが成り立つのでしょう。それにしても難しい!

結果:菊子 12、にょん 10、ニョッキ 10、フジマキ 10、自分 8



バベルの塔 Der Turmbau zu Babel
TurmbauZuBabel20180901.JPG菊子さんのリクエストで持ち込んだ「バベルの塔」です。5人だと流れに乗るのが難しいという面もありますが、やはり要所要所でしっかりと1位か2位に絡まないと勝てません。ディスクは同色4枚を揃えたものの、4点差でフジマキさんに及ばず2位でした。初プレイのニョッキさんやにょんさんも楽しんでくれたようで、良かったです。

結果:フジマキ 82、自分 78、にょん 69、ニョッキ 60、菊子 44



キャベツ鑑定 Cabbage Inspectors
(プレイ時間 35分)
CabbageInspectors20180901.JPG「髑髏と薔薇」に競りが混じったようなゲーム、「キャベツ鑑定」です。元本は200なのですが、目の前の自分のキャベツをすべて公開されてしまうと10の損失になるというバランスなので、元本割れはほぼ必至です。自分のカードと競り値に対するブラフのかけかたが面白く、またストップしなければならない+20のカードがよく出来ています。5枚のカードでの5ラウンドを2回繰り返すのも良いですね。この日のキャベツ女王はにょんさんでした。次回は3人くらいで遊んでみたいものです。

結果:にょん 195、フジマキ 110、自分 92、菊子 80



チグリス ユーフラテス Euphrat & Tigris (ホビージャパン版)
(説明 30分 プレイ時間 90分)
Euphrat&Tigris20180901.JPGお店に常備してあるホビージャパン版の「チグリスユーフラテス」です。にょんさんは初プレイということで、じっくりとルールを説明してから開始です。結構時間をかけて遊びましたが、それでも90分で終わるのは良いところですね。今回はすべて順調にモニュメントを制圧し、戦争でもやりたい放題で勝ってしまいました。こういう一方的な展開も珍しいかもしれません。

結果:自分 12-13-14-26、菊子 7-8-8-10、フジマキ 5-7-8-13、にょん 5-5-6-12


ディアシュピール 2018.08.31

ろばのバランスゲーム Packesel
Packesel20180831.JPG可愛らしい木製のろばの上に棒を乗せていくゲーム。崩れたら落ちた棒をすべて引き取らなければなりません。ギークの情報によれば結構古いゲームみたいで、何度もリメイクされています。さすがにシンプルすぎる気はするし、ある程度プレイヤーの技量があがるとゲームがなかなか終わらないのではと危惧します。

結果:自分 勝利



セット Set
Set20180831.JPGミロさん持参のアメリカ製の古い「セット」です。4種の属性(色、形、影、数)について、すべて異なるかすべて同じ3枚を瞬時に判断して、「セット!」と叫んで取ります。すべてが異なる「セット」が一番難しいので、バリアントとしてこのすべてが異なるセットだけを取るということをやっても面白いかもしれません。

結果:自分 勝利



エクストラ Exxtra
(プレイ時間 各10−15分)
Exxtra20180831.JPGミロさんがフリーマーケットで手に入れたという「エクストラ」を遊びました。ダイスを使った21マスのすごろくですが、出た数字の強さを見極めて、どのくらい進むことにするかをビッドするというのが面白いアイディアです。一応6人まで遊べるのですが、やはり3−4人くらいが妥当だと思います。手軽ながら結構戦略的要素もあるのが良いですね。今回は欲張りすぎて全く進めずに2戦2敗でした。

結果
1戦目:ミロ 21、Y 19、自分 11
2戦目:ミロ 21、Y 18、自分 9



カリバ Kariba (ヘルベチク版)
最近いろいろな所に持ち込んでいる、手軽なカードゲームの「カリバ」です。象の頬が赤いというのは指摘されて初めて気が付きました。イラストの独特な感じが好きですが、ゲームも結構よく出来ています。場が一定枚数になると取れるというのは昔からよくあるアイディアですが、これはその場がリング状に巡回するようになっていて、動物の弱肉強食のテーマとよく合っています。(写真撮り忘れ)

結果:自分 23、ミロ 14、Y 12



キャント ストップ Can't Stop
CantStop20180831.JPGクラシカルなダイスゲームをやろうということで、久し振りにキャントストップを遊びました。昔よく友人のエリックと2人で遊んだことを思い出します。初めから6−6が何度か出たので12を制圧しに行きます。やはり6−7−8あたりは熾烈な競争になるし、良いゲームですね。

結果: 自分



エスカレーション Escalation! (ニューゲームズオーダー版)
最後はディアシュピールに常設してある「エスカレーション」の3ディール戦を遊びました。このゲームも3人くらいが一番面白いです。(写真撮り忘れ)

結果(3ディール):自分 32、ミロ 37、Y 87